木村 理

J-GLOBALへ         更新日: 18/03/24 03:03
 
アバター
研究者氏名
木村 理
 
キムラ ワタル
eメール
wkimuramed.id.yamagata-u.ac.jp
URL
http://www.id.yamagata-u.ac.jp/SurgI/
所属
山形大学
部署
医学部 医学科 外科学第一(消化器・乳腺甲状腺・一般外科学)
職名
教授
学位
医学博士(東京大学)
その他の所属
東京大学医学部ハルピン医科大学山形大学山形大学
科研費研究者番号
00169947

研究分野

 
 

経歴

 
1998年7月
 - 
現在
山形大学 医学部 医学科 外科学第一(消化器・乳腺甲状腺・一般外科学) 教授
 
2000年4月
 - 
現在
東京大学医学部 非常勤講師
 
2003年4月
 - 
2009年3月
山形大学 山形大学医学部付属病院地域医療連携センター長
 
2003年7月
 - 
現在
ハルピン医科大学 教授
 
2005年4月
 - 
2009年3月
山形大学 山形大学医学部教務委員長
 
2009年4月
 - 
現在
山形大学 山形大学医学部付属病院 手術部長
 
2013年4月
 - 
現在
山形大学 医学部 図書館 館長
 

学歴

 
 
 - 
1979年3月
東京大学 医学部 
 

委員歴

 
2003年4月
 - 
現在
日本外科学会     評議員、編集委員、教育委員、試験委員、邦文誌編集委員、選挙管理・選挙制度検討委員
 
2005年5月
 - 
現在
日本肝胆膵外科学会  理事、評議員、国際交流委員会担当理事、編集委員、データベース委員会委員、将来検討委員会アドバイザー、修練施設認定委員会委員、胆道癌登録委員会委員、技術認定委員会委員
 
2006年6月
 - 
現在
日本膵臓学会  監事、評議員、評議員選考委員会委員、嚢胞性膵腫瘍委員会委員、医療事故防止対策委員会委員
 
2008年1月
 - 
現在
日本静脈経腸栄養学会  理事, 代議員、代議員・学術評議員選考委員会委員長、学術集会検討委員会委員、
 
2008年7月
 - 
現在
日本消化器外科学会  理事、評議員、監事、規約検討委員会委員長、専門医制度委員会委員、日本消化器関連学会機構社員
 
2008年9月
 - 
現在
日本外科病理学会  理事長
 
2008年9月
 - 
現在
日本胆道学会  理事、評議員、国際交流委員会顧問、国際交流委員会委員長、広報委員会副委員長
 
2009年7月
 - 
現在
日本外科代謝栄養学会  評議員
 
2010年1月
 - 
現在
日本消化器病学会  評議員
 
2010年3月
 - 
現在
日本消化管学会  代議員
 
2010年5月
 - 
現在
日本乳癌学会   評議員
 
2010年6月
 - 
現在
日本内分泌外科学会  理事
 

受賞

 
1993年6月
日本消化器病学会 平成5年度日本消化器病学会学術奨励賞
 
1996年4月
東京大学 平成8年度東京大学医師会医学賞
 
1997年7月
ポーランド外科学会 ポーランド外科学会リディギエール賞(Rydygier賞)
 
