陶山 佳久

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/10 09:15
 
アバター
研究者氏名
陶山 佳久
 
スヤマ ヨシヒサ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/6723d0ae73f8180c128f90611fc93aa0.html
所属
東北大学
部署
大学院農学研究科・農学部 資源生物科学専攻
職名
准教授
学位
博士(農学)(筑波大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

委員歴

 
2016年1月
 - 
2018年12月
種生物学会  副会長
 
2018年1月
 - 
現在
日本生態学会・Ecological Research編集委員会  副編集委員長
 
2015年1月
 - 
現在
個体群生態学会  Population Ecology副編集長
 
2015年11月
 - 
2019年12月
一般社団法人日本生態学会  代議員
 
2016年1月
 - 
2018年12月
種生物学会  和文誌副編集委員長
 

受賞

 
2018年12月
日本DNA多型学会 日本DNA多型学会優秀研究賞 日本DNA多型学会優秀研究賞
受賞者: 谷中絢貴、Zoe Richards、Sen-Lin Tang、和田直久、陶山佳久、菊地泰生、井口亮、本郷悠貴、安田仁奈
 
2018年11月
森林遺伝育種学会 森林遺伝育種学会賞 森林遺伝育種学的研究のためのMIG-seq(multiplexed ISSR genotyping by sequencing)法の開発
 
2018年1月
日本森林学会 平成30年度日本森林学会賞 森林生態・遺伝育種学的研究のための分子生物学的分析手法の開発と普及
 
2012年6月
Water and Environment Technology Conference 2012 WET Excellent Paper Award 受賞論文名: Soil faunal diversity and possible role on wastewater treatment in the beds of a full-scale vertical flow constructed wetland
受賞者: Kazunori Nakamura, Kazunori Nakano, Tokuo Yano, Yoshihisa Suyama and Osamu Nishimura
 
