MATSUBARA ITO Kazuei

J-GLOBAL         Last updated: Mar 19, 2019 at 18:13
 
Avatar
Name
MATSUBARA ITO Kazuei

Published Papers

 
Mizumachi S, Aritomi T, Sasaki K, Matsubara K, Hirao Y
The Journal of reproduction and development   64(2) 153-160   Apr 2018   [Refereed]
Reactivity of bovine super early pregnancy factor antibody with pregnancy ovary and fertilized ovum.
Kanako Koiwa, Akira Kadooka, Kouta Suzuki, Kuniaki Sasaki, Masaki Yokoo, To-ichi Hirata, Jin Kumagai, Kazuei Matsubara
J. Reprod. Immune.   130 36-36   2018   [Refereed]
Mizumachi S, Aritomi T, Sasaki K, Matsubara K, Hirao Y
The Journal of reproduction and development   64(3) e1   2018   [Refereed]
Shingo Ohashi, Norihisa Segawa, Naoya Sawada, Yoshitaka Deguchi, Hisayoshi Kofujita, Kazuei Matsubara
IEEJ Trans. EIS   134(11) 1690   2014   [Refereed]
Kazuhiro Rikimaru, Yoshiaki Nakamura, Daiki Takahashi, Megumi Komatsu, Natsuki Ito, Kazuei Matsubara, Takahiro Tagami
J. Poult. Sci.   51(3) 297-306   Jul 2014   [Refereed]
岩手地鶏由来始原生殖細胞の移植による生殖系キメラの作出
東北畜産学会報   63 15-23   2013   [Refereed]
Masaki Imai, Satoru Yamazaki, Kazuhiro Ikeda, Kazuei Matsubara, Norio Hirano, Hideharu Taira
Asian J. of Animal and Veterinary Advances   7(11) 1227-1233   Nov 2012   [Refereed]
NISHI Chiaki, TAKASE Rikio, MURAKAMI Takuo, KOFUJITA Hisayoshi, MATSUBARA Kazuei, DEDUCHI Yoshitaka
Animal Behaviour and Management   48(4) 135-142   2012   [Refereed]
Recently, the number of collisions between large mammals and trains has increased in Japan. It is therefore important to identify factors that might influence the likelihood of collisions and to develop possible remedial measures. Here, we have an...
Ohtake Y, Nishizawa I, Sato M, Watanabe Y, Nishimura T, Matsubara K, Nagai K, Harasawa R
The Journal of veterinary medical science   73(3) 371-373   Mar 2011   [Refereed]
地鶏や野鶏等の貴重家禽から分離した始原生殖細胞 (PGCs)の凍結保存の試み.
日本家禽学会誌   48 J6-J13   2011   [Refereed]
Takashi NISHIMURA, Kiyoshi YAMAUCHI, Yoshitaka DEGUCHI, Toshiki AOI, Tsunenori TSUJIMOTO, Kazuei MATSUBARA
Jpn. J. Zoo Wildl. Med.   16(1) 75   2011   [Refereed]
Kazuhiro Rikimaru, Natsuki Ito, Yoshiaki Nakamura, Daiki Takahashi, Manami Ono, Megumi Komatsu, Kazuei Matsubara
J. Poult. Sci.   48(4) 281-291   Oct 2011   [Refereed]
Watanabe Y, Fujihara M, Obara H, Matsubara K, Yamauchi K, Harasawa R
The Journal of veterinary medical science   72(11) 1527-1530   Nov 2010   [Refereed]
超早期妊娠因子(Super-EPF)の正体を追って
J. Reprod. Immunol. Biol.   25 14-30   2010   [Refereed]
乳牛のオブシンク処置におけるPGF2αから2回目GnRH投与までの間隔が定 時授精後の排卵同期化率、授精後早期の胚生存率および妊娠率に与える影響.
家畜臨床学会誌 32   32 1-7   2009   [Refereed]
ライオン(Panthera leo)排泄物に対するニホンジカ(Cervus nippon) の忌避現象.
Aroma Research   10 50-53   2009   [Refereed][Invited]
Harasawa R, Aoyama F, Goryo M, Okada K, Nishimura T, Matsubara K, Tsujimoto T, Giangaspero M
Microbiology and immunology   50(10) 817-821   Oct 2006   [Refereed]
Takashi NISHIMURA, Kiyoshi YAMAUCHI, Yasushi SAITOH, Yoshitaka DEGUCHI, Toshiki AOI, Tsunenori TSUJIMOTO, Kazuei MATSUBARA
Jpn. J. Zoo Wildl. Med.   15(2) 73   2010   [Refereed]
岩手地鶏 の始原生殖細胞を移植した生殖系キメラ作出の試み.
東北畜産学会報   56 21-26   2006   [Refereed]
Ohnuma K, Ito K, Nambo Y, Miyake Y
Am. J. Reprod. Immunol.   51(2) 95-101   Feb 2004   [Refereed]
Ohnuma K, Ito K, Takahashi J, Nambo Y, Miyake Y, American journal of reproductive immunology (New York, N.Y. : 1989), 2004, vol. 51, no. 2, pp. 95-101
Sato M, Nishizawa I, Fujihara M, Nishimura T, Matsubara K, Harasawa R
The Journal of veterinary medical science   71(12) 1677-1679   Dec 2009   [Refereed]
妊娠マウス母体への高温負荷による胎児骨格形成への影響.
