金澤 昭彦

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/29 18:35
 
アバター
研究者氏名
金澤 昭彦
 
カナザワ アキヒコ
URL
http://www.risys.gl.tcu.ac.jp/Main.php?action=profile&type=detail&tchCd=5001798
所属
東京都市大学
部署
工学部 エネルギー化学科
学位
博士(工学)(東京工業大学)
その他の所属
大学院総合理工学研究科 電気・化学専攻 エネルギー化学領域

研究分野

 
 

経歴

 
2009年
 - 
現在
東京都市大学工学部エネルギー化学科 教授
 
2008年
 - 
2009年
山形大学大学院理工学研究科 教授
 
2007年
 - 
2008年
山形大学大学院理工学研究科 准教授
 
2001年
 - 
2007年
山形大学工学部機能高分子工学科 助教授
 
1995年
 - 
2001年
東京工業大学資源化学研究所 助手
 
1985年
 - 
1995年
日本化学工業株式会社 主事補研究員
 

学歴

 
1983年4月
 - 
1985年3月
静岡大学 工学部 合成化学科
 
1978年4月
 - 
1983年3月
沼津工業高等専門学校 - 工業化学科
 

委員歴

 
2011年
 - 
2011年
日本液晶学会  2011年日本液晶学会討論会実行委員会
 
2010年
 - 
2010年
PMMA  組織委員
 
2008年
 - 
2010年
日本接着学会  第23期評議員
 
2009年
 - 
2009年
PMMA  組織委員
 
2009年
   
 
日本化学会  ナノテク・材料化学ディビジョン幹事
 
2006年
 - 
2008年
日本接着学会  第22期評議員
 
2006年
 - 
2006年
日本化学会  東北支部幹事
 
2006年
 - 
2006年
日本液晶学会  2006年日本液晶学会討論会実行委員
 
2004年
 - 
2006年
日本接着学会  第21期評議員
 
2005年
 - 
2005年
高分子学会  第54回高分子討論会実行委員
 

受賞

 
2017年8月
日本食品工学会2016年度論文賞 Formulation of Uniform-Sized Agar Gel Microbeads from Water-in-Oil Emulsion Prepared Using Microchannel Emulsification under Controlled Temperature
 
2009年1月
山形大学 研究教育表彰 一次元的な無水プロトン・電子両伝導チャンネルをもつ新規な燃料電池固体電解質の開発
 
2008年7月
山形大学 研究教育表彰 ナノ規則構造を有する機能性高分子材料の開発
 
2007年3月
山形大学 研究教育表彰 液晶化合物を用いる無水プロトン伝導体の開発
 
2006年3月
山形大学 研究教育表彰 非共有結合高分子の開発
 
2003年3月
(財)手島工業教育資金団 工業技術研究賞 液晶性ホスホニウム塩の合成と強誘電性固体薄膜への応用
 
2002年10月
2002年日本液晶学会賞(論文賞(A)) Supramolecular Polar Thin Films Built by Surfactant Liquid Crystals: Polarization-Tunable Multilayer Self-Assemblies with In-Plane Ferroelectric Ordering of Ion-Based Dipoles
 

論文

 
T. Kuroiwa, H. Takada, A. Shogen, K. Saito, I. Kobayashi, K. Uemura, and A. Kanazawa
Colloids and Surfaces A: Physicochemical and Engineering Aspects   514 69-78   2017年   [査読有り]
有機プロトニクス:プロトン共役分子システムの開発
金澤 昭彦
東京都市大学 総合研究所 紀要   Vol.(No.) 53-54   2017年   [査読有り]
M. Katayama, T. Kuroiwa, K. Suzuno, A. Igusa, T. Matsui, and A. Kanazawa
Enzyme Microb. Technol.   105 30-37   2017年   [査読有り]
A. Suzuki, T. Kuroiwa, K. Horikoshi, A. Kanazawa, and S. Ichikawa
Colloids Surf. B: Biointerfaces   159 412-418   2017年   [査読有り]
T. Kuroiwa, K. Kimura, Y. Aoki, M. A. Neves, S. Sato, S. Mukataka, A. Kanazawa, and S. Ichikawa
J. Am. Oil Chem. Soc.   93(3) 421-430   2016年   [査読有り]
T. Kuroiwa, T. Katsumata, K. Sukeda, S. Warashina, I. Kobayashi, K. Uemura, and A. Kanazawa
Jpn. J. Food Eng.   17(1) 11-19   2016年   [査読有り]
Quantitative Evaluation of the Effects of Moisture Distribution on Enzyme-Induced Acylation of Trehalose in Reduced-Moisture Organic Media
Takashi Kuroiwa, Kazuyuki Kimura, Yoshihiro Aoki, Marcos A. Neves, Seigo Sato, Sukekuni Mukataka, Akihiko Kanazawa, and Sosaku Ichikawa
J. Food Res.   4(5) 133-142   2015年   [査読有り]
マグネタイト微粒子を包含した磁性寒天ゲルを担体とする再利用可能な固定化キトサナーゼの調製
中川裕太, 黒岩崇, 荻田涼, 高柳 龍一, 金澤 昭彦
キチン・キトサン研究   20(1) 44-48   2014年   [査読有り]
Formulation of Novel Lipid-Based Materials via Molecular Assembly in Phospholipid/Cholesterol/Water System
T. Kuroiwa, T. Saitou, and A. Kanazawa
Asian International Symposium -Materials Chemistry-   92(3) 863   2012年   [査読有り]
S. Kurata, N. Hamada, A. Kanazawa, and T. Endo
Dent. Mater. J.   30(6) 960-966   2011年   [査読有り]