2004年5月
日本菌学会 日本菌学会平塚賞
受賞者: S. Iwamoto, S. Tokumasu, Y. Suyama, M. Kakishima
 

論文

 
Wee AKS, Mori GM, Lira CF, Núñez-Farfán J, Takayama K, Faulks L, Shi S, Tsuda Y, Suyama Y, Yamamoto T, Iwasaki T, Nagano Y, Wang Z, Watanabe S, Kajita T
Conservation biology : the journal of the Society for Conservation Biology   33(1) 206-209   2019年2月   [査読有り]
Yoichi W, Kawamata I, Matsuki Y, Suyama Y, Uehara K, Ito M
Heredity   121(6) 594-604   2018年12月   [査読有り]
Tamura Saya, Fukuda Tomoko, Pimenova Elena A., Petrunenko Ekaterina A., Krestov Pavel V, Bondarchuk Svetlana N., Chernyagina Olga A., Suyama Yoshihisa, Tsunamoto Yoshihiro, Matsuo Ayumu, Tsuboi Hayato, Takahashi Hideki, Sato Ken, Nishikawa Yoko, Shimamura Takashi, Fujita Hiroko, Nakamura Koh
PHYTOTAXA   373(1) 53-70   2018年10月   [査読有り]
Richards ZT, Yasuda N, Kikuchi T, Foster T, Mitsuyuki C, Stat M, Suyama Y, Wilson NG
Scientific reports   8(1) 15875   2018年10月   [査読有り]
Said Gutierrez-Ortega Jose, Jimenez-Cedillo Karen, Angel Perez-Farrera Miguel, Vovides Andrew P., Martinez Jose F., Molina-Freaner Francisco, Imai Ryosuke, Tsuda Yoshiaki, Matsuki Yu, Suyama Yoshihisa, Watano Yasuyuki, Kajita Tadashi
CONSERVATION GENETICS   19(5) 1069-1081   2018年10月   [査読有り]
Nakazawa Fumio, Suyama Yoshihisa, Imura Satoshi, Motoyama Hideaki
FORESTS   9(8)    2018年8月   [査読有り]
Nakahama N, Ito A, Kaneko S, Matsuki Y, Suyama Y, Hayano A, Murayama M, Isagi Y
Genes & genetic systems   93(1) 31-35   2018年7月   [査読有り]
Gutiérrez-Ortega JS, Salinas-Rodríguez MM, Martínez JF, Molina-Freaner F, Pérez-Farrera MA, Vovides AP, Matsuki Y, Suyama Y, Ohsawa TA, Watano Y, Kajita T
Annals of botany   121(3) 535-548   2018年3月   [査読有り]
Matsuo A, Tomimatsu H, Sangetsu Y, Suyama Y, Makita A
Ecology and evolution   8(3) 1746-1757   2018年2月   [査読有り]
Hoang Thi Binh, Nguyen Van Ngoc, Trinh Ngoc Bon, Shuichiro Tagane, Yoshihisa Suyama, Tetsukazu Yahar
PhytoKeys   92 1-15   2018年1月   [査読有り]
Binh HT, Ngoc NV, Tagane S, Toyama H, Mase K, Mitsuyuki C, Strijk JS, Suyama Y, Yahara T
PhytoKeys   (95) 37-70   2018年   [査読有り]
Laura Parducci, Keith D. Bennett, Gentile Francesco Ficetola, Inger Greve Alsos, Yoshihisa Suyama, Jamie R. Wood, Mikkel Winther Pedersen
New Phytologist   214(3) 924-942   2017年4月   [査読有り]
Yasunori Baba*, Yu Matsuki, Yumi Mori, Yoshihisa Suyama, Chika Tada, Yasuhiro Fukuda, Masanori Saito, Yutaka Nakai
Journal of Bioscience and Bioengineering   123(4) 489-496   2017年4月   [査読有り]
IF(2015)=1.964
長谷川陽一*、陶山佳久、清和研二
日本生態学会誌   67(1) 31-39   2017年3月   [査読有り]
Takehiro Sasaki*, Yu Yoshihara, Masaya Takahashi, Lkhagvasuren Byambatsetseg, Risa Futahashi, Dashzveg Nyambayar, Yoshihisa Suyama
Oecologia   183(3) 785-795   2017年3月   [査読有り]
国際共著論文
IF (2015) = 2.902
Hyeok-Jae Choi*, Takuya Ito, Masashi Yokogawa, Shingo Kaneko, Yoshihisa Suyama, Yuji Isagi
Korean Journal of Plant Taxonomy   47(1) 1-5   2017年3月   [査読有り]
国際共著論文
Yuka Ikezaki, Yoshishisa Suyama, Beth A Middleton, Yoshihiko Tsumura, Kousuke Teshima, Hidenori Tachida, Junko Kusumi*
American Journal of Botany   103(11) 1-13   2016年11月   [査読有り]
国際共著論文
IF = 2.132
Yuma Takahashi*, Yoshihisa Suyama, Yu Matsuki, Ryo Funayama, Keiko Nakayama, Masakado Kawata
Molecular Ecology   25(18) 4450-4560   2016年9月   [査読有り]
IF = 5.947
Kazunori Nakamura*, Tokuo Yano, Yoshihisa Suyama, Osamu Nishimura, Kazunori Nakano
Japanese Journal of Water Treatment Biolgy   52(3) 45-54   2016年9月   [査読有り]
Ichiro Tamaki*, Watanabe Yoichi, Yu Matsuki, Yoshihisa Suyama, Mizuo Mizuno
Tree Genetics & Genomes   13(1) 4   2016年2月   [査読有り]
IF = 2.132

