HONDA Yumi

J-GLOBAL         Last updated: Dec 23, 2019 at 15:50
 
Avatar
Name
HONDA Yumi
Affiliation
Kumamoto University
Section
University Hospital,  ,University Hospital ,Kumamoto University
Job title
Assistant Professor
Degree
Doctor of Medicine
Research funding number
00284761

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
2001
 - 
2007
 Research Associate,
 
2007
   
 
 Assistant Professor, ,University Hospital ,Kumamoto University
 
1996
 - 
2001
 Research Associate,
 

Education

 
 
 - 
1987
Faculty of Medicine, Kumamoto University
 

Published Papers

 
Clinicopathological review of solitary fibrous tumors: dedifferentiation is a major cause of patient death.
Yamada Y, Kohashi K, Kinoshita I, Yamamoto H, Iwasaki T, Yoshimoto M, Ishihara S, Toda Y, Itou Y, Koga Y, Hashisako M, Nozaki Y, Kiyozawa D, Kitahara D, Inoue T, Mukai M, Honda Y, Toyokawa G, Tsuchihashi K, Matsushita Y, Fushimi F, Taguchi K, Tamiya S, Oshiro Y, Furue M, Nakashima Y, Suzuki S, Iwaki T, Oda Y.
Virchows Arch   475(4) 467-477   Oct 2019   [Refereed]
Cytological features of atypical teratoid/rhabdoid tumor which appeared in cerebrospinal fluid
HONDA Yumi
J.Kyushu-Okinawa Soc. Clin. Cytol   50 75-79   Jun 2019   [Refereed]
Case of cutaneous myoepithelioma managed with surgical resection without recurrence for 4 years.
Kanemaru H, Honda N, Kubo Y, Nishihara H, Onuma T, Sakai K, Fukushima S, Inoue Y, Honda Y, Ihn H.
J Dermatol   46(6) 206-208   Jun 2019   [Refereed]
Sonoda-Shimada K, Kajihara I, Shimada S, Igata T, Jinnin M, Honda Y, Ihn H
The Journal of dermatology   45(5) 128-129   May 2018   [Refereed]
Yamada Y, Kinoshita I, Kenichi K, Yamamoto H, Iwasaki T, Otsuka H, Yoshimoto M, Ishihara S, Toda Y, Kuma Y, Setsu N, Koga Y, Honda Y, Inoue T, Yanai H, Yamashita K, Ito I, Takahashi M, Ohga S, Furue M, Nakashima Y, Oda Y
Histopathology   72(3) 460-471   Feb 2018   [Refereed]
Sawamura S, Kajihara I, Jinnin M, Honda Y, Ihn H
The Journal of dermatology   44(7) e156-e157   Jul 2017   [Refereed]
Yamada Y, Kuda M, Kohashi K, Yamamoto H, Takemoto J, Ishii T, Iura K, Maekawa A, Bekki H, Ito T, Otsuka H, Kuroda M, Honda Y, Sumiyoshi S, Inoue T, Kinoshita N, Nishida A, Yamashita K, Ito I, Komune S, Taguchi T, Iwamoto Y, Oda Y
Virchows Archiv : an international journal of pathology   470(4) 373-380   Apr 2017   [Refereed]
Uemura N, Kurashige J, Kosumi K, Iwatsuki M, Yamashita K, Iwagami S, Baba Y, Sakamoto Y, Miyamoto Y, Yoshida N, Honda Y, Mikami Y, Baba H
Surgical case reports   2(1) 58   Dec 2016   [Refereed]
Motooka Y, Yoshimoto K, Semba T, Ikeda K, Mori T, Honda Y, Iyama K, Suzuki M
Surgical case reports   2(1) 1   Dec 2016   [Refereed]
Yano S, Hide T, Uekawa K, Honda Y, Mikami Y, Kuratsu JI
World neurosurgery   95 620.e17-620.e22   Nov 2016   [Refereed]
Tomiguchi M, Yamamoto-Ibusuki M, Yamamoto Y, Fujisue M, Shiraishi S, Inao T, Murakami K, Honda Y, Yamashita Y, Iyama K, Iwase H
Surgery today   46(2) 214-223   Feb 2016   [Refereed]
MELF(microcystic,elongated,and fragmented)型浸潤を示す子宮体部の低異型度類内膜腺癌の1例
大園 一隆, 本田 由美, 三上 芳喜
診断病理   32(3) 208-212   Jul 2015
50代女性。子宮体癌に対して広汎子宮全摘出術と骨盤内リンパ節郭清が施行された。組織学的に高分化型類内膜腺癌(FIGO Grade-1)であったが、MELF(microcystic,elongated,and fragmented)とよばれる特徴的な筋層浸潤パターンを伴っていた。筋層浸潤の先進部において腫瘍腺管が嚢胞状・スリット状の変化を伴い、腫瘍細胞が扁平化、あるいは孤立化している像が認められた。骨盤内リンパ節では、組織球様の外観を示す腫瘍細胞で構成される微小転移が認められた。今回、MEL...
臀部の脂肪性孤立性線維性腫瘍(脂肪性血管外皮腫)の1例
本田 由美, 大園 一隆
診断病理   32(1) 65-68   Jan 2015
65歳男性の右臀部に生じた脂肪性孤立性線維性腫瘍の1例を報告する。右中臀筋内の65×33×27mm大の境界明瞭な腫瘍で、組織学的には不規則に分枝した鹿角様の血管や線維性間質を背景に、異型に乏しい類円形〜楕円形あるいは多角形の核と紡錘形の狭い細胞質を有する腫瘍細胞の増殖がみられた。腫瘍細胞は免疫組織化学でCD34やSTAT6が陽性であり、さらに腫瘍内に成熟脂肪細胞がみられるのが特徴的であった。融合遺伝子産物NAB2-STAT6は検出しなかった。(著者抄録)
病理をとりまく社会問題(第3回) 病理検査における医療安全
徳永 英博, 本田 由美, 三上 芳喜
病理と臨床   32(12) 1389-1393   Dec 2014
Micropapillary patternを呈した膀胱Urothelial carcinomaの1例
下田 環, 徳永 英博, 田上 さやか, 石原 光浩, 片渕 達也, 本田 由美, 猪山 賢一
日本臨床細胞学会九州連合会雑誌   45 71-76   Jun 2014
