林 哲也

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/26 09:14
 
アバター
研究者氏名
林 哲也
 
ハヤシ テツヤ
URL
http://www.bact.med.kyushu-u.ac.jp
所属
九州大学
部署
大学院医学研究院細菌学
職名
教授

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
九州大学 大学院医学研究院細菌学 教授
 

委員歴

 
2018年6月
 - 
現在
福岡県  福岡県保健環境関係試験研究外部評価委員会委員
 
2017年7月
 - 
現在
日本医療研究開発機構  NBRPプログラムオフィサー、課題評価委員
 
2017年4月
 - 
現在
日本医療研究開発機構  AMED課題評価委員
 
2016年6月
 - 
現在
日本医療研究開発機構  革新的先端研究開発支援事業(AMED-CREST, PRIME)研究開発領域「微生物叢と宿主の相互作用・共生の理解と、それに基づく疾患病症のメカニズム解明」 選考委員会選考委員(アドバイザリー)
 

論文

 
Azuma T, Otomo K, Kunitou M, Shimizu M, Hosomaru K, Mikata S, Ishida M, Hisamatsu K, Yunoki A, Mino Y, Hayashi T
The Science of the total environment   657 476-484   2018年12月   [査読有り]
Ke HM, Liu D, Ogura Y, Hayashi T, Urbanczyk H, Tsai IJ
Journal of bacteriology   200(15)    2018年8月   [査読有り]
Fukano H, Yoshida M, Kazumi Y, Fujiwara N, Katayama K, Ogura Y, Hayashi T, Miyamoto Y, Fujimoto N, Hongsheng W, Mizumoto C, Koizumi Y, Maeda H, Hiranuma O, Mitarai S, Ishii N, Hoshino Y
International journal of systematic and evolutionary microbiology   68(8) 2437-2442   2018年8月   [査読有り]
Wong SK, Yoshizawa S, Nakajima Y, Cuadra MJ, Nogi Y, Nakamura K, Takami H, Ogura Y, Hayashi T, Chiura HX, Hamasaki K
International journal of systematic and evolutionary microbiology   68(9) 2872-2877   2018年9月   [査読有り]
Ogura Y, Seto K, Morimoto Y, Nakamura K, Sato MP, Gotoh Y, Itoh T, Toyoda A, Ohnishi M, Hayashi T
Emerging infectious diseases   24(12) 2219-2227   2018年12月   [査読有り]

Misc

 
T. Hayashi
Science   313(5788) 772-773   2006年8月
Purification and characterization of cytotoxin from the crude extract of Pseudomonas aeruginosa
T. Hayashi, Y. Kamio and Y. Terawaki
Microb. Pathogenesis   6(2) 103-112   1989年2月
Pseudomonas aeruginosa cytotoxin: the nucleotide sequence of the gene and the mechanism of activation of the protoxin.
T. Hayashi, Y. Kamio, F. Hishinuma, Y. Usami, K. Titani and Y. Terawaki
Molecular Microbiology   3(7) 861-868   1989年7月
Effects of mutations in the repA gene of plasmid Rts1 on plasmid replication and autorepressor functions.
Y. Terawaki, H. Nozue, H. Zeng, T. Hayashi, Kamio, Y. and Itoh, Y.
J. Bacteriol.   172(2) 786-792   1990年2月
Site-directed mutations in the repA C-terminal region of plasmid Rts1: pleiotropic effects on the replication and autorepressor functions.
H. Zeng, T.Hayashi and Y. Terawaki
J. Bacteriol.   172(5) 2535-2540   1990年5月

書籍等出版物

 
遺伝子からみた細菌の病原性(共著)
菜根出版   1989年5月   ISBN:9784782000793
Pseudomonas aeruginosa in Human diseases. Antibiotics and Chemotherapy, vol. 44
Karger Pub   1991年9月   ISBN:9783805553858
緑膿菌 -その基礎と臨床-(共著)
緑膿菌感染症研究会   1993年10月   
岩波講座 現代医学の基礎 第11巻感染と生体防御
岩波書店   2000年2月   
医科細菌学 第3版(共著)
南江堂   2001年3月   

講演・口頭発表等

 
次世代シーケンサを用いた細菌ゲノム研究と細菌感染症研究
林 哲也
第87回日本感染症学会西日本地方会学術集会/第60回日本感染症学会中日本地方会学術集会/第65回日本化学療法学会西日本支部総会   2017年10月26日   
ゲノム配列からみた腸管出血性大腸菌
林 哲也
第49回小児感染症学会・学術集会   2017年10月21日   
次世代シーケンサを活用した病原細菌のゲノム研究〜当研究室での解析を中心に〜 [招待有り]
林 哲也
第70回日本細菌学会中国・四国支部総会   2017年10月14日   
次世代シーケンサーの登場による細菌ゲノム解析の進展〜当研究室での解析を中心に〜 [招待有り]
林 哲也
国立感染症研究所・学友会共催シンポジウム「感染症とゲノム解析」   2017年3月17日   
リケッチアジャポニカのゲノム解析
林 哲也
第23回リケッチア研究会   2016年12月3日   

競争的資金等の研究課題

 
病原性大腸菌のゲノム及び病原性解析
その他の研究制度
研究期間: 2003年   
新規下痢原性病原菌E. albertiiのゲノム及び病原性解析
国際共同研究
研究期間: 2009年   
下痢患者及び動物から、腸管出血性大腸菌や腸管病原性大腸菌として同定されていた株の中に、新規下痢原性病原菌であるE. albertiiが誤同定されて含まれていることを明らかにし、その疫学マーカー等の同定のためのゲノム解析、さらに、ヒトにおける病原機構同定のための病原性解析を行う。