OKI Kazuo

J-GLOBAL         Last updated: Aug 10, 2019 at 08:55
 
Avatar
Name
OKI Kazuo
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/57f64bbe805d544b219c2cd1f1b015cc.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Graduate School of Arts and Letters Linguistic Studies Japanese Linguistics Japanese Linguistics
Job title
Professor
Degree
博士(文学)(Tohoku University)

Research Areas

 
 

Committee Memberships

 
Apr 2013
 - 
Today
日本語文法学会  学会誌委員
 
Jun 2016
 - 
Today
日本語学会  常任査読委員
 
May 2005
 - 
Today
訓点語学会  委員
 
Jan 2016
 - 
Today
日本歴史言語学会  理事
 
Jun 2003
 - 
Today
日本文芸研究会  委員
 

Published Papers

 
古代日本語動詞基本形の時間的意味
大木一夫
国語と国文学   86(11) 21-31   Nov 2009   [Refereed][Invited]
不変化助動詞の本質、続貂
大木一夫
国語国文   81(9) 1-17   Sep 2012   [Refereed]
文の成立―その意味的側面
大木一夫
山田文法の現代的意義   75-96   Dec 2010   [Invited]
口語文法論としての小林好日『標準語法精説』
大木一夫
文芸研究   166 12-24   Sep 2008   [Refereed]
古代日本語動詞の活用体系―古代日本語動詞形態論・試論―
大木一夫
東北大学文学研究科研究年報   59 1-36   Mar 2010

Misc

 
『古今和歌集』をあじわう
大木一夫
わたしの日本学び(人文社会科学講演シリーズ9)   97-145   Dec 2017
書評 野村剛史著『日本語スタンダードの歴史―ミヤコ言葉から言文一致まで―』
大木一夫
日本語の研究   11(1) 60-66   Jan 2015
研究史(2012年・2013年における日本語学界の展望)
大木一夫
日本語の研究   10(3) 5-8   Jul 2014
古くて新しい古典文法
大木一夫
ことばの世界とその魅力(人文社会科学講演シリーズ3)   51-88   Apr 2008
日本語史1(平成17・18年国語国文学界の動向)
大木一夫
文学・語学   190 63-67   Mar 2008

Books etc

 
文論序説
大木一夫
ひつじ書房   May 2017   
ガイドブック日本語史
大木一夫
ひつじ書房   May 2013   
日本語史叙述の方法
大木一夫・多門靖容 (Part:Joint Editor)
ひつじ書房   Oct 2016   
山田文法の現代的意義
斎藤倫明・大木一夫 (Part:Joint Editor)
ひつじ書房   Dec 2010   

Research Grants & Projects

 
日本語研究の歴史
Project Year: Apr 1998 - Today
日本語文法の理論
Project Year: Apr 1993 - Today
日本語文法史
Project Year: Apr 1993 - Today

Social Contribution

 
齋理蔵の講座
[Others]  Oct 2016
講演「古今和歌集を味わう」
有備館講座
[Others]  Dec 2006
講演「古くて新しい古典文法」