基本情報

所属
山形大学 工学部 機械システム工学科 教授、理事特別補佐(研究支援)、工学部長特別補佐(研究) (ライフ・3Dプリンタ創成センター(LPIC)長)
学位
博士(理学)(1996年3月 東京工業大学)

J-GLOBAL ID
200901034091490692
researchmap会員ID
1000203887

外部リンク

古川ヒデミツ【知的やわらかものづくり科学研究⇔面白デジタル工場『コンビファブ』開発】
Soft & Wet matter Engineering Lab (SWEL) 教授/博士(理学)(東工大・物理1996)


フード・メディカル・ゲルの3D/4Dプリンティング、やわらかモビリティ、ソフトマターロボティクスの社会実装を狙う機械工学者✕高分子科学者。ソフトマター(高分子ゲル・ゴム・プラスチック・食品)やハイブリッド材料の3Dデジタル製造を強化する研究、先端技術を社会実装する研究、3Dプリンターを教育に活かす研究で、高付加価値と持続性の創造をローカルからグローバルに展開します。

1968年東京大田区生まれ。都立小山台、埼玉大を経て、1996年に東工大学物理学専攻博士課程修了、博士(理学)。東工大助手、農工大助手、北大准教授を経て、2009年4月山形大学准教授に着任し、「ソフト&ウェットマター工学研究室SWEL」( https://swel.yz.yamagata-u.ac.jp/wp/ )を設立、代表に就任。2012年教授に昇任。

2015年9月「高分子未来塾」( http://spsj.or.jp/mirai/ )を公開、塾長に就任。2017年11月 大学発ベンチャー「株式会社ディライトマター」を共同設立( http://d-lightmatter.com/ )、特別技術アドバイザーに就任。2018年4月「やわらか3D共創コンソーシアム」を設立、会長に就任( https://soft3d-c.jp/ )。日米先端工学(JAFOE)シンポジウム2018、2020 共同運営委員長( https://www.eaj.or.jp/?p=4891 )。

2018年より工学部長特別補佐(研究)、2020年より理事特別補佐(研究支援)、現在に至る。Twitterでは「古川ヒデミツ(@gelmitsu)」で発信中( https://twitter.com/gelmitsu )。


山形大学「やわらか3D共創コンソーシアム」紹介動画

 

学歴
1991年3月 埼玉大学 理学部 物理学科卒業
1996年3月 東京工業大学大学院 理工学研究科 物理学専攻 博士課程修了


学位

1996年3月 東京工業大学 博士(理学)
 博士論文「顕微光子相関分光による高分子ゲルの静的および動的揺らぎの研究


職歴

1996年4月 東京工業大学 工学部 高分子工学科 助手に着任
2002年4月 東京農工大学 工学部 有機材料化学科 助手に着任
2004年4月 北海道大学大学院 理学研究科 生命科学専攻 助教授に着任
2009年4月 山形大学大学院 理工学研究科 機械システム工学専攻 准教授に着任
     ソフト&ウェットマター工学研究室(SWEL)を発足、研究室代表に就任
2012年4月 山形大学大学院 理工学研究科 教授に昇任
2013年6月 ライフ・3Dプリンタ創成センター(LPIC)を発足、センター長に就任
2014年2月-2016年12月 「米沢いただきます研究会」を発足。研究会代表に就任
2014年8月-2019年3月 米沢駅2Fに「駅ファブ」を設置。運営代表に就任
2016年11月 大学発ベンチャー 株式会社ディライトマター を共同設立、特別技術アドバイザーに就任
2017年3月 ソフトマターロボティクスコンソーシアムを設立、会長に就任
2018年4月 やわらか3D共創コンソーシアムを設立、会長に就任

 

主な受賞
2010年9月 M&M 若手研究者のための国際シンポジウム (日本機械学会) 優秀講演表彰
2010年12月 平成22年度 科学計測振興会賞 (科学計測振興会)
2013年12月 ナイスステップな研究者2013 (文部科学省 科学技術・学術政策研究所)
2016年5月 日本機械学会機械材料・材料加工部門 部門賞(業績賞)
2016年6月 日米工学アカデミー ベスト・スピーカー・アワード

 

主な研究プロジェクト
2017年4月~2021年度 科学研究費 基盤研究(A)研究代表
「機械学習するゲルロボ・自律型3Dゲルプリンター&スキャナーシステムの開発」
( https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-17H01224/

2018年10月~2022年度 JST OPERA オープンイノベーション機構連携型 研究領域 領域統括
「マテリアル×プロセスイノベーションによる革新的ソフト3D界面の創製とやわらかものづくり革命への展開」
https://cnvfab.yz.yamagata-u.ac.jp/ )(略称 コンビファブ CNVFAB)

2018年年度~2022年度「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第 2 期フィジカル空間デジタルデータ処理基盤」事業
(課題名:CPS 構築のためのセンサリッチ柔軟エンドエフェクタシステム開発と実用化 研究代表者:立命館大学 川村貞夫先生)( http://www.ritsumei.ac.jp/~kawamura/sip/ )
 山形大学からの参画における研究代表

2020年4月〜2022年3月 日本未来科学館 研究エリア 研究代表
「知的やわらかものづくり革命」プロジェクト
( https://www.miraikan.jst.go.jp/research/facilities/SmartSoftManufacturing/

2020年11月~ ムーンショット型農林水産研究開発事業 グループ研究代表
「フードロス削減とQoL向上を同時に実現する革新的な食ソリューションの開発」(PD:筑波大学 中嶋光敏先生)
( https://www.ai-chef-printing.jp/
 ※ムーンショット目標5「2050年までに、未利用の生物機能等のフル活用により、地球規模でムリ・ムダのない持続的な食料供給産業を創出」の達成に向けて、3D-AIシェフマシン(AI活用の次世代3Dフードプリンター)の開発を担当


委員歴

  21

論文

  265

MISC

  293

書籍等出版物

  51

講演・口頭発表等

  818

Works(作品等)

  20

共同研究・競争的資金等の研究課題

  27

産業財産権

  32

社会貢献活動

  14

メディア報道

  218