野々山 恵章

J-GLOBALへ         更新日: 18/06/19 14:11
 
アバター
研究者氏名
野々山 恵章
 
ノノヤマ シゲアキ
所属
防衛省 防衛医科大学校
部署
小児科学講座
職名
教授
学位
医学博士(東京医科歯科大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1989年
東京医科歯科大学 医学研究科 小児科学
 
 
 - 
1982年
東京医科歯科大学 医学部 
 

委員歴

 
2003年
 - 
現在
IUIS Primary Immunodeficiency Expert Committee (国際免疫学会原発性免疫不全症専門委員)
 
2008年
 - 
2015年
日本小児科学会  理事
 
 
   
 
(予防接種感染対策委員会、医療安全委員会、和文誌編集委員会担当、将来計画委員会委員、財務委員会委員)2008.4月-2010.3月
 
 
   
 
(医療安全委員会、和文誌編集委員会担当、財務委員長、公益法人化プロジェクト委員)2010.4月-2012.3月
 
 
   
 
(財務委員長、予防接種感染対策委員会、ホームページ委員会担当理事、企画戦略委員会委員)2012.4月-2015.3月
 
2011年
   
 
厚生労働省厚生科学審議会科学技術部会  遺伝子治療臨床研究作業委員会委員
 
2003年
 - 
現在
日本小児科学会埼玉地方会  副会長、代議員、専門研修施設資格認定委員
 
2003年
 - 
現在
所沢小児科医会  会長
 
2007年1月
 - 
現在
日本免疫不全症研究会  代表幹事
 
2007年9月
 - 
現在
PIDつばさの会  理事
 
2010年
 - 
現在
公益財団法人難病医学研究財団難病情報センター  情報企画委員
 

受賞

 
1994年
第8回お茶の水医科同窓会研究奨励賞
 
2009年
Dream Maker Award (Jeffrey Modell Foundation, USA)
 

