柴田 攻

J-GLOBALへ         更新日: 20/01/15 09:17
 
アバター
研究者氏名
柴田 攻
 
シバタ ヲサム
URL
http://www.niu.ac.jp/~pharm1/lab/physchem/index.html
所属
東京理科大学 
部署
研究推進機構・総合研究院
職名
客員教授
学位
理学博士(九州大学), 農学修士(九州大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
東京理科大学 研究推進機構・総合研究院 客員教授
 
2018年4月
 - 
2019年3月
長崎国際大学 薬学部 研究員
 
2013年4月
 - 
2018年3月
長崎国際大学 大学院薬学研究科 教授
 
2007年4月
 - 
2018年3月
- 長崎国際大学 教授
 
1993年
 - 
2007年
九州大学 助教授
 
2004年8月
 - 
2004年9月
Université Louis-Pasteur (Université Strasbourg), Institut Charels Sadron (CNRS), Visiting Professor
 
1977年
 - 
1993年
九州大学 助手
 
1989年7月
 - 
1989年9月
Université du Québec à Trois-Rivières, Centre de recherche en photo- biophysique, Visiting Professor
 
1987年7月
 - 
1987年9月
Université du Québec à Trois-Rivières, Centre de recherche en photo- biophysique, Visiting Professor
 
1986年7月
 - 
1986年10月
Université du Québec à Trois-Rivières, Centre de recherche en photo- biophysique, Posdoc., Prof. Roger M. Leblanc
 
1984年10月
 - 
1986年6月
Universität Basel, Institut für Physikalische Chemie, Posdoc., Prof. Dr. Hans-Friedrich EICKE
 
1970年
 - 
1972年
千葉大学 助手
 

学歴

 
1975年4月
 - 
1977年3月
九州大学大学院、 農学研究科、 林産学科高分子材料学
 
1965年4月
 - 
1969年3月
東邦大学 理学部 化学科
 

委員歴

 
2015年4月
 - 
現在
(公社)日本油化学会  J. Oleo Science, Editor-in-Chief
 
2015年4月
 - 
現在
(公社)日本油化学会  理事
 
2008年4月
 - 
現在
~ Journal of Oleo Science, Executive Board of Editors 
 
2006年4月
 - 
現在
~ 日本油化学会 オレオナノサイエンス部会 幹事
 
2005年4月
 - 
現在
日本油化学会  ~ 日本油化学会関西支部 幹事(常任幹事)
 
2004年
 - 
現在
日本油化学会  界面化学部会九州地区委員1997-,界面化学部会九州地区幹事
 
2005年4月
 - 
2018年3月
公社 日本油化学会  ~ 日本油化学会 界面科学部会 副部会長
 
2013年11月
 - 
2015年11月
Asian Society for Colloid and Surface Science  The 6th Asian Conference on Colloid and Interface Science (ACCIS 2015 Japan) , Organizing Committee Chair(開催期間:平成27年11月24日〜11月27日於:佐世保)
 
2011年4月
 - 
2013年4月
公社 日本油化学会  World Congress on Oleo Science (WCOS 2012) & 29th ISF Congress –JOCS/AOCS/KOCS/ISF Joint Meeting–(開催期間:平成24年9月30〜10月4日於:佐世保) WCOS2012実行副委員長
 
2011年4月
 - 
2013年4月
公社 日本油化学会  日本油化学会創立60周年記念式典および日本油化学会創立60周年記念講演会、日本油化学会創立60周年記念大会第51回日本油化学会年会実行委員会実行委員長(開催期間:平成24年9月30日〜10月4日於:佐世保)
 

受賞

 
2014年9月
公益社団法人日本油化学会  17th Journal of Oleo Science Editors’ Award "Compression Induces Fluidization in Binary System of Partially Fluorinated Alcohol (F4H11OH) with DPPC"
 