背景:膀胱のurothelial carcinoma、micropapillary variant(UC、MPV)は高悪性度尿路上皮癌の一亜型で、浸潤性尿路上皮癌の1%程度と稀である。今回われわれは、micropapillary patternを呈した膀胱のurothelial carcinomaの1例を経験したので報告する。症例:80歳代男性、過去に膀胱腫瘍にて経尿道的腫瘍切除術(TUR-Bt)の施行歴あり。今回、頻尿を主訴に近医を受診したところ、MRIで膀胱壁の肥厚と右尿管の拡張を認め...
Hirashima K, Uchino R, Kume S, Iyama KI, Honda Y, Asato T, Baba H.
Surg today   44(6) 1156-1160   2014
細胞診診断の迅速報告を考える 当院における迅速出張細胞診の現状
石原 光浩, 徳永 英博, 田上 さやか, 本田 由美, 猪山 賢一
日本臨床細胞学会九州連合会雑誌   44 21-24   Jul 2013
はじめに:当院における迅速細胞診は、術中細胞診と出張細胞診に大きく分けられる。出張細胞診では、診断精度向上を目的に、超音波気管支内視鏡ガイド下針生検(EBUS-TBNA)や乳腺、甲状腺、表在リンパ節に対する穿刺吸引細胞診を対象としている。今回、当院における出張迅速細胞診の現状と問題点について検討した。方法:経験豊富な1名の細胞検査士が、顕微鏡や迅速HE染色液など迅速出張細胞診に必要な機材、試薬をカートに載せ、穿刺現場に出向き、その場で染色、鏡検(スクリーニング)後、仮報告する。成績:出張細...
片渕 達也, 徳永 英博, 田上 さやか, 石原 光浩, 下田 環, 本田 由美, 猪山 賢一
日本臨床細胞学会雑誌   52(3) 248-252   May 2013
背景:エクリン汗孔癌はまれな皮膚悪性腫瘍であり、われわれが調べえたかぎりでは胸腔内播種を伴った症例の報告はない。今回われわれは、胸水中に腫瘍細胞の出現を認めたエクリン汗孔癌を経験したので、その細胞像について報告する。症例:80歳、女性。6ヵ月前に下腹部皮膚のエクリン汗孔癌を切除された。3ヵ月前より発熱と呼吸苦および胸水貯留が出現したため胸水細胞診が施行された。胸水中の異型細胞は炎症細胞を背景として形態学的に明らかに中皮細胞や肺腺癌細胞と異なる大型の腫瘍細胞の集塊を認め、確定診断のためにセル...
Honda Y, Tanigawa H, Harada M, Fukushima S, Masuguchi S, Ishihara T, Ihn H, Iyama K
Journal of cutaneous pathology   40(5) 503-508   May 2013   [Refereed]
電子顕微鏡から読み解く病理学(第2回) ウイルス性疣贅研究における電子顕微鏡の意義
本田 由美, 江川 清文
病理と臨床   31(5) 571-576   May 2013
電子顕微鏡から読み解く病理学(第1回) 脂肪細胞の発生・分化の電子顕微鏡像から読み解く脂肪細胞性腫瘍や血管周皮細胞性腫瘍
猪山 賢一, 安里 嗣晴, 下田 環, 本田 由美
病理と臨床   31(4) 446-453   Apr 2013
Hirashima Kotaro, Iyama Ken-Ichi, Baba Yoshifumi, Honda Yumi, Sado Yoshikazu, Ninomiya Yoshifumi, Watanabe Masayuki, Takamori Hiroshi, Beppu Toru, Baba Hideo
JOURNAL OF SURGICAL ONCOLOGY   107(4) 402-407   Mar 2013   [Refereed]
Takeshita T, Yamamoto-Ibusuki M, Yamamoto Y, Omoto Y, Honda Y, Iyama KI, Zhang Z, Iwase H.
Plos One   18(8) 1-11   2013
Iwase H, Yamamoto Y, Yamamoto-Ibusuki M, Murakami KI, Okumura Y, Tomita S, Inao T, Honda Y, Omoto Y, Iyama KI.
Br J Cancer   109(6) 1537-1542   2013
Fujisawa A, Egawa K, Honda Y, Kuroki Ma, Jinnin M, Ihn H.
Open Dermatology Journal   2013(7) 47-52   2013
Sakamoto K, Hashimoto D, Takamori H, Tokunaga H, Honda Y, Iyama K, Baba H.
J Gastroenterol Hepatol.   28(7) 1074   2013
石原 光浩, 本田 由美, 徳永 英博, 田上 さやか, 下田 環, 猪山 賢一
日本臨床細胞学会雑誌   51(5) 360-363   Sep 2012
背景:壊死を伴う唾液腺多形腺腫の報告例はまれで、悪性腫瘍と誤診断されやすい腫瘍の一つである。今回、壊死を伴う耳下腺多形腺腫の1例を経験したので報告する。症例:71歳、女性。約2.5cm大の左耳下腺腫瘍に対して穿刺吸引細胞診が施行された。穿刺吸引細胞診では壊死や好中球主体の炎症細胞を背景に、紡錘形細胞が結合性の乏しい集塊を形成しており、核分裂像が散見された。通常の多形腺腫にみられるシート状の筋上皮細胞の集塊や粘液様間質は認めず、筋上皮腫あるいは非上皮性悪性腫瘍を考えた。摘出された腫瘍の組織像...
川原 一洋, 城野 匡, 本田 由美, 横田 周三, 佐々木 博之, 牛島 洋景, 池田 学
九州神経精神医学   58(1) 22-28   Apr 2012
46歳女。抑うつ、集中力低下、過換気発作を主訴とし、器質性精神障害が疑われ入院となった。退院から5ヵ月ほど過ぎた頃、急に内服やテレビに無関心になり、頭痛を訴え落ち着かず、不穏・興奮状態となり再入院した。入院後は微熱が続き、超感覚性失語が新たに出現した。精神症状は、問いかけに応じられず、不穏・興奮状態が強く、数日後には興奮は消失したが、日常生活動作に指示・介助が必要な状態となった。意識障害をはじめとした精神神経症状、微熱、血清LDH、CRPの上昇などから悪性リンパ腫を疑い、FDG-PETを施...
Kikuma K, Watanabe J, Oshiro Y, Shimogama T, Honda Y, Okamura S, Higaki K, Uike N, Soda T, Momosaki S, Yokota T, Toyoshima S, Takeshita M.
Virchowa Arch   460(4) 379-387   2012
本田 由美, 安里 嗣晴, 猪山 賢一
診断病理   28(2) 113-116   Apr 2011
40代女性の後腹膜脂肪平滑筋腫の1例を報告する。境界明瞭な拇指頭大の結節性病変で、壁の肥厚した小血管や脂肪細胞が目立つ線維性間質を背景に、異型に乏しい類円形あるいは楕円形の核と弱好酸性の比較的豊富な細胞質を有する腫瘍細胞が増殖していた。細胞密度は低く、一部に腫瘍細胞が錯綜して増殖する像や、血管周囲に索状に配列する像が見られた。腫瘍細胞は複数の筋原性マーカーとともにestrogen receptor(ER)およびprogesteron receptor(PgR)が陽性であった。また腫瘍の辺縁...
Nakahara Osamu, Takamori Hiroshi, Sakamoto Yasuo, Tanaka Hiroshi, Chikamoto Akira, Horino Kei, Beppu Toru, Honda Yumi, Iyama Ken-ichi, Baba Hideo
CANCER RESEARCH   71    Apr 2011   [Refereed]
Nonaka K, Honda Y, Gushima R, Maki Y, Sakurai K, Iyama K, Sasaki Y.
Endoscopy   43(2) 113-114   2011
安里 嗣晴, 本田 由美, 石原 園子, 増田 稔郎, 平島 浩太郎, 別府 透, 馬場 秀夫, 猪山 賢一
診断病理   27(4) 280-284   Oct 2010
53歳女性、腹背部痛を契機に肝左葉に巨大な多嚢胞性の腫瘍を指摘され、肝右葉にも転移が疑われた。画像所見からは肝未分化肉腫や血管肉腫、血管腫、間葉系過誤腫が鑑別に挙がり、肉眼所見、組織像から肝未分化肉腫と診断した。腫瘍細胞はVimentin、Alpha 1-antitrypsin、Alpha 1-antichymotrypsin、CD34、Desminが陽性であった。肝未分化肉腫は20歳以下の小児の報告例が多く、40歳以上の症例は稀である。組織学的に特定の組織への分化傾向は見られないが、De...
子宮頸部Lymphoepithelioma-like carcinomaの一例
田上 さやか, 徳永 英博, 石原 光浩, 吉田 麻耶, 下田 環, 本田 由美, 猪山 賢一
日本臨床細胞学会九州連合会雑誌   41 109-112   Aug 2010
