WATANABE Kouichi

J-GLOBAL         Last updated: Apr 2, 2019 at 00:53
 
Avatar
Name
WATANABE Kouichi
E-mail
watakohtohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/f51a6a89679933f93fdfeef158df88cd.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Graduate School of Agriculture Division of Life Science
Job title
Assistant Professor
Degree
博士(農学)(Tohoku University)
Other affiliation
Tohoku University
Research funding number
80261494

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
Mar 1990
畜産学, Graduate School, Division of Agriculture, Tohoku University
 
 
 - 
Mar 1988
畜産学, Faculty of Agriculture, Tohoku University
 

Committee Memberships

 
Apr 2016
 - 
Today
日本産肉研究会  事務局長
 
Oct 2009
 - 
Today
日本乳房炎研究会  評議員
 
Apr 2015
 - 
Mar 2017
東北畜産学会  事務局庶務幹事
 
Sep 2007
 - 
Mar 2016
日本産肉研究会  事務局庶務幹事
 
Apr 2013
 - 
Mar 2015
東北畜産学会  編集委員
 

Awards & Honors

 
Aug 2015
反芻動物特異的I型筋線維の産肉論的機能形態学解析, 東北畜産学会学術賞, 東北畜産学会
 
学術第59号

Published Papers

 
Tsukamoto H*, Takeuchi S, Kubota K, Kobayashi Y, Kozakai S, Ukai I, Shichiku A, Okubo M, Numasaki M, Kanemitsu Y, Matsumoto Y, Nochi T, Watanabe K, Aso H, Tomioka Y
The Journal of biological chemistry      May 2018   [Refereed]
Zhuang T, Urakawa M, Sato H, Sato Y, Taguchi T, Umino T, Katto S, Tanaka K, Yoshimura K, Takada N, Kobayashi H, Ito M, Rose MT, Kiku Y, Nagasawa Y, Kitazawa H, Watanabe K, Nochi T, Hayashi T, Aso H*
Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaiho      Apr 2018   [Refereed]
Furukawa M, Yoneyama H, Hata E, Iwano H, Higuchi H, Ando T, Sato M, Hayashi T, Kiku Y, Nagasawa Y, Niimi K, Usami K, Ito K, Watanabe K, Nochi T, Aso H
Veterinary research   49(1) 22   Feb 2018   [Refereed]
Hakamata Y., Watanabe K., Amo T., Toyomizu M., Kikusato M.
The Journal of Poultry Science      Jan 2018   [Refereed]
Niimi K., Usami K., Fujita Y., Abe M., Furukawa M., Suyama Y., Sakai Y., Kamioka M., Shibata N., Park E.J., Sato S., Kiyono H., Yoneyama H., Kitazawa H., Watanabe K., Nochi T., Aso H.
Mucosal Immunology   11(3) 643-653   Dec 2017   [Refereed]
IF=7.478

Misc

 
筋線維型と食肉のおいしさ ―反芻動物特異的Ⅰ型筋線維の産肉論的機能形態学解析―
Watanabe K.
Tohoku Journal of Animal Science and Technology   66(1) 1-6   Jun 2016
国内唯一の遺伝資源「草原短角牛」
渡邊康一
牛の博物館ニュースレター   38 2-2   Feb 2012
中国の黄牛とわが国の日本短角種の特性比較
内田 宏・渡邊康一・萬田富治・趙 国琦・孫 龍生・全 炳台・山口高弘
畜産技術   631    Jan 2008
健康ビーフ生産に適した肉用牛造成の取り組み -次世代型のダブルマッスル形質をもつ日本短角種-
山口高弘,渡邊康一
畜産コンサルタント   512 19-21   Aug 2007
中国の黄牛と肉用牛生産
内田 宏・渡邊康一・萬田富治・趙 国琦・孫 龍生・全 炳台・山口高弘
畜産の研究   62(4) 449-460   Apr 2008

Books etc

 
Veterinary Histology 7th ed.
Watanabe K., Aso H. (Part:Joint Work, 第6章(筋組織))
Gakusosha Co. Ltd.   Mar 2017   
日本獣医解剖学会編
Veterinary Anatomy of Domestic Mammals, Textbook and Colour Atlas
山口高弘,渡邊康一 (Part:Joint Work)
チクサン出版社   Mar 2008   
著:H.E. Konig & H.-G. Liebich,監訳:カラーアトラス獣医解剖学編集委員会
"ファイバー" スーパーバイオミメティックス 近未来の新技術創成
山口高弘,渡邊康一 (Part:Joint Work, 3.1.1.動物の動き概論, p.84~90.)
NTS   Oct 2006   
まなびの杜 東北大学 知的探検のススメ Vol. II
渡邊康一,山口高弘,齋藤忠夫,鈴木啓一 (Part:Joint Work, フォト・ギャラリー p.12~15)
東北大学   Mar 2006   
Veterinary Histology 6th ed.
Watanabe K., Aso H. (Part:Joint Work, 第6章(筋組織))
Gakusosha Co. Ltd.   Mar 2014   
日本獣医解剖学会編