2014年4月
(公社)日本油化学会 第48回(公社)日本油化学会学会賞 「生体膜関連物質の界面物性及び機能解析に関する研究」
 
2011年12月
アメリカ化学会  「ラングミューアー:アメリカ化学会出版部感謝状」 
 

論文

 
Fluidity of binary monolayers of semi-fluorinated and non-fluorinated fatty alcohols at the air−water interface.
NAKAHRA, H., MINAMISONO M., SHIBATA O.
J. Fluorine Chem.   228 109408   2019年12月   [査読有り]
NAKAHARA H., MINAMISONO M., SHIBATA O.
Colloids and Surfaces B: Biointerfaces   181 1035-1040   2019年9月   [査読有り]
Nakahara H., NISHINO A., TANAKA A., FUJITA Y., SHIBATA O.
Colloid and Polymer Science   297(2) 183-189   2019年1月   [査読有り]
Miscibility of semifluorinated pentadecanol with DPPC at the air−water interface
Nakahara H., Shibata O.
Acc. Mater. Surf. Res.   3(4) 199-208   2018年10月   [査読有り][招待有り]
Nakahara H, Hagimori M, Mukai T, Shibata O
Colloids and surfaces. B, Biointerfaces   164 1-10   2018年4月   [査読有り]
D. KOBAYASHI, H. NAKAHARA, O. SHIBATA, K. UNOURA, H. NABIKA
J. Phys. Chem. C   121(23) 12895-12902   2017年6月   [査読有り]
Kato R, Nakahara H, Shibata O
Journal of oleo science   66(5) 479-489   2017年5月   [査読有り]
Sharma SK, Li S, Micic M, Orbulescu J, Weissbart D, Nakahara H, Shibata O, Leblanc RM
The journal of physical chemistry. B   120(48) 12279-12286   2016年12月   [査読有り]
Phan CM, Nguyen CV, Nakahara H, Shibata O, Nguyen TV
Langmuir : the ACS journal of surfaces and colloids   32(48) 12842-12847   2016年12月   [査読有り]
Nakahara H, Hagimori M, Mukai T, Shibata O
Langmuir : the ACS journal of surfaces and colloids   32(26) 6591-6599   2016年7月   [査読有り]
Shibata O
Journal of oleo science   65(5) 367   2016年   [査読有り]
Nguyen CV, Phan CM, Ang HM, Nakahara H, Shibata O, Moroi Y
Langmuir : the ACS journal of surfaces and colloids   31(1) 50-56   2015年   [査読有り]
Shibata O, Nakahara H, Moroi Y
Journal of oleo science   64(1) 1-8   2015年   [査読有り]
Shibata O
Journal of oleo science   64(8) P1   2015年   [査読有り]
Nakamura Y, Yukitake K, Nakahara H, Lee S, Shibata O, Lee S
Biochimica et biophysica acta   1838(8) 2046-2052   2014年8月   [査読有り]
Nakahara H, Kojima Y, Moroi Y, Shibata O
Langmuir : the ACS journal of surfaces and colloids   30(20) 5771-5779   2014年5月   [査読有り]
Nakahara H, Shibata O
Journal of oleo science   63(11) 1159-1168   2014年   [査読有り]
Nahak P, Nag K, Hillier A, Devraj R, Thompson DW, Manna K, Makino K, Ohshima H, Nakahara H, Shibata O, Panda AK
Journal of oleo science   63(12) 1333-1349   2014年   [査読有り]
Nguyen CV, Phan CM, Ang HM, Nakahara H, Shibata O, Moroi Y