東北畜産学会報   53 45-51   2004   [Refereed]
Mayanagi T, Kurosawa R, Ohnuma K, Ueyama A, Ito K,
Reproduction   125(5) 667-675   May 2003   [Refereed]
Mayanagi T, Kurosawa R, Ohnuma K, Ueyama A, Ito K, Takahashi J, Reproduction (Cambridge, England), 2003, vol. 125, no. 5, pp. 667-675
Mayanagi T, Ito K
Reproduction   125(4) 519-526   Apr 2003   [Refereed]
Mayanagi T, Ito K, Takahashi J, Reproduction (Cambridge, England), 2003, vol. 125, no. 4, pp. 519-526
遺伝子導入マウス胚性幹(ES)細胞におけるパラミオシン遺伝子の発現.
東北畜産学会報   50 77-83   2001   [Refereed]
Makoto OSONOI, Kazuei ITO, Jutaro TAKAHASHI
J. Reprod. Dev.   47(1) 45   2001
ニワトリ始原生殖細胞の同定と観察.
東北畜産学会報   50 24-30   2000   [Refereed]
岩本渉, 伊藤和衛, 川畑享子, 後藤太一, 安田泰久
J Reprod Dev   44(5) J19-J24   Jun 1998   [Refereed]
Ohnuma K, Yokoo M, Ito K, Nambo Y, Miyake YI, Komatsu M
Ammerican Journal of Reproductive Immunology   43(3) 174-179   Mar 2000   [Refereed]
Kawamura K, Fukuda J, Itoh H, Ito K, Kodama H, Kumagai J, Kumagai A, Tanaka T
Ammerican Journal of Reproductive Immunology   44(4) 242-248   Oct 2000   [Refereed]
西村貴志, 松原和衛, 出口善隆, 高橋寿太郎, 青井俊樹, 辻本恒徳, 岡田幸助
日本野生動物医学会誌   12(2) 105-109   Sep 2007   [Refereed]
Ito, K. , Takahashi, M., Kawahata, K., Goto, T., Yasuda, Y.
Ammerican Journal of Reproductive Immunology   39(6) 356-361   Jun 1998   [Refereed]
Ito K, Takahashi M, Kawahata K, Goto T, Takahashi J, Yasuda Y, American journal of reproductive immunology (New York, N.Y. : 1989), 1998, vol. 39, no. 6, pp. 356-361
Makoto Osonoi, Yuka Mimaki, Kazuei Ito, Jutaro Takahashi, Yasuhisa Yasuda
J.Mamm.Ova.Res.   16(1) 31   1999
松原和衛, 西村貴志, 出口善隆, 山内貴義, 青木美樹子, 青井俊樹, 辻本恒徳, 平野紀夫, 岡田幸助
日本野生動物医学会誌   12(1) 27-34   Mar 2007   [Refereed][Invited]
松原和衛, 西村貴志, 山内貴義, 出口善隆, 青木美樹子, 青井俊樹, 辻本恒徳, 平野紀夫, 岡田幸助
日本野生動物医学会大会・講演要旨集   12th (JA)32,(EN)32-33   Sep 2006   [Invited]
飼育密度の変更がラット精巣の重量と組織に及ぼす影響.
野口淑子、長澤 亨、伊藤和衛、高橋寿太郎、安田泰久
東北畜産学会報   48: 7-13 7-13   1998   [Refereed]
ラット胎児細胞の培養上清中に検出された早期妊娠因子(EPF)様物質とその抽出の試み.
東北畜産学会報   47 31-36   1998   [Refereed]
Katsuhiko OHNUMA, Kazuei ITO, Yho-Ichi MIYAKE, Yasuhisa YASUDA
J. Reprod. Dev.   42(1) 23   1996
Kazuei ITO, Yoshimi IKEMIZU, Yasuhisa YASUDA, Kyoko KAWAHATA, Taichi GOTO
J. Reprod. Dev.   41(1) 85   1995   [Refereed]
Iwao HONTA, Kazuei ITO, Yasuhisa YASUDA
J. Reprod. Dev.   41(2) 159   1995   [Refereed]
Yoshimi IKEMIZU, Kazuei ITO, Kyoko KAWAHATA, Taichi GOTO, Yasuhisa YASUDA
Journal of Reproduction and Development   40(1) 7   1994   [Refereed]
Kazuei ITO, Yasuhisa YASUDA
Journal of Reproduction and Development   39(4) 309   1993   [Refereed]
伊藤和衛, 安田泰久
J Reprod Dev   38(6) J39-J48   Dec 1992   [Refereed]
Kazuei ITO, Masataka BABA, Yasuhisa YASUDA, Soichiro SEKIGUCHI, Yoichiro SHIMOGORI
Journal of Reproduction and Development   39(2) 129   1993   [Refereed]
下司雅也, 高橋昌志, 高橋ひとみ, 岡野彰, 高橋広志, 松原和衛, 永井卓
日本はい移植学雑誌   26(1) 1-6   Jan 2004   [Refereed]
Takagi, M., Nishimura, K., Oguri, N., Ohnuma, K., Ito, K., Yasuda, Y., Miyazawa, K. and Sato, K.
Theriogenology   50 255-262   1998   [Refereed]
J. Reprod. Dev.   38 j39-j48   Jun 1992   [Refereed]
Ito, K ., Yamamoto, S., Yasuda, Y.