Misc

 
Preparation of Monodisperse Solid-fat Microspheres and Their Stabilization by Surface Modification Using Chitosan
Y. Okuyama, T. Kuroiwa, and A. Kanazawa
The 14th International Chitin and Chitosan Conference & 12th Asia-Pacific Chitin and Chitosan Symposium   PA-50   2018年8月
Preparation and Characterization of Chitosan-fatty Acid Complex Particles as a Novel Carrier Material for Hydrophobic Bioactive Molecules
T. Kuroiwa, Y. Kawauchi, R. Moriyoshi, T. Suzuki, and A. Kanazawa
The 14th International Chitin and Chitosan Conference & 12th Asia-Pacific Chitin and Chitosan Symposium   PA-49   2018年8月
Enzymatic Synthesis of Trehalose Esters via Lipase-Catalyzed Transesterification Using Triacylgrycerols with Different Acyl Groups
Kohei Takeda, Takashi Kuroiwa, Yoshihiro Aoki, and Akihiko Kanazawa
The 17th Congress of Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering   Nano-Mat-P8 625   2017年8月
High-Speed Analysis of Droplet Formation in Microchannel Emulsification Using Vegetable Oils
Miki Ito, Takashi Kuroiwa, and Akihiko Kanazawa
The 17th Congress of Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering   Micro-React-P10 263   2017年8月
Effect of Hydration-Aggregation Treatment on the Esterification Activity of Lipases
Maho Katayama, Takashi Kuroiwa, Toru Matsui, and Akihiko Kanazawa
17th International Biotechnology Symposium 2016   No. 101    2016年10月
Formulation of Stimuli-Responsive Gelatin Microspheres Coated with Polysaccharides and Their Controlled Release Properties for Biopolymers
Takahiro Fujii, Maho Katayama, Takashi Kuroiwa, and Akihiko Kanazawa
5th World Engineering Conference & Convention   PS 7-3-3    2015年12月
Adsorptive Treatment of Dye Wastewater Using a Chitosan-Based Particulate Hydrogel: Preparation and Characterization as a pH-Responsive Adsorbent
Kaori Saito, Takashi Kuroiwa, and Akihiko Kanazawa
5th World Engineering Conference & Convention   PS 3-3-9    2015年12月
Controlled Preparation of Lipid Vesicles as Carriers for Hydrophilic Drugs with High Encapsulation Efficiency by Using Water-in-Oil-in-Water Multiple Emulsions
Akihiko Suzuki, Kaname Horikoshi, Takashi Kuroiwa, Akihiko Kanazawa, and Sosaku Ichikawa
5th World Engineering Conference & Convention   PS 7-3-2    2015年12月
Improvement of Esterification Activity of Lipase in Organic Media by Hydration-Aggregation Treatment
Maho Katayama, Kenya Suzuno, Ayumi Igusa, Takashi Kuroiwa, Toru Matsui, and Akihiko Kanazawa
Asian Congress on Biotechnology 2015   BPE-12    2015年11月
Efficient Production of Trehalose Fatty Acid Esters by Enzymatic Transesterification Using Triglycerides as Acyl Donor Substrate
Takashi Kuroiwa, Yoshihiro Aoki, and Akihiko Kanazawa
Asian Congress on Biotechnology 2015   BPE-11    2015年11月

書籍等出版物

 
ポストリチウムに向けた革新的二次電池の材料開発
金澤昭彦
NTS   2018年   
”ファイバー”スーパーバイオミメティックス〜近未来の新技術創成〜
NTS   2006年   
”ファイバー”スーパーバイオミメティックス〜近未来の新技術創成〜
金澤 昭彦
NTS   2006年   
Molecular Switches
T. Ikeda and A. Kanazawa
Wiley-VCH   2001年   
液晶材料研究の基礎と新展開
金澤 昭彦, 池田 富樹
シグマ出版   1998年   
光機能性高分子材料の新展開
金澤 昭彦, 池田 富樹
シー エム シー   1996年   