Misc

 
日本産針葉樹の遺伝的多様性
陶山佳久*,津村義彦
地球環境   18(2) 127-136   2013年10月
北スカンジナビアの北方林は最終氷河期から生き残っていた
陶山佳久
サイエンス誌に載った日本人研究者   21-21   2013年3月
48年周期で一斉開花するタケ:インド・ミゾラム州におけるMelocanna bacciferaの開花周期記録
陶山佳久,齋藤智之,西脇亜也,蒔田明史,長谷川尚史,柴田昌三
時間生物学   15(2) 12-16   2009年10月
森林研究における分子生態学的アプローチ
陶山佳久
林木の育種   (212) 24-29   2004年5月
生物地理学とその関連分野における地理情報システム技術の基礎と応用
岩崎貴也*、阪口翔太、横山良太、高見泰興、大澤剛士、池田紘士、陶山佳久
日本生態学会誌   64(3) 183-199   2014年11月
日本の森林樹木の地理的遺伝構造(7)オオシラビソ(マツ科モミ属)
陶山佳久
森林遺伝育種   3(4) 173-178   2014年10月
日本の絶滅危惧樹木シリーズ(40)ーゴヨウザンヨウラクー
陶山佳久
林木の育種   245 20-22   2012年10月
研究室訪問シリーズ(18)—東北大学大学院農学研究科生物共生科学分野—
陶山佳久
林木の育種   244 25-27   2012年7月
落葉広葉樹クリの送受粉システム:雌花上の花粉組成と母樹による花粉選択
長谷川陽一,陶山佳久,清和研二
林木の育種   (240) 12-21   2011年7月
Recent research topics in ecological and genetic approaches for sustainable forest management
Seiwa K., Suyama Y.
Tohoku Journal of Agricultural Research   60 59-62   2009年3月
新緑のブナ林に「動き」を見る.-ブナの親子鑑定-
陶山佳久
岳人別冊春山2007   98   2007年2月
八甲田山のオオシラビソー分布変遷の果てにー
陶山佳久
森林科学   (43) 110-114   2005年2月
植生変遷および生物進化データベースの構築に関する研究
吉村研介,河室公康,志知幸治,吉丸博志,陶山佳久,津村義彦
月刊地球   号外(42) 197-204   2003年9月
花粉化石のDNA分析による植生変動および生物進化の研究
陶山佳久,河室公康,高原光,志知幸治,吉丸博志,木下勲,吉村研介,津村義彦
月刊地球   号外(42) 187-192   2003年9月
林木のDNA分析法(3)核DNAの変異の分析(1) RFLP, PCR-RFLP
陶山佳久
林木の育種   (189) 38-41   1998年10月

書籍等出版物

 
Single-Pollen Genotyping
Y.Isagi and Y. Suyama (eds.) (担当:共編者, 範囲:編集、第2章、第4章、第8章)
Springer   2011年1月   ISBN:978-4-431-53900-1
生態学者が書いたDNAの本 メンデルの法則から遺伝情報の読み方まで
井鷺裕司,陶山佳久 (担当:共著)
文一総合出版   2013年10月   ISBN:978-4-8299-6522-1
地図でわかる樹木の種苗移動ガイドライン
津村義彦,陶山佳久 (担当:共編者)
文一総合出版   2015年6月   ISBN:978-4-8299-6524-5
森の分子生態学2
津村義彦,陶山佳久(編) (担当:共編者, 範囲:第2部第1章、第2部第3章、第3部第5章、第3部第8章)
文一総合出版   2012年3月   
生物時計の生態学ーリズムを刻む生物の世界
陶山佳久 (担当:共編者, 範囲:責任編集、第1部第1章(48年周期で咲いて生まれ変わるタケ)11頁〜28頁)
文一総合出版   2015年12月   ISBN:978-4-8299-6206-0
森の芽生えの生態学
陶山佳久 (担当:共著, 範囲:第9章(実生の親木を特定するDNA分析技術)191~209頁)
文一総合出版   2008年3月   
森の分子生態学〜遺伝子が語る森林のすがた〜
陶山佳久(責任編集:西脇亜也,陶山佳久) (担当:編者, 範囲:責任編集、第1部第1章「遺伝子の指紋:AFLP分析を用いた森林構造の解明 –ササ群落の隠された構造を暴く-」19~37頁、第2部第4章「AFLP分析法」251~262頁)
文一総合出版   2001年2月   
Integrative Observations and Assessments
Shin-Ichi Morinaga, Takaya Iwasaki, Yoshihisa Suyama (担当:共著, 範囲:Chapter 17 Eco-evolutionary genomic observation for local and global environmental changes. p. 327-337)
Springer   2014年   ISBN:978-4-431-54782-2
シリーズ現代の生態学8「森林生態学」
正木隆・陶山佳久 (担当:共著, 範囲:第9章 樹木の繁殖と種子散布 Pp. 136–153)
共立出版   2011年10月   ISBN:978-4-320-05736-4
森の木の100不思議
陶山佳久 (担当:共著, 範囲:第3章 樹木の遺伝・育種「DNAのタイムカプセル」112~113頁)
東京書籍印刷㈱   1996年2月   
地球環境変動の科学 -バイカル湖ドリリングプロジェクト-
河室公康,陶山佳久,吉丸博志,木下勲,津村義彦,河原孝行,吉村研介 (担当:共著, 範囲:第9章第2節「化石花粉の葉緑体DNAの解析」229~234頁)
古今書院   1998年11月   
植物学の百科事典
陶山佳久 (担当:共著, 範囲:植物科学と統計解析、分子系統解析)
丸善出版   2016年6月   
ブンイチvol. 1 2016
陶山佳久
文一総合出版   2016年4月   