Anim. Sci. Technol. (Jpn)   63(4) 394-397   Mar 1992   [Refereed]

Misc

 
力丸宗弘, 中村隼明, 高橋大希, 小松恵, 伊藤なつき, 松原和衛, 田上貴寛
秋田県畜産試験場研究報告   (29) 43-55   Mar 2015
力丸宗弘, 伊藤なつき, 中村隼明, 小野愛美, 高橋大希, 小松恵, 石塚条次, 松原和衛
秋田県農林水産技術センター畜産試験場研究報告   0(26) 28-44   Mar 2012
松原和衛, 小岩佳夏子, 平田統一
食肉に関する助成研究調査成果報告書   35 165‐170-170   Nov 2017   [Invited]
ITOU Natsuki, KAWAGOE Yuta, RIKIMARU Kazuhiro, SAITO Yasushi, SAITO Humiya, MATSUBARA Kazuei
The Journal of Reproduction and Development Supplement   102(0) 1077-1077   2009
【目的】ニワトリの遺伝資源の保存方法として精液の凍結保存技術は確立されているが、卵子を長期保存する技術はまだ確立されていない。一方、各国から鶏インフルエンザの流行が報告されており、鳥類の遺伝資源保存は国際的な緊急課題である。始原生殖細胞(PGC)は生殖細胞の前駆細胞であり、他品種に移植することで生殖系キメラを介してその種を復元することができる。本研究では様々な感染症による絶滅からニワトリの遺伝資源を守る一つの方法として、様々な地鶏や野鶏のPGCを採取後凍結保存し、PGCバンクとしての有用性...
Kamada Haruki, Tokunaka Kota, Hirata Toh-ichi, Matsubara Kazuei
The Journal of Reproduction and Development Supplement   101(0) 515-515   2008
【目的】ロゼット抑制試験(RITest)を用いてSuper-EPF活性を検出することにより、受精後24時間からの超早期妊娠診断が可能である。しかし、本法は操作の煩雑さから一般には普及していない。そこで本研究は、より簡便な酵素免疫吸着法(ELISA)によるSuper-EPF測定系の開発を目指し、モノクローナル抗体の作出を試みるものである。【方法】当研究室では、年度毎にSuper-EPFモノクローナル抗体の作製に取り組んでいるが、未だ単一な抗体は得られていない。そこで、これまで作製されてきたハ...
MATSUBARA Kazuei, NISHIMURA Takashi, DEGUCHI Yoshitaka, YAMAUCHI Kiyoshi, AOKI Mikiko, AOI Toshiki, TSUJIMOTO Tsunenori, HIRAMO Norio, OKADA Kosuke
Japanese Journal of Zoo and Wildlife Medicine   12(1) 27-34   2007
The final aim of this study is the development of Japanese serow's individual group management method and grasp of present condition. Takizawa forest (Field Science Center, Faculty of Agriculture, Iwate University) is the isolated forest of Moriok...
NISHIMURA Takashi, MATSUBARA Kazuei, DEGUCHI Yoshitaka, TAKAHASHI Jutaro, AOI Toshiki, TSUJIMOTO Tsunenori, OKADA Kouske
Japanese Journal of Zoo and Wildlife Medicine   12(2) 105-109   2007
The Japanese serow (Capricornis crispus) is designated as a special natural treasure in Japan, but its genetic information has not been known in detail. In this study, we collected blood samples from Japanese serows in the Morioka City outskirts, ...
Kawagoe Yuta, Matsubara Kazuei, Sato Naoto, Yoshida Chikara, Saito Fumiya, Takahashi Jutarou
The Journal of Reproduction and Development Supplement   100(0) 20064-20064   2007
【目的】鳥類では、始原生殖細胞(PGC)の移植により、生殖系列キメラを作出し、遺伝資源の保護・保存が試みられている。しかし、そのキメラ率は低く効率的な方法は確立されていない。 我々もこれまで、岩手地鶏(JW)のPGCをドナー細胞として生殖系列キメラの作出を試み、4羽の雄生殖系列キメラを確認しているが、そのキメラ率は低く、雌は未だ確認できていない。 生殖系列キメラを作出する際、キメラ率に最も影響を及ぼすのがレシピエント胚に内在しているPGCであり、様々な方法による内在PGCの阻害が試みられて...
HIRATA Toh-ichi, MATUBARA Kazuei, TAKAHASHI Masahiro, TAKAHASHI Jutaro
Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌   23(2)    Apr 2006
Kawagoe Yuta, Yoshida Noboru, Matsubara Kazuei, Yoshida chikara, Saito Fumiya, Takahashi Jutarou
The Journal of Reproduction and Development Supplement   99(0) 157-157   2006
【目的】鳥類では、始原生殖細胞(PGC)を胚体外卵黄静脈中に移植し、生殖系キメラを作出することにより遺伝資源の保存が試みられている。我々はこれまで、飼養羽数の減少によって種の維持が難しくなっている岩手地鶏(JR)の保護と増殖のために、PGCを血管中に移植する方法で生殖系キメラニワトリの作出を試みてきた。しかし、従来の移植方法は技術的に難しく、発生率も低いため、効率的にキメラニワトリを作出することは出来なかった。本研究では、より簡便な移植方法を考察するため、ステージXの胚盤にPGCを直接移植...