30歳代女。5年前の子宮がん検診にてclass IIIaを指摘されたが、その後の検査でclassIIであったため受診せず第2子を分娩した。2ヵ月前より不正出血を認め、近医にて子宮頸部浸潤癌を疑われ当院紹介受診となった。初診時の細胞診でclassVのPoorly differentiated Carcinoma、生検では扁平上皮癌、non Keratinaizing typeであった。以上の結果と画像所見より子宮頸癌Ib1期と診断し、広汎性子宮全摘出術、骨盤内リンパ節郭清術を施行した。細胞学...
平島 浩太郎, 本田 由美, 石原 園子, 安里 嗣晴, 赤星 慎一, 近本 亮, 別府 透, 馬場 秀夫, 相島 慎一, 猪山 賢一
診断病理   27(3) 201-206   Jul 2010
41歳男性に発症した肝細胞腺腫(Hepatocellular adenoma)の1例を報告する。境界明瞭な巨大な腫瘍で、核異型に乏しくN/C比の低い肝細胞類似の腫瘍細胞の増殖を認めた。細胞密度は低く、Ki-67 indexも低値であった。本症例のように糖原病の合併やステロイドの内服歴のない非典型例では、特に慎重な病理組織学的診断が必要である。肝細胞腺腫は、肝細胞癌や限局性結節性過形成との鑑別診断が術前には困難で、切除標本で確定診断を得ることが多い。(著者抄録)
Honda Yumi, Iyama Ken-ichi
PATHOLOGY INTERNATIONAL   60(5)    May 2010   [Refereed]
【HPV感染症の多様な世界 イボ・コンジローマ・Bowen病】 HPVトピックス 封入体疣贅
本田 由美
Visual Dermatology   9(3) 248-250   Feb 2010
石原 園子, 本田 由美, 安里 嗣晴, 猪山 賢一
診断病理   27(1) 80-83   Jan 2010
IgG4関連硬化性疾患は、血清IgG4の高値とIgG4陽性形質細胞の浸潤および線維化を特徴とし、膵臓をはじめ全身性に病変がみられる。今回、顎下腺、後腹膜に線維硬化性病変が出現し、続いてリンパ節病変を認め、臨床経過と組織所見より異時性に発生したIgG4関連硬化性疾患と考えられた症例を経験した。従来、慢性炎症や炎症性偽腫瘍と診断された症例の中に、新しい疾患概念であるIgG4関連硬化性疾患の範疇に含まれる例がある。特にリンパ節病変の組織像は多彩で、Castleman病やangioimmunobl...
Mima K, Hirota M, Abe S, Iwatsuki M, Imamura H, Tsuruzoe S, Chikamoto A,
Surgery Today   40(8) 772-776   2010
Ishihara S, Honda Y, Asato T, Nonaka M, Nakagawa S, Hirashima K, Hayashi N, Baba H, Iyama K.
Pathol Res Pract   206(7) 514-518   2010
腹部超音波検診にて発見されたCastleman's diseaseの1例
三浦 和浩, 尾上 由紀子, 室原 康人, 中島 浩二, 緒方 恵子, 林 康子, 吉村 和代, 内田 聡司, 徳永 法子, 大和 悟, 山村 和美, 坂本 浩子, 村田 友佳, 村上 晴彦, 粟津 雄一郎, 江川 尚批呂, 小山 みさ子, 土亀 直俊, 西東 龍一, 魚住 秀昭, 池田 理, 河中 功一, 山下 康行, 猪山 賢一, 本田 由美, 福田 精二, 久保田 竜生, 久米 修一, 鳥越 義継
日本消化器がん検診学会雑誌   47(6) 763-764   Nov 2009
Honda Y, Shiraishi K, Nomori H, Ishihara S, Iyama K
Pathology international   59(8) 572-576   Aug 2009   [Refereed]
本田 由美, 安里 嗣晴, 石原 園子, 猪山 賢一
診断病理   26(3) 155-158   Jul 2009
68歳女性の右手掌皮下に発症したhyaline cell-rich chondroid syringomaの1例を報告する。境界明瞭な結節性病変で、楕円形の核を有する小型の腫瘍細胞とともに、核内空胞の目立つ大型の核と好酸性の豊富な細胞質を有する腫瘍細胞が見られた。核/細胞質比の増加は目立たず、核分裂像や壊死は認めなかった。免疫組織化学で腫瘍細胞はAE1/AE3、CAM 5.2、cytokeratin(CK)5/6、vimentinがびまん性に陽性で、CK14、S-100蛋白、p63が一部陽...
本田 由美, 孝橋 賢一, 小田 義直, 恒吉 正澄, 猪山 賢一
診断病理   26(3) 151-154   Jul 2009
7歳男児の右第2指に発症したangiomatoid fibrous histiocytomaの1例を報告する。組織学的には境界の比較的明瞭な結節性病変で、組織球様の腫瘍細胞の増殖が見られ、血液をいれる嚢腫様構造を認めた。免疫組織化学では腫瘍細胞はCD68、vimentin、desminに陽性であった。本症例では線維性の偽被膜がなく、リンパ球主体の炎症細胞浸潤がほとんど見られない点が特徴的であった。RT-PCR法で融合遺伝子産物EWSR1-CREB1を検出した。(著者抄録)
予後不良であった化生部分を伴う乳房紡錘細胞癌の1例
中野 正啓, 山本 豊, 川添 輝, 林 光博, 末田 愛子, 本田 由美, 猪山 賢一, 岩瀬 弘敬
癌と化学療法   36(6) 1017-1019   Jun 2009
症例は57歳、女性。受診2年前より左乳房腫瘤を自覚していた。腫瘤は徐々に増大し、自壊・出血した。初診時、左乳房に皮膚潰瘍を伴う8cm大の腫瘤を認めた。画像診断では不整形で内部が不均一に造影される病変であり、左腋窩リンパ節の腫脹を認めた。葉状腫瘍または特殊型乳癌を疑い、左乳房切除、腋窩リンパ節郭清を施行した。病理診断は乳頭腺管癌から紡錘細胞癌への移行像が認められ、化生部分を伴う紡錘細胞癌であった。免疫組織化学は乳頭腺管癌部分ではエストロゲンレセプター(ER)弱陽性・プロゲステロンレセプター(...
本田 由美, 石原 園子, 猪山 賢一
診断病理   26(2) 88-92   Apr 2009
58歳男性の右第2指爪部に発症したsuperficial acral fibromyxomaの1例を報告する。粘液浮腫状あるいはコラーゲンの豊富な線維性間質を背景に紡錘形から多角形の核を有する腫瘍細胞が不明瞭な束状構造をとって増殖し、免疫組織化学ではvimentin,CD34,CD10が陽性であった。本腫瘍は成人の指趾に好発する稀な軟部腫瘍で、皮膚の付属器周囲や血管周囲に存在するCD34陽性の間葉系細胞由来という説や、nail unitに特異的なCD10陽性の間葉系細胞起源との説がある。(...
Kondo T, Matsuyoshi A, Matsuyoshi H, Goto R, Ono K, Honda Y, Iyama K, Tsuruzoe K, Miyamura N, Araki E
BMJ case reports   2009    2009   [Refereed]
Honda Y, Iyama K.
Pathol Int   59(3) 179-184   2009
本田 由美
診断病理   25(3) 242-242   Jul 2008
熊本県における「P to P(Person to Person)支援ソフト」によるテレサイトロジー・ネットワークの構築と地域医療への有用性
猪山 賢一, 本田 由美, 徳永 英博, 田上 さやか, 北原 千恵, 下田 環, 島田 寛子, 広瀬 里子, 山住 浩介, 井手 祐二
日本臨床細胞学会九州連合会雑誌   39 91-95   Jul 2008
本田 由美, 石原 園子, 猪山 賢一
診断病理   25(2) 67-71   Apr 2008
Rhabdoid featureを呈するbasal cell(trichoblastic)carcinomaの症例を報告する。好酸性の細胞質を有するrhabdoidな腫瘍細胞は通常の腫瘍細胞との間に移行があり、主に胞巣の中央に存在し、細胞間の結合が弱い傾向があった。免疫組織化学ではrhabdoidな腫瘍細胞はAE1/AE3陽性、CAM5.2陽性の他に、α smooth muscle actin(αSMA)やcalponin,muscle actin(HHF 35)が強陽性、vimentin...
土亀 直俊, 村上 晴彦, 村田 友佳, 前田 将臣, 西 潤子, 緒方 一朗, 加古 博史, 本田 由美
Gastroenterological Endoscopy   50(4) 1099-1103   Apr 2008