論文

 
Okano T, Imai K, Tsujita Y, Mitsuiki N, Yoshida K, Kamae C, Honma K, Mitsui-Sekinaka K, Sekinaka Y, Kato T, Hanabusa K, Endo E, Takashima T, Hiroki H, Yeh TW, Tanaka K, Nagahori M, Tsuge I, Bando Y, Iwasaki F, Shikama Y, Inoue M, Kimoto T, Moriguchi N, Yuza Y, Kaneko T, Suzuki K, Matsubara T, Maruo Y, Kunitsu T, Waragai T, Sano H, Hashimoto Y, Tasaki K, Suzuki O, Shirakawa T, Kato M, Uchiyama T, Ishimura M, Tauchi T, Yagasaki H, Jou ST, Yu HH, Kanegane H, Kracker S, Durandy A, Kojima D, Muramatsu H, Wada T, Inoue Y, Takada H, Kojima S, Ogawa S, Ohara O, Nonoyama S, Morio T
The Journal of allergy and clinical immunology      2018年5月   [査読有り]
Belal H, Nakashima M, Matsumoto H, Yokochi K, Taniguchi-Ikeda M, Aoto K, Amin MB, Maruyama A, Nagase H, Mizuguchi T, Miyatake S, Miyake N, Iijima K, Nonoyama S, Matsumoto N, Saitsu H
Human mutation      2018年5月   [査読有り]
Takajo D, Nonoyama S
Clinical case reports   6(5) 810-812   2018年5月   [査読有り]
Okano T, Tsujita Y, Kanegane H, Mitsui-Sekinaka K, Tanita K, Miyamoto S, Yeh TW, Yamashita M, Terada N, Ogura Y, Takagi M, Imai K, Nonoyama S, Morio T
Journal of clinical immunology   38(3) 300-306   2018年4月   [査読有り]
Asano T, Okada S, Tsumura M, Yeh TW, Mitsui-Sekinaka K, Tsujita Y, Ichinose Y, Shimada A, Hashimoto K, Wada T, Imai K, Ohara O, Morio T, Nonoyama S, Kobayashi M
Frontiers in immunology   9 568   2018年   [査読有り]
Chikazawa S, Takai S, Furuya A, Kato T, Ohara O, Hashimoto T, Nonoyama S, Satoh T
Acta dermato-venereologica   97(2) 291-292   2017年2月   [査読有り]
Nakamura Y, Matsumoto H, Zaha K, Uematsu K, Nonoyama S
Brain & development   40(3) 233-237   2018年3月   [査読有り]
Horikoshi Y, Umeda K, Imai K, Yabe H, Sasahara Y, Watanabe K, Ozawa Y, Hashii Y, Kurosawa H, Nonoyama S, Morio T
Journal of pediatric hematology/oncology   40(2) 137-140   2018年3月   [査読有り]
Oshima K, Saiki N, Tanaka M, Imamura H, Niwa A, Tanimura A, Nagahashi A, Hirayama A, Okita K, Hotta A, Kitayama S, Osawa M, Kaneko S, Watanabe A, Asaka I, Fujibuchi W, Imai K, Yabe H, Kamachi Y, Hara J, Kojima S, Tomita M, Soga T, Noma T, Nonoyama S, Nakahata T, Saito MK
Biochemical and biophysical research communications   497(2) 719-725   2018年3月   [査読有り]
Tsujita Y, Imai K, Honma K, Kamae C, Horiuchi T, Nonoyama S
Journal of clinical immunology   38(1) 144-148   2018年1月   [査読有り]
Tamura S, Maeda T, Misawa K, Osa M, Hamamoto T, Yuki A, Imai K, Mikita K, Morichika K, Kawana A, Matsumoto H, Nonoyama S
Journal of microbiological methods   141 108-114   2017年10月   [査読有り]
Mitsui-Sekinaka K, Sekinaka Y, Ogura Y, Honda M, Ohyama R, Oyama C, Isobe K, Mori M, Arakawa Y, Koh K, Hanada R, Nonoyama S, Kawaguchi H
Leukemia & lymphoma   1-3   2017年10月   [査読有り]
Sekinaka Y, Mitsuiki N, Imai K, Yabe M, Yabe H, Mitsui-Sekinaka K, Honma K, Takagi M, Arai A, Yoshida K, Okuno Y, Shiraishi Y, Chiba K, Tanaka H, Miyano S, Muramatsu H, Kojima S, Hira A, Takata M, Ohara O, Ogawa S, Morio T, Nonoyama S
Journal of clinical immunology   37(5) 434-444   2017年7月   [査読有り]
Kawaguchi H, Tamura Y, Suzuki S, Asano-Murakoshi T, Nonoyama S
Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society   59(6) 740-741   2017年6月   [査読有り]
Kawamura Y, Takeshita S, Kanai T, Takizawa M, Yoshida Y, Tsujita Y, Nonoyama S
International journal of pediatrics   2017 4162597   2017年   [査読有り]
Aghamohammadi A, Abolhassani H, Kutukculer N, Wassilak SG, Pallansch MA, Kluglein S, Quinn J, Sutter RW, Wang X, Sanal O, Latysheva T, Ikinciogullari A, Bernatowska E, Tuzankina IA, Costa-Carvalho BT, Franco JL, Somech R, Karakoc-Aydiner E, Singh S, Bezrodnik L, Espinosa-Rosales FJ, Shcherbina A, Lau YL, Nonoyama S, Modell F, Modell V, JMF Centers Network Investigators and Study Collaborators., Barbouche MR, McKinlay MA
Frontiers in immunology   8 685   2017年   [査読有り]
Zaha K, Matsumoto H, Itoh M, Saitsu H, Kato K, Kato M, Ogata S, Murayama K, Kishita Y, Mizuno Y, Kohda M, Nishino I, Ohtake A, Okazaki Y, Matsumoto N, Nonoyama S.
Clin Genet.   90(5) 472-474   2016年11月   [査読有り]
Singh S, Rawat A, Suri D, Gupta A, Garg R, Saikia B, Minz RW, Sehgal S, Chan KW, Lau YL, Kamae C, Honma K, Nakagawa N, Imai K, Nonoyama S, Oshima K, Mitsuiki N, Ohara O
Annals of allergy, asthma & immunology : official publication of the American College of Allergy, Asthma, & Immunology   117(4) 405-411   2016年10月   [査読有り]
Kawamura Y, Takeshita S, Kanai T, Yoshida Y, Nonoyama S
The Journal of pediatrics   178 281-284.e1   2016年8月   [査読有り]
Hoshino A, Okada S, Yoshida K, Nishida N, Okuno Y, Ueno H, Yamashita M, Okano T, Tsumura M, Nishimura S, Sakata S, Kobayashi M, Nakamura H, Kamizono J, Mitsui-Sekinaka K, Ichimura T, Ohga S, Nakazawa Y, Takagi M, Imai K, Shiraishi Y, Chiba K, Tanaka H, Miyano S, Ogawa S, Kojima S, Nonoyama S, Morio T, Kanegane H
The Journal of allergy and clinical immunology      2016年12月   [査読有り]
Cantaert T, Schickel JN, Bannock JM, Ng YS, Massad C, Delmotte FR, Yamakawa N, Glauzy S, Chamberlain N, Kinnunen T, Menard L, Lavoie A, Walter JE, Notarangelo LD, Bruneau J, Al-Herz W, Kilic SS, Ochs HD, Cunningham-Rundles C, van der Burg M, Kuijpers TW, Kracker S, Kaneko H, Sekinaka Y, Nonoyama S, Durandy A, Meffre E
The Journal of clinical investigation   126(11) 4289-4302   2016年11月   [査読有り]
Chida A, Inai K, Sato H, Shimada E, Nishizawa T, Shimada M, Furutani M, Furutani Y, Kawamura Y, Sugimoto M, Ishihara J, Fujiwara M, Soga T, Kawana M, Fuji S, Tateno S, Kuraishi K, Kogaki S, Nishimura M, Ayusawa M, Ichida F, Yamazawa H, Matsuoka R, Nonoyama S, Nakanishi T
Heart and vessels      2016年11月   [査読有り]
Elkaim E, Neven B, Bruneau J, Mitsui-Sekinaka K, Stanislas A, Heurtier L, Lucas CL, Matthews H, Deau MC, Sharapova S, Curtis J, Reichenbach J, Glastre C, Parry DA, Arumugakani G, McDermott E, Kilic SS, Yamashita M, Moshous D, Lamrini H, Otremba B, Gennery A, Coulter T, Quinti I, Stephan JL, Lougaris V, Brodszki N, Barlogis V, Asano T, Galicier L, Boutboul D, Nonoyama S, Cant A, Imai K, Picard C, Nejentsev S, Molina TJ, Lenardo M, Savic S, Cavazzana M, Fischer A, Durandy A, Kracker S
The Journal of allergy and clinical immunology   138(1) 210-218.e9   2016年7月   [査読有り]
Tsujita Y, Mitsui-Sekinaka K, Imai K, Yeh TW, Mitsuiki N, Asano T, Ohnishi H, Kato Z, Sekinaka Y, Zaha K, Kato T, Okano T, Takashima T, Kobayashi K, Kimura M, Kunitsu T, Maruo Y, Kanegane H, Takagi M, Yoshida K, Okuno Y, Muramatsu H, Shiraishi Y, Chiba K, Tanaka H, Miyano S, Kojima S, Ogawa S, Ohara O, Okada S, Kobayashi M, Morio T, Nonoyama S
The Journal of allergy and clinical immunology      2016年6月   [査読有り]
Kojima D, Muramatsu H, Okuno Y, Kataoka S, Murakami N, Tanahashi Y, Suzuki K, Kato T, Sekiya Y, Kawashima N, Narita A, Nishio N, Hama A, Imai K, Nonoyama S, Takahashi Y, Kojima S
The Journal of allergy and clinical immunology      2016年6月   [査読有り]
Tamura R, Ohta H, Satoh Y, Nonoyama S, Nishida Y, Nibuya M.
Journal of cerebral blood flow and metabolism : official journal of the International Society of Cerebral Blood Flow and Metabolism   36(4) 709-720   2016年4月   [査読有り]
Yoshii Y, Kato T, Ono K, Takahashi E, Fujimoto N, Kobayashi S, Kimura F, Nonoyama S, Satoh T.
J Eur Acad Dermatol Venereol.   30(3) 529-530   2016年3月   [査読有り]
Takada H, Ishimura M, Takimoto T, Kohagura T, Yoshikawa H, Imaizumi M, Shichijyou K, Shimabukuro Y, Kise T, Hyakuna N, Ohara O, Nonoyama S, Hara T
Medicine   95(4) e2437   2016年1月   [査読有り]
A case of hypertensive encephalopathy presenting with severe status epilepticus following acute poststreptococcal glomerulonephritis.
Morinishi Y, Matsumoto H, Nakagawa N, Hashizume H, Kobayashi O, Tamura K and Nonoyama S.
J. Natl. Def. Med. Coll.   41(1) 13-18   2016年   [査読有り]