Muto Daisuke, Takahashi Jutaro, Matsubara Kazuei
The Journal of Reproduction and Development Supplement   99(0) 167-167   2006
[目的]キメララット作出の際に重要なことは、キメラ胚の発生ステージと偽妊娠レシピエントの性周期の同調である。しかしながら、移植に十分な数の胚を毎回そろえる事は難しく、キメララット作出の障害となっている。そこで、本研究ではラット胚のEFS40を用いたガラス化法での胚の生存能およびキメラ胚作出について検討した。[方法]胚は交配4日目のWistar系雌ラットの子宮を灌流することにより回収した。形態学的に正常な桑実胚はEFS40を用いた1-step法によりガラス化した。融解後、形態学的に正常な胚を...
Mikami Yoshikazu, Matsubara kazuei, yamashita tetsurou, Ebata Nobuyoshi, Takahashi masahiro, Takahashi jutaro
The Journal of Reproduction and Development Supplement   99(0) 138-138   2006
【目的】早期妊娠因子(EPF)は胎児に対する母体からの免疫攻撃を抑制し、妊娠の成立と維持に重要な働きをする物質と考えられている。EPFは主として母体の血中より検出されるが、胎児血清、胎盤抽出物、卵巣抽出物、受精卵培養上精などでもその活性が報告されている。このことから、当研究室では特に母体血清由来のものを超早期妊娠因子(Super-EPF)、それ以外の材料より検出される物質をEPF様物質と呼んで区別している。本研究では、Super-EPFの解析のためにより効率的な精製法を確立し、得られた精製...
MATUBARA Kazuei, TSUKUBA Chiaki, YAMAMOTO Yoshio, YAMADA Takaya, SUZUKI Tatsuo, TAKAHASHI Jutaro
Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌   22(2)    Apr 2005
Tsukuba Chiaki, Matsubara Kazuei, Takahashi Jutarou, Sato Itaru, Tsuda Shuji
Annual Meeting of the Japanese Society of Toxicology   32(0) 90-90   2005
【目的】妊娠個体が化学物質に暴露された際、胎仔の体細胞のみにDNA損傷が起これば子供に影響は出ても孫以降は安全であり生殖細胞のみにDNA損傷が起これば子供は安全であっても孫以降に影響が起こる可能性が考えられ、体細胞と生殖細胞がともに損傷を受ければ子供にも孫以降にも影響が出る可能性が考えられる。しかし、胎仔の体細胞と生殖系の細胞の間でDNA損傷物質により受ける損傷の程度に違いがあるのかどうかについて確かめられていない。そこで本実験では、雌雄胎仔の生殖隆起および代表的な代謝の場である肝臓の細胞...
Hirata Toh-Ichi, Ban Hikaru, Matsubara Kazuei, Takahashi Masahiro, Takahashi Jutaro
The Journal of Reproduction and Development Supplement   98(0) 93-93   2005
【目的】ウシ卵子の体外培養系に妊娠牛の血清を添加すると胚盤胞への発生率が向上することがある。その起因物質の一つとして、ウシ超早期妊娠因子(Super-EPF)が考えられる。そこで本研究では、Super-EPFをウシ卵子体外成熟・受精・発生培養液に添加した場合、ウシ卵子の体外発生にどのような影響があるのか検討した。【方法】Super-EPFは、妊娠ウシ血清から硫酸アンモニウムによる塩析、限外濾過、イオン交換クロマトグラフィー法などを用いて高濃度に粗精製されたものを用いた。ウシ卵子は食肉処理場...
Matsubara Kazuei, Abe Akane, Nosaka Takeshi, Yoshida Keiki, Yoshida Noboru, Komatsu Shigeki, Saito Fumiya, Takahashi Jutaro
The Journal of Reproduction and Development Supplement   98(0) 118-118   2005
【目的】岩手地鶏(天然記念物)は,飼養羽数の減少によって近親交配が進み,近交退化による絶滅の危機にある。 近年,ニワトリの精子や卵子の前駆細胞である始原生殖細胞(PGC)を他品種の鳥類初期胚に移植し,生殖系キメラを作出して遺伝資源を保存する試みが行われている。一方,我々はマウスPGCをマウスあるいはラット血清で培養すると,PGCが生殖隆起(GR)から飛び出して増殖することを報告している。 そこで本研究では,岩手地鶏のGR由来PGC(gPGC)をニワトリ血清で培養し,gPGCの形態変化を観察...
Skeletal malformation in mice fetuses induced by heat stress during pregnancy.
Tohoku J. Anim. Sci. Technol.   53(4) 45-51   2004

Conference Activities & Talks

 
中村啓哉, 中谷友紀, 正木香, 安野航, 若井淳, 松原和衛
Journal of Reproduction and Development   5 Sep 2018   
<p>【目的】胚発生期の体内で起こる,始原生殖細胞(PGCs)の生殖隆起(GR)への移動は,細胞のアメーバ様運動とサイトカインを中心とした誘引シグナルの受容によって実現される。マウスPGCsの誘引シグナルは,ケモカインであるSDF-1/CXCL12とその受容体CXCR4が同定されており,誘引シグナルをガイドとして,PGCsはGRに方向性を持って移動する。しかし,誘引因子を受容するCXCR4は,PGCsがGRに定着すると同時に発現が低下し,PGCsは移動能力を失う。当研究室では,マウスやラッ...