2007年2月
山形大学医学部 山形大学医学部医療功績賞
 
2012年4月
山形大学医学部 山形大学医学部特別功績賞
 

論文

 
胆道系疾患(共著)
野呂俊夫,木村 理
図説臨床老年医学口座8 消化器疾患,外科手術と麻酔      1986年6月   [招待有り]
Incidence, Sites of Origin, and Immunohistochemical and Histochemical Characteristics of Atypical Epithelium and Minute Carcinoma of the Papilla of Vater
Wataru Kimura, Kohichiro Ohtsubo
   1988年6月
3.慢性膵炎(共著)
木村理,黒田彗
消化器外科病理学   160-165   1989年7月   [招待有り]
7.膵内分泌腫瘍(共著)
黒田彗,木村理,和田祥之
消化器外科病理学   177-184   1989年7月   [招待有り]
11.良性十二指腸乳頭部病変(共著)
木村理,石川功,黒田彗
消化器外科病理学   193-199   1989年7月   [招待有り]
1.形成異常
木村理
消化器外科病理学   206-208   1989年7月   [招待有り]
Ⅵ 消化器外科 10 膵臓外科
木村理
Annual Review 消化器   309-312   1995年1月   [招待有り]
肝胆道症候群ーその他の肝・胆道系疾患を含めてー,肝外胆道編 Ⅱ 胆嚢 A 炎症・感染症,無石胆嚢炎(共著)
木村理,武藤徹一郎,黒田慧
日本臨床   231-233   1996年2月
重症急性膵炎と診断したらどのような治療戦略をたてるか
木村理,柴崎弘之,藤本博人,平井一郎,神賀正博,布施明,牧野直彦,三澤裕之,河田純男
外科治療   88(1) 30-36   2003年1月
膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMT)の病態と治療の問題点
木村理
膵臓   18(2) 175-179   2003年1月   [査読有り]
膵癌
木村理
日本外科学会雑誌   104(5) 412-421   2003年3月
胆道系悪性腫瘍におけるリンパ節微小転移の臨床的意義
櫻井文明,木村理
山形医学   21(2) 89-110   2003年4月
膵頭部の局所解剖と各種縮小手術
木村理
日本外科学会雑誌   104(6) 460-470   2003年4月
膵臓の外科解剖
木村理
消化器画像   5(5) 626-634   2003年9月
膵頭体部の血管解剖
木村理,平井一郎,村上弦
胆と膵   24(2) 125-130   2003年10月
脾温存膵体尾部切除術の適応と術式
木村理,布施明,平井一郎,水谷雅臣,森谷敏幸,神賀正博
外科   65(13) 1676-1681   2003年12月
膵囊胞性疾患ー診断・治療の問題点ー
木村理,布施明,平井一郎,神賀正博
膵臓   18(6) 644-652   2003年12月
膵頭十二指腸切除術における膵頭神経叢切除の理論と方法  外科解剖・病理からみた提言
木村理
膵臓   19(5) 463-470   2004年4月
腹部救急手術例における高齢者外科治療の問題点と対策ー非高齢者との比較からー
木村理,水谷雅臣,布施明
日本老年医学会雑誌   41(6) 660-665   2004年5月
膵癌の外科切除は神経浸潤との戦いか?-膵後方浸潤と膵頭神経叢浸潤ー
木村理
膵臓   19(1) 33-39   2004年6月
非機能性膵内分泌腫瘍の診断と治療の現況
木村理
日本消化器病学会雑誌   101(4) 373-381   2004年7月
高齢者腹部緊急手術症例の検討
水谷雅臣,木村理
日本高齢消化器医学会議会誌   6(2) 58-63   2004年10月
高齢者の消化器疾患
木村理
日本老年医学会雑誌   42(6) 666-668   2005年11月   [招待有り]
膵内分泌腫瘍の発生論ー既存のランゲルハンス島からの発生の可能性を含めてー
木村 理
日本内分泌外科学会機関誌      2008年12月
胆膵領域の血流動態と血管解剖
木村 理
胆と膵   30(1) 11-16   2009年1月
黄疸を伴うVater乳頭部にアシアロシンチグラフィーを用い術前肝予備能評価をおこない安全に膵頭十二指腸切除術を施行した1例
牧野孝俊、平井一郎、布施 明、戸屋 亮、渡邊利広、木村 理
山形医学   27(1) 51-56   2009年4月
重症急性膵炎に対する外科治療ー適応と方法ー
木村 理
外科治療   100(4) 387-395   2009年4月
膵石症と膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)-膵石の発生機序も含めて
木村 理
肝胆膵   58(9) 485-492   2009年4月
胆・膵癌患者の栄養ケアの実際
木村 理、水谷雅臣、高須直樹、村山最二郎
栄養ー評価と治療   26(3) 62-67   2009年4月
脾温存膵体尾部切除術の意義
木村 理、平井一郎、矢野充泰
臨床外科   64(4) 437-440   2009年4月
Pancreaticojejunal anastomosis, using a stent tube, in pancreaticoduodenectomy
Wataru Kimura
Journal of Hepatobiliary Pancreatic Surgery      2009年6月
The efect of adjuvant and neoadjuvant chemo(radio)therapy on survival in 1679 resected pancreatic carcinomacases in Japan:report ot the national survey in the 34th annual meeting of Japanese Society of Pancreatic Surgery
Naohiro Sata, Kentaro Kurashina, Hideo Nagai, Takukazu Nagakawa, Osamu Ishikawa, Tetsuo Ohta, Masaaki Oka, Hisafumi Kinoshita, Wataru KImura, Hiroshi Shimada, Masao Tanaka, Akimasa Nakao, Kouichi Hirata, Hideki Yasuda
Journal of Hepatobiliary Pancreatic Surgery      2009年7月
膵切除(再建を含む)に愛用の手術器具・材料
木村 理
臨床外科   65(1) 5-14   2010年1月
Clinicopathological Significance of Cell Cycle Regulatory Factors and Differentiation-Related Factors in Pancreatic Neoplasms
Yukinori Kamio, Kunihiko Maeda, Toshiyuki Moriya, Naoki Takasu, Akiko Takeshita, Ichiro Hirai, Wataru Kamio, Kunihiko Maeda, Toshiyuki Moriya, Naoki Takasu, Akiko Takeshita, Ichiro Hirai, Wataru Kimura, Mitsunori Yamakawa
Pancreas   39(3) 345-352   2010年4月
Surgical Management of Pancreatic Neuroendocrine Tumors
Wataru Kimura, Koji Tezuka, Ichiro Hirai
Surgery Today   41 1332-1343   2011年
IPMNの病理
木村 理,高須直樹
肝胆膵   62(1) 61-68   2011年1月
Multicenter Study of Serous Cystic Neoplasm of the Japan Pancreas Societ
Wataru Kimura, Toshiyuki Moriya, Keiji Hanada, Hideki Abe, Akio Yanagisawa, Noriyoshi Fukushima, Nobuyuki Ohike, Michio Shimizu, Takashi Hatori, Naotaka Fujita, Hiroyuki Maguchi, Yasuhiro Shimizu, Kenji Yamao, Tamito Sasaki, Yoshiki Naito, Satoshi Tannno, Kosuke Tobita, Masao Tanaka
Pancreas   41(3) 380-387   2012年
A Pancreaticoduodenectomy Risk Model Derived From 8575 Cases From a National Single-Race Population (Japanese) Using a Web-Based Data Entry System
Wataru Kimura, Hiroaki Miyata, Mitsukazu Gotoh, Ichiro Hirai, Akira Kenjo, Yuko Kitagawa, Mituo Shimada, Hideo Baba, Naohiro Tomita, Tohru Nakagoe, Kenischi Sugihara, Masaki Mori
Annals of Surgery   259(4) 773-780   2014年
Hepatic cyst reduction surgery and its significance for polycystic liver disease.
Wataru Kimura, Ichiro Hirai, Toshihiro Watanabe, Koji Tezuka, Shuichiro Sugawara
Yamagata Medical Journal      2015年
Perioperative Management of Pancreaticoduodenectomy
Wataru Kimura
Yamagata Medical Journal      2016年
Trauma to the Pancreas
Wataru Kimura, Toshihiro Watanabe, Mitsuyasu Yano, Akira Fuse.
Yamagata Medical Journal.   34(1)    2016年
Use of a Feeding tube to Manage Anastomic Stenosis after Upper Gastrointestinal
Wataru Kimura
Yamagata Medical Journal.      2016年
The significance of pancreatic head plexuses dissection in pancreaticoduodenectomy for pancreatic adenocarcinoma-Surgery for achieving pathological curative (RO) resection-.
Wataru Kimura, Toshihiro Watanabe, Ichiro Hirai
Yamagata Medical Journal      2016年

