早瀬 尚子

J-GLOBALへ         更新日: 17/12/16 02:55
 
アバター
研究者氏名
早瀬 尚子
 
ハヤセ ナオコ
所属
大阪大学
部署
言語文化研究科 言語文化専攻
職名
准教授
学位
修士(文学), 博士(文学)(大阪大学)
その他の所属
大阪大学
科研費研究者番号
00263179

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1994年
 - 
1996年
大阪大学助手(文学部)
 
1996年
 - 
2000年
大阪外国語大学 外国語学部 講師
 
2000年
 - 
2007年
大阪外国語大学 外国語学部 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1994年
大阪大学 文学研究科 英文学(英語学)
 
 
 - 
1990年
大阪大学 文学部 英文学科(英語学専攻)
 

委員歴

 
2002年
 - 
2004年
日本英語学会  大会運営委員
 
 
   
 
関西言語学会  大会運営委員
 

論文

 
Prototypical Meaning vs. Semantic Constraints in the Analysis of ENglish possessive genitives
Naoko HAYASE
English Linguistics      1993年10月   [査読有り]
The Role of Figure, Ground and Coercion in Aspectual Interpretation
Naoko HAYASE
Lexical and Syntactical Constructions and the Construction of Meaning      1997年1月   [査読有り]
Possessive Constructions: Their Commonalities and Differences (A Review Article of Taylor (1997)
Naoko HAYASE
English Linguistics      1999年6月   [査読有り][招待有り]
HAVE構文の歴史的変遷についてー認知言語学的視点から
早瀬尚子
英米研究(大阪外国語大学専攻語英語機関誌))      1999年10月
Syntactic and Semantic Diversities of HAVE Constructions in English
Naoko HAYASE
LAUD 2000: Series B: Applied and Interdisciplinary Papers, Paper No. 290, 1-20. (LAUD Working Papers)      2000年3月   [査読有り]

Misc

 
『EX ORIENTE』Vol.13 27-57   13    2006年
「形容詞コピュラ文の意味とその成立について」
『言葉のからくり-河上誓作教授退官記念論文集』英宝社   415-428    2004年
認知文法における構文の扱いについてー形容詞コピュラ文を例に
EX ORIENTE(大阪外国語大学言語社会学会誌)   9号85-104ページ    2003年
HAVE構文の歴史的変遷について-認知言語学的視点から
『英米研究』   (23) 259-286   1999年
On the Interaction of Possessive Constructions with Two Types of Abstract Nominalization: A Cognitive Viewpoint
English Linguistics   13    1996年

書籍等出版物

 
英語構文のカテゴリー形成ー認知言語学の視点から
早瀬尚子
勁草書房   2002年10月   
『認知文法の新展開:カテゴリー化と用法基盤モデル』
早瀬尚子・堀田優子 (担当:共著)
研究社   2005年7月   
『認知言語学の基礎』
河上誓作(編著) (担当:共著)
研究社   1996年11月   
構文文法論:英語構文への認知的アプローチ(Goldberg (1995) Constructionsの翻訳)
河上誓作、早瀬尚子、谷口一美、堀田優子(共訳) (担当:共訳)
研究社出版   2001年10月   
英語リフレッシュ講座
成田一(編) (担当:共著)
大阪大学出版会   2008年4月   ISBN:978-4-87259-165-1

講演・口頭発表等

 
How Predicative Adjective Adjuncts are Motivated:A Usage-Based Account on the Emergence of a Construction
International Cognitive Linguistics Conference 9 (Seoul)   2005年   
How Predicative Adjective Adjuncts are Motivated: On the Emergence and Extension of a New Copulative Construction
International Construction Grammar Conference   2006年   
分詞句関連表現に現れる「内」と「外」の視点
日本英語学会   2006年   
Cognitive Motivations for the Use of Unrelated Participles in English
International Cognitive Linguistics Conference 10 (Krakow)   2007年   

Works

 
主観的事態把握の記号化に関する多言語対照研究
2010年

競争的資金等の研究課題

 
認知原則と言語構文との関わり
その他の研究制度
所有格構文について
その他の研究制度
言語変化研究への認知言語学的アプローチ
科学研究費補助金
研究期間: 2000年 - 2002年
認知言語学における動的用法基盤モデルの通時的言語変化と言語習得論への応用可能性について
科学研究費補助金
研究期間: 2002年 - 2005年
分詞関連表現における視点と主体化・主観化との関わり
その他の研究制度
研究期間: 2006年 - 2008年