犬谷雪菜, 中野風子, 中村啓哉, 谷藤広志, 松原和衛
日本家禽学会誌   5 Sep 2018   
中野風子, 犬谷雪菜, 中村啓哉, 谷藤広志, 青谷大希, 力丸宗弘, 松原和衛
日本家禽学会誌   5 Sep 2018   
松原和衛, 小岩佳夏子, 小岩佳夏子, 岩崎節子, 平田統一
Journal of Reproduction and Development   5 Sep 2018   
中谷友紀, 正木香, 中村啓哉, 松原和衛
Journal of Reproduction and Development   5 Sep 2018   
<p>【目的】始原生殖細胞(PGCs)は,将来卵や精子へ分化する細胞である。PGCsは胎仔期には移動性の細胞であり,マウスでは交配11日目(11dpc)頃に生殖隆起(GR)に到達する。PGCsを同定するマーカーの一つであるSSEA-1は,細胞膜表面に発現し未分化マーカーとして多用されているが,その発現や性差に関する報告は少ない。そこで本研究では,マウス胎仔のSSEA-1発現をホールマウント免疫染色で検討するため,各胚齢GRと中腎の複合体(UGC)における,生殖細胞特異的マーカーのDDX4/...
岩崎節子, 片平睦子, 盛田麻衣子, 小岩佳夏子, 小岩佳夏子, 平田統一, 平田統一, 松原和衛, 松原和衛
Journal of Reproduction and Development   5 Sep 2018   
<p>【目的】超早期妊娠因子(Super-EPF)は,受精後24~48時間以降の母体血清中に検出される妊娠特異的タンパク質であり,妊娠診断等への応用が期待される。最近まで,Super-EPFの測定はロゼット抑制試験が唯一の方法であった。当研究室では測定方法の簡便化を目指して酵素免疫測定法(ELISA)によるSuper-EPFの測定法を確立した。現在のところ,本法の妊娠診断率は80~90%程度である。しかし,使用する一次抗体はポリクローナル抗体であるため,Super-EPF以外に対するマイナ...
中村啓哉, 中谷友紀, 正木香, 安野航, 若井淳, 松原和衛, 松原和衛
日本生殖医学会雑誌   1 Aug 2018   
中村啓哉, 安野航, 若井淳, 若井淳, 松原和衛
日本生殖医学会雑誌   1 Oct 2017   
小岩佳夏子, 平田統一, 松原和衛
日本生殖医学会雑誌   1 Oct 2017   
中村啓哉, 犬谷雪菜, 中野風子, 谷藤広志, 松原和衛, 松原和衛
日本家禽学会誌   4 Sep 2017   
犬谷雪菜, 中村啓哉, 小松守, 藤好浩之, 辻本恒徳, 斎藤靖史, 松原和衛
日本家禽学会誌   4 Sep 2017   
Migration and differentiation of the primordial germ cells which transplanted into abdominal cavity of neonatal mouse.
Hiroya Nakamura, Wataru Yasuno, Jun Wakai, Kazuei Matsubara
WCRB   Sep 2017   
小岩佳夏子, 平田統一, 松原和衛, 佐々木邦明, 横尾正樹
日本生殖医学会雑誌   1 Jul 2017   
中村啓哉, 松原和衛
日本生殖医学会雑誌   1 Jul 2017   
Inhibition of CXCL5-CXCR2 signaling improves the implantation of aging embryos for pregnancy.
Yuta Kawagoe, Ikko Kawashima, Yorino Sato, Naoki Okamoto, Kazuei Matsubara, Kazuhiro Kawamura
Jun 2017   
盛田麻衣子, 小岩佳夏子, 川越雄太, 松原和衛, 松原和衛
日本卵子学会誌   1 Apr 2017   
小岩佳夏子, 平田統一, 松原和衛
日本卵子学会誌   1 Apr 2017   
正木香, 中村啓哉, 佐々木邦明, 松原和衛, 松原和衛
日本卵子学会誌   1 Apr 2017   
中村啓哉, 松原和衛
日本生殖医学会雑誌   1 Oct 2016   
小岩佳夏子, 金森香樹, 平田統一, 松原和衛
日本生殖医学会雑誌   1 Oct 2016   
中村啓哉, 高橋大希, 佐藤悠紀, 伊藤剛, 力丸宗弘, 松原和衛
日本家禽学会誌   16 Sep 2016   
Intraperitoneal injection of the primordial germ cells to natal mice
Hiroya Nakamura and Kazuei Matsubara.
The 17th Asian-Australasian Association of animal production societies animal science congress   Aug 2016   
Enzyme-linked immunosorbent assay for bovine super- early pregnancy factor.
