関 修平

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/16 16:42
 
アバター
研究者氏名
関 修平
 
セキ シュウヘイ
URL
http://www.moleng.kyoto-u.ac.jp/~moleng_06/index-j.htm
所属
京都大学
部署
工学研究科
職名
教授
ORCID ID
0000-0001-7851-4405

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
京都大学 分子工学専攻 教授
 
2007年
 - 
2009年
 大阪大学 大学院工学研究科 応用化学専攻 准教授
 
2009年
 - 
2015年3月
- 大阪大学 大学院工学研究科 応用化学専攻 教授
 

学歴

 
 
 - 
1995年
東京大学 工学研究科 システム量子
 
 
 - 
1991年
東京大学 工学部 原子力
 

受賞

 
2006年9月
高分子学会 日立化成賞
 
1999年
応用物理学会 講演奨励賞
 
2000年
日本放射線化学会 奨励賞
 

論文

 
Shugo Sakaguchi, Tsuneaki Sakurai, Jun Ma, Masaki Sugimoto, Tetsuya Yamaki, Atsuya Chiba, Yuichi Saito, Shu Seki
The Journal of Physical Chemistry B      2018年9月   [査読有り]
Jun Ma, Sergey A. Denisov, Jean-Louis Marignier, Pascal Pernot, Amitava Adhikary, Shu Seki, Mehran Mostafavi
The Journal of Physical Chemistry Letters   5105   2018年9月   [査読有り]
Samrat Ghosh, Satyajit Das, Akinori Saeki, Vakayil K. Praveen, Shu Seki, Ayyappanpillai Ajayaghosh
ChemNanoMat      2018年8月   [査読有り]
Samrat Ghosh, Satyajit Das, Akinori Saeki, Vakayil K. Praveen, Shu Seki, Ayyappanpillai Ajayaghosh
ChemNanoMat      2018年8月   [査読有り]
Satoshi Tsukuda, Akira Idesaki, Masaki Sugimoto, Shu Seki, Takahisa Omata
Materials Research Express      2018年7月   [査読有り]
Yusuke Tsutsui, Haruka Okamoto, Daisuke Sakamaki, Kazunori Sugiyasu, Masayuki Takeuchi, Shu Seki
The Journal of Physical Chemistry Letters   3639   2018年7月   [査読有り]
Wookjin Choi, Hayate Nishiyama, Yui Ogawa, Yuko Ueno, Kazuaki Furukawa, Tomohiro Takeuchi, Yusuke Tsutsui, Tsuneaki Sakurai, Shu Seki
Advanced Optical Materials   1701402   2018年7月   [査読有り]
Germ{á}n Zango, Tsuneaki Sakurai, Beatriz Urones, Hidenori Saeki, Wakana Matsuda, M. Victoria Mart{\'{\i}}nez-D{\'{\i}}az, Shu Seki, Tom{á}s Torres
Chemistry - A European Journal      2018年6月   [査読有り]
Yuki Inoue, Daisuke Sakamaki, Yusuke Tsutsui, Masayuki Gon, Yoshiki Chujo, Shu Seki
Journal of the American Chemical Society      2018年6月   [査読有り]

Works

 
イオンビーム照射によるナノワイヤー形成
2000年
一つの粒子が引き起こす化学反応を用いたナノ構造体の形成と特性
2005年
フェムト秒パルスラジオリシス法によるナノ時空間反応プロセスの解明
2005年
孤立したナノ構造体・分子素子の電極レス伝導度評価技術の開発
2005年
孤立したナノ構造体・分子素子の電極レス伝導度評価技術の開発
2004年

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2014年 - 2018年    代表者: 関 修平
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2014年 - 2017年    代表者: 関 修平
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 関 修平
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(S))
研究期間: 2010年 - 2014年    代表者: 関 修平
架橋型の反応を示す高分子材料に高エネルギー加速粒子を入射すると、付与されるエネルギーによりイオントラック内に架橋反応点が選択的に分布し、分子間架橋反応といった不均一な反応を介してゲル化を誘起する。この単一粒子ナノ加工法(SPNT)により、さまざまな合成高分子・生体高分子・物質内包性高分子を自由にナノ構造化し、それぞれを組み合わせて多機能ナノ構造体をユニバーサルに形成しえる全く新しいナノ構造材料創成技術として確立することが本研究の最大の目的である。今年度の実施計画は、本研究の5つの実施グルー...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2010年 - 2010年    代表者: 関 修平
有機エレクトロニクス材料は、有機半導体・太陽電池・電界発光材料などのアウトプットを志向し、現在活発に研究が進められているが、どのような分子を設計し、どのように積み上げれば、最終的な素子特性の向上への最短距離となるのかについて、現時点で明確な指針が与えられているとは言い難い。本研究では、これらの材料開発において、最も重要な物性である「電荷輸送性能」に特化して、いま一度、分子積層構造、階層構造・超分子構造制御を行う前の分子そのものの特性を見直し、特に1・2次元共役骨格構造において、どのような構...

特許

 
セラミックナノワイヤー及びイオンビーム照射によるその製造法
2005-269602
An improved organic light emitting diode, an improved organic light emitting diode for tunig the white emission and a process for fabrication thereof
1532/DEL/2005
セラミックナノワイヤー及びイオンビーム照射によるその製造法
2005-269602
An improved organic light emitting diode, an improved organic light emitting diode for tunig the white emission and a process for fabrication thereof
1532/DEL/2005