75歳男。71歳時肺癌と診断され右下葉切除術を受けた。術後非定型抗酸菌症の合併を指摘され、rifampicin、levofloxacin等の内服を継続していた。74歳時虚血性心疾患で冠動脈ステントを留置され、各種の薬剤が投与された。健診目的の内視鏡で、食道上部から線状の黒色域がみられ、一部は線状に正常粘膜もみられるが、全周にわたって黒色粘膜として観察された。末端部では正常の色調は少なくなり、黒色変化が著明であった。生検所見では弱拡大像で食道粘膜の全層にわたる瀰漫性の黒褐色のメラニン色素の沈...
石原 園子, 本田 由美, 猪山 賢一
診断病理   25(1) 36-39   Jan 2008
44歳女性の肝腫瘤として発症したextranodal Rosai-Dorfman disease(RDD)の1例を報告する。健診で肝門部に腫瘤を認め、2年の経過を経て増大傾向を示したため切除術をうけた。摘出された腫瘤には弱好酸性の細胞質を有する組織球様細胞の増生、血球貪食像、リンパ濾胞の増生がみられた。免疫組織化学では組織球様細胞はCD68やS-100蛋白が陽性であった。RDDはまれな組織球増殖性疾患で、多くの症例にリンパ節腫脹がみられる。節外病変のみを呈する例は少なく、中でも消化器系臓器...
Nomori H, Shibata H, Uno K, Iyama K, Honda Y, Nakashima R, Sakaguchi K, Goya T, Takanami I, Koizumi K, Suzuki T, Kaji M, Horio H.
J Thorac Oncol   3(12) 1427-1432   2008
Okumura Y, Yamamoto Y, Zhang Z, Toyama T, Kawasoe T, Ibusuki M, Honda Y, Iyama K, Yamashita H, Iwase H.
BMC cancer   2008(8) 287-287   2008
Ikeda K, Nomori H, Ohba Y, Shibata H, Mori T, Honda Y, Iyama K, Kobayashi T.
J Thorac Oncol   3(5) 467-471   2008
Baba Y, Iyama K, Ikeda K, Ishikawa S, Hayashi N, Miyanari N, Honda Y, Sado Y, Ninomiya Y, Baba H
Journal of gastroenterology   42(11) 874-880   Nov 2007   [Refereed]
画像診断と病理 肝未分化肉腫
宮本 久督, 伊牟田 真功, 山下 康行, 別府 透, 馬場 秀夫, 本田 由美, 猪山 賢一
画像診断   27(12) 1414-1415   Nov 2007
石原 園子, 本田 由美, 猪山 賢一
診断病理   24(4) 440-444   Oct 2007
40歳女性の腹腔内多発腫瘍で発症したextraneural ependymomaの1例を報告する。脳室上衣細胞類似の腫瘍細胞が多結節性に増殖し、腺管構造やロゼット配列を呈していた。免疫組織化学ではglial fibrillary acidic proteinおよび上皮系マーカーであるepithelial membrane antigenやcytokeratinが陽性であった。また、estrogen receptor(ER)とprogesterone receptor(PgR)が腫瘍細胞の核...
画像診断と病理 肝原発性悪性リンパ腫
宮本 久督, 伊牟田 真功, 山下 康行, 杉山 眞一, 別府 透, 馬場 秀夫, 星乃 光有, 満屋 裕明, 本田 由美, 猪山 賢一
画像診断   27(10) 1162-1163   Sep 2007
画像診断と病理 Solid-pseudopapillary tumor
宮本 久督, 伊牟田 真功, 山下 康行, 阿部 真也, 坂本 快郎, 馬場 秀夫, 本田 由美, 猪山 賢一
画像診断   27(9) 1040-1041   Aug 2007
葉状腫瘍と鑑別困難であった乳腺紡錘細胞癌の1例
田上 さやか, 徳永 英博, 北原 千恵, 下田 環, 石原 園子, 本田 由美, 猪山 賢一
日本臨床細胞学会九州連合会雑誌   38 109-112   Jul 2007
77歳女、右乳房腫瘤を主訴とした。右BD領域境界にdimplingを伴う腫瘤を認めた。マンモグラフィーでは辺縁が微細分葉状の円形腫瘤(約1.5cm大)を認めた。穿刺吸引細胞診ではfiber状〜紡錘形の細胞が孤立散在性あるいは一部集塊状にみられ、細胞質の境界は比較的明瞭で、核形不整、顆粒状クロマチン増量、小型核小体を認めた。また、上皮性結合を示す細胞集塊を認めたが異型のないシート状集塊であり、良性の乳管上皮細胞と考え葉状腫瘍が疑われた。摘出標本の肉眼所見は黄白色、充実性、境界明瞭な腫瘤であっ...
平田 貴文, 別府 透, 石河 隆敏, 杉山 眞一, 高森 啓史, 金光 敬一郎, 本田 由美, 櫻井 健一, 広田 昌彦, 馬場 秀夫
日本消化器外科学会雑誌   40(5) 623-628   May 2007
症例は52歳の女性で,約2か前より全身倦怠感と呼吸苦が出現し,精査にて直径20cm超の巨大肝腫瘍を認め当院紹介となった.37歳時に不妊治療のためホルモン療法を行った.進行性の貧血,呼吸困難,両下肢の腫脹を認めperformance status(以下,PSと略記)は3であった.USでは腫瘍は肝前〜内側区域に存在し内部は多彩で,右,中肝静脈根部は描出されず,左肝静脈や右グリソン鞘は圧排されていた.単純CTで一部に高吸収域を認め,MRI, T1強調像にて高信号で腫瘍内出血と診断した.造影CTで...
下顎の顆粒細胞型エナメル上皮腫の1例
本田 由美, 石原 園子, 猪山 賢一
診断病理   24(1) 55-57   Jan 2007
59歳男性の下顎に生じた顆粒細胞型エナメル上皮腫の1例を報告する。術前生検では好酸性顆粒状の豊富な細胞質を有する腫瘍細胞の増殖と歯肉粘膜上皮の過形成を認めた。鑑別診断として顆粒細胞腫を第一に考えたが、免疫組織化学でS-100蛋白陰性であり、腫瘍細胞が一部で粘膜上皮と連続し、上皮内にも増殖していることから確定診断を保留とした。腫瘍切除標本では同様の腫瘍細胞の他に、高円柱状の腫瘍細胞が柵状に配列して増殖している部分も見られた。追加の免疫組織化学の結果もあわせて、顆粒細胞型エナメル上皮腫と診断し...
Baba Y, Iyama K, Ikeda K, Ishikawa S, Hayashi N, Miyanari N, Honda Y, Sado Y, Ninomiya Y, Baba H.
J Gastroenterol   42 874-880   2007
検診で発見されたアメーバ腸炎の1例
村上 晴彦, 村田 友佳, 粟津 雄一郎, 前田 将臣, 神本 裕喜子, 泉 薫子, 小山 みさ子, 土亀 直俊, 緒方 一朗, 根岸 孝典, 楠 真一郎, 加古 博史, 本田 由美, 猪山 賢
日本消化器がん検診学会雑誌   44(6) 661-662   Nov 2006
体腔液中にみられた空腸原発内分泌細胞癌の1例
田上 さやか, 徳永 英博, 北原 千恵, 下田 環, 宮本 裕士, 馬場 祥史, 島田 信也, 一迫 玲, 本田 由美, 猪山 賢一
日本臨床細胞学会九州連合会雑誌   37 89-93   Jul 2006
81歳女。心窩部痛が出現し、腹部CTで空腸起始部の腸間膜に腫瘤を指摘された。上部消化管内視鏡では十二指腸の屈曲部位に周囲が粘膜下腫瘍様に隆起し、表面が陥凹した病変を認め、生検で悪性リンパ腫を疑った。腸間膜悪性腫瘍および小腸粘膜への浸潤と考え、腸間膜腫瘍摘出、空腸部分切除術を行った。術中に採取した腹水のPapanicolaou染色では赤血球、成熟リンパ球を背景にN/C比の高い、軽度の大小不同を示す裸核様の小型類円形細胞を散在性に認めた。クロマチンは微細顆粒状で、2核の細胞も少量認めた。細胞質...
30Gy/10回の放射線治療で照射野内転移巣の制御と再骨化が得られた肝細胞癌の1例
東家 亮, 村上 龍次, 馬場 祐之, 古澤 千枝, 松本 浩一, 本田 由美, 大屋 夏生, 山下 康行
臨床放射線   51(7) 879-882   Jul 2006
60歳代男.右側腹部から右臀部にかけての疼痛が出現し,保存的治療にて軽減しなかった.脊椎MRIで第1腰椎右側に腫瘤を認め,生検で肝細胞癌の骨転移が示唆された.肝細胞癌の第1腰椎転移および肝門部リンパ節転移の診断で,肝内病巣に対しては経カテーテル的肝動脈注入療法および経皮的エタノール注入療法を,第1腰椎に対しては除痛目的で放射線治療を行った.放射線治療後,疼痛は徐々に消失し,照射による明らかな肝予備能の低下はみられなかった.椎体および肝門部の転移巣は徐々に縮小し,5ヵ月後には骨転移巣の再骨化...
Misumi S, Iyama K, Honda Y, Kitano T, Sado Y, Ninomiya Y, Shinohara M
Virchows Archiv : an international journal of pathology   445(1) 54-62   Jul 2004   [Refereed]

