基本情報

所属
東北大学 大学院農学研究科・農学部 応用生命科学専攻 助教
(兼任) 東北大学大学院農学研究科附属食と農免疫国際教育センター(CFAI)・畜産免疫ユニット・助教
学位
博士(農学)(東北大学)

研究者番号
80261494
J-GLOBAL ID
200901064688736990

外部リンク

研究キーワード

  3

学歴

  2

委員歴

  18

論文

  139

MISC

  8

書籍等出版物

  12

講演・口頭発表等

  455

産業財産権

  1

社会貢献活動

  14

その他

  22
  • 2016年4月 - 2016年4月
    肥育開始月齢を8か月齢280kgとし、早期肥育に向く子牛育成方法を開発するとともに、その後の肥育期間を18か月とし26か月齢760kgで出荷できるように飼養管理プログラムを作成する。給与メニューとしては、異なる高CP給与条件を設定し、肥育期間における増体及び栄養・健康状態を把握する。対照として各地域で実施されている慣行肥育を行い、生産された牛肉の品質評価解析を行い、差異について検討する。第2回目以降の肥育においては、1回目のデータを検討しプログラムの修正を行うとともに、明らかとなったプライミング効果やビタミン補給などの基礎的知見の併用を試みる。さらに、黒毛和種の系統調査から短期肥育に適する系統を明らかにする。
  • 2011年2月 - 2011年2月
    鶏肉の歯ごたえに関する組織学的特徴を解析する。
  • 2010年6月 - 2010年6月
    マウスの体組織各部における特異抗原の発現を免疫組織化学的に解析する。
  • 2010年5月 - 2010年5月
    飼養期間や飼料条件の異なるブロイラーの骨格筋の特性を組織化学的に解析する。
  • 2009年7月 - 2009年7月
    スイートコーン収穫残渣サイレージを活用した粗飼料多給型の肉用牛生産技術を体系化することを目的として、より高品質なサイレージ調製技術開発と肉用牛(育成牛と肥育後期牛)のステージ別の実用的給与法の開発し、生理機能・健康性に対する有効性について試験を行い、スイートコーン収穫残渣サイレージの国内普及に向けた実用的な活用技術の確立を目指す。