講演・口頭発表等

 
Advanced approaches to the study of genetic and phylogenetic diversity in tropical forests [招待有り]
陶山 佳久
Workshop on the ecological research of plant diversity and forest ecosystem in Bidoup - Nui Ba National Park and surrounding areas   2018年12月23日   
ニュージランドのキク科Celmisia 属におけるMIG-seqを用いた系統解析
牛久由夏、石川直子、中浜直之、倉島治、陶山佳久、伊藤元己
第50回種生物学シンポジウム   2018年12月7日   
MIG-seq 法を用いた分子系統地理学的解析による未知のスギ地域在来系統の発見
小沼拓矢、内山憲太郎、陶山佳久
第50回種生物学シンポジウム   2018年12月7日   
MIG-seqとマルチプレックスDNAバーコーディングによる分子系統・集団遺伝解析 [招待有り]
陶山 佳久
第50回種生物学シンポジウム   2018年12月7日   
コーラルトライアングルを中心としたオニヒトデとマンジュウヒトデの集団ゲノム比較解析
袰岩美月、Coralie Taquet、Suharsono、Handoko Adi Susanto、Miguel Fortes、 Jamaluddin Jompa、Niphon Phongsuwan、Catherine Vogler、Gert Wörheide、 John Benzie、Ywee Chieh、Danwei Huang、Davide Seveso、陶山佳久、湯淺英知、東村幸浩、長井敏、満行知花、灘岡和夫、安田仁奈
日本DNA多型学会第27回学術集会   2018年12月5日   
MIG-seq法:次世代シーケンサーを用いた手軽なゲノムワイド塩基配列分析
陶山佳久、松尾歩、廣田峻
日本DNA多型学会第27回学術集会   2018年12月5日   
アオサンゴの隠蔽系統分布と異時的種分化の可能性
谷中絢貴、Zoe Richards、Sen-Lin Tang、和田直久、陶山佳久、 菊地泰生、井口亮、本郷悠貴、安田仁奈
日本DNA多型学会第27回学術集会   2018年12月5日   
次世代シーケンサーを用いた手軽な分子系統・集団遺伝解析 [招待有り]
陶山 佳久
日本生態学会東北地区会第63回弘前大会   2018年12月1日   
生物の個体・集団・種を識別できる新しいDNA分析技術:MIG-seq法の原理からその研究事例まで
陶山 佳久
首都大学東京「系統進化特別講義」兼セミナー   2018年11月22日   
日本国内における宝石サンゴの集団遺伝構造の解明
高田健司、野中正法、岩瀬文人、菊地泰生、陶山佳久、安田仁奈
日本サンゴ礁学会第21回大会   2018年11月22日   
MIG-seq: a simple method for genome-wide sequencing [招待有り]
陶山 佳久
Instituto de Ecología Seminar   2018年11月15日   
森林遺伝育種学的研究のためのMIG-seq(multiplexed ISSR genotyping by sequencing)法の開発 [招待有り]
陶山 佳久
森林遺伝育種学会第7回大会   2018年11月9日   
MIG-seq and multiplexed DNA barcoding: efficient tool for phylogeography and conservation genetics
The 2nd International Academic Conference on the Formation Mechanism of Plant Diversity and Conservation of Endangered Plants in East Asia   2018年11月3日   
生物の個体・集団・種を識別できる新しいDNA分析技術:MIG-seq法の原理からその研究事例まで [招待有り]
陶山 佳久
熊本大学生命科学講座公開セミナー   2018年10月24日   
在来緑化植物ヨモギの外国産緑化個体と在来個体間の形態及び遺伝的組成の違い
我妻総・下野嘉子・今西純一・陶山佳久・満行知花・綱本良啓・冨永達
第49回日本緑化工学会大会   2018年9月15日   
MIG-seqによるメドハギ類の緑化用種子および緑化法面生育個体の遺伝的特徴の解析
今西純一・今西亜友美・陶山佳久・井鷺裕司
第49回日本緑化工学会大会   2018年9月15日   
同所的に生育するエチゼンダイモンジソウとダイモンジソウの遺伝構造比較
孫田佳奈、阪口翔太、廣田峻、綱本良啓、陶山佳久、赤井賢成、瀬戸口浩彰
