岡 隆

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/02 02:41
 
アバター
研究者氏名
岡 隆
 
オカ タカシ
eメール
okachs.nihon-u.ac.jp
所属
日本大学
部署
文理学部心理学科
職名
教授
学位
博士(社会学)(東京大学), 社会学修士(東京大学)
科研費研究者番号
80203959

研究分野

 
 

経歴

 
1988年4月
 - 
1991年3月
専修大学文学部 講師
 
1991年4月
 - 
1994年3月
専修大学文学部 助教授
 
1994年4月
 - 
2005年3月
東京大学大学院人文社会系研究科 助教授
 
2005年4月
   
 
日本大学文理学部 教授
 

学歴

 
 
 - 
1983年
東京大学 文学部 社会心理学専修課程
 
 
 - 
1988年
東京大学 大学院 社会学研究科 
 

委員歴

 
2017年6月
   
 
日本心理学会  常務理事(資格担当)
 
2017年4月
   
 
日本社会心理学会  常任理事(編集委員長)
 
2013年4月
 - 
2015年3月
日本社会心理学会  常任理事(事務局長)
 
2009年4月
 - 
2011年3月
日本社会言語科学会  会長
 
2003年1月
 - 
2003年12月
日本教育心理学会  教育心理学年報編集委員会委員長
 

受賞

 
2018年1月
日本感性工学会 日本感性工学会・第19回優秀発表賞 パーソナリティの開放性と美的評価との関連―媒介変数として審美的価値観に着目して―
受賞者: 宮下達哉・白川真裕・木村敦・岡隆
 
2013年9月
日本心理学会 日本心理学会・第77回学術大会優秀発表賞 「新型うつ」のしろうと理論:大学生を対象としたテキストマイニングによる分析
受賞者: 勝谷紀子・岡隆・坂本真士
 
2008年3月
日本社会言語科学会・第7回徳川宗賢賞優秀賞 研究者と参加者の社会的認知とコミュニケーション
 

論文

 
ステレオタイプ抑制における反ステレオタイプと非優位ステレオタイプの役割
山本真菜・岡隆
心理学研究   89(1) 12-21   2018年4月   [査読有り]
「話芸」の多角的研究
田中ゆかり・岡隆・佐藤至子・閑田朋子・林直樹
日本大学文理学部人文科学研究所研究紀要   95 173-185   2018年2月   [査読有り]
児童養護施設で暮らす子どもの生活安全感・安心感と精神的健康との関係-「生活安全感・安心感尺度」の改良を通して-
松村香・宇津木孝正・岡隆
日本大学文理学部人文科学研究所研究紀要   94 47-62   2017年9月   [査読有り]
美的評価の個人差要因:開放性および審美的価値観との関連
宮下達哉・木村敦・岡隆
日本感性工学会論文誌   16(3) 315-320   2017年8月   [査読有り]
同調傾向と傍観行動との関係
杉田房子・岡隆
日本大学心理学研究   38 12-19   2017年3月   [査読有り]

書籍等出版物

 
知のスクランブル 文理的思考の挑戦
筑摩書房   2017年2月   
心の七つの見方
新曜社   2016年11月   
社会心理学概論
岡隆
ナカニシヤ出版   2016年10月   
ザ・ソーシャル・アニマル第11版
エリオット・アロンソン(著),岡隆(訳) (担当:単訳)
サイエンス社   2014年4月   ISBN:978-4-7819-1336-0
心理学概説
厳島行雄・横田正夫他
啓明出版   2014年4月   

講演・口頭発表等

 
名画および駄作に対する美的評価と審美的価値観との関連
宮下達哉・長潔容江・木村敦・岡隆
第13回日本感性工学会大会春季大会   2018年3月28日   
A Study on Individualism-Collectivism Stereotypes in Japan: Focusing on Perceived Typical Characteristics of the Americans, British, Chinese, and Japanese
Nishimura, K., & Oka, T.
The 19th Annual Meeting of the Society for Personality and Social Psychology   2018年3月3日   
Stereotype Threat Mediates the Relationship between Stereotype Activation and Stereotype Reactance?: The Effect of Gender Stereotype Activation on Math Performance in Japan
Asakawa, A., & Oka, T.
The 19th Annual Meeting of the Society for Personality and Social Psychology   2018年3月3日   
The order effect of verbal and behavioral measures of the attitudes toward lesbians in imagined contact studies
Horikawa, Y., & Oka, T.
The 19th Annual Meeting of the Society for Personality and Social Psychology   2018年3月3日   
数学能力に関する性ステレオタイプの活性化が女性の数学課題成績に及ぼす影響
朝川明男・岡隆
日本社会心理学会第58回大会   2017年10月29日   

競争的資金等の研究課題

 
SNS利用のリスク認知に関する教育社会心理学解明と教材開発への応用
研究期間: 2016年 - 2018年
ステレオタイプ抑制による逆説的効果を低減するための代替思考に関する研究
研究期間: 2012年 - 2014年
食品リスク情報への消費者態度に関する実験社会心理学的研究
研究期間: 2009年 - 2011年
うつと自殺にかかわる素朴理論の日常言語的アプローチ
研究期間: 2007年 - 2008年
対応バイアスの日米比較-異文化についての誤解を生む心理プロセスの研究-
研究期間: 2003年 - 2004年