村上 正秀

J-GLOBALへ         更新日: 10/05/27 00:00
 
アバター
研究者氏名
村上 正秀
 
ムラカミ マサヒデ
URL
http://choryu.riko.tsukuba.ac.jp/
所属
旧所属 筑波大学 システム情報工学研究科
職名
教授
学位
博士(工学)(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1995年
   
 
- 筑波大学 教授 機能工学系
 
1984年
 - 
1994年
 筑波大学 助教授 構造工学系
 
1980年
 - 
1984年
 筑波大学 講師 構造工学系
 
1977年
 - 
1980年
 東大宇宙航空研究所 講師
 
1974年
 - 
1976年
 米国ナショナルリーサーチカウンシル 客員研究員(NASAエームス研究所)
 

学歴

 
 
 - 
1974年
東京大学 工学系研究科 航空学
 
 
 - 
1969年
東京大学 工学部 航空学
 

委員歴

 
1985年
   
 
日本ヒートパイプ協会  理事
 
 
   
 
日本流体力学会  評議員2003年、英文誌編集委員1998-2001年
 

受賞

 
1996年
大山記念論文賞(低温工学会)
 
2003年
ラッセル-スコット記念最優秀論文賞 (アメリカ低温工学会)
 
2003年
国際宇宙低温工学ワ-クショップ最優秀論文賞
 
2006年
低温工学協会2006年度業績賞(学術業績)
 
2005年
国際宇宙低温工学ワ-クショップ最優秀論文賞
 

書籍等出版物

 
Shock Wave Science and Technology Reference Library
Springer   2006年   
Flow at Ultra-High Reynolds and Rayleigh Numbers - A Status Report -
Springer-Verlag   1998年   
流体実験ハンドブック
朝倉書店   1997年   
衝撃波ハンドブック
シュプリンガー・フェアラーク東京社   1995年   
High Reynolds Number Flows Using Liquid and Gaseous Helium
Springer-Verlag   1991年   

Works

 
ヒートパイプの寿命予測と長寿命化
1985年 - 2002年
スラッシュ窒素冷却法
2000年
パルス管冷却機の作動流体力学
1989年
超伝導ホットワイアの開発
1999年 - 2001年
宇宙用多層断熱材の研究
2005年

競争的資金等の研究課題

 
超流動ヘリウム中の非定常熱流動現象
科学研究費補助金
研究期間: 1985年   
超流動ヘリウム流れに対するPIV法の応用開発
研究期間: 1987年   
超流動ヘリウム中の沸騰現象
研究期間: 1990年   
超流動ヘリウムのキャビテーション流れの実験的研究
研究期間: 2000年 - 2010年
宇宙観測機器の極低温冷却システム
研究期間: 1983年