Bousfiha A, Jeddane L, Al-Herz W, Ailal F, Casanova JL, Chatila T, Conley ME, Cunningham-Rundles C, Etzioni A, Franco JL, Gaspar HB, Holland SM, Klein C, Nonoyama S, Ochs HD, Oksenhendler E, Picard C, Puck JM, Sullivan KE, Tang ML.
Journal of Clinical Immunology   35(8) 727-738   2015年11月   [査読有り]
Picard C, Al-Herz W, Bousfiha A, Casanova JL, Chatila T, Conley ME, Cunningham-Rundles C, Etzioni A, Holland SM, Klein C, Nonoyama S, Ochs HD, Oksenhendler E, Puck JM, Sullivan KE, Tang ML, Franco JL, Gaspar HB.
Journal of Clinical Immunology   35(8) 696-726   2015年11月   [査読有り]
Cantaert T, Schickel JN, Bannock JM, Ng YS, Massad C, Oe T, Wu R, Lavoie A, Walter JE, Notarangelo LD, Al-Herz W, Kilic SS, Ochs HD, Nonoyama S, Durandy A, Meffre E.
Immunity   43(5) 884-895   2015年11月   [査読有り]
Mitsui-Sekinaka K, Imai K, Sato H, Tomizawa D, Kajiwara M, Nagasawa M, Morio T, Nonoyama S.
The Journal of Allergy and Clinical Immunology   136(4) 1018-1024   2015年10月   [査読有り]
Ma CS, Wong N, Rao G, Avery DT, Torpy J, Hambridge T, Bustamante J, Okada S, Stoddard JL, Deenick EK, Pelham SJ, Payne K, Boisson-Dupuis S, Puel A, Kobayashi M, Arkwright PD, Kilic SS, El Baghdadi J, Nonoyama S, Minegishi Y, Mahdaviani SA, Mansouri D, Bousfiha A, Blincoe AK, French MA, Hsu P, Campbell DE, Stormon MO, Wong M, Adelstein S, Smart JM, Fulcher DA, Cook MC, Phan TG, Stepensky P, Boztug K, Kansu A, İkincioğullari A, Baumann U, Beier R, Roscioli T, Ziegler JB, Gray P, Picard C, Grimbacher B, Warnatz K, Holland SM, Casanova JL, Uzel G, Tangye SG.
The Journal of Allergy and Clinical Immunology   136(4) 993-1006.e1   2015年10月   [査読有り]
Okuno Y, Hoshino A, Muramatsu H, Kawashima N, Wang X, Yoshida K, Wada T, Gunji M, Toma T, Kato T, Shiraishi Y, Iwata A, Hori T, Kitoh T, Chiba K, Tanaka H, Sanada M, Takahashi Y, Nonoyama S, Ito M, Miyano S, Ogawa S, Kojima S, Kanegane H.
Journal of Clinical Immunology   35(7) 610-614   2015年10月   [査読有り]
Kreins AY, Ciancanelli MJ, Okada S, Kong XF, Ramírez-Alejo N, Kilic SS, El Baghdadi J, Nonoyama S, Mahdaviani SA, Ailal F, Bousfiha A, Mansouri D, Nievas E, Ma CS, Rao G, Bernasconi A, Sun Kuehn H, Niemela J, Stoddard J, Deveau P, Cobat A, El Azbaoui S, Sabri A, Lim CK, Sundin M, Avery DT, Halwani R, Grant AV, Boisson B, Bogunovic D, Itan Y, Moncada-Velez M, Martinez-Barricarte R, Migaud M, Deswarte C, Alsina L, Kotlarz D, Klein C, Muller-Fleckenstein I, Fleckenstein B, Cormier-Daire V, Rose-John S, Picard C, Hammarstrom L, Puel A, Al-Muhsen S, Abel L, Chaussabel D, Rosenzweig SD, Minegishi Y, Tangye SG, Bustamante J, Casanova JL, Boisson-Dupuis S.
The Journal of Experimental Medicine   212(10) 1641-1662   2015年9月   [査読有り]
Kato T, Crestani E, Kamae C, Honma K, Yokosuka T, Ikegawa T, Nishida N, Kanegane H, Wada T, Yachie A, Ohara O, Morio T, Notarangelo LD, Imai K, Nonoyama S.
Journal of Clinical Immunology   35(3) 280-288   2015年4月   [査読有り]
Oshima K, Imai K, Albert MH, Bittner TC, Strauss G, Filipovich AH, Morio T, Kapoor N, Dalal J, Schultz KR, Casper JT, Notarangelo LD, Ochs HD, Nonoyama S.
Journal of Clinical Immunology   35(1) 15-21   2015年1月   [査読有り]
Tatsuzawa Y, Sekikawa K, Suda T, Matsumoto H, Otabe H, Nonoyama S, Yoshino A.
Epilepsy & Behavior Case Reports   3 36-38   2015年   [査読有り]
Saikia B, Suri D, Goel S, Rawat A, Minz RW, Gupta A, Sharma S, Ohara O, Imai K, Nonoyama S, Sehgal S, Singh S.
Asian Pacific Journal of Allergy and Immunology / launched by the Allergy and Immunology Society of Thailand   32(4) 321-327   2014年12月   [査読有り]
[GATA2 deficiency].
Nonoyama S.
Nihon Rinsho. Japanese Journal of Clinical Medicine   72(10) 1861-1869   2014年10月   [査読有り]
[Use of the urinary trypsin inhibitor ulinastatin for acute Kawasaki disease].
Kawamura Y, Kanai T, Takeshita S, Nonoyama S.
Nihon Rinsho. Japanese Journal of Clinical Medicine   72(9) 1650-1653   2014年9月   [査読有り]
Horiuchi K, Imai K, Mitsui-Sekinaka K, Yeh TW, Ochs HD, Durandy A, Nonoyama S.
The Journal of Allergy and Clinical Immunology   134(2) 411-419   2014年8月   [査読有り]
Matsumoto H, Zaha K, Nakamura Y, Hayashi S, Inazawa J, Nonoyama S.
Pediatric Neurology   51(1) 170-175   2014年7月   [査読有り]
Routes J, Abinun M, Al-Herz W, Bustamante J, Condino-Neto A, De La Morena MT, Etzioni A, Gambineri E, Haddad E, Kobrynski L, Le Deist F, Nonoyama S, Oliveira JB, Perez E, Picard C, Rezaei N, Sleasman J, Sullivan KE, Torgerson T
Journal of clinical immunology   34(4) 398-424   2014年5月   [査読有り]
Chida A, Shintani M, Matsushita Y, Sato H, Eitoku T, Nakayama T, Furutani Y, Hayama E, Kawamura Y, Inai K, Ohtsuki S, Saji T, Nonoyama S, Nakanishi T.
Molecular Genetics & Genomic Medicine   2(3) 229-239   2014年5月   [査読有り]
Kanegane H, Imai K, Yamada M, Takada H, Ariga T, Bexon M, Rojavin M, Hu W, Kobayashi M, Lawo JP, Nonoyama S, Hara T, Miyawaki T.
Journal of Clinical Immunology   34(2) 204-211   2014年2月   [査読有り]
Chida A, Sato H, Shintani M, Nakayama T, Kawamura Y, Furutani Y, Inai K, Saji T, Matsuoka R, Nonoyama S, Nakanishi T.
Circulation Journal : official journal of the Japanese Circulation Society   78(2) 436-442   2014年   [査読有り]
Kojima R, Ohno T, Iikura M, Niki T, Hirashima M, Iwaya K, Tsuda H, Nonoyama S, Matsuda A, Saito H, Matsumoto K, Nakae S.
PloS One   9(1) e86106   2014年   [査読有り]
Al-Herz W, Bousfiha A, Casanova JL, Chatila T, Conley ME, Cunningham-Rundles C, Etzioni A, Franco JL, Gaspar HB, Holland SM, Klein C, Nonoyama S, Ochs HD, Oksenhendler E, Picard C, Puck JM, Sullivan K, Tang ML.
Frontiers in Immunology   5 162   2014年   [査読有り]
Osawa M, Ogura Y, Isobe K, Uchida S, Nonoyama S, Kawaguchi H.
Pediatric Nephrology (Berlin, Germany)   28 1881-1884   2013年9月   [査読有り]
Isobe K, Mori T, Asano T, Kawaguchi H, Nonoyama S, Kumagai N, Kamada F, Morimoto T, Hayashi M, Sohara E, Rai T, Sasaki S, Uchida S.
American Journal of Physiology. Renal Physiology      2013年9月   [査読有り]
Bousfiha AA, Jeddane L, Ailal F, Al Herz W, Conley ME, Cunningham-Rundles C, Etzioni A, Fischer A, Franco JL, Geha RS, Hammarström L, Nonoyama S, Ochs HD, Roifman CM, Seger R, Tang ML, Puck JM, Chapel H, Notarangelo LD, Casanova JL.
Journal of Clinical Immunology   33 1078-1087   2013年8月   [査読有り]
Kamae C, Nakagawa N, Sato H, Honma K, Mitsuiki N, Ohara O, Kanegane H, Pasic S, Pan-Hammarström Q, van Zelm MC, Morio T, Imai K, Nonoyama S.
The Journal of Allergy and Clinical Immunology   131 1437-40.e5   2013年5月   [査読有り]
Kato T, Matsumoto H, Chida A, Wakamatsu H, Nonoyama S.
Pediatrics International : official journal of the Japan Pediatric Society   55 254-256   2013年4月   [査読有り]
Wakabayashi M, Mori T, Isobe K, Sohara E, Susa K, Araki Y, Chiga M, Kikuchi E, Nomura N, Mori Y, Matsuo H, Murata T, Nomura S, Asano T, Kawaguchi H, Nonoyama S, Rai T, Sasaki S, Uchida S.
Cell Reports   3 858-868   2013年3月   [査読有り]
Kojima R, Matsuda A, Nomura I, Matsubara O, Nonoyama S, Ohya Y, Saito H, Matsumoto K.
Pediatric Dermatology   30 17-22   2013年1月   [査読有り]
Kojima R, Fujiwara T, Matsuda A, Narita M, Matsubara O, Nonoyama S, Ohya Y, Saito H, Matsumoto K.
Pediatric Dermatology   30 29-35   2013年1月   [査読有り]
Kakiuchi S, Nonoyama S, Wakamatsu H, Kogawa K, Wang L, Kinoshita-Yamaguchi H, Takayama-Ito M, Lim CK, Inoue N, Mizuguchi M, Igarashi T, Saijo M.
Journal of Clinical Microbiology   51 356-359   2013年1月   [査読有り]
Nozaki T, Takada H, Ishimura M, Ihara K, Imai K, Morio T, Kobayashi M, Nonoyama S, Hara T.
Clinical Endocrinology   77 628-634   2012年10月   [査読有り]
Ishida H, Imai K, Honma K, Tamura S, Imamura T, Ito M, Nonoyama S
European Journal of Pediatrics   171 1273-1276   2012年8月   [査読有り]
Kawai T, Saito M, Nishikomori R, Yasumi T, Izawa K, Murakami T, Okamoto S, Mori Y, Nakagawa N, Imai K, Nonoyama S, Wada T, Yachie A, Ohmori K, Nakahata T, Heike T
