花田 俊也

J-GLOBALへ         更新日: 18/03/15 15:42
 
アバター
研究者氏名
花田 俊也
 
ハナダ トシヤ
URL
http://ssdl2.aero.kyushu-u.ac.jp
所属
九州大学
部署
大学院工学研究院
職名
教授
学位
博士(工学)(九州大学)
その他の所属
九州大学
Twitter ID
thanada65

プロフィール

平成6年3月に九州大学大学院工学研究科応用力学専攻博士後期課程を修了,博士(工学)を取得.平成6年4月に九州大学工学部助手に採用.現在,九州大学大学院工学研究院航空宇宙工学部門教授,国際宇宙天気科学・教育センター教授を併任.軌道力学,宇宙機動力学,軌道摂動論の授業を担当.研究のポイントは,日本のSF漫画「プラネテス」のテーマでもあるスペースデブリについて,スペースデブリを回収する必要があるのかどうか,検証すること.答えを見出すために,九州大学の大学院生の発案によるプロジェクトIDEA(In-situ Debris Environmental Awareness)を総括している.U.S. National Research Councilと九州大学の助成・支援を得て,NASA Orbital Debris Program Office に滞在した経験を有する.

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2011年11月
 - 
現在
九州大学 教授
 
1994年4月
 - 
1997年3月
九州大学
 
1997年4月
 - 
2011年11月
九州大学 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1994年
九州大学 大学院 工学研究科 応用力学専攻
 
 
 - 
1989年
九州大学 工学部 航空工学科
 

受賞

 
2001年
平成12年度(第10回)日本航空宇宙学会論文賞
 

Misc

 
Koki Fujita, Naoyuki Ichimura, Toshiya Hanada
Acta Astronautica   133 416-422   2017年4月
© 2016 IAA This paper presents a novel method to simultaneously detect multiple trajectories of space debris in an observation image sequence to establish a reliable model for space debris environment in Geosynchronous Earth Orbit (GEO). The debri...
Masahiro Furumoto, Koki Fujita, Toshiya Hanada, Haruhisa Matsumoto, Yukihito Kitazawa
Advances in Space Research   59 1599-1606   2017年3月
© 2016 COSPAR Space debris smaller than 1 mm in size still have enough energy to cause a fatal damage on a spacecraft, but such tiny debris cannot be followed or tracked from the ground. Therefore, IDEA the project for In-situ Debris Environmental...
Osama Mostafa, Koki Fujita, Toshiya Hanada
Advances in the Astronautical Sciences   160 1733-1745   2017年1月
This work aim to study the effects of various perturbations on the motion of satellites constellation in high elliptical inclined orbit in order to make continuous coverage. A computational model developed at Space Systems Dynamics Laboratory, Kyu...
UETSUHARA Masahiko, HANADA Toshiya, YANAGISAWA Toshifumi, KINOSHITA Daisuke, KITAZAWA Yukihito
Adv Space Res   51(12) 2207-2215   2013年6月
This paper proposes a comprehensive approach to associate origins of space objects newly discovered during optical surveys in the geostationary region with spacecraft breakup events. A recent study has shown that twelve breakup events would be occ...
Mélissa Zemoura, Toshiya Hanada, Satomi Kawamoto
Advances in Space Research   60 1163-1187   2017年1月
© 2017 COSPAR The growth of the near-Earth debris population since the beginning of human space activities is now a fact commonly admitted by space agencies worldwide. Numerous entities have warned about the danger that debris may have over time. ...

講演・口頭発表等

 
Detection of Faint GEO Objects Using Population and Motion Prediction
The 11th Annual Advanced Maui Optical and Space Surveillance Technologies Conference   2010年   
Orbital Debris Observation via Laser Illuminated Optical Measurement Techniques
The 11th Annual Advanced Maui Optical and Space Surveillance Technologies Conference   2010年   
Passive Orbital Debris Removal Using Special Density Materials
38th COSPAR Scientific Assembly   2010年   
Theoretical and Empirical Analysis of the Average Cross-sectional Areas of Breakup Fragments
38th COSPAR Scientific Assembly   2010年   
Status Report of Development of a Sensor for In-Situ Space Dust Measurement
38th COSPAR Scientific Assembly   2010年   

競争的資金等の研究課題

 
超小型衛星群を用いた微粒子観測網の開発
研究期間: 2008年   
10〜20センチ立方の超小型衛星を複数用いて宇宙塵・微小な宇宙ゴミを観測するネットワークを軌道上に展開することを目標とする
導電性テザー実証衛星の開発
研究期間: 2008年   
オーロラ帯磁化プラズマ観測衛星の開発
研究期間: 2006年   
沿磁力線電流と衛星帯電のメカニズム解明を目標とし,沿磁力線電流と自身の帯電を観測する小型衛星を開発する
スペース・デブリ環境推移モデルの開発
研究期間: 1994年   
軌道環境の保全を議論するために,50年から100年以上といった長期にわたって環境の推移を記述する推移モデルを開発・維持する

特許

 
スペースデブリ検出方法
スペースデブリ除去方法