日本植物学会第82回大会   2018年9月14日   
MIG-seq法:次世代シーケンサーを用いた手軽なゲノムワイド塩基配列分析
陶山 佳久
イルミナ iSchoolプロフェッショナルウェビナー   2018年9月5日   
MIG-seq and multiplexed DNA barcoding: an efficient combination for molecular phylogenetic analysis
陶山 佳久
7th International Legumue Conference   2018年8月29日   
生物の地域性を活かした豊かな未来を目指して [招待有り]
陶山 佳久
未来の暮らし方を育む泉の創造シンポジウムin志摩-地域の自然とライフスタイル-   2018年7月21日   
Spatial genetic structure in alpine populations of an endangered gentian, Gentiana yakushimensis
The 8th East Asian Federation of Ecological Societies (EAFES) International Congress   2018年4月21日   
Local-scale genetic structure and kinship in the sleeper goby, Eleotris oxycephala, an amphidromous migratory fish, in the Sagami River System, Japan
The 8th East Asian Federation of Ecological Societies (EAFES) International Congress   2018年4月21日   
Genetic diversity, population demography and adaptation of Oxera baladica (Lamiaceae) and an undescribed species in New Caledonia
The 8th East Asian Federation of Ecological Societies (EAFES) International Congress   2018年4月21日   
MIG-seq: a simple method for genome-wide sequencing [招待有り]
陶山 佳久
The IEG Seminar series ‘Frontiers in Ecology and Evolution’   2018年4月3日   
森林生態・遺伝育種学的研究のための分子生物学的分析手法の開発と普及 [招待有り]
陶山 佳久
第129回日本森林学会大会   2018年3月26日   
類似分布を有する近縁ツツジ属2種の対照的な個体群動態史
渡辺洋一、小野悦生、綱本良啓、陶山佳久、上原浩一
第129回日本森林学会大会   2018年3月26日   
牡鹿半島狐崎浜沿岸におけるアラメ個体群間の遺伝子交流と遊走子の分散距離
鈴木はるか・青木智也・満行知花・綱本良啓・陶山佳久・吾妻行雄・青木優和
日本藻類学会第42回大会   2018年3月23日   
改良MIG-seq法の概要
陶山佳久,綱本良啓,満行知花
第65回日本生態学会大会   2018年3月14日   
MIG-seqで加速する絶滅危惧植物の保全遺伝学的データ取得
綱本良啓,廣田峻,石井直浩,小沼拓矢,陶山佳久
第65回日本生態学会大会   2018年3月14日   
地史の生き証人、ニホンザリガニの更なる進化史:MIG-seqだから分かったこと
小泉逸郎,満行知花,綱本良啓,西川潮,川井唯史,大高明史,陶山佳久
第65回日本生態学会大会   2018年3月14日   
東南アジア熱帯林構成種における多数の新種発見に活かされるMIG-seq
満行知花,田金秀一郎,遠山弘法,間瀬慶子,矢原徹一,松尾歩,陶山佳久
第65回日本生態学会大会   2018年3月14日   
ニューカレドニアで適応放散したシソ科植物Oxera baladicaの全分布域を対象とした遺伝的集団構造解析
藤田琴実, 満行知花, 綱本良啓, 井鷺裕司, Gildas Gâteblé, 陶山佳久
第65回日本生態学会大会   2018年3月14日   
屋久島の国有林におけるヤクシカの餌植−次世代シーケンサーを用いたヤクシカ糞の植物DNA解析−
東悠斗, 矢原徹一, 陶山佳久
第65回日本生態学会大会   2018年3月14日   
MIG-seq法を用いた在来2倍体タンポポの遺伝的集団構造
満行知花, 渡邊幹男, 陶山佳久
第65回日本生態学会大会   2018年3月14日   
硫気孔原植物ヤマタヌキランの起源と遺伝的特性