Journal of Clinical Immunology   32 690-697   2012年8月   [査読有り]
Morioka I, Nonoyama S, Tanaka-Taya K, Ihara T, Sugaya N, Ueta I, Kumagai T, Okada K, Hosoya M, Okabe N, Morishima T, Committee for the Control and Prevention of Influenza of the Japan Pediatric Society
Scandinavian Journal of Infectious Diseases   44 605-609   2012年8月   [査読有り]
Chida A, Shintani M, Yagi H, Fujiwara M, Kojima Y, Sato H, Imamura S, Yokozawa M, Onodera N, Horigome H, Kobayashi T, Hatai Y, Nakayama T, Fukushima H, Nishiyama M, Doi S, Ono Y, Yasukouchi S, Ichida F, Fujimoto K, Ohtsuki S, Teshima H, Kawano T, Nomura Y, Gu H, Ishiwata T, Furutani Y, Inai K, Saji T, Matsuoka R, Nonoyama S, Nakanishi T
The American Journal of Cardiology   110 586-593   2012年8月   [査読有り]
Kobayashi D, Kogawa K, Imai K, Tanaka T, Sada A, Nonoyama S
Pediatrics International : official journal of the Japan Pediatric Society   54 543-546   2012年8月   [査読有り]
Nakaoka H, Kanegane H, Taneichi H, Miya K, Yang X, Nomura K, Takezaki S, Yamada M, Ohara O, Kamae C, Imai K, Nonoyama S, Wada T, Yachie A, Hershfield MS, Ariga T, Miyawaki T
International Journal of Hematology   95 692-696   2012年6月   [査読有り]
Ma CS, Avery DT, Chan A, Batten M, Bustamante J, Boisson-Dupuis S, Arkwright PD, Kreins AY, Averbuch D, Engelhard D, Magdorf K, Kilic SS, Minegishi Y, Nonoyama S, French MA, Choo S, Smart JM, Peake J, Wong M, Gray P, Cook MC, Fulcher DA, Casanova JL, Deenick EK, Tangye SG
Blood   119 3997-4008   2012年4月   [査読有り]
Clinical profile and genetic basis of Wiskott-Aldrich syndrome at Chandigarh, North India.
Suri D, Singh S, Rawat A, Gupta A, Kamae C, Honma K, Nakagawa N, Imai K, Nonoyama S, Oshima K, Mitsuiki N, Ohara O, Bilhou-Nabera C, Proust A, Ahluwalia J, Dogra S, Saikia B, Minz RW, Sehgal S
Asian Pacific Journal of Allergy and Immunology / launched by the Allergy and Immunology Society of Thailand   30 71-78   2012年3月   [査読有り]
Chida A, Shintani M, Nakayama T, Furutani Y, Hayama E, Inai K, Saji T, Nonoyama S, Nakanishi T
Circulation Journal : official journal of the Japanese Circulation Society   76(6) 1501-1508   2012年2月   [査読有り]
Honda F, Kano H, Kanegane H, Nonoyama S, Kim ES, Lee SK, Takagi M, Mizutani S, Morio T
Nature Immunology      2012年2月   [査読有り]
Yang X, Kanegane H, Nishida N, Imamura T, Hamamoto K, Miyashita R, Imai K, Nonoyama S, Sanayama K, Yamaide A, Kato F, Nagai K, Ishii E, van Zelm MC, Latour S, Zhao XD, Miyawaki T
Journal of Clinical Immunology      2012年1月   [査読有り]
Oshima K, Nagase T, Imai K, Nonoyama S, Obara M, Mizukami T, Nunoi H, Kanegane H, Kuribayashi F, Amemiya S, Ohara O
Current Chemical Genomics   6 27-37   2012年   [査読有り]
Kanai T, Ishiwata T, Kobayashi T, Sato H, Takizawa M, Kawamura Y, Tsujimoto H, Nakatani K, Ishibashi N, Nishiyama M, Hatai Y, Asano Y, Kobayashi T, Takeshita S, Nonoyama S
Circulation   124(25) 2822-2828   2011年12月   [査読有り]
Ishimura M, Takada H, Doi T, Imai K, Sasahara Y, Kanegane H, Nishikomori R, Morio T, Heike T, Kobayashi M, Ariga T, Tsuchiya S, Nonoyama S, Miyawaki T, Hara T
Journal of Clinical Immunology   31(6) 968-976   2011年12月   [査読有り]
Matsumoto H, Hatanaka D, Ogura Y, Chida A, Nakamura Y, Nonoyama S
The Pediatric Infectious Disease Journal   30 999-1001   2011年11月   [査読有り]
Chida A, Yanagawa Y, Matsumoto H, Nonoyama S
Indian Journal of Pediatrics   78(8) 1010-1012   2011年8月   [査読有り]
Tsujita Y, Matsumoto H, Nakamura Y, Nonoyama S
No to Hattatsu. Brain and Development   43 282-284   2011年7月   [査読有り]
Nakagawa N, Imai K, Kanegane H, Sato H, Yamada M, Kondoh K, Okada S, Kobayashi M, Agematsu K, Takada H, Mitsuiki N, Oshima K, Ohara O, Suri D, Rawat A, Singh S, Pan-Hammarstr?m Q, Hammarstr?m L, Reichenbach J, Seger R, Ariga T, Hara T, Miyawaki T, Nonoyama S
The Journal of Allergy and Clinical Immunology   128 223-225.e2   2011年7月   [査読有り]
Saito M, Nagasawa M, Takada H, Hara T, Tsuchiya S, Agematsu K, Yamada M, Kawamura N, Ariga T, Tsuge I, Nonoyama S, Karasuyama H, Minegishi Y
The Journal of Experimental Medicine   208 235-249   2011年2月   [査読有り]
Kobayashi D, Kogawa K, Imai K, Tanaka T, Hiroi S, Satoh H, Tanaka-Taya K, Nonoyama S.
Transpl Infect Dis. 2011   13(6) 650-653   2011年
Takizawa M, Ishiwata T, Kawamura Y, Kanai T, Kurokawa T, Nishiyama M, Ishida H, Asano Y, Nonoyama S.
Pediatr Res. 2011   69(4) 306-311   2011年
Asai E, Wada T, Sakakibara Y, Toga A, Toma T, Shimizu T, Nampoothiri S, Imai K, Nonoyama S, Morio T, Muramatsu H, Kamachi Y, Ohara O, Yachie A.
Clin Immunol. 2011   138(2) 172-177   2011年
Zhao M, Kanegane H, Kobayashi C, Nakazawa Y, Ishii E, Kasai M, Terui K, Gocho Y, Imai K, Kiyasu J, Nonoyama S, Miyawaki T.
Cytometry B Clin Cytom. 2011   80B(1) 8-13   2011年
Al-Herz W, Bousfiha A, Casanova JL, Chapel H, Conley ME, Cunningham-Rundles C, Etzioni A, Fischer A, Franco JL, Geha RS, Hammarstr?m L, Nonoyama S, Notarangelo LD, Ochs HD, Puck JM, Roifman C, Seger R, Tang MLK.
2 54   2011年
Kawamura Y, Ishiwata T, Takizawa M, Ishida H, Asano Y, Nonoyama S.
Circ J.   74(7) 1442-1450   2010年   [査読有り]
Matsuda K, Sakashita K, Taira C, Tanaka-Yanagisawa M, Yanagisawa R, Shiohara M, Kanegane H, Hasegawa D, Kawasaki K, Endo M, Yajima S, Sasaki S, Kato K, Koike K, Kikuchi A, Ogawa A, Watanabe A, Sotomatsu M, Nonoyama S and Koike K.
Br J Haematol.   148(4) 593-599   2010年
Okuya M, Kurosawa H, Kubota T, Endoh K, Ogiwara A, Nonoyama S, Hagisawa S, Sato Y, Matsushita T, Fukushima K, Sugita K, Sato T, Arisaka O.
Bone Marrow Transplant.   45(3) 607-9   2010年
Albert MH, Bittner TC, Nonoyama S, Notarangelo LD, Burns S, Imai K, Espanol T, Fasth A, Pellier I, Strauss G, MorioT ,Gathmann B, Noordzij JG, Fillat C, Hoenig M, Nathrath M, Meindl A, Pagel P, Wintergerst U, Fischer A, Thrasher AJ, Belohradsky BH, Ochs HD.
Blood   115(16) 3231-3238   2010年
Hyper IgM syndrome and complement Clq deficiency in an individual with systemic lupus erythematosus-like disease.
Tsuge I, Kondo Y, Nakajima Y, Nakagawa N, Imai K, Nonoyama S, Oshima K, Ohara O, Hatanaka M, Kitano E, Kitamura H, Urisu A.
Clin Exp Rheumatol.   28(4) 558-60   2010年
Characteristics of paediatric patients with 2009 pandemic influenza A(H1N1) and severe, oxygen-requiring pneumonia in the Tokyo region, 1 September-31 October 2009.
Nishiyama M, Yoshida Y, Sato M, Nishioka M, Kato T, Kanai T, Ishiwata T, Wakamatsu H, Nakagawa S, Kawana A, Nonoyama S.
Euro Surveill.   20(5) 442-5   2010年
Picard C, von Bernuth H, Ghandil P, Chrabieh M, Levy O, Arkwright PD, McDonald D, Geha RS, Takada H, Krause JC, Creech CB, Ku CL, Ehl S, Mar?di L, Al-Muhsen S, Al-Hajjar S, Al-Ghonaium A, Day-Good NK, Holland SM, Gallin JI, Chapel H, Speert DP, et al.
Medicine (Baltimore). 2010   89(6) 403-425   2010年
Ataxia-telangiectasia in a patient presenting with hyper-immunoglobulin M syndrome.
Aghamohammadi A, Imai K, Moazzami K, Abolhassani H, Tabatabaeiyan M, Parvaneh N, Nasiri Kalmarzi R, Nakagawa N, Oshima K, Ohara O, Nonoyama S, Rezaei N.
J Investig Allergol Clin Immunol. 2010   20(5) 442-445   2010年
Chida A, Matsumoto H, Asano T, Nonoyama S.
Acta Paediatr. 2010   99(12) 1759-1760   2010年
Matsumoto H, Kajiwara S, Ogura Y, Asano T, Horikawa R, Nonoyama S.
Acta Paediatr. 2010   99(2) 163-4   2010年
Hashii Y, Yoshida H, Kuroda S, Kusuki S, Sato E, Tokimasa S, Ohta H, Matsubara Y, Kinoshita S, Nakagawa N, Imai K, Nonoyama S, Oshima K, Ohara O, Ozono K.
Pediatr Transplant. 2010   14(8) E105-109   2010年
Tsuboi S, Takada H, Hara T, Mochizuki N, Funyu T, Saitoh H, Terayama Y, Yamaya K, Ohyama C, Nonoyama S, Ochs HD.
J Biol Chem.   284(13) 8548-8556   2009年
Uchisaka N, Takahashi N, Sato M, Kikuchi A, Mochizuki S, Imai K, Nonoyama S, Ohara O, Watanabe F, Mizutani S, Hanada R, Morio T.
J Pediatr.   155(3) 435-8   2009年

