松田 学

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/11 11:38
 
アバター
研究者氏名
松田 学
 
マツダ マナブ
所属
近畿大学
部署
医学部 基礎医学部門研究室
職名
准教授
学位
博士(理学)(東京大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1991年
東京大学 理学部 動物学教室
 
 
 - 
1993年
東京大学 大学院理学系研究科 生物科学専攻
 
 
 - 
1996年
東京大学 大学院理学系研究科 生物科学専攻
 

論文

 
標識抗体によるタンパク質の検出における疎水性ドメインの影響
松田, 学
乳腺・泌乳研究会会誌   47 2   2016年11月
CABCOCO1, a novel coiled-coil protein With calcium-binding activity, is localized in the sperm flagellum.
Kawashima A, Kigoshi T, Katoh Y, Ishikawa Y, Shawki HH, Inoue N, Tamba M, Matsuda M Okamura N
Molecular Reproduction and Development   83(10) 912-926   2016年   [査読有り]
SHAWKI, Hossam H.; KIGOSHI, Takumi; KATOH, Yuki; MATSUDA, Manabu; UGBOMA, Chioma M.; TAKAHASHI, Satoru; OISHI, Hisashi; KAWASHIMA, Akihiro
Experimental Animals   65(3) 253-265   2016年   [査読有り]
Previously, we have identified a calcium-binding protein that is specifically expressed in spermatids and localized to the flagella of the mature sperm in mouse, so-called mCABS1. However, the physiological roles of CABS1 in the male reproductive ...
Tyrosine phosphorylation of the flagellar aldose reductase is involved in the boar sperm capacitation.
Katoh Y, Kikuchi K, Matsuda M, Tamba M, Okamura N
Journal of Reproduction Engeneering   18 11-19   2015年
Activated and pro-activated vitamin D3 attenuate induction of permanent changes caused by neonatal estrogen exposure in mouse vagina.
Matsuda M, Kurosaki K, Okamura N
Journal of Reproduction and Development   60(4) 274-279   2014年   [査読有り]

書籍等出版物

 
ケイン生物学 第5版
Singh-Cundy A, ML Cain, J Dusheck 著 上村慎治 監訳; +松田 学 (担当:共訳, 範囲:27,28,29,32章)
東京化学同人   2014年   
生物学辞典
石川統;守隆夫;八杉貞雄ほか監修;松田学ほか執筆;+松田, 学 (担当:分担執筆)
東京化学同人   2010年12月   
これが生物学だ
(著)エルンスト・マイア, (訳)八杉貞雄;松田, 学 (担当:共訳, 範囲:3-5, 10-12章)
シュプリンガーフェアラーク東京   1999年1月   
人間生物学
Chiras DD 著 永田恭介 監訳;+松田, 学 (担当:共訳, 範囲:5章)
丸善   2008年1月   

講演・口頭発表等

 
Histamine as a topical regulatory factor in the lactating mammary gland
Matsuda,Manabu
The 22nd International Congress of Zoology   2016年11月14日   International Society of Zoological Sciences
MCF-10A細胞におけるヒスタミンの作用経路
松田,学;葛西,裕亮;井上,尚哉;Naomichi,Okamura
日本動物学会大会    2013年9月26日   
乳腺のヒスタミンシグナル阻害による密着結合関連遺伝子の発現変化
松田,学;葛西,裕亮;井上,尚哉
日本動物学会関東支部大会    2014年3月15日   
乳腺ではセロトニンやヒスタミンなどのモノアミン類がミルク分泌調節に関与している.なかでもヒスタミンは,密着結合(TJ)の形成を促し,上皮膜間抵抗(TEER)の維持と乳腺分泌活性化にはたらいている.本研究では,ヒスタミン合成酵素欠損マウスの乳腺およびヒスタミン受容体阻害剤処理したヒト乳腺細胞のTJ関連遺伝子の発現を定量的PCR法で調べ,ヒスタミンがTJの組成にどのような影響を及ぼすかを調べた.その結果,Tjp1やCldn1などのいくつかの遺伝子についてmRNA発現量の変化が認められた.
Lactational failure in histidine decarboxylase-deficient mice
松田,学
OPS2011   2011年10月6日   
マウスおよびウシにおける乳腺上皮透過性に対するヒスタミンの作用
松田,学
日本比較内分泌学会   2012年11月29日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
マイノリティ細胞の動態理解に向けた組織細胞分散分離手法の開発
文部科学省・日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 松田 学
乳汁分泌活性化機構の解明に向けた細胞培養系の確立
科学研究費補助金
研究期間: 2012年4月 - 2016年3月    代表者: 松田 学
皮膚の分泌と水透過性に関する研究
研究期間: 2009年4月   
環境ホルモンによって生じる生殖輸管の発生異常に関する研究
研究期間: 2001年4月 - 2008年3月
マウス新生仔(ヒト3ヶ月胎児に相当)のエストロゲン様内分泌攪乱物質曝露により生殖輸管形成異常が生じるしくみを理解し、曝露時の影響を最少限に抑えるための技術開発を行なう。
乳腺で産生される生理活性モノアミンの働きに関する研究
科学研究費補助金
研究期間: 2004年 - 2007年