ITOH Masayuki

J-GLOBAL         Last updated: Sep 18, 2019 at 02:40
 
Avatar
Name
ITOH Masayuki
Affiliation
Kobe University
Section
Graduate School of Human Development and Environment Department of Human Environmental Science
Job title
Professor

Research Areas

 
 

Published Papers

 
KANO Kei, KUDO Mitsuru, YOSHIZAWA Go, MIZUMACHI Eri, SUGA Makiko, AKYA Naonori, EBINA Kuniyoshi, GOTO Takayuki, ITOH Masayuki, JOH Ayami, MAENAMI Haruhiko, MINAMOTO Toshifumi, MORI Mikihiko, MORIMURA Yoshitaka, MOTOKI Tamaki, NAKAYAMA Akie, TAKANASHI Katsuya
Journal of Science Communication   18(3) A02   Jun 2019   [Refereed]
MURANAKA YASUKO, MAIYA KIYOSHI, TANI ATSUSHI, ITOH MASAYUKI, EBINA KUNIYOSHI
大学教育研究   (27) 139-158   Mar 2019   [Refereed]
2017 年度より神戸大学は、兵庫県立大学、関西学院大学、甲南大学と ROOT と名付けたグローバルサイエンスキャンパス事業に取り組んでいる。そのプログラムでは強い知的好奇心と探究心を備えた高校生に根源的な問を喚起するユニットをはじめとする「科学力養成プログラム」と科学英語を学ばせる「国際性導入プログラム」を基礎ステージで高校生に提供し、その中から選抜された高校生に実践ステージで大学教員が研究指導を行い、ワ
シントン大学でポスター発表させる。2017 年度 ROOT プログラムに参加した ...
2016年千種川一斉水温調査の水質分析結果 : 溶存イオン成分の特徴
山本 雄大, 陀安 一郎, 藪崎 志穂, 申 基澈, 中野 孝教, 横山 正, 三橋 弘宗, 大串 健一, 伊藤 真之
神戸大学大学院人間発達環境学研究科紀要   12(1) 67-74   Sep 2018
Hitomi (ASTRO-H) X-ray Astronomy Satellite
Takahashi Tadayuki et al. (81), ITOH MASAYUKI, Iwai Masachika et al. (188)
Journal of Astronomical Telescopes, Instruments, and Systems   4 021402   Apr 2018
The Hitomi (ASTRO-H) mission is the sixth Japanese x-ray astronomy satellite developed by a large international collaboration, including Japan, USA, Canada, and Europe. The mission aimed to provide the highest energy resolution ever achieved at E ...
Hironori Matsumoto, Hisamitsu Awaki, Manabu Ishida, Akihiro Furuzawa, Shigeo Yamauchi, Yoshitomo Maeda, Ikuyuki Mitsuishi, Yoshito Haba, Takayuki Hayashi, Ryo Iizuka, Kazunori Ishibashi, Masayuki Itoh, Hideyo Kunieda, Takuya Miyazawa, Hideyuki Mori, Takashi Okajima, Satoshi Sugita, Keisuke Tamura, Yuzuru Tawara
Journal of Astronomical Telescopes, Instruments, and Systems   4(1) 0112121-0112127   Feb 2018

Misc

 
いろいろな元素からみえる千種川水系の姿
藤吉 麗, 陀安 一郎, 藪崎 志穂, 原口 岳, 由水 千景, 大串健一, 古川文美子, 伊藤真之, 山本雄大, 横山 正
共生のひろば 14号   (4) 115   Mar 2019
ITOH MASAYUKI
Link : 地域・大学・文化 : 神戸大学大学院人文学研究科地域連携センター年報   (6) 36-49   Dec 2014   [Invited]

Books etc

 
Environmental Physics
NAKAGAWA, Kazumiti, EBINA, Kuniiyoshi, ITOH, Masayuki (Part:Joint Work)
裳華房   Nov 2004   

Conference Activities & Talks

 
FORCEミッションのサーベイ観測によるAGNの検出数予測
池田 裕香, 橋本 凌, ITOH MASAYUKI, 上田 佳宏, 森 浩二, 粟木 久光, 他 FORCE WG
高感度・広帯域X線観測で探る ブラックホール降着現象の物理   Mar 2019   
2020年代前半の打ち上げに向けて提案されている広帯域X線高感度撮像分光衛星FORCEは、サーベイ観測によるAGNの系統的探査を通じた巨大質量ブラックホールの進化史の解明を計画している。我々は、現在のミッションデザインとAGNの進化モデルに基づくAGN検出数予測について報告する。
安定同位体比を用いた兵庫県千種川流域における 硫酸、硝酸イオンの起源と動態研究
FUJIYOSHI REI, TAYASU ICHIRO, YABUSAKI SHIHO, 原口 岳, 由水 千景, OHKUSHI KEN-ICHI, FURUKAWA FUMIKO, ITOH MASAYUKI, 山本 雄大, 横山 正, 三橋 弘宗
第66回日本生態学会大会   Mar 2019   
小型衛星計画 FORCE 用の X 線反射鏡開発の現状
MATSUMOTO HIRONORI, AWAKI HISAMITSU, ITOH MASAYUKI, NOBUKAWA MASAYOSHI, 他 FORCE WG
日本天文学会2019年春季年会   Mar 2019   
FORCE 計画では、エネルギー E = 1 − 80 keV の X 線を過去最高の角度分解能 ∼ 15 秒角で撮像分光する。これにより、例えばまだ観測されていない “ミッシング” ブラックホールを発見し、それにより銀河の星形成を解明することなどを目的とする。FORCE 計画を実現するには、高角度分解能かつ大面積の硬 X 線望遠鏡を実現しなければならない。それには、厚さ 0.4 mm 程度以下の薄板で、サブミクロンの形状精度、オングストロームレベルの表面粗度を持つ反射鏡基板を開発すること...
軟X線から硬X線の広帯域を高感度で撮像分光する小型衛星計画 FORCE の現状 (8)
MORI KOJI, ITOH MASAYUKI, NOBUKAWA MASAYOSHI, 他 FORCE WG
日本天文学会2019年春季年会   Mar 2019   
我々は 1--80~keV の広帯域X線を10秒角にせまる空間分解能で撮像分光する小型衛星計画 Focusing On Relativistic universe and Cosmic Evolution (FORCE) を提案している。特に10~keV 以上の硬X線帯域で達成する過去最高の角度分解能により、既存の衛星と比較して1桁以上高い硬X線感度を達成する。FORCE の主たる科学目的は、宇宙のあらゆる階層において未だ見つかっていない「ミッシングブラックホール」を探査し、それをプローブ...
いろいろな元素からみえる千種川水系の姿
藤吉 麗, 陀安 一郎, 藪崎 志穂, 原口 岳, 由水 千景, 大串健一, 古川文美子, 伊藤真之, 山本雄大, 横山 正
第14回共生のひろば   Feb 2019