Misc

 
野々山 恵章
検査と技術   46(4) 436-439   2018年4月
<文献概要>はじめに 原発性免疫不全では,免疫グロブリンサブクラスが低下し,易感染性を呈することがある.ここでは,免疫グロブリン(immunoglobulin:Ig)(抗体)について解説し,IgGサブクラス測定の意義,IgGサブクラス欠損症,IgA欠損症について述べる.
経過中に関節症状が出現した川崎病の8例
西村 直人, 川村 陽一, 金井 貴志, 辻田 由喜, 吉田 裕輔, 野村 智章, 竹下 誠一郎, 野々山 恵章
小児科臨床   71(4) 529-534   2018年4月
経過中に関節症状が出現した川崎病8例の臨床的特徴を検討した。2013年1月から2017年3月の間に川崎病で当科に入院した195例のなかで、関節症状が出現した症例は8例(男児6例、女児2例、2〜9歳)であり、いずれも治療不応予測のリスクスコアが高値であった。全例が初回の免疫グロブリン投与(IVIG)に反応せず、追加IVIG、さらにはその後のステロイド投与を要した。回復期のステロイド漸減中に関節症状が出現し、いずれもステロイドを増量することで関節症状は消失した。3rd lineの追加治療を要し...
【小児の治療指針】 免疫・アレルギー 原発性免疫不全症 複合免疫不全症、抗体産生不全症、免疫不全を伴う特徴的な症候群、補体欠損症
野々山 恵章
小児科診療   81(増刊) 222-227   2018年4月
感染を契機に呼吸障害を認めた肺動脈スリングの2例
森田 真義, 川村 陽一, 野口 崇宏, 岸本 健寛, 中村 康子, 座波 清誉, 松本 浩, 野々山 恵章
防衛医科大学校雑誌   43(1) 23-28   2018年3月
感染症罹患後に喘鳴が出現し、その後呼吸障害を認めた肺動脈スリングの2例を経験した。症例1は7ヵ月の男児。入院6日前から上気道炎症状が出現し、その後の経過で喘鳴、低酸素血症が顕在化したため、他院で気管挿管された後、当院に入院した。急性呼吸窮迫症候群と診断され、人工呼吸器装着を含めた全身管理を行った。呼吸管理に難渋したものの、気管内吸引や体位ドレナージを併用し、第18病日に抜管できた。症例2は5ヵ月の女児。出生後から卵円孔開存症、左上大静脈遺残の診断で定期フォロー中であった。入院当日の朝から喘...
重症複合免疫不全症及び毛細血管拡張性運動失調症の迅速遺伝子診断
小倉 友美, 加藤 環, Rawat Amit, 釜江 智佳子, 今井 耕輔, 野々山 恵章
日本小児科学会雑誌   122(2) 254-254   2018年2月
急性散在性脳脊髄炎(ADEM)および類縁疾患の診断過程についての検討
西村 直人, 松本 浩, 植松 賢司, 中村 康子, 座波 清誉, 野々山 恵章
日本小児科学会雑誌   122(2) 314-314   2018年2月
好中球/リンパ球比、血小板/リンパ球比によるIVIG不応の予測に関する多施設共同研究
金井 貴志, 竹下 誠一郎, 川村 陽一, 木下 恵司, 中谷 圭吾, 岩島 覚, 瀧沢 裕司, 廣野 恵一, 森 一越, 吉田 裕輔, 野々山 恵章
日本小児科学会雑誌   122(2) 326-326   2018年2月
好中球細胞外トラップ(NETs)の川崎病の病態への関与
吉田 裕輔, 竹下 誠一郎, 川村 陽一, 金井 貴志, 辻田 由喜, 野々山 恵章
日本小児科学会雑誌   122(2) 328-328   2018年2月
全身性エリテマトーデス患者における好酸球性腹水
本田 護, 浅野 貴子, 高城 大治, 高田 幸成, 中村 麻里, 關中 佳奈子, 若松 太, 野々山 恵章
日本小児科学会雑誌   122(2) 363-363   2018年2月
EB virusを先行感染とし、意識障害、呼吸不全を呈した重症Guillain-Barre症候群の1例
横山 光紀, 松本 浩, 酒井 祐貴, 東原 拓也, 座波 清誉, 茂木 陽, 野々山 恵章
日本小児科学会雑誌   122(2) 429-429   2018年2月
マイコプラズマ感染症に急性脳症を合併した2例
座波 清誉, 松本 浩, 立石 昇一郎, 本田 護, 植松 賢司, 谷内江 昭宏, 野々山 恵章
日本小児科学会雑誌   122(2) 513-513   2018年2月
酵素補充療法・シャペロン療法を行ったゴーシェ病2型の1例(Enzyme replacement & chaperone therapy for Gaucher disease type2: a case report)
高城 大治, 松本 浩, 中村 麻里, 野口 崇宏, 吉田 裕輔, 足立 香織, 難波 栄二, 野々山 恵章
日本小児科学会雑誌   122(2) 518-518   2018年2月
人工呼吸器を装着し在宅医療へ移行した小児の3例
高梨 愛佳, 松本 浩, 中村 麻里, 横山 光紀, 野口 崇宏, 本田 護, 座波 清誉, 野々山 恵章
日本小児科学会雑誌   122(2) 527-527   2018年2月
15歳時、口腔外科受診を機に診断に至ったChediak-Higashi syndromeの1例
中村 康子, 小倉 友美, 上村 泰弘, 辻 忠孝, 佐藤 泰司, 山内 明, 小原 收, 野々山 恵章
日本小児科学会雑誌   122(2) 536-536   2018年2月
【臨床検査の最前線-将来の検査を展望する】 膠原病・アレルギー IgGサブクラス検査 IgG2、IgG3
野々山 恵章
医学のあゆみ   263(13) 1191-1195   2017年12月
IgGサブクラス検査はIgG2欠損症、IgG3欠損症などの原発性免疫不全症を疑う場合に測定する。疑う場合とは、細菌感染、とくに肺炎球菌やインフルエンザ桿菌に対して易感染性を呈し、中耳炎、気管支炎、肺炎を繰り返す、重症化する、抗生剤治療に対する反応が不良である場合である。IgGサブクラス欠損症では、総IgGが低下しないこともあり、また、小児期は生理的に低く年齢ごとに正常値があるため、診断には注意が必要である。(著者抄録)
急性心筋炎の1例 過去に当院で経験した4例との比較検討
岸本 健寛, 川村 陽一, 金井 貴志, 西村 直人, 濱本 学, 野々山 恵章
防衛医科大学校雑誌   42(4) 170-174   2017年12月
症例は12歳の男児。発熱と嘔吐を主訴に近医を受診し、胃腸炎と診断された。その後、呼吸困難と短時間の意識消失を認めたため、当科に入院した。入院時、発熱は認めなかったものの、多呼吸、低酸素血症を認めた他、胸部でcoarse crackleを聴取し、さらに肝を2cm触知した。胸部レントゲンでは右肺優位に透過性の低下を認め、CTでは胸水貯留を認めた。血液検査ではCRPの上昇に加え、トランスアミナーゼの著明な上昇を認めた。当初は呼吸器感染症を想定して治療を開始したが、症状は改善しなかった。入院翌日に...
体重増加不良で紹介され、先天性腎尿路異常による腎不全、尿路性敗血症、ショック状態であった1ヵ月児例
田村 義輝, 茂木 陽, 浅野 貴子, 佐藤 朋子, 野口 崇宏, 東原 拓也, 本田 護, 座波 清誉, 松本 浩, 若松 太, 野々山 恵章
小児科臨床   70(11) 1703-1708   2017年11月
小児一般臨床において、新生児期・乳児期の体重増加不良を診察する機会は多い。体重増加不良の原因は、育児過誤などによる摂取量不足から先天異常など多岐にわたる。そのなかには、重篤な病態のために、診察時に緊急対応を要する症例も存在する。今回、体重増加不良として外来で経過観察されていた乳児で、尿路性敗血症を契機にショックとなった両側異・低形成腎を含む先天性腎尿路異常の1例を経験した。著明な電解質異常、急性腎不全、続発性偽性低アルドステロン症を伴っていたが、早急な治療により救命できた。体重増加不良の原...
弛張熱、白血球増加の精査中に中枢神経症状が顕在化し、急性散在性脳脊髄炎と診断した1例
西村 直人, 松本 浩, 植松 賢司, 濱本 学, 座波 清誉, 茂木 陽, 野々山 恵章
小児科臨床   70(9) 1419-1424   2017年9月
症例は3歳男児。発熱および意識障害のため入院した。入院3週間前から頭痛があり、入院1週間前から発熱を伴っていた。入院時に末梢血白血球数および髄液細胞数の増加を認め、脳MRIで右頭頂葉白質に淡いT2高信号領域を認めた。髄膜炎と診断し抗菌薬、ステロイド、acyclovirの投与を開始したところ、意識障害は改善したが、弛張熱と白血球増加(12,100〜48,200/μL)が持続した。入院14日目に構音障害、下顎の振戦、足間代などの中枢神経症状が出現し、脳MRIで脳幹部、基底核、大脳白質にT2高信...
頸部リンパ節腫脹が先行し、造影CTによる咽頭後壁の浮腫を診断の参考にしえた年長児川崎病の4例
高梨 愛佳, 川村 陽一, 金井 貴志, 辻田 由喜, 吉田 裕輔, 竹下 誠一郎, 野々山 恵章
防衛医科大学校雑誌   42(3) 130-135   2017年9月
近年、画像診断による咽頭後壁の浮腫様変化が川崎病の診断に有用であることが報告されている。我々は、発熱と頸部リンパ節腫脹のみが先行し、頸部造影CTで咽頭後壁の変化を確認した後に川崎病と診断しえた年長児4例を経験した。症例は7歳から11歳の男児3例と女児1例で、いずれも頸部リンパ節炎の診断で紹介された。入院時の症状は発熱と頸部リンパ節腫脹で、1例で肝機能障害および低ナトリウム血症を認め、1例は溶連菌の迅速検査が陽性であった。4例とも頸部CTで咽頭後壁に造影効果のない低吸収域を認めたことから、川...
重症貧血で輸血を要した新生児-乳児消化管アレルギーの1例
横山 光紀, 茂木 陽, 浅野 貴子, 松本 浩, 若松 太, 野々山 恵章
防衛医科大学校雑誌   42(3) 141-145   2017年9月
新生児-乳児消化管アレルギーは、乳児期にミルクなどの食物抗原が関与する消化管疾患である。我々は、新生児-乳児消化管アレルギーで、血便の急激な増悪により重症貧血をきたし、輸血を要した1例を経験したので報告する。症例は日齢8の女児、ミルク哺乳後の嘔吐・血便を主訴に来院された。便中好酸球陽性、末梢血好酸球増多があり、ミルクアレルギーが疑われた。禁乳及び補液によって症状は一旦改善したが、母乳を再開したところ血便が急性増悪し、急激に貧血が進行し、濃厚赤血球の輸注を要した。血便が再度の禁乳により消失し...
田中 麻須美, 川村 陽一, 野々山 恵章
小児科   58(7) 625-626   2017年7月
重度の気道合併症を持ちながら在宅医療へ移行した重症心身障害児の1例
中村 麻里, 松本 浩, 横山 光紀, 本田 護, 野口 宏崇, 橋本 逸美, 座波 清誉, 中村 康子, 茂木 陽, 野々山 恵章
脳と発達   49(4) 289-289   2017年7月
不登校女子にみられた多嚢胞性卵巣症候群の2例
萩原 秀俊, 茂木 陽, 小澤 綾子, 橋本 逸美, 鈴木 秀一, 野々山 恵章
日本小児科学会雑誌   121(6) 1054-1058   2017年6月
症例1(15歳女児)。体重過多と無月経を主訴に紹介となった。14歳時より不登校で、肥満、月経異常を認め、臨床症状・検査所見・MRI画像より多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)と診断された。症例2(14歳女児)。胸痛を主訴に近医を受診し、肥満と肝機能障害を指摘され、紹介となった。13歳時より不登校で、無月経、肥満を認めたことから、症例1と同様にPCOSと診断された。両症例とも運動療法や薬物療法を開始したが、現在通院が途絶えがちであり、受診を促している状況である。
全身にウィルス性疣贅、及び軟属腫が多発した分類不能型免疫不全症
吉井 優太, 石川 貴裕, 渡部 梨沙, 西澤 綾, 佐藤 貴浩, 關中 佳奈子, 野々山 恵章
日本皮膚科学会雑誌   127(6) 1378-1378   2017年5月
溶連菌感染後糸球体腎炎を合併した免疫性血小板減少性紫斑病の6歳男児例
釜江 智佳子, 浅野 貴子, 山本 かずな, 野村 智章, 金井 貴志, 中川 紀子, 滝沢 真理, 川口 裕之, 野々山 恵章, 黒木 康富
日本小児腎臓病学会雑誌   30(1Suppl.) 209-209   2017年5月
川崎病罹患を契機に診断された自己免疫性好中球減少症の1例
廣瀬 文, 川村 陽一, 金井 貴志, 辻田 由喜, 岸本 健寛, 川口 裕之, 竹下 誠一郎, 野々山 恵章
防衛医科大学校雑誌   42(1) 34-38   2017年3月
川崎病急性期の白血球数や好中球数は増加を示す症例が大多数を占め、好中球減少を認めることは少ない。我々は、川崎病で入院中に好中球減少に気づかれ、後に自己免疫性好中球減少症と診断した1例を経験したので報告する。症例は1歳1ヵ月の女児。入院時、発熱は6日目で、川崎病の主要症状を6項目すべて満たした他、BCG接種部位の発赤も認めた。入院時の血液検査では好中球が156/μlと減少していた他、CRPが2.9mg/dlと上昇していた。川崎病の診断でアスピリン内服、ウリナスタチン静注、免疫グロブリン2g/...