Misc

 
Multicenter Study of Serous Cystic Neoplasm of the Japan Pancreas Society
Wataru Kimura, Toshiyuki Moriya, Keiji Hanada, Hideki Abe, Akio Yanagisawa, Noriyoshi Fukushima, Nobuyuki Ohike, Michio Shimizu, Takashi Hatori, Naotaka Fujita, Hiroyuki Maguchi, Yasuhiro Shimizu, Kenji Yamao, Tamito Sasaki, Yoshiki Naito, Satoshi Tannno, Kosuke Tobita, Masao Tanaka
Pancreas   41(3) 380-387   2012年4月
膵管内乳頭粘液性腫瘍の国際診療ガイドラインと診療の現況
木村 理,高須直樹,村山最二郎
日本内科学雑誌   101(10) 79-92   2012年5月
膵癌診療の現況と課題 膵頭神経叢の解剖と郭清の意義
木村 理, 渡邊利広
日本外科学会雑誌.   112(3) 170-176   2011年5月
膵漿液性嚢胞腫瘍(Serous cystic neoplasm)の全国症例調査―日本膵臓学会膵嚢胞性腫瘍委員会―
木村 理, 森谷敏幸, 花田敬士, 阿部秀樹, 柳澤昭夫, 福嶋敬宜, 大池信之, 清水道生, 羽鳥 隆, 藤田直孝, 真口宏介, 清水泰博, 山雄健次, 佐々木民人,内藤嘉紀, 丹野誠志, 飛田浩輔, 田中雅夫
膵臓   27(4) 572-583   2012年9月
IPMNの診断と治療の問題点
木村理,森谷敏幸,竹下明子,野村尚,高須直樹,平井一郎,布施明
画像診断   26(1) 75-82   2005年12月