長澤耕樹、阪口翔太、牧雅之、福島慶太郎、井鷺裕司、陶山佳久、綱本良啓、瀬戸口浩彰
日本植物分類学会第17回大会   2018年3月8日   
A taxonomic study of Lithocarpus elegans, L. hancei and its relatives (Fagaceae) in Southeast Asia, based on next generation DNA barcodes and morphological observations
Nguyen Van Ngoc、Hoang Thi Binh、田金秀一郎、遠山弘法、間瀬慶子、満行知花、Joeri Sergej Strijk、陶山佳久、矢原徹一
日本植物分類学会第17回大会   2018年3月8日   
A taxonomic study of Quercus langbianensis complex based on morphology, and DNA barcodes of classic and next generation sequences
Hoang Thi Binh、Nguyen Van Ngoc、田金秀一郎、遠山弘法、間瀬慶子、満行知花、Joeri Sergej Strijk、陶山佳久、矢原徹一
日本植物分類学会第17回大会   2018年3月8日   
風穴地は間氷期レフュージアとして機能したか:風穴地特異的植物の系統地理学的解析
宮嵜泰輔、五百川裕、松尾歩、陶山佳久、鎌田憲太郎、木村拓真、丹羽真一、牧雅之
日本植物分類学会第17回大会   2018年3月8日   
北海道夕張岳蛇紋岩地に固有の絶滅危惧植物ユウバリクモマグサ(ユキノシタ科)の雑種仮説の検証
田村紗彩、福田知子、Elena A. Pimenova、Ekaterina A. Petrunenko、Pavel V. Krestov、Svetlana N. Bondarchuk、Olga A. Chernyagina、陶山佳久、綱本良啓、松尾歩、坪井勇人、高橋英樹、西川洋子、島村崇志、冨士田裕子、中村剛
日本植物分類学会第17回大会   2018年3月8日   
日華区系におけるイワユキノシタ属の隔離分布形成史と繁殖システムの進化
阪口翔太、髙橋大樹、瀬戸口浩彰、綱本良啓、陶山佳久、Yingxiong Qiu、Pan Li、Ruisen Lu、井鷺裕司
日本植物分類学会第17回大会   2018年3月8日   
生物の個体・集団・種を識別できる新しいDNA分析技術—その応用による豊かな社会の創造— [招待有り]
陶山 佳久
ネイチャーテクノロジー研究会   2018年2月20日   
生物の地域性を活かした豊かな未来を目指して
未来の暮らし方を育む泉の創造シンポジウムin北上   2017年12月16日   
MIG-seq法の概要とその多様性生物学研究への応用 [招待有り]
陶山 佳久
東京大学大学院総合文化研究科広域システム科学特別セミナー   2017年12月14日   
MIG-seq分析によるキタダケソウ属3種の種識別と遺伝的集団構造解析
小沼拓矢、綱本良啓、阿部晴恵、中村 剛、陶山佳久
第49回種生物学シンポジウム   2017年12月2日   
ニューカレドニアで適応放散したシソ科Oxera属植物のゲノムワイドSNP分析
藤田琴実、満行知花、綱本良啓、井鷺裕司、Gildas Gâteblé、陶山佳久
第49回種生物学シンポジウム   2017年12月2日   
MIG-seq法によって明らかになった2倍体、倍数体在来タンポポの種間分化
満行知花、陶山佳久
第49回種生物学シンポジウム   2017年12月2日   
日本におけるキスゲ属の遺伝的集団構造
廣田峻,三木望,陶山佳久
第49回種生物学シンポジウム   2017年12月2日   
Genome-wide DNA barcoding: new concept of species identification tool using next-generation sequencing
Yoshihisa Suyama*, Chika Mitsuyuki, Motomi Ito, Tetsukazu Yahara
7th International Barcode of Life Conference   2017年11月20日   
生物の個体・集団・種を識別できる新しいDNA分析技術:MIG-seq法の原理からその研究事例まで [招待有り]
陶山 佳久
第26回Qecoセミナー   2017年11月16日   
MIG-seq: an efficient PCR-based method for genome-wide genotyping
Yoshihisa Suyama
IUFRO 2017 Genetics & Genomics of Fagaceae   2017年11月1日   