虫垂炎を合併した川崎病の1例
田中 麻須美[安部], 川村 陽一, 金井 貴志, 辻田 由喜, 吉田 裕輔, 竹下 誠一郎, 野々山 恵章
小児科臨床   70(2) 253-258   2017年2月
症例は5歳の男児。入院7日前から発熱、嘔吐、腹痛を認め、近医で虫垂炎を疑われたため当科に入院した。入院時、右下腹部の圧痛に加え、川崎病の主要症状5項目を認めた。腹部CTで虫垂末端を主体とした壁肥厚を認めたことから虫垂炎を合併した川崎病と診断し、抗菌薬の投与に加えてアセチルサリチル酸内服、ウリナスタチン静注、免疫グロブリン投与を併用した。その結果、入院3日目から解熱し、腹部症状も消失した。外科治療を回避できたうえ、心エコー検査では冠動脈病変を認めなかった。虫垂炎を合併した川崎病の報告例では、...
イオントランスポーターSLC12A5の両アレル変異によるMPSIの同胞例
松本 浩, 湯浅 正太, 須貝 研司, 鈴木 秀一, 座波 清誉, 中村 康子, 野々山 恵章
日本小児科学会雑誌   121(2) 255-255   2017年2月
DNM1L変異によるLeigh症候群および早期乳児てんかん性脳症の症例
座波 清誉, 松本 浩, 本田 涼, 中村 康子, 野々山 恵章, 伊藤 雅之, 大竹 明, 村山 圭
日本小児科学会雑誌   121(2) 255-255   2017年2月
IL2RG遺伝子のsynonymous変異によりスプライス異常をきたした非典型γc欠損症
若月 良介, 今井 耕輔, 加藤 環, 山西 愼吾, 真弓 暢子, 田中 真百合, 山下 基, 金兼 弘和, 野々山 恵章, 森尾 友宏
日本小児科学会雑誌   121(2) 275-275   2017年2月
川崎病のIVIG不応予測因子としての好中球 リンパ球比と血小板 リンパ球比の有用性
川村 陽一, 金井 貴志, 辻田 由喜, 吉田 裕輔, 竹下 誠一郎, 野々山 恵章
日本小児科学会雑誌   121(2) 280-280   2017年2月
ハイドロキシウレアにより良好にコントロールされている鎌状赤血球症の14歳女児(A case of severe sickle cell disease(SCD) favorably controlled with hydroxyurea)
川口 裕之, 小倉 友美, 關中 佳奈子, 關中 悠仁, 野々山 恵章
日本小児科学会雑誌   121(2) 371-371   2017年2月
出生前から機能不全家庭となることが懸念された事例の検討
川口 裕之, 野々山 恵章
日本小児科学会雑誌   121(2) 384-384   2017年2月
けいれん重積型急性脳症(AESD)の回復期に驚愕てんかんを合併した1例
座波 清誉, 松本 浩, 岸本 健寛, 中村 康子, 茂木 陽, 野々山 恵章
脳と発達   49(1) 58-58   2017年1月
フェニトイン内服中,成人期に低力ルシウム血症をきたした22qll欠失症の1例
堀内 有香, 茂木 太一, 座波 清誉, 野々山 恵章, 角田 智哉, 吉野 相英
精神神経学雑誌   118(12) 944-944   2016年12月
感染を契機に発見された乳児一過性低γグロブリン血症の2例
藤田 基資, 金井 貴志, 釜江 智佳子, 西村 直人, 野村 智章, 中川 紀子, 滝沢 真理, 吉田 裕輔, 中村 康子, 野々山 恵章, 黒木 康富
防衛衛生   64(別冊) 49-49   2016年12月
先天性涙嚢ヘルニアに涙嚢炎を合併した新生児の1例
高田 幸成, 若松 太, 中村 麻里, 野口 崇宏, 川口 裕之, 野々山 恵章
防衛衛生   64(別冊) 49-49   2016年12月
IPEX症候群に骨髄異形成症候群を合併した15歳男児例(IPEX syndrome complicated by myelodysplastic syndrome in a 15-year-old boy)
外山 大輔, 山本 将平, 藤田 祥央, 小金澤 征也, 秋山 康介, 星野 顕宏, 吉田 健一, 満生 紀子, 白石 友一, 千葉 健一, 田中 洋子, 宮野 悟, 小原 収, 高木 正稔, 今井 耕輔, 金兼 弘和, 小川 誠司, 野々山 恵章, 森尾 友宏, 磯山 恵一
日本小児血液・がん学会雑誌   53(4) 232-232   2016年11月
風疹ウイルスワクチン株の持続感染を契機に診断したLIG4欠損症に対し、非血縁者間骨髄移植を施行した一例
松本 和明, 西村 聡, 星野 顕宏, 田中 真理, 山下 基, 下村 真毅, 北澤 宏展, 渡邉 健一郎, 森 嘉生, 加藤 環, 野々山 恵章, 小田 紘嗣, 小原 收, 満生 紀子, 柳町 昌克, 梶原 道子, 今井 耕輔, 高木 正稔, 金兼 弘和, 森尾 友宏
日本小児血液・がん学会雑誌   53(4) 249-249   2016年11月
同種骨髄移植後にCD4-CD8-double-negative T細胞が著増したWHIM症候群(Marked increase of CD4-CD8- double-negative T cell in a patient with WHIM syndrome after allogeneic bone marrow transplantation)
川原 勇太, 和田 聖哉, 翁 由紀子, 早瀬 朋美, 加藤 環, 座波 清誉, 野々山 恵章, 森本 哲
日本小児血液・がん学会雑誌   53(4) 286-286   2016年11月
IKZF1体細胞変異による造血異常と自己免疫疾患(Abnormal hematopoiesis and autoimmunity in humans with germline IKZF1 mutations)
星野 顕宏, 岡田 賢, 吉田 健一, 奥野 友介, 津村 弥来, 西村 志帆, 坂田 園子, 高木 正稔, 今井 耕輔, 白石 友一, 千葉 健一, 田中 洋子, 宮野 悟, 小川 誠司, 小島 勢二, 野々山 恵章, 森尾 友宏, 金兼 弘和
日本小児血液・がん学会雑誌   53(4) 286-286   2016年11月
ヒトパレコウイルス(HPeV)感染症の4例
萩原 秀俊, 松本 浩, 橋本 逸美, 藤田 基資, 野村 智章, 田村 義輝, 茂木 陽, 若松 太, 川口 裕之, 野々山 恵章
日本小児科学会雑誌   120(10) 1514-1514   2016年10月
新生児Marfan症候群が疑われた1例
田村 義輝, 川村 陽一, 若松 太, 川口 裕之, 野々山 恵章
日本小児科学会雑誌   120(10) 1516-1516   2016年10月
最近4年間に経験した小児特発性ネフローゼ症候群19例の検討
墳本 陽子, 浅野 貴子, 山本 かずな, 榊原 菜々, 釜江 智佳子, 松本 浩, 若松 太, 石倉 健司, 幡谷 浩史, 野々山 恵章
日本小児科学会雑誌   120(10) 1517-1517   2016年10月
肺炎球菌1型による肺膿瘍の1例
吉井 公浩, 浅野 貴子, 立石 昇一朗, 植松 賢司, 田村 義輝, 吉田 裕輔, 川村 陽一, 若松 太, 野々山 恵章
日本小児科学会雑誌   120(10) 1522-1522   2016年10月
発熱精査中に急性散在性脳脊髄炎(ADEM)と診断した1例
西村 直人, 松本 浩, 植松 賢司, 濱本 学, 座波 清誉, 茂木 陽, 野々山 恵章
日本小児科学会雑誌   120(10) 1527-1527   2016年10月
IV型コラーゲン染色の追加によりAlport症候群と診断しえた非IgAメサンギウム増殖性腎炎の1例
岡本 朋子, 浅野 貴子, 橋本 逸美, 濱本 学, 若松 太, 野々山 恵章
日本小児科学会雑誌   120(10) 1529-1529   2016年10月
けいれん重積型急性脳症(AESD:acute encephalopathy with biphasic seizures and late reduced diffusion)の回復期に驚愕てんかんを合併した1例
岸本 健寛, 西本 彬乃, 松本 浩, 座波 清誉, 茂木 陽, 野々山 恵章
日本小児科学会雑誌   120(10) 1530-1530   2016年10月
特発性間質性肺炎の1例
橋本 逸美, 西本 彬乃, 濱本 学, 吉田 裕輔, 浅野 貴子, 若松 太, 野々山 恵章
日本小児科学会雑誌   120(10) 1533-1533   2016年10月
大脳白質障害を認めた新生児ヒトパレコウイルス感染症の2例
萩原 秀俊, 松本 浩, 橋本 逸美, 藤田 基資, 野村 智章, 田村 義輝, 茂木 陽, 若松 太, 川口 裕之, 相澤 悠太, 齋藤 昭彦, 野々山 恵章
日本小児科学会雑誌   120(7) 1087-1093   2016年7月
症例1(在胎37週0日に出生した2590gの男児)。日齢7より哺乳時にチアノーゼが認め近医を受診、体重増加不良、無呼吸発作を指摘され、日齢10に著者らの施設へ紹介となった。症例2(在胎40週0日に出生した2935gの男児)。日齢29に発熱、意識レベル低下、四肢振戦を認めるようになり、日齢30に前医を受診、細菌性髄膜炎を疑われ、入院加療を受けるも無呼吸が出現したため、日齢31に著者らの施設へ転院となった。両症例とも新生児敗血症様症状で発症し、血清AST、LDH、フェリチン、sIL-2Rの上昇...
扁摘パルス療法が有効であった紫斑病性腎炎の1例
釜江 智佳子, 浅野 貴子, 森野 正明, 若松 太, 野々山 恵章
日本小児腎臓病学会雑誌   29(1Suppl.) 148-148   2016年6月
非定型慢性骨髄性白血病の小児例
本田 護, 關中 悠仁, 關中 佳奈子[三井], 小倉 友美, 嶋田 博之, 野々山 恵章, 川口 裕之
臨床血液   57(6) 777-777   2016年6月
新生児喉頭蓋谷嚢胞の1例
安部 麻須美, 川村 陽一, 鈴木 秀一, 濱本 学, 田村 信介, 若松 太, 川口 裕之, 野々山 恵章
防衛医科大学校雑誌   41(2) 91-95   2016年6月
喉頭蓋谷嚢胞は上気道の閉塞の原因となる、比較的稀な疾患である。今回われわれは、哺乳時のチアノーゼを契機に診断された喉頭蓋谷嚢胞の1例を経験した。症例は院内出生の男児で、在胎37週2日に体重2,266g、頭位経腟分娩で出生した。低出生体重児であった以外には異常所見を認めず、経過中に哺乳が緩慢で体重増加不良を認めたものの、日齢5に施行された血液検査や超音波検査では異常を認めなかった。ただし、体重増加の推移を確認する目的で経過観察していたところ、日齢13の哺乳中に突然、全身のチアノーゼが出現した...
小児期発症肺動脈性肺高血圧症における遺伝子異常
千田 礼子, 新谷 正樹, 野々山 恵章, 中西 敏雄
呼吸と循環   64(5) S8-S8   2016年5月
【小児の症候群】 感染・免疫・アレルギー Wiskott-Aldrich症候群
野々山 恵章
小児科診療   79(増刊) 347-347   2016年4月
【免疫症候群(第2版)-その他の免疫疾患を含めて-】 原発性免疫不全症候群 原発性免疫不全症候群 総論
野々山 恵章
日本臨床   別冊(免疫症候群III) 7-15   2016年3月
【免疫症候群(第2版)-その他の免疫疾患を含めて-】 原発性免疫不全症候群 複合免疫不全症 SCIDよりも軽症な複合免疫不全症 CD40リガンド欠損症(immunodeficiency with hyper IgM type 1(HIGM1))
関中 佳奈子, 野々山 恵章
日本臨床   別冊(免疫症候群III) 80-82   2016年3月
【免疫症候群(第2版)-その他の免疫疾患を含めて-】 原発性免疫不全症候群 複合免疫不全症 SCIDよりも軽症な複合免疫不全症 CD40欠損症(immunodeficiency with hyper IgM type 3(HIGM3))
関中 佳奈子, 野々山 恵章
日本臨床   別冊(免疫症候群III) 83-84   2016年3月
【免疫症候群(第2版)-その他の免疫疾患を含めて-】 原発性免疫不全症候群 複合免疫不全症 SCIDよりも軽症な複合免疫不全症 ICOS欠損症
加藤 環, 野々山 恵章
日本臨床   別冊(免疫症候群III) 85-86   2016年3月
【免疫症候群(第2版)-その他の免疫疾患を含めて-】 原発性免疫不全症候群 免疫不全を伴う特徴的な症候群 DNA修復障害(2.複合免疫不全症に記載されたもの以外) 免疫不全 動原体不安定性 顔面奇形症候群(ICF1症候群)
加藤 環, 野々山 恵章
日本臨床   別冊(免疫症候群III) 203-204   2016年3月
【免疫症候群(第2版)-その他の免疫疾患を含めて-】 原発性免疫不全症候群 免疫不全を伴う特徴的な症候群 DNA修復障害(2.複合免疫不全症に記載されたもの以外) 免疫不全-動原体不安定性-顔面奇形症候群(ICF2症候群)
