松島 芳隆

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/28 04:40
 
アバター
研究者氏名
松島 芳隆
Twitter ID
matsushima_y

論文

 
Koji Ito, Kazuhiro Takagi, Yoshitaka Matsushima, Akio Iwasaki, Naoto Tanaka, Yu Kanesaki, Fabrice Martin-Laurent, Shizunobu Igimi
J. Pestic. Sci.   43(2) 124-131   2018年4月   [査読有り]
Yoshitaka Matsushima, Moe Ishikawa, Rina Shibasaki, Yuki Nojima
Tetrahedron Letters   59 231-233   2018年1月   [査読有り]
Yoshitaka Matsushima, Jun Kino
Tetrahedron   73 6831-6839   2017年10月   [査読有り]
Nozomi Akiba, Kazuhiro Shiizaki, Yoshitaka Matsushima, Osamu Endo, Kazuho Inaba, Yukari Totsuka
Mutagenesis   32 455-462   2017年5月   [査読有り]
Robust quantitative assessments of cytosine modifications and changes in the expressions of related enzymes in gastric cancer.
C. Du, N. Kurabe, Yoshitaka Matsushima, M. Suzuki, T. Kahyo, I. Ohnishi, F. Tanioka, S. Tajima, M. Goto, H. Yamada, H. Tao, K. Shinmura, H. Konno, H. Sugimura*
Gastric Cancer 「IF: 4.828」      2015年8月   [査読有り]
胃がん患者の胃粘膜をサンプルとして、ヒドロキシシトシンなど特にシトシンに関するDNA付加体や修復酵素を定量したものである。
Human DNA glycosylase enzyme TDG repairs thymine mispaired with exocyclic etheno-DNA adduct.
M. Goto, K. Shinmura, Yoshitaka Matsushima, K. Ishino, H. Yamada, Y. Totsuka, T. Matsuda, H. Nakagama, H. Sugimura*
Free Radical Biology and Medicine 「IF: 5.710」      2014年8月   [査読有り]
合成によって得た各種etheno-DNA付加体を含むDNAオリゴマーを使用し、塩基除去修復酵素TDGの修復メカニズムを明らかにした。
Roles of taurine-mediated tonic GABAA receptor activation in the radial migration of neurons in the fetal mouse cerebral cortex.
T. Furukawa, J. Yamada, T. Akita, Yoshitaka Matsushima, Y. Yanagawa, A. Fukuda*
Frontiers in Cellular Neuroscience 「IF: 4.175」      2014年3月   [査読有り]
タウリン生合成の阻害剤としてD-CSAを用い、GABAAレセプターの活性化に関して行った研究である。
Lipid peroxidation-induced DNA adducts in human gastric mucosa.
T.Matsuda,H,Tao,M.Goto,H.Yamada,M.Suzuki,Y.Wu,N.Xiao,Q.He,W.Guo,Z.Cai,N.Kurabe,K.Ishino,Yoshitaka Matsushima,K.Shinmura,H.Konno,M.Maekawa,Y.Wang,H.Sugimura
Carcinogenesis「IF: 5.635」      2013年1月   [査読有り]
中国と日本の胃がん患者の胃粘膜をサンプルとして、DNA adductome解析によるアプローチでDNA付加体の比較を行ったものである。
Novel Concise Synthesis of (±)-Noviose and L-(+)-Noviose by Palladium-Catalyzed Epoxide Opening Reaction.
Yoshitaka Matsushima*, J. Kino
SYNTHESIS「IF: 2.466」      2011年8月   [査読有り]
アミノクマリン系抗生物質であるノボビオシンの構成デオキシ糖ノビオースについて、パラジウム触媒を用いたエポキシドの開裂反応を鍵反応として用い、その効率的合成を開発したものである。
Genetic susceptibility to lung cancer.