競争的資金等の研究課題

 
山岳氷河の掘削試料から得られた樹木花粉のDNA分析による古森林遺伝学的研究
科学研究費補助金
研究期間: 2012年4月 - 2016年3月
絶滅危惧植物の保全遺伝学的研究
地球環境研究総合推進費
研究期間: 2009年4月 - 2016年3月
ハイマツ・キタゴヨウ交雑帯のデモグラフィック・ジェネティックス
科学技術振興調整費
研究期間: 2003年4月 - 2006年3月
花粉化石のDNA分析
科学研究費補助金
研究期間: 2003年4月   
ブナ林の分子生態学的研究
科学研究費補助金
研究期間: 2001年4月   

社会貢献活動

 
スカンディナビア半島 氷河期に針葉樹分布
【情報提供】  河北新報  2012年5月15日
Science誌に掲載された研究成果の報道
緑化は善か(上)「ブナ林 植樹で弱る」
【情報提供】  夕刊読売新聞  2009年4月2日
ブナ林「子孫維持」に工夫
【出演, 寄稿】  読売新聞  2005年6月25日
新みやぎ人「木々のなぞ解く”森の探偵”」
【出演, 寄稿】  読売新聞  2002年3月21日
東京大学大学院総合文化研究科 広域システム科学特別セミナー
【その他】  2017年12月14日
「MIG-seq法の概要とその多様性生物学研究への応用」と題する講演。

その他

 
2016年10月   生物多様性を活かした生物生産技術に関する研究
生物多様性を活かした生物生産試験の実施と、そのメカニズムおよび効果の解析、生産予測・最適化・省力化等関連技術の開発、および開発技術の実用化・普及(商品化)に関する研究
2016年4月   遺伝情報解読ブレークスルーを活用した「種の保存法」指定種の最適保全管理
国内希少野生動植物種を将来にわたって維持するために必要な、遺伝的特徴の個体モニタリングを多数サンプルで継続して行えるように、ゲノム情報の新たな縮約解読方法を開発・改良する。
2013年7月   チョウセンキバナアツモリソウ遺伝子解析業務
チョウセンキバナアツモリソウの遺伝子解析業務
2012年7月   チョウセンキバナアツモリソウ遺伝子解析業務
チョウセンキバナアツモリソウの遺伝子解析業務
2011年4月   アジアの森林における遺伝子・種多様性アセスメント
(1)特定の分類群・機能群を対象とする、戦略的に重要な観測データのデータベース化、遺伝子・種多様性の現状と、損失速度の推
定、ホットスポット、保全に必要な面積、保全の方法などについての政策提言を行う。
(2)遺伝子配列データから熱帯林の種・系統多様性を評価する方法を開発し、アジア・太平洋地域の樹木レッドデータブック編集・ホットスポット特定に寄与する。
(3)気候変動下での適応的進化を定量的に評価する方法を開発する。