The journal of physical chemistry. B   117(25) 7615-7620   2013年6月   [査読有り]
Nakahara H, Lee S, Shibata O
Biochimica et biophysica acta   1828(4) 1205-1213   2013年4月   [査読有り]
Sakamoto S, Nakahara H, Uto T, Shoyama Y, Shibata O
Biochimica et biophysica acta   1828(4) 1271-1283   2013年4月   [査読有り]
Nakahara H, Nakamura S, Okahashi Y, Kitaguchi D, Kawabata N, Sakamoto S, Shibata O
Colloids and surfaces. B, Biointerfaces   102 472-478   2013年2月   [査読有り]
Nakahara H, Ohmine A, Kai S, Shibata O
Journal of oleo science   62(5) 271-281   2013年   [査読有り]
Nakahara H, Shibata O
Journal of oleo science   62(7) 471-480   2013年   [査読有り]
Sakamoto S, Nakahara H, Shibata O
Journal of oleo science   62(10) 809-824   2013年   [査読有り]
Nakahara H, Hasegawa A, Uehara S, Akisada H, Shibata O
Journal of oleo science   62(11) 905-912   2013年   [査読有り]
Nakahara H, Hirano C, Fujita I, Shibata O
Journal of oleo science   62(12) 1017-1027   2013年   [査読有り]
Nakahara H, Hirano C, Shibata O
Journal of oleo science   62(12) 1029-1039   2013年   [査読有り]
Phan CM, Nakahara H, Shibata O, Moroi Y, Le TN, Ang HM
The journal of physical chemistry. B   116(3) 980-986   2012年1月   [査読有り]
Nakahara H, Shibata O
Journal of oleo science   61(4) 197-210   2012年   [査読有り]
Nakahara H, Shibata O, Moroi Y
The journal of physical chemistry. B   115(29) 9077-9086   2011年7月   [査読有り]
Morioka T, Shibata O, Kawaguchi M
Langmuir : the ACS journal of surfaces and colloids   26(23) 18189-18193   2010年12月   [査読有り]
Nakahara H, Lee S, Krafft MP, Shibata O
Langmuir : the ACS journal of surfaces and colloids   26(23) 18256-18265   2010年12月   [査読有り]
Morioka T, Shibata O, Kawaguchi M
Langmuir : the ACS journal of surfaces and colloids   26(17) 14058-14063   2010年9月   [査読有り]
Nakahara H, Lee S, Shibata O
Biochimica et biophysica acta   1798(6) 1263-1271   2010年6月   [査読有り]
Yokoyama H, Nakahara H, Shibata O
Chemistry and physics of lipids   161(2) 103-114   2009年10月   [査読有り]
Ikeda Y, Inagaki M, Yamada K, Miyamoto T, Higuchi R, Shibata O
Colloids and surfaces. B, Biointerfaces   72(2) 272-283   2009年9月   [査読有り]
Yokoyama H, Nakahara H, Nakagawa T, Shimono S, Sueishi K, Shibata O
Journal of colloid and interface science   337(1) 191-200   2009年9月   [査読有り]
Nakahara H, Tsuji M, Sato Y, Krafft MP, Shibata O
Journal of colloid and interface science   337(1) 201-210   2009年9月   [査読有り]
Nakahara H, Lee S, Shibata O
Biophysical journal   96(4) 1415-1429   2009年2月   [査読有り]
