和田 洋

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/14 02:40
 
アバター
研究者氏名
和田 洋
 
ワダ ヨウ
所属
大阪大学
部署
産業科学研究所
学位
理学博士(東京大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1989年
 - 
1990年
日本学術振興会 特別研究員 (DC)
 
1990年
   
 
日本学術振興会 特別研究員 (PD)
 
1990年
 - 
1992年
リサーチアソシェート米国ロックフェラー大学
 
1992年
 - 
1998年
東京大学教養学部 助手
 
1998年
   
 
- 大阪大学産業科学研究所 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1990年
東京大学 理学系研究科 植物学
 
 
 - 
1985年
東京大学 理学部 生物学科(植物)
 

委員歴

 
1997年
   
 
日本植物学会  理事
 

論文

 
Spatial restriction of BMP signalling in mouse gastrula by the endocytic pathway
Wada Y.
   2010年4月   [査読有り]
Optic nerve compression and retinal degeneration in Tcirg1 mutant mice lacking the vacuolar-type H+-ATPase a3 subunit.
Kawamura, N., H. Tabata, G.H. Sun-Wada, and Y. Wada.
PloS One      2010年8月   [査読有り]
Late endocytic pathway in mouse embryos: implication in spatiotemporal signaling during gastrulation.
Sun-Wada, G. H., Wada Y.
   2010年11月   [査読有り]
ATP6ATP2(pro)renin receptor is essential for the function of organella in murine cardiomycytes
K. Kinouchi, A. Ichihara, M. Sano, G.H. Sun-Wada, Y. Wada, A. Kurauchi-Mito, K. Bokuda, T. Narita, Y. Oshima, M. Sakoda, Y. Tama, H. Sato, K. Fukuda, H. Itoh
   2010年12月   [査読有り]
Regulation of canonical Wnt pathway via microautophagy in the early mouse embryo.
Kawamura N, Sun-Wada GH, and Wada Y
   2017年5月

Misc

 
酵母のRab/Ypt蛋白質
実験医学14(増刊)   14 244-245   1995年
メンブレントラフィックと多細胞生物の形態形成-シロイヌナズナを用いて
実験医学   16(12) 1544   1998年
FUTAI M, OMOTE H, SAMBONGI Y, WADA Y
Biochim. Biophys. Acta   1458(2/3) 276-288   2000年
Luminal acidification of diverse organelles by V-ATPase in animal cells
J Exp Biol   203 107-116   2000年

書籍等出版物

 
リソソームと液胞(細胞内物質輸送のダイナミズム.中野明彦・米田悦啓編)
シュプリンガーフェアラーク東京   1999年   

Works

 
発生・分化におけるエンドソーム・リソソームのメンブレンダイナミズム
2004年

競争的資金等の研究課題

 
高等植物における液胞形成の分子機構
液胞形成におけるsyntaxin(シンタクシン)の機能
細胞内酸性コンパートメントの機能発現