西川敦

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/05 09:24
 
アバター
研究者氏名
西川敦
 
ニシカワアツシ
URL
http://bs.shinshu-u.ac.jp/nishikawa/
学位
博士(工学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
信州大学 繊維学部 機械・ロボット学科 バイオエンジニアリングコース 教授
 
1994年4月
 - 
1996年3月
日本学術振興会 特別研究員
 
1996年4月
 - 
1997年3月
大阪大学基礎工学部 助手
 
1997年4月
 - 
2005年3月
大阪大学大学院基礎工学研究科 助手
 
2005年4月
 - 
2010年3月
大阪大学大学院基礎工学研究科 助教授(准教授)
 

学歴

 
 
 - 
1995年3月
大阪大学 基礎工学研究科 物理系
 
 
 - 
1990年3月
大阪大学 基礎工学部 機械工学
 

委員歴

 
2009年
   
 
日本コンピュータ外科学会  評議員
 

受賞

 
2003年6月
国際会議 CARS2003ポスター賞(第3位)
 
2004年9月
生体医工学シンポジウムベストリサーチアワード
 
2009年10月
国際会議 SMIT2009ポスター賞(第2位)
 
2010年10月
積水化学「自然に学ぶものづくり」2010年度奨励賞
 
2012年7月
国際会議 ICME CME2012 Best Conference Paper Award
 

論文

 
空気圧を利用した柔軟な線形状システムとその医療応用
西川敦, 岩本憲泰
フルードパワーシステム(日本フルードパワーシステム学会誌)   48(5) 247-250   2017年9月
Compact forceps manipulator with a spherical-coordinate linear and circular telescopic rail mechanism for endoscopic surgery
Toshikazu Kawai, Hiroyuki Hayashi, Yuji Nishizawa, Atsushi Nishikawam, Ryoichi Nakamura, Hiroshi Kawahira, Masaaki Ito, Tatsuo Nakamura
International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery   12(8) 1345–1353   2017年8月
A Novel Earphone Type Sensor for Measuring Mealtime: Consideration of the Method to Distinguish between Running and Meals
Kazuhiro Taniguchi, Hikaru Chiaki, Mami Kurosawa, Atsushi Nishikawa
Sensors   17 252 (14 pages)   2017年2月
Bending forceps manipulator with offset distance for single-port laparoscopy
Toshikazu Kawai, Toshinobu Matsumoto, Atsushi Nishikawa, Yuji Nishizawa, Tatsuo Nakamura
Advanced Biomedical Engineering   5 56-62   2016年3月
Kawai, T; Shin, M; Nishizawa, Y; Horise, Y; Nishikawa, A; Nakamura, T
INTERNATIONAL JOURNAL OF COMPUTER ASSISTED RADIOLOGY AND SURGERY   10(2) 161-169   2015年2月

書籍等出版物

 
Chapter2 Concept of Virtual Incision for Minimally Invasive Surgery
InTech   2018年   
Chapter10. Bio-inspired control of a multi-fingered robot hand with musculoskeletal system
Elsevier   2016年12月   
指文字無線入力インタフェース「Fingual」
エヌ・ティー・エス出版   2013年6月   ISBN:ISBN 9784864690638
産学の技術が融合した内視鏡ロボットP-arm
丸善   2011年7月   ISBN:ISBN 9784904419243
Design and Control of a Compact Laparoscope Manipulator: A Biologically Inspired Approach
SCIYO   2010年9月   ISBN:ISBN 9789533070995

講演・口頭発表等

 
MRLink: An ORiN-Based Medical Robot Architecture for Connecting Freely Selected Master/Slave Robotic Devices
Noriyasu Iwamoto, Atsushi Nishikawa, Toshikazu Kawai, Yuki Horise, Ken Masamune
2017 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems(IROS2017), Workshop on Shared Platforms for Medical Robotics Research   2017年9月   
Image Recognition of Triangular Tissue of an Organ Pulled by Forceps in Surgical Working Area for Laparoscope Robot
Hisa Nakasuji, Kazuki Naruki, Toshikazu Kawai, Atsushi Nishikawa, Yuji Nishizawa, Tatsuo Nakamura
39th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC2017)   2017年7月   
Spherical-coordinate Manipulator with Circular Telescopic Rail Driven by Rapson's Slider for Laparoscopic Surgery
SeungSeong Han, Fumiya Mizobuchi, Toshikazu Kawai, Atsushi Nishikawa, Yuji Nishizawa, Tatsuo Nakamura
39th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC2017)   2017年7月   
Locally Operated Master-slave Control System with Mechanically Separable Master Device for Laparoscopic Forceps Manipulator
Hiroyuki Kobayashi, Toshikazu Kawai, Atsushi Nishikawa, Yuki Horise, Ken Masamune
39th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC2017)   2017年7月   
Frequency Domain System Identification of Human Finger Dynamics Using Functional Electrical Stimulation based on an Agonist-Antagonist Concept
Kento Takemura, Mami Kurosawa, Keita Atsuumi, Kazuhiro Matsui, Fumio Miyazaki, Atsushi Nishikawa
REHABWEEK 2017/IFESS 2017, 2017 Annual Conference of the International Functional Electrical Stimulation Society   2017年7月   

競争的資金等の研究課題

 
筋シナジーに基づく筋骨格多指ロボットハンドの制御
研究期間: 2010年   
生体ゆらぎを規範とした内視鏡マニピュレータの制御
研究期間: 2010年   
在宅型反復経頭蓋磁気刺激治療ナビゲーション
研究期間: 2010年   
単孔式内視鏡手術支援ロボットシステムの研究
研究期間: 2010年   
腹腔鏡下手術支援ロボットマニピュレータ
共同研究
代表者: 西川 敦