Nakahara H, Dudek A, Nakamura Y, Lee S, Chang CH, Shibata O
Colloids and surfaces. B, Biointerfaces   68(1) 61-67   2009年1月   [査読有り]
Yukitake K, Nakamura Y, Kawahara M, Nakahara H, Shibata O, Lee S
Colloids and surfaces. B, Biointerfaces   66(2) 281-286   2008年10月   [査読有り]
Nakahara H, Lee S, Sugihara G, Chang CH, Shibata O
Langmuir : the ACS journal of surfaces and colloids   24(7) 3370-3379   2008年4月   [査読有り]
Tsuji M, Nakahara H, Moroi Y, Shibata O
Journal of colloid and interface science   318(2) 322-330   2008年2月   [査読有り]
Tsuji M, Inoue T, Shibata O
Colloids and surfaces. B, Biointerfaces   61(1) 61-65   2008年1月   [査読有り]
Nakamura S, Nakahara H, Krafft MP, Shibata O
Langmuir : the ACS journal of surfaces and colloids   23(25) 12634-12644   2007年12月   [査読有り]
Matsumoto Y, Nakahara H, Moroi Y, Shibata O
Langmuir : the ACS journal of surfaces and colloids   23(19) 9629-9640   2007年9月   [査読有り]
Nagadome S, Suzuki NS, Mine Y, Yamaguchi T, Nakahara H, Shibata O, Chang CH, Sugihara G
Colloids and surfaces. B, Biointerfaces   58(2) 121-136   2007年8月   [査読有り]
Masuda J, Nakahara H, Karasawa S, Moroi Y, Shibata O
Langmuir : the ACS journal of surfaces and colloids   23(17) 8778-8783   2007年8月   [査読有り]
Matsuoka K, Hirosawa T, Honda C, Endo K, Moroi Y, Shibata O
Chemistry and physics of lipids   148(1) 51-60   2007年7月   [査読有り]
Sato Y, Nakahara H, Moroi Y, Shibata O
Langmuir : the ACS journal of surfaces and colloids   23(14) 7505-7509   2007年7月   [査読有り]
Hoda K, Kawasaki H, Yoshino N, Chang CH, Morikawa Y, Sugihara G, Shibata O
Colloids and surfaces. B, Biointerfaces   53(1) 37-50   2006年11月   [査読有り]
Hoda K, Ikeda Y, Kawasaki H, Yamada K, Higuchi R, Shibata O
Colloids and surfaces. B, Biointerfaces   52(1) 57-75   2006年9月   [査読有り]
Nakahara H, Lee S, Sugihara G, Shibata O
Langmuir : the ACS journal of surfaces and colloids   22(13) 5792-5803   2006年6月   [査読有り]
Hoda K, Nakahara H, Nakamura S, Nagadome S, Sugihara G, Yoshino N, Shibata O
Colloids and surfaces. B, Biointerfaces   47(2) 165-175   2006年2月   [査読有り]
Nakahara H, Nakamura S, Hiranita T, Kawasaki H, Lee S, Sugihara G, Shibata O
Langmuir : the ACS journal of surfaces and colloids   22(3) 1182-1192   2006年1月   [査読有り]
Maruta T, Saito T, Inagaki M, Shibata O, Higuchi R
Chemical & pharmaceutical bulletin   53(10) 1255-1258   2005年10月   [査読有り]
Nakahara H, Nakamura S, Kawasaki H, Shibata O
Colloids and surfaces. B, Biointerfaces   41(4) 285-298   2005年4月   [査読有り]