Misc

 
肝移植時右肝静脈が再建出来ず術後大量腹水や静脈閉塞を伴った症例
安里 嗣晴, 本田 由美, 大矢 雄希, 磯野 香織, 山本 栄和, 猪股 裕紀洋
移植   52(4-5) 468-468   Nov 2017
扁平上皮分化を示す卵巣漿液粘液性境界悪性腫瘍の腹水細胞像
佐野 直樹, 古田 沙織, 西山 尚子, 本田 由美, 三上 芳喜
日本臨床細胞学会雑誌   56(Suppl.2) 743-743   Oct 2017
前縦隔に発生した濾胞樹状細胞腫瘍の1例
中川 雅貴, 河中 功一, 田村 吉高, 山下 康行, 柴田 英克, 鈴木 実, 本田 由美, 三上 芳喜
日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集   52回 S552-S552   Aug 2016
長期経過観察され特異な画像所見を示した下垂体細胞腫(Pituicytoma)の一例
矢野 茂敏, 松浦 任, 篠島 直樹, 秀 拓一郎, 倉津 純一, 本田 由美, 三上 芳喜, 横尾 英明
Brain Tumor Pathology   33(Suppl.) 153-153   May 2016
カベルゴリン抵抗性に増大したmixed pituitary gangliocytoma and prolactinomaの一例
矢野 茂敏, 植川 顕, 篠島 直樹, 秀 拓一郎, 倉津 純一, 本田 由美, 三上 芳喜
Brain Tumor Pathology   32(Suppl.) 116-116   May 2015
腹水中に出現した低異型度漿液性腺癌の1例
竹下 博士, 徳永 英博, 田上 さやか, 石原 光浩, 下田 環, 片渕 達也, 森 真琴, 住吉 真治, 本田 由美, 三上 芳喜
日本臨床細胞学会雑誌   54(Suppl.1) 185-185   Apr 2015
腹水細胞診で診断困難であった卵巣悪性ブレンナー腫瘍の一例
森 真琴, 徳永 英博, 田上 さやか, 石原 光浩, 下田 環, 竹下 博士, 片渕 達也, 住吉 真治, 本田 由美, 三上 芳喜
日本臨床細胞学会雑誌   54(Suppl.1) 184-184   Apr 2015
矢野茂敏, 植川顕, 篠島直樹, 秀拓一郎, 倉津純一, 本田由美, 三上芳喜
Brain Tumor Pathol   32(Supplement) 116   2015
神経内分泌腫瘍成分を伴う子宮頸部腸型粘液性腺癌の1例
片渕 達也, 徳永 英博, 田上 さやか, 石原 光浩, 下田 環, 竹下 博士, 森 真琴, 住吉 真治, 本田 由美, 三上 芳喜
日本臨床細胞学会雑誌   53(Suppl.2) 552-552   Oct 2014
脳内ホジキンリンパ腫の一例
竹崎 達也, 中村 英夫, 黒田 順一郎, 山田 和慶, 本田 由美, 牧野 敬史, 倉津 純一
Brain Tumor Pathology   31(Suppl.) 164-164   May 2014
腫瘍内出血を伴った成人テント上PNETの一例
矢野 茂敏, 黒田 順一郎, 伊東山 剛, 篠島 直樹, 秀 拓一郎, 牧野 敬史, 中村 英夫, 本田 由美, 猪山 賢一, 倉津 純一
Brain Tumor Pathology   31(Suppl.) 102-102   May 2014
健診を契機に発見され、副腎腫瘍との鑑別が困難であった胃GISTの1例
山村 定弘, 伊牟田 真功, 西 潤子, 牧野 泰博, 村上 晴彦, 村上 友佳, 土亀 直俊, 本田 由美, 猪山 賢一, 山下 康行
日本消化器がん検診学会雑誌   52(3) 72-72   May 2014
濾胞性リンパ腫に指状嵌入細胞肉腫を合併した1例
安里 嗣晴, 本田 由美, 猪山 賢一
日本病理学会会誌   103(1) 384-384   Mar 2014
準広汎子宮全摘術を契機に診断に至った子宮体部類内膜腺癌とPEComaを合併した一例
塩見 祐子, 安里 嗣晴, 本田 由美, 猪山 賢一
日本病理学会会誌   103(1) 367-367   Mar 2014
肺のBlastomatoid Carcinosarcomaは肺芽腫との鑑別を要する高悪性度の腫瘍である 13例の臨床病理学的検討
鈴木 理樹, 太田 聡, 稲山 嘉明, 横井 豊治, 河内 香江, 若狹 研一, 飯嶋 達生, 森 大輔, 塚本 吉胤, 横山 繁生, 武村 民子, 本田 由美, 羽場 礼次, 中谷 行雄
日本病理学会会誌   103(1) 352-352   Mar 2014
Trichilemmal cystに合併したMerkel cell carcinomaの1例
本田 由美, 安里 嗣晴, 塩見 祐子, 猪山 賢一
日本病理学会会誌   103(1) 329-329   Mar 2014
肺転移をきたした乳房原発の腺筋上皮腫の1例
猪山 あゆみ, 井上 聖二郎, 横山 公一, 中曽根 豊, 河中 功一, 池田 理, 山本 豊, 岩瀬 弘敬, 本田 由美, 猪山 賢一
Japanese Journal of Radiology   32(Suppl.) 79-79   Feb 2014
術前診断に難渋した未分化型胃癌の1例
田口 奈留美, 山村 定弘, 伊牟田 真功, 山下 康行, 渡邊 雅之, 馬場 秀夫, 本田 由美, 猪山 賢一, 村上 晴彦, 土亀 直俊
Japanese Journal of Radiology   32(Suppl.) 75-75   Feb 2014
EUSが診断に有用であった気管支原性嚢胞の1例
山村 定弘, 田口 奈留美, 伊牟田 真功, 山下 康行, 吉本 健太郎, 鈴木 実, 本田 由美, 猪山 賢一, 村上 晴彦, 土亀 直俊
Japanese Journal of Radiology   32(Suppl.) 72-72   Feb 2014
閉経後転移乳癌に対する「エストロゲン療法」によるホルモンレセプター発現の変化(Changes of hormone receptor expression due to "estrogen therapy" for postmenopausal metastatic breast cancer)
岩瀬 弘敬, 山本 豊, 指宿 睦子, 村上 敬一, 奥村 恭博, 富田 さおり, 本田 由美, 大本 陽子, 猪山 賢一
日本癌学会総会記事   72回 157-157   Oct 2013
扁平上皮癌の浸潤・転移における基底膜や上皮・間葉系マーカーの免疫組織化学的動態
下田 環, 塩見 祐子, 安里 嗣晴, 本田 由美, 佐渡 義一, 二宮 善文, 猪山 賢一
日本結合組織学会学術大会・マトリックス研究会大会合同学術集会プログラム・抄録集   45回・60回 137-137   Jun 2013
MEN1型患者における胸腺腫と神経内分泌腫瘍からなる混合性胸腺上皮性腫瘍の1例
安里 嗣晴, 本田 由美, 猪山 賢一