書籍等出版物

 
Diseases of the Pancreas current Surgical Therapy
Wataru Kimura (担当:共著)
Springer   2009年7月   
赤ひげ
木村 理
悠飛社   2009年10月   
Knack&Pitfalls 膵脾外科に要点と盲点 第2版
木村理,幕内雅敏,佐藤達夫, 髙田忠敬,渡邊五朗,及川郁雄,二川憲昭,小菅智男 (担当:共編者)
文光堂   2009年10月   
Diseases of the Pancreas
Wataru Kimura
Springer   2008年6月   
NSTハンドブック 疾患・病態別の栄養管理‐理論と実践‐
木村理,水谷雅臣 (担当:共著, 範囲:Ⅱ.NST活動の実践〔臨床編〕 15重症急性膵炎の栄養管理)
株式会社 医薬ジャーナル社   2008年11月   
Comparison of different treatment modalities in experimental pancreatitis in rats., Gastroenterology, 103, 1992(共著)
木村 理 (担当:共著)
1900年1月   
Spleen-preserving distal pancreatectomy with conservation of the splenic artery and vein., Surgery, 120, 1996.(共著)
木村 理 (担当:共著)
1900年1月   
外科手術と麻酔
 野呂俊夫,木村 理 (担当:共著)
メジカルビュー社   1986年9月   
消化器外科病理学
木村理,石川功,黒田彗. (担当:共著, 範囲:良性十二指腸乳頭部病変)
医学書院   1987年7月   
消化器外科病理学
木村 理
医学書院   1989年7月   
Annual Review 消化器1995
木村 理
中外医学社   1995年1月   
Study of surgical anatomy for duodenum-preserving resection of the head of the panceas., Ann Surg, Ⅰ221, 1995.
木村 理 (担当:共著)
1995年4月   
Analysis of small cystic lesions of the pancreas., Int. J pancreatol, Ⅰ18, 1995.
木村 理 (担当:共著)
1995年12月   
肝・胆道症候群ーその他の肝・胆道系疾患を含めてー,肝外胆道編
木村理,武藤徹一郎,黒田慧 (担当:共著, 範囲:Ⅱ.胆嚢 A.炎症,感染症 無石胆嚢炎)
日本臨床   1996年2月   
家庭の医学
木村理
時事通信社   1996年5月   
急性膵炎に挑む,診断と治療のupdate.
木村理
鳥居薬品株式会社   1996年6月   
難病・重症急性膵炎ー診療の手引きー.
元吉誠,木村理,武藤徹一郎 (担当:共著, 範囲:臓器障害のサポート 1)循環不全,腎不全,呼吸不全,肝不全.)
医学図書出版株式会社   1997年6月   
消化器外科
井上知巳,木村理 (担当:共著, 範囲:Ⅴ.細菌感染症 肝・胆道感染症 胆管・胆嚢炎)
日本臨床   1998年4月   
Expert Nurse ナース必携 全科ドレーン管理マニュアル
木村理,窪田敬一,針原康,高山忠利,幕内雅敏 (担当:共著, 範囲:Ⅴ 肝・胆道・膵ドレナージ 急性膵炎に対するドレナージ)
照林社   1998年5月   
肝胆膵
木村理,窪田敬一,針原康,高山忠利,幕内雅敏,前川和彦 (担当:共著, 範囲:重症急性膵炎治療の要点)
国際医書出版   1998年5月   
感染症症候群ー症候群から感染性単一疾患までを含めてー
井上知己,二川憲昭,木村理 (担当:共著, 範囲:胆嚢周囲膿瘍)
日本臨床   1999年1月   
臨床看護(臨時増刊)
工藤俊,木村理 (担当:共著, 範囲:主な外科手術を理解するための解剖・生理学 胆道・膵臓)
へるす出版   1999年6月   
別冊医学のあゆみ,消化器疾患Ver2ー state of arts,II.肝・胆・膵
木村理
医歯薬出版株式会社   1999年6月   
Subtotal resection of the head of the pancreas preserving duodenum and vessels of pancreatic arcade., Hepato-Gastroenterol., Ⅰ43, 1996.(共著)
木村 理 (担当:共著)
2001年1月   
