中野 雅由

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/13 15:27
 
アバター
研究者氏名
中野 雅由
 
ナカノ マサヨシ
URL
http://www.cheng.es.osaka-u.ac.jp/nakano/member.html
所属
大阪大学
部署
大学院基礎工学研究科 物質創成専攻
職名
教授
学位
工学博士(大阪大学)

プロフィール

Masayoshi Nakano was born on January 16, 1964 in Osaka, Japan and has obtained an M. Eng. in 1988 and Ph.D. in 1991 in Chemical Engineering at Osaka University (supervised by Professor Takayuki Fueno). The subject of his Ph.D. thesis was “Theoretical Studies on the Nonlinear-Optical Properties of Organic Substances”. He stayed in the laboratory of Professor Keiichiro Nasu at the Institute for Molecular Science (IMS) as JSPS Research Fellow. In 1992, he served as a research associate, in 2000 a lecturer, and in 2002 an associate professor, under the direction of Professor Kizashi Yamaguchi in Department of Chemistry, Osaka University. In 1998, he received the 47th Young Scientist Award from the Chemical Society of Japan for “Development of nonperturbative calculation method and hyperpolarizability density analysis, and molecular design of novel nonlinear optical compounds”. Since 2005, he is Professor of Department of Materials Engineering Science, Osaka University. His research interests are quantum chemical study on the electronic states of open-shell molecular systems as well as their nonlinear optical properties, exciton dynamics of super/supramolecular systems, and coheremt/incoherent dynamics of atomic/molecular systems under external electric field using dissipative quantum mechanics. He received the “Research Excellence Award” from the European Society of Computational Methods in Science and Engineering (ESCMSE) in 2007. He has published over 330 original papers.

研究分野

 
 

経歴

 
1991年4月
 - 
1992年8月
日本学術振興会特別研究員
 
1992年9月
 - 
2000年3月
大阪大学理学部化学科 助手
 
2000年4月
 - 
2002年3月
大阪大学 大学院理学研究科化学系 講師
 
2002年3月
 - 
2003年3月
大阪大学 大学院理学研究科化学系 助教授
 
2005年4月
 - 
現在
大阪大学 大学院基礎工学研究科物質創成専攻化学工学領域 教授
 

学歴

 
 
 - 
1991年
大阪大学 基礎工学研究科 化学系
 

受賞

 
1998年
日本化学会進歩賞
 
2007年
ICCMSE 2007 "Research Excellence Award"
 

論文

 
Nakano M.
Chemical Record   17(1) 27-62   2017年   [査読有り]
Tsukamoto T, Aoki R, Sakamoto R, Toyoda R, Shimada M, Hattori Y, Kitagawa Y, Nishibori E, Nakano M, Nishihara H.
Chemical Communications   53(70) 9805-9808   2017年   [査読有り]
Takamuku S, Nakano M, Kertesz M.
Chemistry - A European Journal   23(31) 7474-7482   2017年   [査読有り]
Takamuku S, Nakano M, Kertesz M.
Chemistry - A European Journal   23(31)    2017年   [査読有り]
Tahara K, Kozuma H, Venkatesh V, Ryomura E, Miyoshi H, Nakamachi K, Kishi R, Takahashi H, Nakano M, Tobe Y.
ChemPlusChem   82(7) 1052-1056   2017年   [査読有り]

Misc

 
数値リウヴィルアプロ-チ:第三高調波発生での3次非線形光学スペクトルの仮想遷移過程の3タイプ解析
102(7) 2996   1995年
数値リウヴィルアプロ-チ:強度依存過渡的線形,非線形光学感受率.
234 323   1995年
サイズコンシステントアプロ-チと超分極率の密度解析:欠陥を持っている又は持っていないポリマ-系の第2超分極率.
103(10) 4175   1995年
アリルカチオンの第2超分極率の構造依存性の理論的研究:
251 381   1996年
仮想遷移過渡に基づく動的超分極率密度解析:時間依存外場下での系の電子ゆらぎやすさの可視化
250 247   1996年

書籍等出版物

 
「材料設計のための分子軌道計算」
中野、山口、太田(「光学材料ハンドブック-材料別製造法と評価技術」(リアライズ社))   1992年   
3.1 非線形光学現象3.1.1.理論的概説と物質設計
実験科学講座12巻「物質の機能性」   1993年   
6.分子軌道法を用いるπ電子系機能分子の設計
日本化学会編「科学総説」「π電子系有機固体」   1998年   

Works

 
開殻分子系の開殻因子、荷電・スピン状態を制御因子とする新規非線形光学物質の設計
2009年
開放量子系アプローチによる原子・分子集団系の物性量子ダイナミクス
2009年
複合電子系の柔軟性による非線形光学物性の発現機構と分子設計
2009年
開放量子系アプローチによる原子・分子集団系の物性量子ダイナミクス
2008年
開殻分子系の非線形光学効果の機構解明と物質設計への展開
2008年

競争的資金等の研究課題

 
開殻分子系の非線形光学現象に関する理論的研究
メゾスコピック系の量子ダイナミクスに関する研究
量子場と物質系の相互作用に関する研究
超分子系の散逸エキシトンダイナミクス

特許

 
二光子吸収材料
2005-267913