日本病理学会会誌   102(1) 432-432   Apr 2013
低分化腺癌の成分を伴う肺芽腫の1例
本田 由美, 安里 嗣晴, 猪山 賢一
日本病理学会会誌   102(1) 423-423   Apr 2013
胆嚢摘出後断端神経腫の1例
田上 昇太, 尾田 済太郎, 浪本 智弘, 彌永 由美, 山下 康行, 杉原 栄孝, 高森 啓史, 馬場 秀夫, 本田 由美, 猪山 賢一
Japanese Journal of Radiology   31(Suppl.I) 96-96   Feb 2013
診断に苦慮した肺芽腫の1例
石原 光浩, 徳永 英博, 田上 さやか, 下田 環, 本田 由美, 猪山 賢一
日本臨床細胞学会雑誌   51(Suppl.2) 812-812   Sep 2012
当院における出張細胞診の現状
田上 さやか, 徳永 英博, 石原 光浩, 下田 環, 本田 由美, 猪山 賢一
日本臨床細胞学会雑誌   51(Suppl.2) 798-798   Sep 2012
乳腺原発腺様嚢胞癌の1例
廣瀬 里子, 井野 昌子, 作本 省悟, 山住 浩介, 本田 由美, 猪山 賢一
日本臨床細胞学会雑誌   51(Suppl.2) 710-710   Sep 2012
B型肝硬変に対するFAP患者からのドミノ肝移植後、膵癌を発症し死に至った1剖検例
安里 嗣晴, 大矢 雄希, 本田 由美, 猪山 賢一, 阿曽沼 克弘, 猪股 裕紀洋
移植   47(総会臨時) 307-307   Sep 2012
後頭部の皮下腫瘍
本田 由美, 猪山 賢一
日本皮膚病理組織学会会誌   27(2) 65-65   Mar 2012
耳下腺原発の血管肉腫の1例
本田 由美, 徳永 英博, 田上 さやか, 石原 光浩, 下田 環, 猪山 賢一
日本臨床細胞学会雑誌   51(Suppl.1) 432-432   Mar 2012
特異な細胞像を呈した顎下腺腺様嚢胞癌の1例
下田 環, 徳永 英博, 田上 さやか, 石原 光浩, 本田 由美, 猪山 賢一
日本臨床細胞学会雑誌   51(Suppl.1) 428-428   Mar 2012
子宮頸部腺系病変のER及びPgRの発現について
徳永 英博, 田上 さやか, 石原 光浩, 下田 環, 本田 由美, 猪山 賢一
日本臨床細胞学会雑誌   51(Suppl.1) 229-229   Mar 2012
腎盂原発のAdenocarcinoma、mucinous typeの一例
安里 嗣晴, 本田 由美, 猪山 賢一
日本病理学会会誌   101(1) 337-337   Mar 2012
耳下腺原発の血管肉腫の1例
本田 由美, 安里 嗣晴, 猪山 賢一
日本病理学会会誌   101(1) 331-331   Mar 2012
乳癌治療におけるKi67 labeling indexの臨床的重要性について
林 光博, 冨口 麻衣, 土谷 真実子, 村上 敬一, 山本 豊, 本田 由美, 猪山 賢一, 岩瀬 弘敬
日本臨床外科学会雑誌   72(12) 3194-3194   Dec 2011
穿刺吸引細胞診にて角化細胞を認めなかった乳腺原発扁平上皮癌の1例
石原 光浩, 徳永 英博, 田上 さやか, 下田 環, 本田 由美, 猪山 賢一
日本臨床細胞学会雑誌   50(Suppl.2) 569-569   Sep 2011
女性のための臨床細胞学 診断精度の向上を目指して 子宮頸部病変の診断精度の向上を目指して
徳永 英博, 田上 さやか, 石原 光浩, 下田 環, 本田 由美, 猪山 賢一
日本臨床細胞学会雑誌   50(Suppl.2) 498-498   Sep 2011
こんな所にもある女性特有の腫瘍 乳腺・生殖器以外の臓器に発生する女性に多い腫瘍の細胞診 腹膜・後腹膜にみられる女性特有の腫瘍および非腫瘍性病変
本田 由美, 徳永 英博, 田上 さやか, 石原 光浩, 下田 環, 片渕 達也, 猪山 賢一
日本臨床細胞学会雑誌   50(Suppl.2) 462-462   Sep 2011
前腕遠位部に発生したmixed tumorの1例
佐藤 広生, 薬師寺 俊剛, 岡 潔, 本田 由美, 猪山 賢一, 水田 博志
日本整形外科学会雑誌   85(6) S972-S972   Jun 2011
転移リンパ節穿刺吸引細胞診で組織型判定に苦慮した副鼻腔悪性黒色腫の1例
本田 由美, 徳永 英博, 田上 さやか, 石原 光浩, 下田 環, 猪山 賢一
日本臨床細胞学会雑誌   50(Suppl.1) 329-329   Mar 2011
診断に苦慮したホジキンリンパ腫の一例
廣瀬 里子, 井野 昌子, 作本 省悟, 山住 浩介, 本田 由美, 猪山 賢一
日本臨床細胞学会雑誌   50(Suppl.1) 316-316   Mar 2011
胸腔播種を認めたエクリン汗孔癌の1例
片渕 達也, 徳永 英博, 田上 さやか, 石原 光浩, 下田 環, 大西 紘二, 本田 由美, 猪山 賢一
日本臨床細胞学会雑誌   50(Suppl.1) 218-218   Mar 2011
細胞診が早期診断に有用であった胸膜悪性中皮腫の1例
田上 さやか, 猪山 賢一, 本田 由美, 徳永 英博, 石原 光浩, 下田 環
日本臨床細胞学会雑誌   50(Suppl.1) 214-214   Mar 2011
涙嚢内に発生したOncocytomaの一例
安里 嗣晴, 大西 紘二, 本田 由美, 猪山 賢一
日本病理学会会誌   100(1) 465-465   Mar 2011
間質に軟骨形成を伴った原発性肺腺癌の1例
本田 由美, 安里 嗣晴, 大西 紘二, 猪山 賢一
日本病理学会会誌   100(1) 405-405   Mar 2011
経過中に退縮を示したScrelosing thymomaの1例
大西 紘二, 本田 由美, 安里 嗣晴, 猪山 賢一
日本病理学会会誌   100(1) 403-403   Mar 2011
播種性骨髄癌症を呈したHER-2陽性胃癌の1剖検例
大西 紘二, 本田 由美, 安里 嗣晴, 猪山 賢一, 竹屋 元裕
日本病理学会会誌   100(1) 303-303   Mar 2011
右大腿の皮下腫瘍
本田 由美, 猪山 賢一
日本皮膚病理組織学会会誌   26(2) 45-45   Mar 2011
メルケル細胞癌におけるメルケル細胞ポリオーマウイルスの発現
正 百合子, 矢田 直美, 駄阿 勉, 加島 健司, 横山 繁生, 中島 正洋, 神尾 多喜浩, 本田 由美, 戸田 修二
西日本皮膚科   73(1) 99-99   Feb 2011
A case of estrogen receptor-positive lipoleiomyoma of the retroperitoneum
Jpn J Diagn Pathol   28(2) 113-116   2011
CHOPおよびEI療法が奏効した再発interdigitating dedritic cell sarcoma