H.Sugimura*,H.Tao,M.Suzuki,H.Mori,M.Tsuboi,S.Matsuura,M.Goto,K.Shinmura,T.Ozawa,F.Tanioka,N.Sato,Yoshitaka Matsushima,S.Kageyama,K.Funai,P.-H.Chou,T.Matsuda
Front. Biosci. (Schol. Ed.)[IF: 1.54(参考値)]      2011年6月   [査読有り]
肺がんの遺伝的感受性について、特にDNA adductome解析による新しいアプローチについての研究をまとめたものである。
Synthesis of N-Bz-Protected D-Daunosamine and D-Ristosamine by Silica Gel Promoted Intramolecular Conjugate Addition of Trichloroacetimidates obtained from Osmundalactone and its Epimer.
Yoshitaka Matsushima*, J. Kino
Eur. J. Org. Chem「IF: 3.206」      2010年11月   [査読有り]
シリカゲルによる「トリクロロアセトイミデートの分子内共役反応」を鍵反応として用い、代表的デオキシアミノ糖であるダウノサミンおよびリストサミンの合成を行ったものである。
Synthesis and evaluation of new imaging agent for central nicotinic acetylcholine receptor a7 subtype.
M.Ogawa,S.Nishiyama,H.Tsukada,K.Hatano,T.Fuchigami,H.Yamaguchi,Yoshitaka Matsushima,K.Ito,Y.Magata*
Nucl. Med. Biol.「IF: 2.620」      2010年4月   [査読有り]
脳内ニコチン性アセチルコリン受容体α7サブタイプについて、その生体内の変化を見るためのイメージング剤を設計・合成し、サル脳内における動態を解析したものである。
Crystal Structures of Two Vancomycin Complexes with Phosphate and N-Acetyl-D-Ala. Structural Comparison between Low-Affinity and High-Affinity Ligand Complexes of Vancomycin.
T.Kikuchi,S.Karki,I.Fujisawa,Yoshitaka Matsushima,Y.Nitanai,K.Aoki*
Bull. Chem. Soc. Jpn.「IF: 1.574」      2010年4月   [査読有り]
バンコマイシンと(合成した)N-acetyl–D-Ala、およびリン酸のそれぞれの複合体の結晶解析を行い、比較解析をしたものである。
New Concise Route to 2-Amino-3-hydroxycycloalkanecarboxylic Acids by Imidate-Mediated Intramolecular Conjugate Addition.
Yoshitaka Matsushima*, J. Kino
Eur. J. Org. Chem「IF: 3.096」      2009年10月   [査読有り]
「トリクロロアセトイミデートの分子内共役反応」を鍵反応として用い、2-アミノ-3-ヒドロキシシクロペンタンカルボン酸、および2-アミノ-3-ヒドロキシシクロヘキサンカルボン酸の合成を行ったものである。
Intramolecular Conjugate Addition of g- and d-Trichloroacetimidoyloxy-a,b-unsaturated Esters in an Acyclic System.
Yoshitaka Matsushima*, J. Kino
Tetrahedron 「IF: 2.897」      2008年4月   [査読有り]
鎖状化合物における「トリクロロアセトイミデートの分子内共役反応」について詳細に解析し、また、その反応を応用し、バンコマイシンのデオキシアミノ糖であるバンコサミンの合成を行ったものである。
An Intramolecular Conjugate Addition of g-Trichloroacetimidoyloxy-a,b-unsaturated Esters: A Very Concise Route to Daunosamine, Acosamine, Ristosamine and 3-epi-Daunosamine Precursors.
Yoshitaka Matsushima*, J. Kino
Tetrahedron Lett. 「IF: 2.509」      2006年5月   [査読有り]
「トリクロロアセトイミデートの分子内共役反応」を見出し、それを利用してデオキシアミノ糖4種類(ダウノサミン、アコサミン、リストサミン、3-エピダウノサミン)の合成ルートを開発したものである。
A New Simple Route to Deoxyamino Sugars from Non-sugar Material: Synthesis of D-Tolyposamine and 4-epi-D-Tolyposamine and Formal Synthesis of D-Vicenisamine.
Yoshitaka Matsushima*, J. Kino
Tetrahedron Lett. 「IF: 2.477」      2005年12月   [査読有り]
シャープレスの不斉ジオール化で得られた光学活性原料を用いて、トリポサミンとビセニサミンの合成ルートを開発したものであり、特に後者はカーバマートを基質としたヨウ素による環化(iodocyclocarbamation)を用いたものである。
Stereostructure of a Novel Cytotoxic 18-Membered Macrolactone Antibiotic FD-891.