加藤 環, 野々山 恵章
日本臨床   別冊(免疫症候群III) 205-206   2016年3月
【免疫症候群(第2版)-その他の免疫疾患を含めて-】 原発性免疫不全症候群 免疫不全を伴う特徴的な症候群 DNA修復障害(2.複合免疫不全症に記載されたもの以外) PMS2欠損症
關中 悠仁, 野々山 恵章
日本臨床   別冊(免疫症候群III) 207-208   2016年3月
【免疫症候群(第2版)-その他の免疫疾患を含めて-】 原発性免疫不全症候群 免疫不全を伴う特徴的な症候群 DNA修復障害(2.複合免疫不全症に記載されたもの以外) RNF168欠損症(RIDDLE症候群)
小倉 友美, 野々山 恵章
日本臨床   別冊(免疫症候群III) 209-211   2016年3月
【免疫症候群(第2版)-その他の免疫疾患を含めて-】 原発性免疫不全症候群 免疫不全を伴う特徴的な症候群 DNA修復障害(2.複合免疫不全症に記載されたもの以外) DNA ligase 1欠損症
座波 清誉, 野々山 恵章
日本臨床   別冊(免疫症候群III) 213-215   2016年3月
【免疫症候群(第2版)-その他の免疫疾患を含めて-】 原発性免疫不全症候群 免疫不全を伴う特徴的な症候群 ORAI1欠損症(IMD9)
小倉 友美, 野々山 恵章
日本臨床   別冊(免疫症候群III) 283-285   2016年3月
【免疫症候群(第2版)-その他の免疫疾患を含めて-】 原発性免疫不全症候群 免疫不全を伴う特徴的な症候群 STIM1欠損症(IMD10)
小倉 友美, 野々山 恵章
日本臨床   別冊(免疫症候群III) 286-287   2016年3月
【免疫症候群(第2版)-その他の免疫疾患を含めて-】 原発性免疫不全症候群 免疫不全を伴う特徴的な症候群 STAT5B欠損症
吉田 裕輔, 野々山 恵章
日本臨床   別冊(免疫症候群III) 288-289   2016年3月
【免疫症候群(第2版)-その他の免疫疾患を含めて-】 原発性免疫不全症候群 免疫不全を伴う特徴的な症候群 免疫不全を伴う肝静脈閉塞性疾患
座波 清誉, 野々山 恵章
日本臨床   別冊(免疫症候群III) 290-291   2016年3月
【免疫症候群(第2版)-その他の免疫疾患を含めて-】 原発性免疫不全症候群 免疫不全を伴う特徴的な症候群 IKAROS欠損症
吉田 裕輔, 野々山 恵章
日本臨床   別冊(免疫症候群III) 292-293   2016年3月
【免疫症候群(第2版)-その他の免疫疾患を含めて-】 原発性免疫不全症候群 免疫不全を伴う特徴的な症候群 FILS症候群
座波 清誉, 野々山 恵章
日本臨床   別冊(免疫症候群III) 294-295   2016年3月
【免疫症候群(第2版)-その他の免疫疾患を含めて-】 原発性免疫不全症候群 免疫不全を伴う特徴的な症候群 複合免疫不全症合併多発腸閉塞症
田村 信介, 野々山 恵章
日本臨床   別冊(免疫症候群III) 296-298   2016年3月
【免疫症候群(第2版)-その他の免疫疾患を含めて-】 原発性免疫不全症候群 免疫不全を伴う特徴的な症候群 Vici症候群
田村 信介, 野々山 恵章
日本臨床   別冊(免疫症候群III) 299-300   2016年3月
【免疫症候群(第2版)-その他の免疫疾患を含めて-】 原発性免疫不全症候群 抗体産生不全症 IgM正常または高値とB細胞数正常を示す、血清IgGとIgAの著明な低下を示すもの AID欠損症(immunodeficiency with hyper IgM type 2(HIGM2))
関中 佳奈子, 野々山 恵章
日本臨床   別冊(免疫症候群III) 406-407   2016年3月
【免疫症候群(第2版)-その他の免疫疾患を含めて-】 原発性免疫不全症候群 抗体産生不全症 IgM正常または高値とB細胞数正常を示す、血清IgGとIgAの著明な低下を示すもの UNG欠損症(immunodeficiency with hyper IgM type 5(HIGM5))
関中 佳奈子, 野々山 恵章
日本臨床   別冊(免疫症候群III) 408-409   2016年3月
【免疫症候群(第2版)-その他の免疫疾患を含めて-】 原発性免疫不全症候群 抗体産生不全症 IgM正常または高値とB細胞数正常を示す、血清IgGとIgAの著明な低下を示すもの INO80欠損症
吉田 裕輔, 野々山 恵章
日本臨床   別冊(免疫症候群III) 410-411   2016年3月
【免疫症候群(第2版)-その他の免疫疾患を含めて-】 原発性免疫不全症候群 抗体産生不全症 IgM正常または高値とB細胞数正常を示す、血清IgGとIgAの著明な低下を示すもの MSH6欠損症
田村 信介, 野々山 恵章
日本臨床   別冊(免疫症候群III) 412-413   2016年3月
【免疫症候群(第2版)-その他の免疫疾患を含めて-】 原発性免疫不全症候群 先天性食細胞機能不全症及び欠損症 その他の障害 IRF8欠損症
關中 悠仁, 野々山 恵章
日本臨床   別冊(免疫症候群III) 658-659   2016年3月
【免疫症候群(第2版)-その他の免疫疾患を含めて-】 原発性免疫不全症候群 先天性食細胞機能不全症及び欠損症 その他の障害 GATA2欠損症
關中 悠仁, 野々山 恵章
日本臨床   別冊(免疫症候群III) 660-662   2016年3月
高血圧性脳症を合併しけいれん重積を示した溶連菌感染後急性糸球体腎炎の1例(A case of hypertensive encephalopathy presenting with severe status epilepticus following acute poststreptococcal glomerulonephritis)
森西 洋一, 松本 浩, 中川 紀子, 橋爪 浩臣, 小林 治, 田村 喜久子, 野々山 恵章
防衛医科大学校雑誌   41(1) 13-18   2016年3月
症例は、高血圧性脳症(HE)を合併した溶連菌感染後急性糸球体腎炎(APSGN)の12歳女児。頭痛、嘔吐の出現後けいれん重積となり入院した。けいれんに対し各種抗けいれん薬は無効であり、数時間後にチオペンタールによる鎮静および人工呼吸管理で完全に頓挫した。人工呼吸離脱後、けいれんは出現せず良好に意識回復したが、高血圧が再出現し、腎機能異常も認められた。頭部MRI検査では両側後頭葉から頭頂葉の皮質と両側小脳半球にT2強調画像で高信号域を認めたが、降圧剤内服による高血圧の改善とともに改善傾向を示し...
尿路感染症における下部尿路評価の重要性 後部尿道弁を見逃さないために
山本 かずな, 浅野 貴子, 榊原 菜々, 西村 直人, 青木 裕次郎, 板橋 淑裕, 松井 善一, 佐藤 裕之, 若松 太, 野々山 恵章
日本小児科学会雑誌   120(2) 241-241   2016年2月
デジタルPCRによるMRD解析を行った急性骨髄性白血病の2例
小倉 友美, 川口 裕之, 関中 佳奈子, 本田 護, 関中 悠仁, 磯部 清孝, 小山 千草, 荒川 ゆうき, 康 勝好, 野々山 恵章
日本小児科学会雑誌   120(2) 260-260   2016年2月
Splenic sequestrationが疑われた鎌状赤血球症とβサラセミアの複合ヘテロ変異の1例
本田 護, 小倉 友美, 関中 佳奈子, 関中 悠仁, 川口 裕之, 野々山 恵章
日本小児科学会雑誌   120(2) 263-263   2016年2月
成人期に精神病症状を示した22q11.2欠失症候群の2例
座波 清誉, 松本 浩, 吉田 裕輔, 小倉 友美, 關中 佳奈子, 關中 悠仁, 辻田 由喜, 田村 信介, 加藤 環, 野々山 恵章
日本小児科学会雑誌   120(2) 280-280   2016年2月
母体への精神疾患治療薬投与が新生児に与える影響についての検討
濱本 学, 浅野 貴子, 佐藤 弘樹, 若松 太, 野々山 恵章
日本小児科学会雑誌   120(2) 283-283   2016年2月
本邦におけるWHIM症候群5例の免疫学的検討
加藤 環, 今井 耕輔, 上田 耕一郎, 谷内 昇一郎, 川原 勇太, 森本 哲, 野々山 恵章
日本小児科学会雑誌   120(2) 291-291   2016年2月
Activated PI3Kδ syndromeにおけるB細胞でのAKTの過剰リン酸化についての検討
浅野 孝基, 岡田 賢, 津村 弥来, 小林 正夫, 葉 姿文, 今井 耕輔, 森尾 友宏, 関中 佳奈子, 辻田 由喜, 野々山 恵章
日本小児科学会雑誌   120(2) 292-292   2016年2月
水痘ワクチン接種後遠隔期に水痘帯状疱疹ウイルスによる中枢神経合併症を来した2例
岸本 健寛, 松本 浩, 野村 智章, 山本 かずな, 座波 清誉, 中村 康子, 茂木 陽, 野々山 恵章
日本小児科学会雑誌   120(2) 335-335   2016年2月
シェーグレン症候群とベーチェット病の合併が疑われた4歳男児例
橋本 逸美, 川村 陽一, 廣瀬 文, 岸本 健寛, 川口 裕之, 野々山 恵章
日本小児科学会雑誌   120(2) 402-402   2016年2月
Coxsackievirus A16感染後に急性脳腫脹型脳症の経過をとったAngelman症候群の1例
野口 崇宏, 松本 浩, 野村 智章, 岸本 健寛, 山本 かずな, 座波 清誉, 茂木 陽, 野々山 恵章
日本小児科学会雑誌   120(2) 436-436   2016年2月
経過中に関節症状が出現した川崎病の6例
川村 陽一, 金井 貴志, 辻田 由喜, 吉田 裕輔, 西村 直人, 竹下 誠一郎, 野々山 恵章
日本小児科学会雑誌   120(2) 465-465   2016年2月
ネパールにおける国際緊急援助医療援助隊に小児科医官として参加して
中村 麻里, 藤田 基資, 黒木 康富, 若松 太, 野々山 恵章
日本小児科学会雑誌   120(2) 466-466   2016年2月
青木 孝浩, 康 勝好, 川口 裕之, 久保田 泰央, 大山 亮, 森 麻希子, 荒川 ゆうき, 磯部 清孝, 野々山 恵章, 花田 良二
日本小児血液・がん学会雑誌   52(5) 440-443   2016年2月
ゲムツズマブオゾガマイシン(マイロターグ、以下GO)は、本邦において2005年にCD33陽性の再発・難治性急性骨髄性白血病(以下AML)に対して保険承認された。しかし、成人AMLに対しては用法・用量が定まっている一方で、小児AMLに対する用法・用量は定まっていない。我々はこれまでに寛解導入療法後に非寛解であった小児難治性AML4症例に対し、分割GO単剤療法(9mg/m23分割投与)を行い、4例中2例でGO投与後に完全寛解となった。分割GO単剤療法中にGrade 2のinfusion rea...
Genetics of Pulmonary Arterial Hypertension 小児期発症肺動脈性肺高血圧症における遺伝子異常
千田 礼子, 新谷 正樹, 野々山 恵章, 中西 敏雄
日本小児肺循環研究会プログラム・抄録集   22回 18-18   2016年2月
Bonilla FA, Barlan I, Chapel H, Costa-Carvalho BT, Cunningham-Rundles C, de la Morena MT, Espinosa-Rosales FJ, Hammarström L, Nonoyama S, Quinti I, Routes JM, Tang ML, Warnatz K
The journal of allergy and clinical immunology. In practice   4(1) 38-59   2016年1月   [査読有り]
LAMP法のARMS法併用SNPタイピングによる病原微生物とその薬剤耐性の検出
田村 信介, 前田 卓哉, 松本 浩, 川名 明彦, 野々山 恵章
防衛衛生   63(別冊) 42-42   2015年12月
水痘ワクチン接種後に帯状疱疹・髄膜炎を発症した1例
西本 彬乃, 岸本 健寛, 野村 智章, 山本 かずな, 座波 清誉, 茂木 陽, 松本 浩, 野々山 恵章
防衛衛生   63(別冊) 68-68   2015年12月
当科で経験した心筋炎症例に関する検討
岸本 健寛, 川村 陽一, 濱本 学, 西村 直人, 野々山 恵章
防衛衛生   63(別冊) 68-68   2015年12月
Late pre-term児におけるRDS・PPHN・両心不全の1例
野口 崇宏, 若松 太, 岡本 朋子, 本田 護, 岸本 健寛, 野々山 恵章
防衛衛生   63(別冊) 70-70   2015年12月
臨床検査アップデート IgG2、IgG3測定の意義
野々山 恵章
Modern Media   61(11) 327-329   2015年11月