Annual Review 2001 消化器
木村理
中外医学社   2001年2月   
消化器外科ー最新の進歩
木村理
へるす出版   2001年6月   
Bed Sideノートシリーズ4 膵疾患
木村理
株式会社 現代医療社   2001年12月   
Annual Review 消化器2002
木村理,平井一郎 (担当:共著, 範囲:Ⅳ.治療の動向 9.膵臓疾患の外科的治療)
中外医学社   2002年1月   
専門医のための消化器外科レビュー2002:最新主要文献と解説
須藤幸一,木村 理 (担当:共著, 範囲:5,胆道疾患 4,胆嚢癌,胆嚢癌)
総合医学社   2002年3月   
エクセルナース[感染症編]8
森谷敏幸,木村 理 (担当:共著, 範囲:全身感染症 腹腔内膿瘍)
メディカルレビュー社   2002年3月   
消化器ナビゲーター
平井一郎,木村 理 (担当:共著, 範囲:膵臓の手術)
メディカルレビュー社   2002年5月   
老年病のとらえかた
山田和彦,木村理 (担当:共著, 範囲:高齢者の癌は本当に進行が遅いのか.)
文光堂   2002年6月   
消化器ナビゲーター『膵臓の手術』
平井一郎,木村理 (担当:共著)
メディカルレビュー社   2002年6月   
老年医学テキスト
木村 理
株式会社メジカルビュー社   2002年10月   
今日の消化器疾患治療指針 第2版
木村理
株式会社 医学書院   2002年10月   
膵臓外科の要点と盲点
木村 理
株式会社 文光堂   2002年10月   
疾患と治療薬(改訂第5版)
木村理
株式会社 南江堂   2003年2月   
消化器疾患 最新の治療 2003-2004
木村理
株式会社 南江堂   2003年3月   
消化器外科
布施明,木村理 (担当:共著, 範囲:腹腔穿刺)
株式会社 へるす出版   2003年5月   
内分泌外科標準手術アトラス(改訂版)
木村理
株式会社 インターメルク   2003年5月   
老年医学update2003-04
木村理
株式会社 メジカルビュー社   2003年6月   
Annual Review 2004 消化器
平井一郎,木村理 (担当:共著, 範囲:Ⅳ,治療の動向 10,膵臓疾患の外科的治療)
株式会社 中外医学社   2004年1月   
消化器外科学レビュー 2004
平井一郎,木村理 (担当:共著, 範囲:5胆道疾患 4.胆嚢癌)
株式会社 総合医学社   2004年3月   
消化器病診療-良きインフォームド・コンセントに向けて
木村理
株式会社 医学書院   2004年5月   
乳癌診療二頁の秘訣
木村青史,木村理 (担当:共著, 範囲:寄り目が役立つ乳癌の術式決定)
金原出版   2004年6月   
最新版 家庭医学大全科
木村理
株式会社 法研   2004年10月   
今日の治療指針 先天性胆道拡張症
木村理
株式会社医学書院   2005年1月   
今日の治療指針 2005年版(volume47)
木村理
株式会社 医学書院   2005年1月   
腹痛診療のコツと落とし穴
平井一郎,木村理 (担当:共著, 範囲:上腹部痛と呈する膵粘液性嚢胞腫瘍発見のコツ)
株式会社 中山書店   2005年1月   
消化器疾患最新の治療 2005-2006
木村理,布施明 (担当:共著, 範囲:2,慢性膵炎 b.外科的治療)
株式会社 南江堂   2005年2月   
消化器外科学レビュー2005 -最新主要文献と解説-
須藤幸一,木村理 (担当:共著, 範囲:5胆道疾患 4.胆嚢癌)
総合医学社   2005年4月   
専門医のための消化器病学
木村理
株式会社 医学書院   2005年4月   
膵上皮内癌フォーラム
木村理
株式会社 メディカルトリビューン   2005年5月   
最新 ナースのための 全科ドレーン管理マニュアル
木村理,窪田敬一,針原康,高山忠利,幕内雅敏 (担当:共著, 範囲:肝・胆・膵手術後ドレナージ)
株式会社 照林社   2005年9月   
臨床消化器病学
木村理
株式会社 朝倉書店   2005年9月   
臨床外科
須藤幸一,木村理 (担当:共著, 範囲:胆囊癌治療のプロトコール)
株式会社 医学書院   2005年10月   
コンセンサス癌治療
平井一郎,木村理 (担当:共著, 範囲:1.膵癌の診断・治療の進め方)
株式会社 へるす出版   2006年2月   
高齢者に多い疾患の診療の実際
木村理
株式会社 メジカルビュー社   2006年3月   
内分泌外科標準テキスト
木村理
株式会社 医学書院   2006年5月   