Matsubara Kazuei, Kanamori Kouki, Motoyama Yuka, Koiwa Kanako, Koizumi Kazuo, Yoshida Hiroshi, Iga Kosuke, Shimizu Manabu, Hirata Toh-ichi
The 17th Asian-Australasian Association of animal production societies animal science congress   Aug 2016   
中村啓哉, 佐々木彩美, 松原和衛
日本生殖医学会雑誌   20 Apr 2016   
寺田幸弘, 熊谷仁, 熊澤由紀代, 佐藤亘, 白澤弘光, 福井淳史, 水沼英樹, 松原和衛
日本卵子学会誌   1 Apr 2016   
小岩佳夏子, 佐々木邦明, 横尾正樹, 平田統一, 松原和衛
日本卵子学会誌   1 Apr 2016   
三浦匡哉, 高橋拓, 川本朋代, 小松守, 照屋喬己, 松原和衛
動物園水族館雑誌   25 Dec 2015   
中村啓哉, 高橋大希, 力丸宗弘, 松原和衛
日本家禽学会誌大会号   10 Sep 2015   
金森香樹, 伊賀浩輔, 平田統一, 松原和衛
J Reprod Dev   5 Sep 2015   
松原和衛, 金森香樹, 松本晴輝, 平田統一
日本生殖医学会雑誌   1 Jul 2015   
安西実武貴, 松本晴輝, 横尾正樹, 松原和衛
日本生殖医学会雑誌   1 Jul 2015   
松原和衛, LYNDON Craig, 漆原育子, 三浦匡哉, 辻本恒徳, 小松守, 佐藤光
日本野生動物医学会大会・講演要旨集   1 Jul 2015   
佐々木綾香, 岩本渉, 岡田徹, 眞岡孝至, 谷藤広志, 松原和衛
日本家禽学会誌大会号   10 Sep 2014   
中村啓哉, 黒沼智, 高橋大希, 力丸宗弘, 松原和衛
日本家禽学会誌大会号   10 Sep 2014   
赤荻周悟, 西千秋, 出口善隆, 小藤田久義, 中牟田信明, 松原和衛
日本哺乳類学会大会プログラム・講演要旨集   4 Sep 2014   
秋山望優, 黒沼智, 福山隆, 松原和衛
J Reprod Dev   10 Aug 2014   
金森香樹, 伊賀浩輔, 志水学, 小泉和生, 吉田宗史, 平田統一, 松原和衛
J Reprod Dev   10 Aug 2014   
松本晴輝, 小川孝太朗, 横尾正樹, 伊賀浩輔, 志水学, 松原和衛
日本畜産学会大会講演要旨   9 Sep 2013   
佐々木綾香, 岩本渉, 谷藤広志, 松原和衛
日本家禽学会誌大会号   25 Aug 2013   
黒沼智, 力丸宗弘, 高橋大希, 松原和衛
日本家禽学会誌大会号   25 Aug 2013   
力丸宗弘, 中村隼明, 高橋大希, 小松恵, 伊藤なつき, 松原和衛, 田上貴寛
東北畜産学会報   10 Aug 2013   
松原和衛, 小川孝太朗, 伊賀浩輔, 志水学, 小泉和生, 平田統一, 山下哲郎
J Mamm Ova Res   1 Apr 2013   
赤荻周悟, 西千秋, 出口善隆, 小藤田久義, 松原和衛
日本野生動物医学会大会・講演要旨集   2013   
西千秋, 赤荻周悟, 大橋真吾, 斎藤憲弥, 小松守, 矢沢圭佑, 辻本恒徳, 出口善隆, 小藤田久義, 山下哲郎, 松原和衛
日本野生動物医学会大会・講演要旨集   2013   
松原和衛, 上坂友香里, TSAI Eric, 西村貴志
日本野生動物医学会大会・講演要旨集   2013   
照屋喬己, 平田統一, 西千秋, LYNDON Craig, 漆原育子, 佐藤光, 出口喜隆, 松原和衛
日本野生動物医学会大会・講演要旨集   2013   
水町静華, 佐々木邦明, 松原和衛, 平尾雄二
J Reprod Dev   20 Aug 2012   
【目的】マウス卵母細胞の体外発育において2%ポリビニルピロリドン(PVP)の添加は透明帯の厚さを約30%減少させた (第104回大会)。本研究では,透明帯を挟んで連絡する卵母細胞と卵丘細胞の関係に着目し,それらの形態に及ぼすPVPの影響を検討した。【材料および方法】生後11~12日齢のマウス(ICR)の卵巣から前胞状卵胞を注射針で分離し,コラゲナーゼ処理した後,組織培養インサート上で培養した(37℃,5%CO2 in air,Day 0~10)。培養液には5%ウシ胎児...
小川孝太朗, 山下哲郎, 平田統一, 松原和衛
J Reprod Dev   20 Aug 2012   
【目的】超早期妊娠因子(Super-EPF)は,妊娠極初期の母体血清中に検出される妊娠特異的なタンパク質として報告されているが,その構造や機能は未だ解明されていない。昨年,我々は,Super-EPF IgGを結合させたアフィニティーカラムを用いて精製を実施し,高純度のSuper-EPFを得た。また,2D SDS-PAGEにその画分をSuper-EPFと考えられる明瞭なスポットが確認されたことを報告した。本研究では,血清から精製したSuper-EPFと,ウシ子宮灌流液中に存在すると報告されて...
黒沼智, 小野愛実, 力丸宗弘, 高橋大希, 松原和衛
J Reprod Dev   20 Aug 2012   
松本晴輝, 小川孝太朗, 山下哲郎, 平田統一, 松原和衛
J Reprod Dev   20 Aug 2012   
【目的】超早期妊娠因子(Super-EPF)は,受精後24時間以降からロゼット抑制試験(RITest)で妊娠初期の母体血清中に検出される妊娠特異的なタンパク質である。そのため,早期妊娠診断への応用が期待されている。しかし,Super-EPFは血清中の含有量が非常に少なく,構造や機能の解明には至っていない。本研究では,Super-EPFの構造解明や簡便な測定法への応用が期待できる純度の高い抗ウシSuper-EPF IgGを精製し,その特異性を検討することを目的とした。【方法】精製Super-...