Misc

 
Two-component Langmuir Monolayer Properties of Single-Chain Perflorinated Carboxylic Acids with Dipalmitoylphosphatidylcholine(DPPC)
Colloid Surfaces B,   41, 285-298 ,    2005年
(2005).
Langmuir,   21 (16),7308-7310,    2005年
(2005).

書籍等出版物

 
Encyclopedia of Biocolloid and Biointerface Science,
柴田 攻 (担当:共著, 範囲:Langmuir Monolayer Interaction of Perfluorooctylated Long-Chain Alcohols with Biomembrane Constituents,)
Wiley, John Wiley & Sons, Inc., USA   2016年9月   ISBN:-10: 9781118542767
Encyclopedia of Biocolloid and Biointerface Science,
柴田 攻 (担当:共著, 範囲:Interfacial Phenomena of Pulmonary Surfactant Preparations,)
Wiley, John Wiley & Sons, Inc., USA   2016年9月   ISBN:-13: 978-1118542767
Recent Progress in Colloid and Surface Chemistry with Biological Applications
柴田 攻 (担当:共著, 範囲:Langmuir Monolayer Properties of Fluorinated Fatty Alcohols and Dipalmitoylphosphatidyl- choline (DPPC))
ACS Publication   2015年12月   ISBN:10.1021/bk-2015-1215.ch001
溶存状態の分析化学
柴田 攻 (担当:共著, 範囲:全般)
長崎国際大学   2014年9月   ISBN:978-4-904962-04-6
界面活性剤の物理化学 理論と現象そして新概念
柴田 攻 (担当:共著, 範囲:全般)
長崎国際大学   2013年9月   ISBN:-13: 978-4904962039
薬学物理化学演習[第3版]
柴田 攻 (担当:共著, 範囲:コロイド及び界面)
廣川書店   2011年10月   ISBN:978-4-567-22292-1
薬学物理化学[第5版]
柴田 攻 (担当:共著, 範囲:コロイド及び界面)
廣川書店   2010年10月   ISBN:978-4-567-22118-4
身近に学ぶ化学の世界
柴田 攻 (担当:共著, 範囲:全般)
共立出版   2009年10月   ISBN:978-4-320-04384-8
Colloids in Biotechnology, Surfactant Science Series 152,
柴田 攻 (担当:共著, 範囲:Mode of interaction of artificial pulmonary surfactant with an amphiphilic α-helical peptide at the air/water interface)
CRC Press, Boca Raton, FL   2009年4月   ISBN:-13: 978-1439830802
Biobased Surfactants and Detergents: Synthesis, Properties, and Applications
柴田 攻 (担当:共著, 範囲:Influence of pulmonary surfactant protein mimics on model lung surfactant.)
AOCS Press, Urbana, IL, USA,   2009年4月   ISBN:9781893997677
生物物理化学の基礎-生体現象理解のために
柴田 攻 (担当:共著, 範囲:界面)
三共出版   2003年12月   ISBN:4-7827-0478-X
Progress in Anesthetic Mechanism,
柴田 攻 (担当:共著, 範囲:A Monolayer Study on Mixed Systems of a Phospholipid(DPPC) with Fluorocarbon Fatty Acids and with Hydrocarbon Fatty Acids)
Research Group of Anesthetic Mechanism in Japan   1995年9月   
Amer. Chem. Soc. Symp. Ser., 501
柴田 攻 (担当:共著, 範囲:Mixed Systems of Bile Salts: Micellization, and Monolayer Formation)
Amer. Chem. Soc. Publication   1992年9月   