Conference Activities & Talks

 
Identification of the origin and specificity of maternal IgA antibodies produced in the mammary gland.
29 Mar 2019   
Effect of probiotic Bacillus Subtilis C-3102 strain on function of dendritic cells in bovine peripheral blood before and after parturition.
Zhuang T., Urakawa M., Sato H., Kobayashi H., Sato Y., Ashida N., Otomo N., Watanabe K., Nochi T., Aso H.
The 30th World Buiatrics Congress 2018 Sapporo   28 Aug 2018   
Oral feeding with a probioticsBacillus subtilis C-3102 modulates the immune and metabolic functions in dairy cattle, resulting in prevention of mastitis.
Urakawa M., Sato H., Zhuang T., Taguchi T., Katto S., Tanaka K., Kobayashi H., Ito M., Sato Y., Ashida N., Otomo N., Watanabe K., Nochi T., Aso H.
The 30th World Buiatrics Congress 2018 Sapporo   28 Aug 2018   
Intestinal microflora changes during lactation and has relevance to the specificity of milk IgA and diversity of microflora in the mammary gland.
Niimi K., Usami K., Furukawa M., Sasaki S., Watanabe K., Aso H., Nochi T.
Mucosal Immnology Course & Symposium: MICS2018   17 Jul 2018   
CCL28-mediated chemotaxis for the recruitment of IgA-producing plasma cells into the mammary gland depends on the lactation-related but not bacterial stimulus.
Nochi T., Niimi K., Usami K., Furukawa M., Sasaki S., Kiyono H., Watanabe K., Aso H.
Mucosal Immnology Course & Symposium: MICS2018   17 Jul 2018   

Research Grants & Projects

 
Study on Function and Myofiber Type Composition of Skeletal Muscle
Project Year: Apr 1994 - Today
Study on Food Histology of Animal Products
Cooperative Research
Project Year: Apr 2001 - Today
家畜の免疫機構の解明
Project Year: Apr 2001 - Today
消化管上皮細胞株の樹立とプリオン侵入機構の解明
Project Year: Apr 2001 - Today
Functional Morphology of Muscle Spindle
Project Year: Apr 1994 - Today

Patents

 
5397727 : 特定の飼料を給与することを特徴とする家畜の飼育方法
山口高弘,渡邊康一,佐藤 幹,三浦邦明(助川電気)
特願2007-028961(平成19年 2月 8日)の優先権変更

Social Contribution

 
中学生職場体験
[Others]  20 Aug 2015
仙台第二中学校の生徒に対し,機能形態学分野における研究業務について,職場体験を実施した。
中学生職場体験
[Others]  23 Oct 2014
上杉山中学校の生徒に対し,機能形態学分野における研究業務について,職場体験を実施した。
中学生職場体験
[Others]  24 Oct 2013
上杉山中学校の生徒4名に対し,機能形態学分野における研究業務について,職場体験を実施した。
中学生職場体験
[Others]  17 Oct 2012
上杉山中学校の生徒4名に対し,機能形態学分野における研究業務について,職場体験を実施した。
中学生職場体験
[Others]  21 Oct 2011
上杉中学校の生徒4名に対し,機能形態学分野における研究業務について,職場体験を実施した。

Others

 
Apr 2016   和牛肥育期間の大幅な短縮技術の開発「国際競争力強化に向けた黒毛和種短期肥育技術の開発」
肥育開始月齢を8か月齢280kgとし、早期肥育に向く子牛育成方法を開発するとともに、その後の肥育期間を18か月とし26か月齢760kgで出荷できるように飼養管理プログラムを作成する。給与メニューとしては、異なる高CP給与条件を設定し、肥育期間における増体及び栄養・健康状態を把握する。対照として各地域で実施されている慣行肥育を行い、生産された牛肉の品質評価解析を行い、差異について検討する。第2回目以降の肥育においては、1回目のデータを検討しプログラムの修正を行うとともに、明らかとなったプライミング効果やビタミン補給などの基礎的知見の併用を試みる。さらに、黒毛和種の系統調査から短期肥育に適する系統を明らかにする。
Feb 2011   鶏肉の歯ごたえに関する研究調査
鶏肉の歯ごたえに関する組織学的特徴を解析する。
Jun 2010   マウス組織の免疫組織化学的解析
マウスの体組織各部における特異抗原の発現を免疫組織化学的に解析する。
May 2010   飼養条件の異なるニワトリ骨格筋の組織化学的解析
飼養期間や飼料条件の異なるブロイラーの骨格筋の特性を組織化学的に解析する。
Jul 2009   未活用スイートコーン収穫残渣サイレージを活用した肉用牛肥育の実用化試験
スイートコーン収穫残渣サイレージを活用した粗飼料多給型の肉用牛生産技術を体系化することを目的として、より高品質なサイレージ調製技術開発と肉用牛(育成牛と肥育後期牛)のステージ別の実用的給与法の開発し、生理機能・健康性に対する有効性について試験を行い、スイートコーン収穫残渣サイレージの国内普及に向けた実用的な活用技術の確立を目指す。