共同研究・競争的資金等の研究課題

2015年4月 - 2018年3月

スパース表現を用いた多視点ライトフィールド画像の実時間符号化に関する研究

日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)
  • 黒木 祥光

課題番号
15K00257
担当区分
研究代表者
配分額
(総額)
3,900,000円
(直接経費)
3,000,000円
(間接経費)
900,000円
資金種別
競争的資金

多視点ライトフィールド画像の実時間符号化に関する研究を行った.このカメラ自身,多視点画像を一度に取得できる.国際標準の枠組みと異なる分散圧縮符号化の採用で目標を達成した.画像に低ランクのランダム行列を乗じるだけで符号化され,復号化側で信号のスパース性を前提とした推定処理を行う.符号化側の省電力化を実現し,クラウド環境にあるサーバで復号処理を行うため,IoTの実現に大きく寄与する.スパース表現の辞書を凸最適化問題として定式化し,視差予測にTV-L1の採用により,再生画像の高品質化と高速化を同時に実現することができた.多視点画像のエピポーラ幾何における基礎行列の高精度推定なども実現できた.

リンク情報
URL
https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-15K00257/15K00257seika.pdf