別冊・医学のあゆみ 消化器疾患‐state of arts Ⅱ.肝・胆・膵 Ver.3
木村理・森谷敏幸 (担当:共著, 範囲:膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)と膵粘液嚢胞性腫瘍(MCN))
医歯薬出版 株式会社   2006年10月   
卒後5年でマスターする消化器標準手術
桜井文明,木村理 (担当:共著, 範囲:糸結び)
株式会社 メジカルビュー社   2006年11月   
今日の治療指針 2007年版(Volume49)
木村理
株式会社 医学書院   2007年1月   
新体系看護学 別巻5 臨床外科看護学②
木村理,渡邊利広,藤本博人 (担当:共著, 範囲:肝臓および胆道の外科と看護)
株式会社 メヂカルフレンド社   2007年1月   
消化器外科学レビュー2007-最新主要文献と解説-
須藤幸一,木村理 (担当:共著, 範囲:5胆道疾患 4.胆嚢癌)
株式会社 総合医学社   2007年3月   
消化器疾患最新の治療 2007-2008
木村理
株式会社 南江堂   2007年3月   
臨床に直結する 肝・胆・膵疾患治療のエビデンス
竹下明子,木村理 (担当:共著, 範囲:腫瘍性嚢胞 MCNの手術適応はどのように決めるのか?)
株式会社 文光堂   2007年10月   
Knack&Pitfalls 内分泌外科の要点と盲点
木村理
株式会社 文光堂   2007年11月   
消化器外科学レビュー2008-最新主要文献と解説-
森谷敏幸,木村理 (担当:共著, 範囲:5胆道疾患 4.胆嚢癌)
株式会社 総合医学社   2008年3月   
新臨床外科学 第4版
木村理
医学書院   2008年4月   
老年医学の基礎と臨床Ⅰ -認知症を理解するための基礎知識-
木村理,水谷雅臣 (担当:共著, 範囲:3消化器系の加齢変化 Ⅰ.口腔・咽頭)
株式会社 ワールドプランニング   2008年6月   
改訂第3版 老年医学テキスト
木村 理
株式会社メジカルビュー社   2008年6月   
Future Perspectives in Gastroenterology
Wataru Kimura
Springer   2008年10月   
膵疾患へのアプローチ
森谷敏幸,木村理 (担当:共著, 範囲:5章 IPMNとMCN Aわが国の実態)
株式会社 中外医学社   2008年10月   
消化器癌の外科治療  2.肝・胆・膵 こんなときどうするQ&A
木村理
株式会社 中外医学社   2008年10月   
発達と老化の理解
木村 理 (担当:共著)
中央法規出版株式会社   2009年2月   
消化器疾患 最新の治療 2009-2010
木村 理 (担当:共著)
株式会社 南光堂   2009年2月   
THE PANCREAS SECOUND EDITION Histology of cystic tumors of the pancreas
Wataru Kimura (担当:単訳)
Blackwell Publishing   2009年3月   
消化器外科学レビュー2009ー最新主要文献と解説ー
平井一郎、木村 理 (担当:共著)
総合医学社   2009年3月   
見て診て学ぶ膵腫瘍の画像診断
木村 理 (担当:編者)
永井書店   2009年5月   
Pancreas Second Edition
Wataru Kimura (担当:共著)
Blackwell   2009年6月   
改訂第7版 内科学書
木村 理 (担当:共著)
中山書店   2009年11月   
Digestive Surgery Now 胆・膵外科手術 標準手術からのステップアップ
平井一郎、木村 理 (担当:共著)
メジカルビュー社   2010年1月   
新老年学 第3版
木村 理
東京大学出版会   2010年1月   
この疾患医科で診る?歯科で診る?
鈴木明彦、木村 理 (担当:共著)
デンタルダイヤモンド社   2010年4月   
疾患と治療薬 改訂第6版
木村 理
南江堂   2010年4月   
肝胆膵高難度外科手術
木村 理
医学書院   2010年6月   
消化器外科手術ナビガイド 胆・膵
木村 理
中山書店   2010年6月   
家庭医学大全科 6訂版
木村理 (担当:共著)
法研   2010年10月   
肝・胆道系症候群 第2版
平井一郎,竹下明子,手塚康二,渡邊利広,木村理 (担当:共著)
日本臨床社   2010年10月   
膵臓の内視鏡外科手術
手塚康二,森谷敏幸,木村理 (担当:共著)
メジカルビュー   2010年11月   

