中嶋 洋

J-GLOBALへ         更新日: 19/07/26 10:49
 
アバター
研究者氏名
中嶋 洋
 
ナカシマ ヒロシ
URL
http://www.asys.kais.kyoto-u.ac.jp/
所属
京都大学
部署
大学院農学研究科 地域環境科学専攻 農学研究科 地域環境科学専攻
職名
准教授
学位
農学博士(京都大学)
ORCID ID
0000-0001-8096-6398

研究分野

 
 

経歴

 
1984年
 - 
1985年
石川県農業短期大学助手
 
1985年
 - 
1996年
京都大学農学部助手
 
1991年2月
 - 
1991年8月
Carleton University, Canada Department of Mechanical and Aerospace Engineering Postdoctoral Research Fellow
 
1996年
 - 
2000年
神戸大学農学部助教授
 
2000年
   
 
京都大学大学院農学研究科助教授
 

学歴

 
1979年4月
 - 
1981年3月
京都大学 大学院農学研究科 農業工学専攻修士課程
 

委員歴

 
2001年
 - 
2002年
農業機械学会  評議員;編集幹事;プログラム専門委員会委員;情報委員会委員
 
2000年
 - 
2001年
テラメカニックス研究会  事務局;幹事
 
2004年
   
 
アジア農業工学会(AAAE)  Editorial Advisory Board
 

受賞

 
2018年9月
農業食料工学会 学術賞 テラメカニックスにおける計算力学の適用に関する研究
 
2005年
ベストセッションペーパー賞,第15回ISTVS国際会議
 
2005年
農業機械学会関西支部賞
 
2004年
ベストセッションペーパー賞,第7回アジア太平洋地区ISTVS国際会議
 
2002年
ベストセッションペーパー賞,第14回ISTVS国際会議
 

論文

 
物理エンジンを用いた農用運搬車の側方転倒挙動の予測
孫 超然, 中嶋 洋, 清水 浩, 宮坂寿郎, 大土井克明
農業食料工学会誌   80(6) 415-424   2018年11月   [査読有り]
K. Nishiyama, H. Nakashima, T. Yoshida, H. Shimizu, J. Miyasaka, K. Ohdoi:
Journal of Terramechanics   78 15-25   2018年   [査読有り]
Effect of treatments with gibberellin, gibberellin biosynthesis inhibitor, and auxin on steviol glycoside content in Stevia rebaudiana Bertoni
Y. Yoneda, H. Shimizu, H. Nakashima, J. Miyasaka, K. Ohdoi
Sugar Tech   20(4) 482-491   2017年   [査読有り]
Y. Kuno, H. Shimizu, H. Nakashima, J. Miyasaka, K. Ohdoi
Environmental Control in Biology   55(3) 129-135   2017年   [査読有り]
Y. Yoneda, H. Shimizu, H. Nakashima, J. Miyasaka, K. Ohdoi
Journal of Applied Research on Medicinal and Aromatic Plants   7 64-73   2017年   [査読有り]
C. Urairi, H. Shimizu, H. Nakashima, J. Miyasaka, K. Ohdoi
Environmental Control in Biology   55(2) 85-91   2017年   [査読有り]
Y. Yoneda, H. Nakashima, J. Miyasaka, K. Ohdoi, H. Shimizu
Phytochemistry   137 57-65   2017年   [査読有り]
K. Nishiyama, H. Nakashima, H. Shimizu, J. Miyasaka, K. Ohdoi
Journal of Terramechanics   74 25-33   2017年   [査読有り]
C.R. Sun, H. Nakashima, S. Tsukamoto, K. Minagawa, H. Takahashi, H. Shimizu, J. Miyasaka, K. Ohdoi
Engineering in Agriculture, Environment and Food   10(4) 249-258   2017年   [査読有り]
Comparison of tractive performance of a single grouser shoe in three-dimensional shear model and experiment
N. Gu, X.L. Wang, H. Nakashima
Information   19(6A) 1907-1920   2016年   [査読有り]

