森本 健弘

J-GLOBALへ         更新日: 19/08/08 02:40
 
アバター
研究者氏名
森本 健弘
 
モリモト タケヒロ
eメール
morimoto.takehiro.feu.tsukuba.ac.jp
URL
http://giswin.geo.tsukuba.ac.jp/sis/jp/
所属
筑波大学
部署
生命環境系
職名
講師
学位
博士(理学)(筑波大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1992年4月
 - 
1994年3月
日本学術振興会 特別研究員(PD)
 
1994年5月
 - 
1996年3月
筑波大学 文部技官(準研究員)
 
1996年4月
   
 
筑波大学 講師
 

学歴

 
 
 - 
1986年
筑波大学 第一学群 自然学類地球科学主専攻
 
1986年4月
 - 
1992年3月
筑波大学 地球科学研究科 地理学・水文学専攻
 

委員歴

 
2015年4月
   
 
公益社団法人日本地理学会  資格専門委員会/副委員長
 
2014年4月
   
 
公益社団法人日本地理学会  代議員
 
2013年4月
   
 
公益社団法人日本地理学会  資格専門委員会委員
 
2008年
   
 
地理空間学会  常任委員,集会委員長
 
2008年
 - 
2010年
地理情報システム学会  理事
 

論文

 
Dissanayake, DMSLB;Morimoto, Takehiro;Yuji, Murayama;Ranagalage, Manjula
Sustainability   11(8)    2019年4月   [査読有り]
Urbanization has bloomed across Asia and Africa of late, while two centuries ago, it was confined to developed regions in the largest urban agglomerations. The changing urban landscape can cause irretrievable changes to the biophysical environment...
「地理総合」とGIS(地理情報システム) : 企画趣旨・GIS講習会の開催 (日本地理学会第31回地理教育公開講座報告)
田部,俊充;森本,健弘
新地理 = The new geography   65(2) 80-82   2017年8月
Morimoto, Takehiro;Lianxiao
Sustainability   11(2) 529   2019年1月   [査読有り]
Tokyo is located in a lowland area that is vulnerable to flooding. Due to global climate change, the scalability and frequency of flooding is increasing. On the other hand, population aging and family structural changes, as well as the lack of ada...
Ranagalage, Manjula;Estoque, Ronald C.;Handayani, Hepi H.;Zhang, Xinmin;Morimoto, Takehiro;Tadono, Takeo;Murayama, Yuji
Sustainability   10(7) 2366   2018年7月   [査読有り]
The horizontal two-dimensional (2D) urban land use approach is not sufficient to trace rapid changes in urban environment. Hence, a three-dimensional (3D) approach that is different from the traditional geographical method is necessary to understa...
Dissanayake, DMSLB;Morimoto, Takehiro;Ranagalage, Manjula
Modeling Earth Systems and Environment   5(1) 291-306   2018年10月   [査読有り]
Water based soil erosion is a serious socio-economic and environmental problem across the world especially in the tropical region. Assessing the soil erosion quantitatively and spatially provides information to prioritize the soil conservation are...

書籍等出版物

 
Sustainability of Rural Systems: Balancing Heritage and Innovation
森本,健弘 (担当:分担執筆, 範囲:Regional Consequences of Innovations in Konjac Growing in Japan)
Atelier des Presses   2016年12月   ISBN:9782930772189
世界地名大辞典 第9巻 中南アメリカ
森本,健弘 (担当:分担執筆, 範囲:シントマールテン島)
朝倉書店   2014年11月   
世界地名大辞典 第9巻 中南アメリカ
森本,健弘 (担当:分担執筆, 範囲:オラニェスタット)
朝倉書店   2014年11月   
世界地名大辞典 第9巻 中南アメリカ
森本,健弘 (担当:分担執筆, 範囲:アルバ島)
朝倉書店   2014年11月   
世界地名大辞典 第9巻 中南アメリカ
森本,健弘 (担当:分担執筆, 範囲:キュラソー島)
朝倉書店   2014年11月   

講演・口頭発表等

 
Geospatial data gathering using cloud-GIS and smartphones: its advantages and significance
Morimoto, Takehiro
Japan Geoscience Union Meeting 2016   2016年5月22日   Japan Geoscience Union
Geospatial data gathering using cloud-GIS and smartphones: its advantages and significance
Morimoto,Takehiro
Japan Geoscience Union Meeting 2016   2016年5月22日   Japan Geoscience Union
農林業センサスに基づく農業生産性の地域的検討
森本,健弘
2015年日本地理学会秋季学術大会   2015年9月18日   
GIS と小地域統計を用いた農業の地域的パターンの研究
森本,健弘
日本地球惑星科学連合2014年大会   2014年4月28日   
Analysis of cultivation abandonment in central Japan by composing grid square statistics using GIS
森本,健弘
International Geographical Union Regional Conference 2013 Kyoto   2013年8月4日   

競争的資金等の研究課題

 
発展途上諸国の急成長都市群におけるヒートアイランド現象の形成要因と将来予測
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 村山祐司
 21世紀に入り,ヒートアイランド現象は,先進国よりも発展途上国の都市で加速している.とくに社会生活基盤が脆弱な途上
国の大都市では,この現象と地球温暖化とが相まって異常高温・ゲリラ豪雨の発生,スコールの頻発などが顕在化しており,都市型災害の多発や深刻な健康被害が懸念される.この状況を踏まえ,本研究では,途上国の急成長都市群を対象に,ヒートアイランド現象がいかに生じ,その強度を増してきたかを地理学的に解明するとともに,そのメカニズムを明らかにして,悪化の一途をたどる都市生活環境の改善に資す...
地理情報システムを用いた地理教育
研究期間: 2005年4月   
農地利用の地域的システム
不耕作農地の形成に関する地理学的研究