力丸宗弘, 伊藤なつき, 中村隼明, 高橋大希, 小野愛美, 小松恵, 松原和衛
日本家禽学会誌大会号   10 Mar 2012   
佐藤綾子, 松原和衛, 谷口隆秀, 本多英一, 花木賢一
日本獣医学会学術集会講演要旨集   31 Aug 2011   
小川孝太朗, 山下哲郎, 平田統一, 松原和衛
J Reprod Dev   20 Aug 2011   
【目的】超早期妊娠因子(Super-Early Pregnancy Factor: Super-EPF)は,妊娠極初期の母体血清中に検出される妊娠特異的なタンパク質であり,早期妊娠診断や免疫調節などへの様々な応用が期待されている物質である。しかし,その構造は未だ解明されておらず,その原因は精製工程におけるタンパク質のロスやその他のタンパク質の除去不足と考えられる。本研究では,Super-EPF IgGを結合させたアフィニティーカラムを用いて,より純度の高いSuper-EPFを精製することを...
水町静華, 松原和衛, 平尾雄二
J Reprod Dev   20 Aug 2011   
【目的】ポリビニルピロリドン(PVP)添加培養液でマウス前胞状卵胞を培養すると,無添加の場合とは異なる組織形態となる。本研究では,体外発育マウス卵母細胞の成熟能力と透明帯に及ぼすPVPの影響を調べた。【方法】生後11~12日齢のマウス(ICR)卵巣から前胞状卵胞を注射針で分離し,コラゲナーゼ処理(0.1%,10分間)を施した後,細胞培養インサート一枚に約20個をのせて培養した。培養液には,5%ウシ胎児血清,1 ng/ml FSH等を含む修正&alpha;-MEMを用い,さらに平均分子量36...
小野愛実, 黒沼智, 力丸宗弘, 長井和也, 斎藤靖史, 佐々木邦明, 松原和衛
日本家禽学会誌大会号   10 Aug 2011   
佐々木彩美, 松原和衛
日本生殖医学会雑誌   1 Oct 2010   
東淳樹, 関井貴夫, 高橋広和, 青井俊樹, 原科幸爾, 松原和衛, 玉置晴朗, 矢澤正人, 時田賢一, 瀬川典久, 澤本潤
日本鳥学会大会講演要旨集   1 Sep 2010   
佐藤綾子, 後藤元樹, 島田佳世, 高橋智輝, 松原和衛, 切替照雄, 花木賢一
日本獣医学会学術集会講演要旨集   1 Sep 2010   
伊藤なつき, 小野愛実, 力丸宗弘, 高橋大希, 小松恵, 石塚条次, 中村隼明, 松原和衛
日本家禽学会誌大会号   30 Aug 2010   
小野愛実, 伊藤なつき, 長井和也, 佐々木邦明, 松原和衛
日本家禽学会誌大会号   30 Aug 2010   
小野寺春香, 鎌田晴己, 赤坂茂, 平田統一, 福山隆, 小林憲忠, 松原和衛
J Reprod Dev   20 Aug 2010   
【目的】Lunardi-Iskandarらは,妊娠初期の妊婦尿の精製物がカポジ肉腫の病状の軽減や,Human Immunodeficiency Virus(HIV)の減少効果を持つことを報告した。この現象は,妊娠期に特異的に存在する未知の物質の影響であることを示唆した。一方,超早期妊娠因子(Super-Early Pregnancy Factor:Super-EPF)は妊娠初期の血清に含まれる妊娠関連物質の一つであることから,上記と同様の効果を持つ可能性がある。そこで,本研究では,ウシ妊娠...
鎌田晴己, 赤坂茂, 平田統一, 松原和衛
J Reprod Dev   20 Aug 2010   
【目的】ロゼット抑制試験(RITest)によって超早期妊娠因子(Super-EPF)の活性を検出することにより,受精後24時間からの妊娠診断が可能である。しかし,本法は操作の煩雑さから一般には普及していない。本研究では,より簡便なSuper-EPF測定系の開発を目指し,作出したクローンから得られたモノクローナル抗体による測定系の検討を行った。<BR>【実験材料および方法】Super-EPFモノクローナル抗体産生ハイブリドーマ候補について,限界希釈法によるクローニングを実施した。派生細胞株を...
