平田 健一

J-GLOBALへ         更新日: 18/06/26 03:09
 
アバター
研究者氏名
平田 健一
 
ヒラタ ケンイチ
所属
神戸大学
部署
大学院医学研究科 医科学専攻
職名
教授
学位
博士(医学)(神戸大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1992年3月
神戸大学 大学院医学研究科博士課程内科学系専攻修了  
 

委員歴

 
 
   
 
日本循環器病学会  評議員
 
 
   
 
日本動脈硬化学会  評議員
 

受賞

 
2004年4月
財団法人 代謝異常治療研究基金 代謝異常治療研究基金 血管内皮由来リパーゼ(EDL)の脂質代謝と動脈硬化、血管障害に形成過程にはたす役割の解明
 
2003年10月
医科学応用研究財団 医学応用研究財団 血管内皮由来リパーゼ(EDL)の脂質代謝と動脈硬化形成過程にはたす役割の解明
 

論文

 
Commensal bacteria at the crossroad between cholesterol homeostasis and chronic inflammation in atherosclerosis
J Lipid Res   58(3) 519-528   2017年3月   [査読有り]
Predictors and Clinical Outcomes of Transient Responders to Cardiac Resynchronization Therapy
Pacing Clin Electrophysiol   40(3) 301-309   2017年3月   [査読有り]
Right ventricular relative wall thickness as a predictor of outcomes and of right ventricular reverse remodeling for patients with pulmonary hypertension
Int J Cardiovasc Imaging   33(3) 313-321   2017年3月   [査読有り]
The differences between bisecting and off-center cuts of the aortic root: The three-dimensional anatomy of the aortic root reconstructed from the living heart
Echocardiography   34(3) 453-461   2017年3月   [査読有り]
Diversity and Determinants of the Three-dimensional Anatomical Axis of the Heart as Revealed Using Multidetector-row Computed Tomography
Anat Rec (Hoboken)      2017年2月   [査読有り]

Misc

 
Gut Microbiota and Coronary Artery Disease
Int Heart J   57(6) 663-671   2016年12月   [査読有り]
【虚血性心疾患UPDATE】 冠動脈疾患基礎研究の進歩 腸管免疫、腸内細菌と冠動脈硬化
医学のあゆみ   259(6号) 597-603   2016年11月   [依頼有り]
腸内細菌と諸疾患-ここまで明らかになった腸内細菌と全身疾患の関連】 循環器疾患と腸内細菌
カレントテラピー   34(11) 1089-1094   2016年11月
Very early stage left ventricular endocardial dysfunction of patients with hypereosinophilic syndrome
Int J Cardiovasc Imaging   32(9) 1357-1361   2016年9月   [査読有り]
【腸内細菌学の新潮流-基礎医学的見地から新規治療開発まで-】 腸内細菌と循環器疾患
最新医学   71(9) 1795-1801   2016年9月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
心不全診療Q&A エキスパート106人からの回答 / II.心不全診療Q&A 5.慢性心不全の薬物療法 (8)β遮断薬を入れるタイミングはどのように考えたらよいですか? (9)β遮断薬を増量する目安には何を用いればよいでしょうか? (10)β遮断薬はどれくらいまで増量すべきでしょうか?
中外医学社   2012年9月   
「冠動脈疾患の病態に迫る」 新・心臓病診療プラクティスシリーズ12 / I.冠動脈プラークの病態に迫る 2.成因に迫る 4)高LDLコレステロール血症/低HDLコレステロール血症の関与.
文光堂   2008年12月   

講演・口頭発表等

 
Alterations of gut microbiota composition and microbiota-associated metabolites in chronic heart failure [招待有り]
第82回日本循環器学会学術集会   2018年3月   日本循環器学会
腸内細菌と心不全との関係を調査した
Association of Body Fat Mass with Left Ventricular Myocardial Systolic Longitudinal Dysfunction in Type 2 Diabetes Mellitus [招待有り]
第82回日本循環器学会学術集会   2018年3月   日本循環器学会
Background: Left ventricular (LV) longitudinal myocardial systolic dysfunction (LVSD) has been identified in type 2 diabetes mellitus (T2DM) patients, and it should be considered the first marker of a preclinical form of DM-related cardiac dysfunc...
Comprehensive Assessment of Left Atrium for Predicting Recurrence of Atrial Fibrillation Following Pulmonary Vein Isolation in Patients with Atrial Fibrillation [招待有り]
第82回日本循環器学会学術集会   2018年3月   日本循環器学会
Background: Atrial fibrillation (AF) causes structural and electrical remodeling. Left atrial (LA) volume is a robust predictor for recurrence of AF after pulmonary vein isolation, however, recurrence of AF can be associated with multiple factors....
Gut microbiota and their relevant metabolites could be novel biomarkers and innovative therapeutic targets of chronic heart failure [招待有り]
第82回日本循環器学会学術集会   2018年3月   日本循環器学会
腸内細菌と心不全との関係を調査した
Identification of Determinants of Cholesterol Uptake Capacity, a Novel Indicator for HDL Functionality [招待有り]
第82回日本循環器学会学術集会   2018年3月   日本循環器学会
Background: Recently, we established a simple, high-throughput, cell-free assay system to evaluate the capacity of high-density lipoprotein (HDL) to accept additional cholesterol, named cholesterol uptake capacity (CUC), and demonstrated its feasi...

競争的資金等の研究課題

 
学術研究助成基金助成金/基盤研究(C)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 石田 達郎
学術研究助成基金助成金/基盤研究(C)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 新家 俊郎
学術研究助成基金助成金/基盤研究(C)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 平田 健一
科学研究費補助金/基盤研究(C)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 石田 達郎
トランス脂肪酸による動脈硬化性疾患の発生機序の解明と健康影響評価手法の確立
食品健康影響評価技術研究
研究期間: 2012年       代表者: 平田 健一