T. Eguchi, K. Kobayashi, H. Uekusa, Y. Ohashi, K. Mizoue, Yoshitaka Matsushima, K. Kakinuma*
Org. Lett. 「IF: 3.715」      2002年10月   [査読有り]
18員環マクロラクトン抗生物質FD-891立体化学的構造について、分解反応やNMR解析を用いて決定したものである。担当部分:抽出不能
Enantioselective Total Synthesis of Vicenistatin, A Novel 20-Membered Macrocyclic Lactam Antitumor Antibiotic.
Yoshitaka Matsushima, H. Itoh, T. Nakayama, S. Horiuchi, T. Eguchi, K. Kakinuma*
J. Chem. Soc., Perkin Trans. 1「IF: 2.101」      2002年7月   [査読有り]
抗腫瘍抗生物質ビセニスタチンについて、アグリコンの20員環マクロラクタムの立体選択的合成、それに引き続く、デオキシアミノ糖ビセニサミンとのグリコシル化などにより、その世界初の全合成を達成したものである。担当部分:抽出不能
Versatile Route to 2,6-Dideoxyamino Sugars from Non-sugar Materials: Synthesis of Vicenisamine and Kedarosamine.
Yoshitaka Matsushima, T. Nakayama, S. Tohyama, T. Eguchi, K. Kakinuma*
J. Chem. Soc., Perkin Trans. 1「IF: 2.208」      2001年6月   [査読有り]
「トリクロロアセトイミデートの分子内エポキシ開裂反応」を鍵反応として用い、抗生物質のデオキシアミノ糖であるビセニサミンとケダロサミンについて、立体選択的な合成ルートを開発したものである。
Isolation and Structure Elucidation of Vicenistatin M, and Importance of the Vicenisamine Aminosugar for Exerting Cytotoxicity of Vicenistatin.
Yoshitaka Matsushima, T. Nakayama, M. Fujita, R. Bhandari, T. Eguchi, K. Shindo, K. Kakinuma*
J. Antibiot. 「IF: 1.264」      2001年3月   [査読有り]
ビセにスタチンの配糖体部分の違う化合物ビセにスタチンMを見出し、その構造決定と合成を行うことで、ビセにスタチンの構成アミノ糖ビセニサミンの重要性を確認したものである。
New Approach to Multiply Deuterated Isoprenoids Using Triply Engeneered Escherichia coli and Its Potential as a Tool for Mechanistic Enzymology.
K. Kakinuma*, Y. Dekishima, Yoshitaka Matsushima, T. Eguchi, N. Misawa, M. Takagi, T. Kuzuyama, H. Seto*
J. Am. Chem. Soc. 「IF: 6.079」      2001年2月   [査読有り]
すべての水素を重水素化したメバロン酸、カロテノイド生合成遺伝子を導入した大腸菌を用い、高度に重水素化されたイソプレノイド(ゼアキサンチン)を創成したものである。
Preparation of Multiply Deuterated Carotenoids by Triply Engineered Escherichia coli with Perdeuterated Mevalonate.
Y. Dekishima, T. Eguchi, K. Kakinuma, Yoshitaka Matsushima, N. Misawa, M. Takagi, T. Kuzuyama, H. Seto
Carotenoid Science      2001年1月   [査読有り]
重水素化メバロン酸とカロテノイド生合成遺伝子を導入した大腸菌の組み合わせにより高度に重水素化されたカロテノイド類を調製したものである。
Biosynthetic Pathway of Macrolactam Polyketide Glycoside Antitumor Antibiotic Vicenistatins.
M. Otsuka, M. Fujita, Yoshitaka Matsushima, T. Eguchi, K. Shindo, K. Kakinuma*
Tetrahedron 「IF: 2.356」      2000年10月   [査読有り]
抗腫瘍抗生物質ビセニスタチンおよびビセニスタチンMについて、各種標識原料を用いて生合成解析を行ったものである。
An Expeditious Chemo-Enzymatic Route from Glucose to Catechol by the Use of 2-Deoxy-scyllo-inosose Synthase.
