山名 元

J-GLOBALへ         更新日: 14/12/25 03:02
 
アバター
研究者氏名
山名 元
 
ヤマナ ハジム
URL
http://hlweb.rri.kyoto-u.ac.jp/npc-lab/
所属
京都大学
部署
原子炉実験所 原子炉実験所 原子力基礎工学研究部門
職名
教授,教授
学位
工学博士

研究分野

 
 

経歴

 
1981年
 - 
1990年
動力炉・核燃料開発事業団 再処理工場 副主任研究員
 
1991年
 - 
1995年
動力炉・核燃料開発事業団 大洗工学センター 主任研究員
 
1996年
 - 
2001年
 京都大学原子炉実験所 助教授
 
2002年
   
 
-   京都大学原子炉実験所 教授
 

学歴

 
 
 - 
1981年
東北大学 工学研究科 原子核工学
 
 
 - 
1976年
東北大学 工学部 原子核工学
 

論文

 
山名 元
Bulletin of the Chemical Society of Japan,52/8,2312      1979年
山名 元
Jourual of Radioanalytical Chemistry,76/1,19      1983年
Recovery Yield of Nuclides Required for Satisfactory Actinide Recycling
山名 元
Radioactive Waste Research,2/1-2,35      1996年

Misc

 
A Calintoulational Study on the Recovery of Np Pu Nitrate Product in the PUREX Process
山名 元
Proceedings of the International Conference on Nuclear Fuel Reprocessing and Waste Management,/,4B-3      1992年
Development of Advanced Fast-Reactor Fuel Cycle
山名 元
Proceedings of the 4th International Conference on Nuclear Eugineering (ICONE-4),      1996年
Bi中でのGdの希薄溶液の熱力学
山名 元
Phys Chem Comm.,9, 1-4      2001年
Bi中でのランタニドの希薄溶液の生成熱
山名 元
Phys Chem Comm.,,14, 1-3      2001年

書籍等出版物

 
Results of 106Ru and the 95Zr Decontamination Studies in Co-decontamination Cycle of the Tokai Reprocessing Plant
山名 元
Solvent Extraction 1990 Elsevier Science Publishers,   1992年   
燃料サイクルから放出されるPuの同位体組成ー236Puのトレーサとしての重要性
山名 元
Radioactivity in the environment (series editor M.S.Baxter), Vol. 1 Plutonium in the environment, Elsevier Science,31-46   2001年   

競争的資金等の研究課題

 
超ウラン元素の管理に関わる化学的研究
乾式体系における化学的研究
核データ測定に関わる放射化学的研究
原子力関係研究
研究期間: 2001年 - 2006年

特許

 
自己精製溶融金属燃料炉
申請中 昭64-32189
8. 高速増殖炉用核燃料の製造方法および該方法により製造された高速増殖炉用 核燃料,並びに,該方法実現に好適なプラント
申請中 特開平9-138297
硝酸蒸発処理におけるルテニウムの除染効率改良法
特許第1570604号
液体サンプリング容器のニードル部密閉装置
特許第1559868号
運搬用キャスク内容器
特許第1549046号