椋木 雅之

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/11 03:52
 
アバター
研究者氏名
椋木 雅之
 
ムクノキ マサユキ
eメール
mukunokics.miyazaki-u.ac.jp
URL
http://cvlab.cs.miyazaki-u.ac.jp
所属
宮崎大学
部署
工学教育研究部 情報システム工学科担当
職名
教授
学位
博士(工学)(京都大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1991年3月
京都大学 工学部 情報工学科
 
 
 - 
1996年3月
京都大学 工学研究科 情報工学専攻
 

委員歴

 
2013年4月
 - 
2016年5月
映像メディア学会  ITE Transactions on Media Technology and Applications 編集委員
 
2013年5月
 - 
2017年5月
電子情報通信学会  英文論文誌D編集委員
 
2013年5月
 - 
2017年5月
電子情報通信学会  ヒューマンコミュニケーショングループ編集委員会リエゾン委員
 
2014年4月
 - 
2017年3月
情報処理学会  教育学習支援情報システム(CLE)研究会幹事
 
2015年4月
 - 
現在
情報処理学会  コンピュータビジョンとイメージメディア(CVIM)研究委員会運営委員
 

論文

 
Maeda S., Mukunoki M., Ikeda K.
International Conference on Multimedia Computing and Systems -Proceedings   2 240-244   1999年   [査読有り]
We propose a visual query method for image retrieval, in which the user expresses the composition of the target image by selecting one of the composition types presented by the system, and also propose an image classification method to derive comp...
Sakiyama T., Mukunoki M., Ikeda K.
Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   1948 480-487   2000年   [査読有り]
© Springer-Verlag Berlin Heidelberg 2000. This paper describes a detection method of indication action and the corresponding indicated area with a stick. In human communication, there exists ambiguity of indication action, so we need some useful k...
Mukunoki M., Bettini M., Assfalg J., Del Bimbo A.
Proceedings - IEEE International Conference on Multimedia and Expo   1187-1190   2001年   [査読有り]
We discuss the method to classify raw material sports videos for broadcasting. Because the raw material sports videos sometimes do not edited, we cannot use the knowledge on edited videos. We use the color and edge features and evaluate whether we...
Controlling a Camera with Minimized Camera Motion Changes under the Constraint of a Planned Camera-work
Yasutaka ATARASHI,Yoshinari KAMEDA,Masayuki MUKUNOKI,Koh KAKUSHO,Michihiko MINOH,Katsuo IKEDA
International Workshop on Pattern Recognition and Understanding for Visual Information Media in Cooperation with ACCV 2002      2002年   [査読有り]
Baba M., Mukunoki M., Asada N.
Journal of the Institute of Image Electronics Engineers of Japan   33(3) 531-538   2004年1月   [査読有り]
This paper proposes a method to remove shadows from a real image based on RGB color space analysis. The algorithm consists of five steps. First, all pixel colors are mapped on the RGB space, and the color distribution is segmented by using cluster...

Misc

 
Mukunoki M., Minoh M., Ikeda K.
Systems and Computers in Japan   30(12) 85-94   1999年11月
This paper proposes a method of retrieving landscape images in which an index is first generated automatically and then, to enable retrieval even when the index includes errors, a pixel-based object labeling technique for the landscape images is e...
S. Maeda; M. Mukunoki; M. Minoh; K. Ikeda
Systems and Computers in Japan   32(13) 41-51   2001年   [依頼有り]
Sakiyama T., Ohno N., Mukunoki M., Ikeda K.
Systems and Computers in Japan   34(3) 64-75   2003年3月
In a remote lecture photographed by multiple cameras, the task of selecting the video streams to be transmitted to a remote location is now performed mainly by the lecturer, and represents a large burden. This paper proposes a method for automatin...
“顔検出結果を用いた受講生群の注視方 向の推定"
上田真由美, 村上正行, 服部博憲, 森村吉貴, 椋木雅之, 美濃導彦
教育システム情報学会第34 回全国大会, 2009      2009年
固有空間法を用いた照明成分と構造成分の分離に基づく背景画像生成
川西 康友, 満上 育久, 椋木 雅之, 美濃 導彦
第13回画像の認識・理解シンポジウム MIRU2010      2010年

講演・口頭発表等

 
環境制約を用いたGPS移動軌跡からの旅行者状態推定
笠原 秀一, 森 幹彦, 椋木 雅之, 美濃 導彦
2015年度人工知能学会全国大会(第29回)   2015年5月30日   人工知能学会
Clustering scenes in cooking video guided by object access
Yuki Masumura, Atsushi Hashimoto, Shinsuke Mori, Masayuki Mukunoki, Michihiko Minoh
Work Shop on Multimedia Cooking and Eating Activities (CEA2015)   2015年6月29日   SIG-CEA in HCG group of IEICE
画像変換を用いた多数候補抽出と検証による物体検出
赤松龍太,椋木雅之,古谷博史
火の国情報シンポジウム2016   2016年3月2日   情報処理学会九州支部
平面で構成された実物体を計測した点群からの3次元モデリングと整形
二宮龍之介,椋木雅之,古谷博史
火の国情報シンポジウム2016   2016年3月2日   情報処理学会九州支部
AR技術を用いた観光支援に関する基礎的研究
堀将道, 坂本真人, 三橋幸四郎, 兒玉紫, 田中雄之, 福島美穂子, 出口近士, 横道政裕, 椋木雅之, 山森一人
平成28年度 電気・情報関係学会九州支部連合大会   2016年9月29日   

競争的資金等の研究課題

 
講義中の受講者の振る舞いと理解度の関係解析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月
本研究では,講義中の受講者の振る舞いから,その受講者が講義内容をどの程度理解できているかを推定することを目指す.そのために,「ビデオカメラ等で観測した受講者の振る舞いを計算機により自動的に分類する技術」「受講者に対して講義中に実施する講義の理解度アンケートや講義内容に関する小テストの結果から,受講者の理解度を客観的に推定する技術」「求めた客観的理解度を Ground Truth とみなして,分類した受講者の振る舞いとの関連を求めることで,受講者の振る舞いから客観的理解度を推定する技術」の3...

社会貢献活動

 
高専からのインターン受け入れ
【講師, 助言・指導】  (宮崎県 宮崎市)  2016年8月
佐世保高専からインターン生1名を受け入れた