Misc

 
Estimating the calculation ability of impact on ROPS
C.R. Sun, H. Nakashima, H. Shimizu, J. Miyasaka, K. Ohdoi
Proc. 10th Asia-Pacific Conf. ISTVS, Kyoto, Japan      2018年7月   [査読有り]
3D DEM analysis of lugged wheel performance using open source software
R. Nakanishi, H. Nakashima, H. Shimizu, J. Miyasaka, K. Ohdoi
Proc. 10th Asia-Pacific Conf. ISTVS, Kyoto, Japan      2018年7月   [査読有り]
Effect of grouser spacing on tractive performance of grouser shoe
A. Yokoyama, H. Nakashima, H. Shimizu, J. Miyasaka, K. Ohdoi
Proc. 10th Asia-Pacific Conf. ISTVS, Kyoto, Japan      2018年7月   [査読有り]
Plate-sinkage relationship of an artificial soil model
H. Nakashima, R. Nakanishi, H. Shimizu, J. Miyasaka, K. Ohdoi
Proc. 19th International & 14th European-Africal Regional Conf. ISTVS, Budapest, Hungary      2017年9月   [査読有り]
Modeling of sideways over- turning behavior of an agricultural carrier on slope using a physics engine
C.R. Sun, H. Nakashima, H. Shimizu, J. Miyasaka, K. Ohdoi
Proc. 19th Interna- tional & 14th European-Africal Regional Conf. ISTVS, Budapest, Hungary      2017年9月   [査読有り]
Normal and tangential stresses on a contact surface of tire by 2D FE--DEM
K. Nishiyama, H. Nakashima, H. Shimizu, J. Miyasaka, K. Ohdoi
Proc. 8th Americas Conf. ISTVS, Troy, USA      2016年9月   [査読有り]
H. Shimizu, K. Nakamura, T. Hoshi, H. Nakashima, J. Miyasaka, K. Ohdoi
XXXVI CIOSTA ¥& CIGR Section V Conference 2015, St. Petersburg, Russia      2015年5月   [査読有り]
Numerical analysis of sideways overturning of agricultural carrier with safety frame on a slope
C.R. Sun, H. Nakashima, H. Shimizu, J. Miyasaka, K. Ohdoi, S. Tsukamoto, K. Minagawa, N. Toyoda
Proc. 18th International Conf. ISTVS, Seoul, South Korea      2014年9月   [査読有り]
A parallel DEM for interaction study of running devices
H. Nakashima, H. Shimizu, J. Miyasaka, K. Ohdoi
Proc. 18th International Conf. ISTVS, Seoul, South Korea      2014年9月   [査読有り]
Effect of different durations of root area chilling on the nutritional quality of spinach
A. Ito, H. Shimizu, H. Nakashima, J. Miyasaka, K. Ohdoi
Proc. 19th World Congress, IFAC, Cape Town, SA      2014年8月   [査読有り]

書籍等出版物

 
Encyclopedia of Agrophysics
Jan Glinski, Jzef Horabik, Jerzy, Lipiec (担当:分担執筆, 範囲:Soil-wheel interactions)
Springer Dordrecht   2011年7月   ISBN:978-90-481-3585-1
Modeling of soil-tool interaction in tillage
S. Karmakar (担当:分担執筆, 範囲:Application of distinct element method to large soil deformation with tool interaction)
Transworld Research Network   2008年   ISBN:978-81-7895-349-6
Advances in Soil & Tillage
A. Formato (担当:分担執筆, 範囲:Traction and trafficability of off-road operations in soft terrains)
Transworld Research Network   2008年   ISBN:978-81-7895-353-3
オフロードタイヤ工学ー設計と性能予測の基礎ー (pp. 57, 59-64, 125-139 分担執筆)
テラメカニックス研究会タイヤ設計指針作成委員会編
テラメカニックス研究会   1999年   
Automation Technology for Off-road Equipment 2004 (pp. 405-411 共著分担執筆)
Q. Zhang, M. Iida and A. Mizushima編
American Society of Agricultural Engineers   2004年   

講演・口頭発表等

 
走行装置の作用下でせん断帯はできるのか?---土槽実験からの経験
中嶋 洋
第5回オーガナイズド・テラメカニックス・ワークショップ   2018年11月8日   
乾燥豊浦砂と人工土モデルにおけるBekker定数の比較
中嶋 洋
農業環境工学関連5学会合同大会   2018年9月12日   
人工土モデルによる圧力沈下式の土壌パラメータについて
中嶋 洋
テラメカニックス研究会第38回研究会   2017年11月18日   
人工土モデルの圧力沈下特性
中嶋 洋
農業食料工学会第76回年次大会   2017年9月8日   
履板推進性能の離散要素解析のOpenMPによる高速化について
中嶋 洋
農業環境工学関連5学会合同大会   2015年9月16日   
オフロード走行装置のけん引性能予測への離散要素法の適用
中嶋 洋
第33回日本ロボット学会学術講演会   2015年9月4日   
テラメカニックスにおける離散要素法の適用事例
中嶋 洋
粉体工学会2014年度第2回計算粉体力学研究会   2014年12月2日   
FE-DEMにおける要素変換機能について
中嶋 洋
農業食料工学会第73回年次大会   2014年5月18日   

競争的資金等の研究課題

 
土と農用タイヤの接触問題の有限要素ー離散要素シミュレ-ション
研究期間: 2000年 - 2015年
離散要素法による土のモデリング
研究期間: 2002年 - 2012年
植物根生長の力学モデリング
研究期間: 2004年 - 2014年

特許

 
特開2011-51561 : アーティキュレート車両における小旋回制御装置
遠山憲和, 飯田訓久, 中嶋 洋