講演・口頭発表等

 
コレステロールと部分フッ素化アルコールからなる単分子膜の流動性について.
柴田 攻
第36回日本薬学会九州支部大会   2019年11月   
Interactions of tetrazine derivatives with biomembrane lipids at the air-water interface.
柴田 攻
Okinawa Colloid   2019年11月   
Spacer role of gemini surfactants in solubilization into their micelles.
柴田 攻
33rd Conference of the European Colloid and Interface Society.   2019年9月   
Surface behavior of gemini surfactants with different spacer lengths in aqueous medium.
柴田 攻
33rd Conference of the European Colloid and Interface Society.   2019年9月   
Gemini-Mono活性剤混合物のCMC予測式-Rubingh式へのコメント.
柴田 攻
日本油化学会第58回年会   2019年9月   
テトラジン誘導体を有するジェミニ型両親媒性物質と生体脂質の相互作用解析.
柴田 攻
日本油化学会第58回年会   2019年9月   
ジェミニ型界面活性剤ミセルへの可溶化挙動とその熱力学的解析.
柴田 攻
日本薬学会第139回年会   2019年3月   
Surface properties of Gemini type perfluorinated surfactants with DPPC at the air-water interface
柴田 攻
第54回日本肺サーファクタント・界面医学会学術研究会   2018年10月27日   
Langmuir film properties of partially perfluorinated alcohol with F-DPPC at the air-water interface
柴田 攻
第54回日本肺サーファクタント・界面医学会学術研究会   2018年10月27日   
Langmuir film of a tetrazine-containing gemini amphiphile: Interaction with biomembrane lipids
柴田 攻
第54回日本肺サーファクタント・界面医学会学術研究会   2018年10月27日   
コレステロール等の生体関連物質と二本鎖炭化水素テトラジン誘導体との2成分Langmuir単分子膜挙動
柴田 攻
第62回 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会   2018年10月14日   
Langmuir monolayer properties of partially perfluorinated alcohol with F-DPPC at the air-water interface
柴田 攻
V International Conference on Colloid Chemistry and Physicochemical Mechanics   2018年9月10日   
Langmuir monolayers of a tetrazine-containing gemini amphiphile with biomembrane lipids (Keynote lecture) [招待有り]
柴田 攻
V International Conference on Colloid Chemistry and Physicochemical Mechanics   2018年9月10日   
Surface properties of partially perfluorinated alcohol with F-DPPC at the air-water interface
柴田 攻
European Colloid Interface Society 2018(ECIS2018)   2018年9月4日   
Langmuir monolayer properties of Gemini type perfluorinated surfactants with DPPC at the air-water interface.
柴田 攻
European Colloid Interface Society 2018(ECIS2018)   2018年9月4日   
Monolayers of a tetrazine-containing gemini amphiphile: Interaction with biomembrane lipids
柴田 攻
European Colloid Interface Society 2018(ECIS2018)   2018年9月3日   
“創薬から⽣体材料への試み —Langmuir単分⼦膜を中⼼として”, [招待有り]
柴田 攻
平成29 年度物理化学インターカレッジセミナー兼⽇本油化学会界⾯科学部会九州地区講演会,   2018年1月   
“創薬から⽣体材料学まで —Langmuir単分⼦膜を中⼼として” [招待有り]
柴田 攻
2017年材料技術研究協会討論会2017   2017年12月   
新規還元型テトラジンと生体膜脂質の単分子膜物性評価.
柴田 攻
第34回日本薬学会九州支部大会   2017年11月   
Surface behaviour of partially perfluorinated alcohol with F-DPPC at the air-water interface.
柴田 攻
2nd Asian Conference on Oleo Science (ACOS2017)   2017年9月   
Langmuir monolayer of binary system of nonpolar gemini fluorophilic/lipophilic amphiphiles with DPPC,
柴田 攻
2nd Asian Conference on Oleo Science (ACOS2017)   2017年9月   
Gemini−とmono−イオン性活性剤混合物の混合組成とCMC 関係式のパラメーターの意味.
柴田 攻
第56回日本油化学会年会   2017年9月   
無極性ジェミニ型親フッ素/親油両親媒性物質と生体膜モデルDPPC の二成分Langmuir 単分子膜の性質
柴田 攻
第68回コロイドおよび界面化学討論会   2017年9月   
部分フッ素化アルコール(F6H9OH)とF-DPPC の2成分Langmuir 単分子膜挙動.
柴田 攻
第68回コロイドおよび界面化学討論会   2017年9月   
β-Galactosidase Langmuir monolayer at air/X-gal subphase interface.
柴田 攻
7th Asian Conference on Colloid and Interface Science (ACCIS2017)   2017年8月   
Surface properties of gemini type perfluorinated surfactants with DPPC at the air-water interface.
柴田 攻
7th Asian Conference on Colloid and Interface Science (ACCIS2017)   2017年8月   
Langmuir monolayer of binary system of apolar gemini amphiphiles with DPPC. [招待有り]
柴田 攻
7th Asian Conference on Colloid and Interface Science (ACCIS2017)   2017年8月   
Monolayer study of binary interactions of a tetrazine derivative with biomembrane constituents at the air-water interface.
柴田 攻
15th European Conference on Organized Films (ECOF)   2017年7月   
Langmuir monolayer of binary mixtures of apolar gemini fluorophilic/lipophilic amphiphiles with DPPC. [招待有り]
柴田 攻
The 28 International Conference on Molecular Electronics and Devices 2017 (IC ME&D 2017)   2017年5月   

