金生 由紀子

J-GLOBALへ         更新日: 08/02/15 00:00
 
アバター
研究者氏名
金生 由紀子
 
カノウ ユキコ
所属
旧所属 北里大学 大学院医療系研究科
職名
助教授
学位
医学博士

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1984年
 - 
1991年
 東京大学医学部附属病院精神神経科 医員
 
1991年
 - 
2001年
 東京大学医学部 助手
 
2001年
 - 
2002年
 都立北療育医療センター 医員及び東京大学医学部 非常勤講師
 
2002年
   
 
- 北里大学大学院助教授
 

学歴

 
 
 - 
1984年
東北大学 医学部 
 

Misc

 
多動及び強迫の合併からみたトゥレット障害の臨床特徴について(共著)
臨床精神医学   29(6): 643-652    2000年
我が国のトゥレット障害の遺伝学的要因に関する臨床的検討(共著)
脳と精神の医学   9(3): 267-275    1998年
精神医学   31(12) 1251-1268   1989年
トゥレット障害の実態と臨床評価-医療機関におけるトゥレット障害の全国的規模の実態調査-(共著)
安田生命社会事業団研究助成論文集   28 23-32   1993年
"学校嫌い"からみた思春期の精神保健(共著)
児童青年精神医学とその近接領域   35(3) 272-285   1994年

書籍等出版物

 
自閉症治療の到達点(共著)
日本文化科学社   1992年   
認知発達治療の実践マニュアル(共著)
日本文化科学社   1992年   
トゥレット症候群と遺伝
発達障害医学の進歩 10 診断と治療社   1998年   
トゥレット症候群(チック)―脳と心と発達を解くひとつの鍵―心のライブラリー(7)(共著)
星和書店   2002年   
チック障害, トゥレット障害
現代児童青年精神医学(山崎晃資、牛島定信、栗田広、青木省三編), 永井書店   2002年   

Works

 
トゥレット障害の臨床評価
1986年
トゥレット症候群の臨床評価と血漿アミン及び治療についての研究
1992年
トゥレット症候群の全国規模の実態調査及び研究ネットワーク作り
1993年
ステージ評価による認知発達に関する全国規模の研究ネットワーク作り
1993年

競争的資金等の研究課題

 
トゥレット症候群の臨床特徴・素因の評価と治療・援助に関する研究
強迫性と衝動性の臨床評価と治療的介入に関する研究
自閉症の精神・行動の評価と援助に関する研究
学校精神保健に関する研究