講演・口頭発表等

 
重点推進研究報告(1):機能性高分子研究室
金澤 昭彦, 黒岩 崇
第133回総研セミナー「総合研究所 研究成果報告会」   2018年6月   
有機電子デバイス開発に向けた導電性高分子の新展開
金澤 昭彦
近畿大学分子工学研究所講演会   2018年4月   
高容量リチウムイオン電池用ポリ硫化炭素系正極材の開発
金澤 昭彦
JST新技術説明会   2017年11月   
重点推進研究報告(2):機能性高分子研究室
金澤 昭彦
第120回総研セミナー「総合研究所 研究成果報告会」   2017年5月   
重点推進研究における機能性高分子の研究戦略
金澤 昭彦
第114回総研セミナー「有機機能分子の設計と電子光機能」   2016年12月   
レドックス導電性ポリ硫化炭素を用いる高容量リチウムイオン電池正極材の開発
金澤昭彦
セミナー「正極材改良による次世代リチウムイオン二次電池開発」   2016年11月   
有機リンと液晶の特性を生かした電子光機能材料の開発
金澤昭彦
近畿大学分子工学研究所講演会   2016年8月   
有機リン化合物の特性を生かした機能材料の開発
金澤昭彦
日本化学講演会   2016年7月   
蓄電・発電デバイス材料における導電性ポリマーの新展開
金澤昭彦
表面技術協会 ナノテク部会 第57回研究会「有機導電材料の最新動向」   2014年11月   
新構造単位をもつ導電性ポリマーの開発
金澤昭彦
近畿大学分子工学研究所講演会   2012年9月   

競争的資金等の研究課題

 
導電性ポリマー正極材を用いる車載用全固体電池の開発
国立研究開発法人科学技術振興機構(JST): 研究成果展開事業A-STEP機能検証フェーズ
研究期間: 2018年 - 2019年    代表者: 金澤 昭彦
ポリ硫化炭素をビルディングブロックに用いるグラフェンのin-situ有機合成プロセスの開発
トヨタ自動車株式会社: 第16回「トヨタ先端技術共同研究公募」
研究期間: 2017年 - 2018年    代表者: 金澤昭彦
有機プロトニクス:プロトン共役分子システムの開発
学校法人五島育英会: 重点推進研究
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 金澤昭彦
新導電性ポリマーによるリチウムイオン蓄電デバイスの高出力・大容量化技術の開発
(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO): 先導的産業技術創出事業
研究期間: 2011年 - 2015年    代表者: 金澤昭彦
レドックス機能をもつ有機イオウ導電性ポリマーの創製とリチウム電池正極材への応用
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 金澤昭彦
異種界面接合を基盤とする高分子光運動材料の構築
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(S)
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 池田富樹
一次元的な無水プロトン・電子両伝導チャンネルをもつ新規な燃料電池固体電解質の開発
(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO): 産業技術研究助成事業
研究期間: 2006年 - 2010年    代表者: 金澤昭彦
無水プロトン伝導を示すプロトン共役分子システムの実現に向けた基礎研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金 萌芽研究
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 金澤昭彦
光(可視光)硬化プロセスによる航空機用構造部材の開発-可視光硬化マトリックス樹脂の設計
(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO): 次世代航空機用構造部材創製・加工技術開発プロジェクト
研究期間: 2003年 - 2007年    代表者: 遠藤 剛
低分子リン錯体液晶による擬似らせん共役高分子の構築
日本学術振興会: 科学研究費補助金 萌芽研究
研究期間: 2003年 - 2004年    代表者: 金澤昭彦

特許

 
特願2015-230100 : 正極活物質及びそれを用いた非水電池
特願2015-230100
特願2015-230101 : 硫化炭素ポリマーの製造方法
特願2015-230101
特願2009-272924 : 抗菌砂、およびそれを利用した砂場施工方法、ならびに砂リサイクル方法
特許第5189065号
特願2008-222373 : 非共有結合高分子
特開2010-053105
特願2008-222374 : 非共有結合高分子
特開2010-053106
特願2008-189976 : 非共有結合高分子
特開2010-024116
特願2008-047436 : リビングラジカル重合添加剤及びそれを用いたリビングラジカル重合方法
特開2009-203359
特願2007-220142 : 非共有結合高分子
特開2009-051772
特願2007-220214 : 非共有結合高分子
特開2009-051948
特願2007-126760 : 非共有結合高分子およびデバイス
特開2008-280301