KOUZUMA Yoshiaki

J-GLOBAL         Last updated: Nov 30, 2019 at 03:07
 
Avatar
Name
KOUZUMA Yoshiaki
URL
http://foodfunc.agr.ibaraki.ac.jp/
Affiliation
Ibaraki University
Section
College of Agriculture, Department of Food and Life Sciences
Job title
Professor
Other affiliation
Ibaraki University
Research funding number
10284556

Profile

(研究経歴)
平成15年4月〜現在まで    
茨城大学農学部において動植物由来生理活性タンパク質(主にプロテアーゼインヒビターとレクチン)と生理機能性ペプチドの構造と機能に関して研究

平成8年4月〜平成15年3月  
九州大学大学院農学研究院において動植物由来生理活性タンパク質(主にプロテアーゼインヒビター、レクチンおよびリボヌクレアーゼ)の構造と機能に関して研究

平成3年4月〜平成8年3月  
九州大学大学院農学研究科において植物由来プロテアーゼインヒビター(トリプシンインヒビターやシスタチン)の構造と機能に関して研究

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1996
 - 
Mar 2000
Reseach Associate, Faculty of Agriculture, Kyushu University,
 
Apr 2000
 - 
Mar 2003
Reseach Associate, Faculty of Agriculture, Graduate School, Kyushu University
 
Apr 2003
 - 
Mar 2006
Associate Professor, College of Agriculture, Ibaraki University
 
Apr 2006
 - 
Mar 2016
茨城大学農学部准教授
 
Apr 2016
   
 
茨城大学農学部教授
 

Education

 
 
 - 
1991
Department of Agricultural Chemistry, Faculty of Agriculture, Kyushu University
 

Published Papers

 
C.Yokoyama, M. Takei, Y. Kouzuma, S. Nagata, and Y.Suzuki
J. Insect Physiol.   101 91-96   Aug 2017   [Refereed]
C. F. Moro, Y. Fukao, J. Shibato, R. Rakwal, G. K. Agrawal, Y. Shioda, Y. Kouzuma, and M. Yonekura
Proteomes   3(3) 184-235   Aug 2015
Unraveling the seed endosperm proteome of the lotus (Nelumbo nucifera Gaernt.) utilizing 1DE and 2DE separation in conjunction with tandem mass spectrometry
C. F. Moro, Y. Fukao, J. Shibato, R. Rakwal, A. M. Timperio, L. Zolla, G. K. Agrawal, Y. Shioda, Y. Kouzuma, and M. Yonekura
Proteomics      Feb 2015   [Refereed]
Yoshiaki KOUZUMA, Satoshi IRIE, Rikiya YAMAZAKI, and Masami YONEKURA
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   78(4) 574-581   May 2014   [Refereed]
Carlo F Moro, Masami Yonekura, Yoshiaki Kouzuma, Ganesh K Agrawal, Randeep Rakwal
International Journal of Life Sciences   7(1) 1-5   2013   [Refereed]

Misc

 
Comprehemsive analysis of wound-inducible genes from the Nicotiana glutinosa leaves using a full-length cDNA microarray
Y. Kouzuma, Y. Tsutsumi, M. Abe, T. Hayashi, K. Hada, K. Uehashi, Y. Shimada, K. Tashiro, S. Kuhara, and M. Kimura
Journal of the Faculty of Agriculture, Kyushu University   50 635-648   2005
超好熱古細菌Pyrococcus horikoshii由来リボヌクレアーゼPの再構成
上妻由章, 木村誠
Radioisotopes   52 713-715   2003
多機能プロテアーゼインヒビターの創製と応用
上妻由章、木村誠
バイオサイエンスとインダストリー   59(9) 27-30   2001
植物プロテアーゼの活性制御に関する研究
上妻由章
日本農芸化学会誌   75(6) 705-707   Jun 2001
Characterization of serine proteinase inhibitors from the Erythrina variegata seeds
Kimura, M., Kouzuma, Y., Kuramitu, J., Iwanaga, S., and Yamasaki, N.
The Second Symposium on Frontier of Protein Chemistry and Biotechnology (Yangzhou Univ. (Yangzhou, China))      Aug 1995

Books etc

 
大豆のすべて
上妻由章
サイエンスフォーラム   Feb 2010   ISBN:978-4-916164-98-8
生物機能の新展開-人類の生存をかけて-「生理活性タンパク質の分子認識機構の解析」
上妻由章
日本食品出版(株)   Jun 2000   ISBN:4-930883-12-1

Conference Activities & Talks

 
小孔形成レクチンCEL-IIIの活性制御機構の導入に関する研究
榎本野乃花、上妻 由章
日本蛋白質科学会(朱鷺メッセ(新潟))   27 Jun 2018   日本蛋白質科学会
海産無脊椎動物グミ由来新規レクチンの分離精製とその特徴付け
矢崎 裕太、栗原 拓海、米倉 政実、上妻 由章
日本農芸化学会大会(名城大学)   16 Mar 2018   
アピオス塊茎由来Kunitz型プロテアーゼインヒビターの分離精製、性質とcDNA クローニング
劉 佳、上妻 由章
生命科学系学会合同年次大会(神戸ポートアイランド)   8 Dec 2017   日本生化学会
多重変異導入による溶血性レクチンCEL-IIIの溶血活性の向上
小川佳祐、米倉 政実、畠山智充、上妻 由章
日本蛋白質科学会(あわぎんホール(徳島))   24 Jun 2015   日本蛋白質科学会
アピオス塊茎由来ポリガラクツロナーゼインヒビター(PGIP)の分離精製、性質とcDNAクローニング
劉 佳、米倉 政実、上妻 由章
日本農芸化学会大会(岡山大学)   29 Mar 2015   日本農芸化学会