松原和衛, 大橋真吾, 小藤田久義, 出口善隆
日本農芸化学会東北支部シンポジウム講演要旨   2010   
徳中紘太, 鎌田晴己, 赤坂茂, 平田統一, 山下哲郎, 松原和衛
Reprod Immunol Biol   Nov 2009   
小野寺春香, 小川嘉奈, 徳中紘太, 鎌田晴己, 油井信弘, 赤坂茂, 平田統一, 松原和衛
Reprod Immunol Biol   Nov 2009   
鎌田晴己, 徳中紘太, 赤坂茂, 平田統一, 松原和衛
Reprod Immunol Biol   Nov 2009   
柏木まや, 中村隼明, 山本耕裕, 臼井文武, 川越雄太, 松原和衛, 小野珠乙, 鏡味裕
日本畜産学会大会講演要旨   28 Sep 2009   
大橋真吾, 出口善隆, 小藤田久義, 西千秋, 瀬川典久, 辻本恒徳, 小松守, 松原和衛
日本野生動物医学会大会・講演要旨集   3 Sep 2009   
西村貴志, 山内貴義, 出口善隆, 青井俊樹, 辻本恒徳, 松原和衛
日本野生動物医学会大会・講演要旨集   3 Sep 2009   
西千秋, 大橋真吾, 小藤田久義, 出口善隆, 斎藤岳季, 辻本恒徳, 瀬川典久, 松原和衛
日本野生動物医学会大会・講演要旨集   3 Sep 2009   
佐々木彩美, 平尾雄二, 松原和衛
J Reprod Dev   25 Aug 2009   
伊藤なつき, 川越雄太, 力丸宗弘, 斎藤靖史, 齋藤文也, 松原和衛
J Reprod Dev   25 Aug 2009   
佐藤真, 西澤郁夫, 藤原正俊, 西村貴志, 松原和衛, 原澤亮
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2009   
西村貴志, 山内貴義, 松原和衛, 出口善隆, 青井俊樹, 辻本恒徳
日本野生動物医学会大会・講演要旨集   2 Sep 2008   
大橋真吾, 瀬川典久, 佐々木拓也, 出口善隆, 松原和衛, 小藤田久義, 辻本恒徳, 斎藤岳季
日本野生動物医学会大会・講演要旨集   2 Sep 2008   
徳中紘太, 鎌田晴己, 平田統一, 松原和衛
J Reprod Dev   25 Aug 2008   
鎌田晴己, 徳中紘太, 平田統一, 松原和衛
J Reprod Dev   25 Aug 2008   
伊藤なつき, 川越雄太, 松原和衛, 斎藤靖史, 佐藤直人, 齋藤美緒, 小野康, 辻本恒徳, 齋藤文也
東北畜産学会報   5 Aug 2008   
松原和衛, 川越雄太, 佐藤直人, 齋藤文也
東北畜産学会報   5 Aug 2008   
佐々木彩美, 松本浩樹, 川越雄太, 松原和衛, 平尾雄二
東北畜産学会報   5 Aug 2008   
松原和衛
日本生殖医学会雑誌   1 Oct 2007   
川越雄太, 松原和衛, 佐藤直人, 吉田力, 齋藤文也
J Reprod Dev   25 Sep 2007   
松原和衛, 川越雄太, 片倉真沙美, 石川舞美, 小形紗英子, 吉田登, 吉田力, 齋藤文也
J Reprod Dev   25 Sep 2007   
西村貴志, 西山大志, 山内貴義, 出口善隆, 松原和衛, 青井俊樹, 辻本恒徳
日本野生動物医学会大会・講演要旨集   6 Sep 2007   
大橋真吾, 本田幸寛, 山口光, 松原和衛, 出口善隆, 小藤田久義, 辻本恒徳, 高瀬力男, 村上卓男
日本野生動物医学会大会・講演要旨集   6 Sep 2007   
西村貴志, 山内貴義, 出口善隆, 松原和衛, 青井俊樹, 辻本恒徳, 岡田幸助
日本野生動物医学会大会・講演要旨集   25 Sep 2006   
青山文生, 小原寿人, 笹森えりこ, 原澤亮, 西村貴志, 松原和衛, 御領政信, 岡田幸助, 辻本恒徳, GLANGASPERO Massimo
日本獣医学会学術集会講演要旨集   31 Aug 2006   
三上佳利, 松原和衛, 山下哲郎, 江幡順良, 高橋正弘
J Reprod Dev   25 Aug 2006   
川越雄太, 吉田登, 松原和衛, 吉田力, 齋藤文也
J Reprod Dev   25 Aug 2006   
武藤大輔, 高橋寿太郎, 松原和衛
J Reprod Dev   25 Aug 2006   
高橋寿太郎, 山本美樹, 中野靖子, 松原和衛
東北畜産学会報   15 Aug 2006   
TSUKUBA Chiaki, MATSUBARA Kazuei, SATO Itaru, TSUDA Shuji
Journal of toxicological sciences   Oct 2005   
松原和衛, 阿部亜佳音, 野坂健, 吉田啓記, 吉田登, 小松繁樹, 斎藤文也
J Reprod Dev   25 Aug 2005   
平田統一, 伴光, 松原和衛, 高橋正弘
J Reprod Dev   25 Aug 2005   
三上佳利, 松原和衛, 山下哲郎, 江幡順良, 高橋正弘
J Reprod Dev   25 Aug 2005   
【目的】早期妊娠因子(EPF)は、母体の胎児に対する免疫攻撃を抑制し、妊娠の成立に重要な働きをする物質と考えられている。主として母体の血中より検出され、当研究室では血清由来のものを特に超早期妊娠因子(Super-EPF)、それ以外の材料より検出される物質をEPF様物質と呼んで区別している。本研究では、効率の良い精製法の確立を目的とし、その工程により得られた精製物を用いて2D SDS-PAGEによるウシ超早期妊娠因子の解析を行なった。【方法】ウシ血清を35%飽和および40%飽和の硫酸アンモニ...
太田大作, 大沢健司, 松原和衛, 富樫義彦, 山本哲也
北海道獣医師会雑誌   1 Aug 2005   
松原和衛, 筑波千晶, 山本欣郎, 山田高也, 鈴木達夫
J Mamm Ova Res   1 Apr 2005   
松原和衛, 遠藤久誉, 三上佳利, 高橋正弘, 斎藤文也
J Reprod Dev   25 Aug 2004   

Research Grants & Projects

 
Fertilization and implantation diagnosis by Super-early pregnancy factor (Suer-EPF) ELISA of cattle
Project Year: Apr 2016 - Feb 2017    Investigator(s): MATSUBARA ITO Kazuei
Study of Super Early Pregnancy Factor
Joint Public-Private Research
Project Year: 1982   
Study of premordial germ cells
Cooperative Research
Project Year: 2000   
Study of Japanese serow
Cooperative Research
Project Year: 2000