石原 園子, 立津 央, 宮川 英子, 野坂 生郷, 安里 嗣晴, 本田 由美, 猪山 賢一, 満屋 裕明
臨床血液   51(9) 1076-1076   Sep 2010
IgG4関連肺疾患の2例
中村 信一, 河中 功一, 吉田 守克, 田村 吉高, 粟井 和夫, 山下 康行, 本田 由美, 猪山 賢一
Japanese Journal of Radiology   28(Suppl.I) 93-93   Jul 2010
小児脳腫瘍・Choroid plexus carcinomaの一例
安里 嗣晴, 石原 園子, 本田 由美, 猪山 賢一
日本病理学会会誌   99(1) 354-354   Mar 2010
腎盂・尿管のverrucous squamous hyperplasiaの1例
本田 由美, 安里 嗣晴, 石原 園子, 猪山 賢一
日本病理学会会誌   99(1) 348-348   Mar 2010
メルケル細胞癌とメルケル細胞ポリオーマウイルス感染
矢田 直美, 正 百合子, 駄阿 勉, 加島 健司, 本田 由美, 猪山 賢一, 戸田 修二, 中島 正洋, 神尾 多喜浩, 横山 繁生
日本病理学会会誌   99(1) 335-335   Mar 2010
イレウスで発症した回腸原発のInterdigitating dendritic cell sarcoma
石原 園子, 本田 由美, 安里 嗣晴, 猪山 賢一
日本病理学会会誌   99(1) 281-281   Mar 2010
壊死を伴った耳下腺多形腺腫の1例
本田 由美, 徳永 英博, 石原 光浩, 田上 さやか, 下田 環, 古吉 麻耶, 猪山 賢一
日本臨床細胞学会雑誌   49(Suppl.1) 222-222   Mar 2010
扁平上皮癌と神経内分泌腫瘍が共存した子宮頸癌の2例
下田 環, 徳永 英博, 田上 さやか, 石原 光浩, 古吉 麻耶, 本田 由美, 猪山 賢一
日本臨床細胞学会雑誌   49(Suppl.1) 203-203   Mar 2010
後頭部の皮下腫瘍
本田 由美, 猪山 賢一
日本皮膚病理組織学会会誌   25(2) 60-60   Mar 2010
An adult case of undifferentiated (embryonal) sarcoma of the liver
Jpn J Diagn Pathol   27(4) 280-284   2010
A case of Lymphoepithelioma-like carcinoma of the uterine cervix
The journal of the japanese society of clinical cytology, Kyushu branch   41 109-112   2010
A case of hepatocellular adenoma
Jpn J Diagn Pathol   27(3) 201-206   2010
IgG4-related sclerosing disease with lymphadenopathy following sialadenitis and retroperitoneal fibrosis
Jpn J Diagn Pathol   27(1) 80-83   2010
子宮原発印環細胞癌の1症例
石原 光浩, 下田 環, 古吉 麻耶, 田上 さやか, 徳永 英博, 本田 由美, 猪山 賢一
日本臨床細胞学会雑誌   48(Suppl.2) 585-585   Sep 2009
多巣性線維硬化症を伴うIgG4関連リンパ節病変
石原 園子, 河野 和, 中村 美紀, 野坂 生郷, 満屋 裕明, 本田 由美, 猪山 賢一
臨床血液   50(9) 1158-1158   Sep 2009
Primary effusion lymphomaと鑑別を要したc-myc/λ再構成を伴うdiffuse large B-cell lymphoma
立津 央, 野坂 生郷, 藤原 志保, 宮家 宏定, 石原 園子, 本田 由美, 猪山 賢一, 新野 大介, 大島 孝一, 満屋 裕明
臨床血液   50(9) 1065-1065   Sep 2009
致命的出血をきたしたaggressive NK cell leukemiaの2例
立津 央, 野坂 生郷, 石原 園子, 本田 由美, 猪山 賢一, 満屋 裕明
日本リンパ網内系学会会誌   49 121-121   Jun 2009
AIDSに合併したEBウイルス関連脳原発悪性リンパ腫の3例
野坂 生郷, 宮川 寿一, 立津 央, 中村 美紀, 石原 園子, 本田 由美, 猪山 賢一, 満屋 裕明
日本リンパ網内系学会会誌   49 97-97   Jun 2009
子宮頸部扁平上皮の異形成-上皮内癌、微小浸潤扁平上皮癌における基底膜IV型コラーゲンα鎖の動態
今村 奈穂子, 平島 浩太郎, 本田 由美, 猪山 賢一
日本病理学会会誌   98(1) 377-377   Mar 2009
気管支のSialadenoma papilliferumの1例
本田 由美, 石原 園子, 猪山 賢一
日本病理学会会誌   98(1) 328-328   Mar 2009
Renal cell carcinomaに合併したangiomyolipoma
石原 園子, 本田 由美, 猪山 賢一
日本病理学会会誌   98(1) 317-317   Mar 2009
消化器癌脳転移巣におけるIV型コラーゲンα鎖の動態
平島 浩太郎, 石原 園子, 本田 由美, 猪山 賢一
日本病理学会会誌   98(1) 228-228   Mar 2009
腺癌成分を伴った子宮頸部神経内分泌腫瘍の1例
大柿 有, 徳永 英博, 田上 さやか, 古吉 麻耶, 下田 環, 本田 由美, 猪山 賢一
日本臨床細胞学会雑誌   48(Suppl.1) 308-308   Mar 2009
小児の皮下腫瘍
本田 由美, 猪山 賢一
日本皮膚病理組織学会会誌   24(2) 71-71   Mar 2009
A case of hyaline cell-rich chondroid syringoma
Jpn J Diagn Pathol   26(3) 155-158   2009
A case of angiomatoid fibrous histiocytoma
Jpn J Diagn Pathol   26(3) 151-154   2009
A case of spindle cell carcinoma of the breast including metaplastic lesion with poor prognosis
36(6) 1017-1019   2009
A case of superficial acral fibromyxoma
Honda Y, Ishihara S, Iyama K
Jpn J Diagn Pathol   26(2) 88-92   2009
印環細胞型浸潤性小葉癌の1例