Works

 
生体中酸素輸送(代替血液)、診断、薬物送達における新規炭化フッ素化 化合物の界面挙動(Dr. M.P. KRAFFT)
1997年
生体関連物質の界面科学に関する研究 (Prof. R. M. LEBLANC)
1986年
生体関連物質の界面膜における新規測定法(Prof. Dr. D. Moebius)
1998年

競争的資金等の研究課題

 
革新的ハイブリッド人工肺サーファクタントの標的ナノ創薬の展開
日本学術振興会: 科研費
研究期間: 2014年 - 2017年    代表者: 柴田 攻
新規人工調製型肺サーファクタント(PS)におけるモデルペプチドは、肺胞運動を模倣した圧縮・拡張過程に拘らず優先的にα-ヘリックス構造をとります。その系へ部分フッ素化両親媒性物質を肺サーファクタント薬剤に添加し、その薬効の増大の遂行をはかる基盤研究を行いました。部分フッ素化両親媒性物質の添加により全ての脂質が流動化(分散化)が観察されました。この本研究の成果は,新規肺サーファクタントへの寄与は勿論のこと、更に広範な呼吸器疾患 (喘息, SARS, COPD等) への適用拡大へと貢献できる可能...
新規有機−無機ハイフリッドナノ材料の創製
東北大学: 物質・デバイス領域共同研究拠点研究
研究期間: 2011年4月 - 2015年3月    代表者: 柴田 攻
有機-無機ハイブリッド材料の開発研究として、薬理及び薬剤分野への実用化の展開を目指す。具 体的には酸化チタンナノ粒子や鉄酸化物系磁性ナノ粒子と、両親媒性物質の特性を利用して、特異的 機能を有する薬剤との新規有機-無機ハイブリッドナノ材料を創製して、医用生体工学・生体材料学 分野での実用化を目指した。
ナノ創薬による人工調製肺サーファクタントの革新的な標的治療薬の基盤及び開発
日本学術振興会: 科研費
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 柴田 攻
研究成果の概要(和文):新規人工調製型肺サーファクタント(PS)におけるモデルぺプチドは、肺胞運動を模倣した圧縮・拡張過程に拘らず優先的にα-ヘリックス構造をとります。然し乍ら、PS主成分のDPPCと混合により圧縮過程においてα-ヘリックスからβシート構造へ変化た。これはPS中の微量成分PGは完全な陰イオン、モデルペプチド(陽イオン)との間に静電的相互作用に依るものです。本研究において、この相互作用がモデルペプチドの二次構造変化を抑制することを明確にしました。またPSへの部分フッ素化合物の...
界面近傍における組織化・二分子層膜層の存在とその視覚化の試み
コスモステクニカルセンター: ニッコールグループ サイエンス研究グラントt
研究期間: 2009年4月 - 2010年3月    代表者: 柴田 攻
新たなる人工調製肺サーファクタントのインテリジェント・ナノ医薬としての基礎検討
日本学術振興会: 科研費
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 柴田 攻
新規完全人工調製型肺サーファクタント(LS)のLS機能・機序に関して新たな知見が得られた。ホスファチジルグリセロール成分(陰イオン)とモデルペプチド(陽イオン)が静電的相互作用により膜表面積の減少に伴う2 次構造変化(α-へリックスからβ-シート構造)に耐性を示した。また部分フッ素化両親媒性物質(特にF8H11OH)の添加によりHel13-5(人工ペプチド)成分の少量化が期待出来、更に人工調製型肺サーファクタントの物理化学的性質を大幅に増強する事が出来、臨床応用が期待出来る。
新規人工調製肺サーファクタント・ナノ創薬の開発
公益財団法人日本台湾交流協会: 共同研究事業
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月    代表者: 柴田 攻
