中山 幹康

J-GLOBALへ         更新日: 10/01/07 00:00
 
アバター
研究者氏名
中山 幹康
 
ナカヤマ ミキヤス
URL
http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/nakayama/
所属
東京大学
部署
大学院新領域創成科学研究科 国際協力学専攻 東京大学 大学院新領域創成科学研究科 国際協力学専攻
職名
教授
学位
農学博士(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1986年
 - 
1989年
国連環境計画 計画官
 
1989年
 - 
1999年
宇都宮大学 助教授
 
1999年
   
 
宇都宮大学 教授
 

学歴

 
 
 - 
1986年
東京大学 農学系研究科 農業工学
 
 
 - 
1982年
東京大学 農学部 農業工学科
 

委員歴

 
1996年
   
 
日本水文・水質源学会  編集委員
 
1988年
 - 
1991年
国際水資源学会(International water Resources Association)  編集委員
 
1992年
 - 
1994年
日本農業土木学会  研究委員
 

受賞

 
1997年
水文・水資源学会学術賞
 

Misc

 
中山 幹康
水文・水資源学会誌   9(2) 198-208   1996年
中山幹康
水文・水資源学会誌   9(1) 77-87   1996年
アラル海流域の環境問題への国連環境計画の対応
水文・水資源学会誌   7(1) 463-466   1994年
宇都宮市における人口分布と緑の分布の相関分析(共著)
宇都宮大学農学部・学術報告   14(3) 1-11
中山 幹康
水文・水資源学会誌   10(3) 238-247   1997年

書籍等出版物

 
新版農地工学(共著)
文永堂   1992年   
水利の風土性と近代化(共著)
東京大学出版会   1992年   
耕作放棄水田の実態と対策(共著)
農業土木事業協会   1993年   
河川美化・緑化調査論文集(共著)
河川環境管理財団   1994年   
地球水環境と国際紛争の光と影(共著)
信山社   1995年   

Works

 
合成開口レーダーによる森林焼失域の特定
1998年
国際機関による国際流域の管理
1992年
ダム建設が人間居住環境に与える影響
1992年

競争的資金等の研究課題

 
国際機関による国際流域の管理に関する研究
リモ-トセンシングおよびGISによる環境モニタリング
環境影響評価手法