K. Kakinuma*, E. Nango, F. Kudo, Yoshitaka Matsushima, T. Eguchi
Tetrahedron Lett. 「IF: 2.558」      2000年3月   [査読有り]
アミノグリコシド系抗生物質の生合成鍵酵素2-デオキシ-scyllo-イノソース(DOI)合成酵素の反応と化学合成を用い、グルコースからカテコールなどの有用物質の創成を行ったものである。
Enantioselective and Convergent Synthesis of the 20-Membered Lactam Aglycon of Vicenistatin Antitumor Antibiotic.
Yoshitaka Matsushima, H. Itoh, T. Eguchi, K. Kakinuma*
J. Antibiot. 「IF: 1.347(2000年の値)」      1998年7月   [査読有り]
抗腫瘍抗生物質ビセニスタチンのアグリコン部分である20員環マクロラクタムについて、その立体選択的で収束的な合成法を確立したものである。
Lipase-catalysed Kinetic Resolution of (±)-cis,cis-Spiro[4.4]nonane-1,6-diol.
Yoshitaka Matsushima, K. Kitahara*, K. Mor
Biosci. Biotechnol. Biochem. 「IF: 1.039(2000年の値)」      1998年7月   [査読有り]
対称性を持つ (±)-cis,cis-spiro[4.4]nonane-1,6-diolを基質として、酵素リパーゼによる速度論的光学分割を行い、両鏡像体の合成を行ったものである。
Absolute Stereochemistry of Vicenistatin, A Novel 20-Membered Macrocyclic Lactam Antitumor Antibiotic.
H. Arai, Yoshitaka Matsushima, T. Eguchi, K. Shindo, K. Kakinuma*
Tetrahedron Lett. 「IF: 2.558(2000年の値)」      1998年7月   [査読有り]
抗腫瘍抗生物質ビセニスタチンのアグリコン部分である20員環マクロラクタムに含まれる3箇所の不斉炭素原子について、分解反応やNMR解析を用いてその絶対立体配置を決定したものである。
Synthesis of Mono- and Sesquiterpenoids; XXIV. Synthesis of (–)-Homogynolide A, an Insect Antifeedant Isolated from Homogyne alpina.
K. Mori, Yoshitaka Matsushima
SYNTHESIS 「IF: 2.193(2000年の値)」      1995年7月   [査読有り]
高山植物の一種から得られた昆虫の摂食阻害物質(セスキテルペン)Homogynolide Aについて、酵母還元によって得られる光学活性ヒドロキシケトンを出発原料とし、oxy-Cope転位反応などを鍵反応に用いたバッカン骨格構築などを経て合成したものである。
Synthesis of Mono- and Sesquiterpenoids; XXIII. Synthesis of (E)-endo-Bergamoten-12-oic Acids (a-form, b-form), Moth Oviposition Stimulants Isolated from Wild Tomato Leaves.
K. Mori, Yoshitaka Matsushima
SYNTHESIS 「IF: 2.193(2000年の値)」      1994年4月   [査読有り]
トマトの葉から得られた蛾の産卵刺激物質であるセスキテルペンBergamoten-12-oic Acid類について、酵母還元によって得た光学活性ヒドロキシケトンを出発原料とし、分子内アルキル化による4員環形成反応などを用いて合成したものである。
Synthesis of Mono- and Sesquiterpenoids; XXII. Synthesis of (+)-Pinthunamide, a Sesquiterpene Metabolite of a Fungus, Ampulliferina sp.
K. Mori, Yoshitaka Matsushima
SYNTHESIS 「IF: 2.193(2000年の値)」      1993年4月   [査読有り]
レタスの根の成長促進物質として単離されたセスキテルペンPinthunamideについて、酵母還元によって得た光学活性ヒドロキシケトンを出発原料とし、独自に開発した分子内アルキル化による4員環形成反応などを用い、その特異な構造を合成したものである。