新規フッ素化合物による薬物送達システムの新たな展開
日本学術振興会: 科研費
研究期間: 2005年4月 - 2007年3月    代表者: 柴田 攻
新規ペプチド・炭化フッ素ハイブリッド人工肺サーファクタントの基盤及び開発
日本学術振興会: 科研費
研究期間: 2005年4月 - 2007年3月    代表者: 柴田 攻
肺サーファクタント脂質の基本成分はDPPC/PG/PA(パルミチン酸)(=68:22:9,wt/wt/wt)を用いた。これは、羊水中の脂質組成と同様あり、最も有効な肺サーファクタント脂質混合物として多くの研究者によって用いられ、また臨床的にRDS治療薬にも適用されている。先ずin vitroで新規人
1. 人工合成ペプチドと卵黄リン脂質混合による人工肺サーファクタントの開発
財団法人旗影会: 平成15年度財団法人旗影会研究助成
研究期間: 2004年4月 - 2005年3月    代表者: 柴田 攻
1. 新規フッ素化合物による代替血液、診断、機能性薬剤基材の生体相互作用と輸送伝達メカニズムの解明
財団法人九州大学: 平成14年度財団法人九州大学後援会教官の研究プロジェクト援助事業
研究期間: 2003年4月 - 2004年3月    代表者: 柴田 攻
水分子の移動とその速度制御のための分子膜の開発
日本学術振興会: 科研費
研究期間: 1998年 - 2001年    代表者: 師井義清
本研究は、水分子の移動とその速度制御を目的とする炭化フッ素系両親媒性物質の単分子膜または2分子膜の開発である。炭化フッ素系化合物を利用する理由は、膜を介しての酸素分子の透過が容易であることから、酸素不足により生物が被害を被ることも無いからである。
炭化弗素と炭化水素よりなる両親媒性物質の2次元物性に関する動的過程の解析
日本学術振興会: 科研費
研究期間: 1995年 - 1996年    代表者: 柴田 攻
炭化弗素イオンをC5F11COO^-に固定し、炭化水素イオンとしてCmH2m+1NH3^+(m=12,14,16,18)を持つイオン性界面活性剤4種類(C12F11,C14F11,C16F11,C18F11)を合成し、気/水界面における単分子膜状態を、表面圧/面積曲線及び表面電位/面積曲線(設備備品 ...これとは別に炭化弗素鎖と炭化水素鎖の相互作用を考慮するため、それらの脂肪酸の混合単分子膜の実験を行い、鎖長の組み合わせにより、共沸混合系、共融混合系、全く混じり合わない系に分類された。ま...
炭化弗素と炭化水素からなるイオン性界面活性剤の物性
日本学術振興会: 科研費
研究期間: 1991年 - 1993年    代表者: 師井義清
長い二本鎖及び三本鎖を持つ塩の界面化学的研究
日本学術振興会: 科研費
研究期間: 1984年 - 1985年    代表者: 柴田 攻
界面活性物質の物理化学的研究
(財)中村治四郎育英会: 「中村奨励金」研究助成
研究期間: 1981年4月 - 1982年3月    代表者: 柴田 攻
陽イオン及び陰イオン界面活性剤から生じる難溶性塩の界面化学的研究
日本学術振興会: 科研費
研究期間: 1980年 - 1981年    代表者: 柴田 攻

特許

 
特開米国特許#60/563,690 : LIQUID SURFACTANT SUPPLIMENTS” Utilisation de composes hautement fluorés pour la formulation de surfactant pulmonaire
柴田 攻
この発見は人間あるいは動物において肺治療が必要な場合、フッ化炭素化合物を用いる事により天然の肺サーファクタントの流動性と/あるいは展開性の改善もたらされることを示している。更にこの発見は随意にリン脂質と組み合わせることでフッ化炭素化合物を含む治療組成や肺サーファクタントの補給剤としての使用にも関連している。これらの発見に伴い、2003年12月に特許申請を行った。