徳永 英博, 田上 さやか, 下田 環, 大柿 有, 古吉 麻耶, 島田 寛子, 本田 由美, 猪山 賢一
日本臨床細胞学会雑誌   47(Suppl.2) 619-619   Sep 2008
亜型分類困難なmonomorphic post-transplant lymphoproliferative disorder
石原 園子, 本田 由美, 原田 奈穂子, 野坂 生郷, 松野 文彦, 堀川 健太郎, 麻生 範雄, 満屋 裕明, 猪俣 裕紀洋, 猪山 賢一
臨床血液   49(9) 1024-1024   Sep 2008
高齢者乳癌におけるホルモンレセプター発現
指宿 睦子, 山本 豊, 川添 輝, 富田 さおり, 中野 正啓, 末田 愛子, 林 光博, 本田 由美, 猪山 賢一, 岩瀬 弘敬
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   16回 313-313   Sep 2008
IgG4関連肺疾患の2例
中村 信一, 河中 功一, 田村 吉高, 吉田 守克, 粟井 和夫, 山下 康行, 本田 由美, 猪山 賢一
日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集   44回 S553-S554   Sep 2008
肺、腎に転移を来した乳腺Malignant adenomyoepitheliomaの1例
本田 由美, 徳永 英博, 田上 さやか, 北原 千恵, 下田 環, 猪山 賢一
日本臨床細胞学会雑誌   47(Suppl.1) 254-254   Mar 2008
乳腺Solid papillary carcinomaの2例
下田 環, 徳永 英博, 田上 さやか, 北原 千恵, 本田 由美, 猪山 賢一
日本臨床細胞学会雑誌   47(Suppl.1) 253-253   Mar 2008
基底膜IV型コラーゲン(α1-5鎖)の動態から見た肺異型腺腫様過形成と細気管支肺胞上皮癌の免疫組織学的検討
柴田 英克, 馬場 祥史, 石原 園子, 本田 由美, 猪山 賢一
日本病理学会会誌   97(1) 374-374   Mar 2008
肺、腎に転移を来した乳腺Malignant adenomyoepitheliomaの1例
本田 由美, 石原 園子, 猪山 賢一
日本病理学会会誌   97(1) 331-331   Mar 2008
腹腔内原発のExtraneural ependymomaの一例
石原 園子, 本田 由美, 猪山 賢一
日本病理学会会誌   97(1) 305-305   Mar 2008
術中迅速診断時のハイビジョン病理組織動画、手術視野動画の双方向への送受信システム導入の有用性
猪山 賢一, 石原 園子, 本田 由美, 馬場 祥史, 徳永 英博
日本病理学会会誌   97(1) 207-207   Mar 2008
A useful consultation software fo P to P(Person to Person) telecytology network in Kumamoto Prefecture
Iyama K, Honda Y, Tokunaga T, et al
The journal of the japanese society of clinical cytology, Kyushu branch   39 91-95   2008
Tsuchigame N, Murakami H, et al
Gastroenterological Endoscopy   50(4) 1099-1103   2008
A case of actin-positive basal cell (trichoblastic) carcinoma with rhabdoid feature
Honda Y, Ishihara S, Iyama K
Jpn J Diagn Pathol   25(2) 67-71   2008
A case of extranodal Rosai-Dorfman disease of the liver
Ishihara S, Honda Y, Iyama K
Jpn J Diagn Pathol   25(1) 36-39   2008
肝腫瘤として発症したRosai-Dorfman Diseaseの一例
石原 園子, 本田 由美, 猪山 賢一
臨床血液   48(9) 1199-1199   Sep 2007
木村氏病経過中にB細胞リンパ腫(diffuse large B cell lymphoma)を合併した一例
野坂 生郷, 西本 英史, 徳永 賢治, 松野 文彦, 石原 園子, 本田 由美, 猪山 賢一, 満屋 裕明
臨床血液   48(9) 1054-1054   Sep 2007
気管支腺に発生したPleomorphic adenomaの一例
北原 千恵, 徳永 英博, 田上 さやか, 下田 環, 本田 由美, 猪山 賢一
日本臨床細胞学会雑誌   46(Suppl.2) 528-528   Sep 2007
好酸性細胞化生を伴う耳下腺粘表皮癌の一例
本田 由美, 徳永 英博, 田上 さやか, 北原 千恵, 下田 環, 猪山 賢一
日本臨床細胞学会雑誌   46(Suppl.2) 420-420   Sep 2007
肝細胞癌のneedle tract implantationの1例
田上 俊英, 江川 清文, 城野 剛充, 村尾 哲哉, 高岡 了, 葦原 浩, 佐々木 裕, 本田 由美
西日本皮膚科   69(4) 442-442   Aug 2007
当院における多形癌4症例の臨床的検討
猿渡 功一, 佐々木 治一郎, 森 毅, 本田 由美, 藤井 一彦, 松本 充博, 猪山 賢一, 野守 裕明, 興梠 博次
日本呼吸器学会雑誌   45(増刊) 245-245   Apr 2007
Rhabdoid featureを伴うTrichoblastic carcinomaの一例
本田 由美, 石原 園子, 猪山 賢一
日本病理学会会誌   96(1) 337-337   Feb 2007
木村氏病発症15年の経過中にB細胞性悪性リンパ腫を合併した1例
石原 園子, 本田 由美, 猪山 賢一
日本病理学会会誌   96(1) 279-279   Feb 2007

Books etc

 
Histopathological differential diagnosis
2005   

Conference Activities & Talks

 
A case of extraneural (soft tissue) perineurioma of the head.
2011   
Apocrine mixed tumor of the skin with prominent squamous cells and mucinous cells.
2010   

Association Memberships