講演・口頭発表等

 
IPMN(Intraductal Pancreatic Muxinous Neoplasia):Early Diagnosis, Surveillance, Therapy [招待有り]
Wataru Kimura
Certificate of Special Appreciation   2014年3月26日   
Nerve resection during pancreatoduodenectomy for pancreatic cancer
Wataru Kimura
Korea Pancreas Surgery Club Korea japan Pancreas Surgery Joint Symposium   2014年4月22日   
IPMN: Up to Date Programs & strategies for pancreatic neoplasms [招待有り]
Wataru Kimura
2014年国際膵臓学会   2014年8月30日   
Pancreatic neoplasms and risk of pancreatoduodenectomy [招待有り]
Wataru Kimura
24th World Congress of the Interntional Association of Surgeons, Gastroennterologists and Oncolosigts. IASGO 2014   2014年12月   
Update Lecture 10: Interesting Issues in Pancreas Surgery. IPMN & Pancreatic Surgery
Wataru Kimura
World Congre of IASGO. 26th World Congre of the International Association of Surgeons, Gastroenterologists and Oncologists   2019年9月8日   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
Knack&Pitfalls 膵脾外科の要点と盲点
その他   2002年10月
栄養サポートチーム(NST)のための 栄養アセスメントの実際
その他   2006年3月 - 現在
Knack&Pitfalls 膵脾外科の要点と盲点 第2版
その他   2009年10月 - 現在

社会貢献活動

 
市民公開セミナー 乳がんってどんな病気?
【】  2006年4月
平成19年度次代創造高校づくり推進事業 理数系活性化事業・理数系サミット
【】  2007年6月
平成20年度日本外科学会 第16回生涯教育セミナー
【】  2008年9月
第49回市民公開講座 「よくわかる消化器癌~診断と治療の最前線~」
【】  2008年10月
平成22年度 第18回日本外科学会生涯教育セミナー
【】  2010年9月