書籍等出版物

 
小児科臨床ピクシス9 全訂新版 川崎病のすべて
野々山 恵章 (担当:共著, 範囲:急性期治療 ウリナスタチン療法p.105-108)
中山書店   2015年4月   
今日の診断指針 第7版
野々山 恵章 (担当:共著, 範囲:易感染性p.81-82)
医学書院   2015年3月   
カラー版 内科学
野々山 恵章 (担当:共著, 範囲:進行性の免疫不全を伴う特異な症候群p.1326-1327)
西村書店   2012年7月   
小児感染症学 改訂第2版
野々山 恵章 (担当:共著, 範囲:感染と生体防御(免疫)p.13-18)
診断と治療社   2011年7月   
病態のしくみがわかる免疫学
野々山 恵章 (担当:共著, 範囲:自然免疫と獲得免疫を担う白血球の概要p.9-12, 自然免疫と獲得免疫の捉え方 p.13-15, 胸腺内でのT細胞の分化 p.38-41, NKT細胞 p.42-51, 補体p.75-76, 肝臓 94-99, 循環器疾患p.187-189, 麻酔と免疫 231-233, 加齢と免疫 239-243, 運動と免疫 p.248-250)
医学書院   2010年10月   

講演・口頭発表等

 
先天性免疫不全症責任遺伝子の同定と機能解析
経済産業省産業技術総合研究所招待講演(つくば)   2001年   
原発性免疫不全症候群の病因・病態
第109回日本小児科学会(金沢)   2006年   
先天性免疫不全症候群—診断と治療の進歩、感染症から見たアプローチ
第36回日本小児感染症学会(東京)   2004年   
免疫不全症の診断の進め方、治療法の最近の動向
第39回日本小児感染症学会ミート・ザ・エキスパーツ(横浜)   2007年   
川崎病の免疫病態
第17回臨床免疫学会総会シンポジウム(東京)   1989年   

競争的資金等の研究課題

 
EAOH原因分子APTXのDNA二重鎖切断修復機能と免疫神経細胞分化障害の解明
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 野々山 恵章
GATA2欠損症由来iPS細胞を用いた新規分化因子の同定
日本医療研究開発機構(AMED): 難治性疾患実用化研究事業
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 野々山 恵章
原発性免疫不全症に対する造血幹細胞移植法の確立
日本医療研究開発機構(AMED): 免疫アレルギー疾患等実用化研究事業
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 高田 英俊
原発性免疫不全症候群の診断基準・重症度分類および診療ガイドラインの確立に関する研究
厚生労働省: 難治性疾患政策研究事業
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 野々山 恵章
自己炎症性疾患とその類縁疾患の診断基準、重症度分類、診療ガイドライン確立に関する研究
厚生労働省: 難治性疾患政策研究事業
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 平家 俊男
先天性免疫不全症由来iPS細胞を用いた新規免疫系細胞分化因子の同定
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究B)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 野々山 恵章
国際共同治験に基づく小児稀少難病に対する遺伝子・細胞治療の実施とその支援体制の整備
厚生労働省: 成育疾患克服等総合研究事業
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 小野寺 雅史
今後の小児慢性特定疾患治療研究事業のあり方に関する研究
厚生労働省: 成育疾患克服等次世代育成基盤研究
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 横谷 進
原発性免疫不全症候群の病態解明と新規治療法開発への応用に関する研究
厚生労働省: 難治性疾患実用化研究事業
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 野々山 恵章
自己炎症性疾患の治療標的分子の同定および薬剤開発基盤の整備
厚生労働省: 難治性疾患実用化研究事業
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 平家 俊男
原発性免疫不全症に対する造血幹細胞移植法の確立
厚生労働省: 免疫アレルギー疾患等実用化研究事業
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 野々山 恵章
ICF症候群のB細胞最終分化障害に関わる遺伝子の同定と機能解析
文部科学省: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 野々山 恵章
国際共同治験に基づく小児稀少難病に対する遺伝子・細胞治療の実施とその支援体制の整備
厚生労働省: 成育疾患克服等次世代育成基盤研究
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 小野寺 雅史
原発性免疫不全症に対する造血幹細胞移植法の確立
厚生労働省: 難治性疾患等克服研究事業
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 野々山 恵章
血液免疫系細胞分化障害による疾患の診断と治療に関する調査研究
厚生労働省: 難治性疾患等克服研究事業
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 野々山 恵章
自己炎症疾患とその類縁疾患に対する新規診療基盤の確立
厚生労働省: 難治性疾患等克服研究事業
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 平家 俊男
原発性免疫不全症候群患者支援団体による患者レジストリの構築を通した研究支援体制の構築に関わる研究
厚生労働省: 難治性疾患等克服研究事業
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 今井 耕輔
原発性免疫不全症候群に関する調査研究
厚生労働省: 難治性疾患等克服研究事業
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 原 寿郎
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 野々山恵章
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 野々山恵章