荻原 剛志

J-GLOBALへ         更新日: 16/06/02 02:47
 
アバター
研究者氏名
荻原 剛志
 
オギハラ タケシ
URL
http://www.kyoto-su.ac.jp/department/cse/kyoin/com/ogihara/index.html
所属
京都産業大学
部署
コンピュータ理工学部 コンピュータサイエンス学科 コンピュータ理工学部
職名
その他
学位
工学博士(大阪大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1990年
 - 
1993年
:大阪大学情報処理教育センター助手
 
1993年
   
 
:大阪大学基礎工学部講師
 
1993年
 - 
1995年
:奈良先端科学技術大学院大学情報科学センター助教授
 
1995年
 - 
1997年
:神戸大学工学部助教授
 
1997年
 - 
2005年
:神戸大学大学院自然科学研究科助教授
 

学歴

 
 
 - 
1990年
大阪大学大学院 基礎工学研究科 物理系専攻
 
 
 - 
1985年
山梨大学 工学部 計算機科学科
 

委員歴

 
 
   
 
大阪大学大学院情報科学研究科招聘教授(IT Spiral担当)。
 
 
   
 
組込みソフト産業推進会議(関西経済連合会)高度組込みソフト技術者育成プログラム検討部会委員、同検討部会内演習検討ワーキンググループ委員。
 
2006年
 - 
2007年
情報処理学会  四国支部幹事
 

Misc

 
Pascalプログラムのソースレヴェル変換支援トゥール
荻原剛志
情報処理学会「プログラムの合成,変換,再利用」シンポジウム論文集   123-132    1985年
オブジェクト指向言語でのデータを共有する多重継承方式の提案(共著)
荻原剛志,有澤誠
電子情報通信学会論文誌(D)   J70-D(8) 1683-1684   1987年
A Concurrent Object-Oriented Language Ondine
Makoto Arisawa, Takeshi Ogihara, Yoichi Kajihara, Shin-ichi Nagano, and Hiroshi Kikkawa
Report of the Faculty of Engineering Yamanashi University   39 103-112   1988年
ソフトウェア開発環境定義用スクリプトの生成法について(共著)
荻原剛志,飯田元,井上克郎,鳥居宏次
情報処理学会「CASE環境」シンポジウム論文集   7-14   1989年
A Formal Adaptation Method for Process Descriptions(共著)
Katsuro Inoue, Takeshi Ogihara, Tohru Kikuno, and Koji Torii
Proc. of 11th International Conference on Software Engineering   145-153   1989年

書籍等出版物

 
NeXTユーザーガイドブック(共著)
アスキー出版局   1992年   ISBN:4-7561-0788-5
データ圧縮ハンドブック(翻訳)
プレンティスホール・トッパン   1994年   ISBN:4-8101-8578-8
NEXTSTEPによるコンピュータ・リテラシー入門(共著)
アスキー出版局   1996年   ISBN:4-7561-0791-5
データ圧縮ハンドブック(改訂第2版)(翻訳)
プレンティスホール・トッパン   1996年   ISBN:4-8101-8605-9
Mac OS X プログラミング入門 Objective-C
広文社   2001年   ISBN:4-87778-068-8

Works

 
タッチタイプ練習プログラムの開発と日本語向け練習教材の開発
1992年
画像表示プログラムToyViewerの開発
1995年
プログラミング初学者向けのグラフィックライブラリおよび表示環境 HandyGraphic の開発
2007年

競争的資金等の研究課題

 
データ圧縮手法の改良
研究期間: 1991年 - 2004年
ソースコード検索システムの研究
研究期間: 2002年 - 2004年
深層暗号手法に関する研究
研究期間: 1996年 - 2008年
ソフトウェア再利用
研究期間: 2007年 - 2008年
ソフトウェアの柔軟な結合方式
研究期間: 2008年 - 2015年