竹村 喜一郎

J-GLOBALへ         更新日: 09/05/22 00:00
 
アバター
研究者氏名
竹村 喜一郎
 
タケムラ キイチロウ
所属
旧所属 筑波大学 人文社会科学研究科
職名
教授
学位
文学修士(東京大学)

研究キーワード

 
 

経歴

 
2000年
 - 
2002年
 筑波大学哲学・思想学系 教授
 

学歴

 
 
 - 
1981年
東京大学 人文科学研究科 倫理学
 
 
 - 
1970年
東京大学 文学部 倫理学
 

委員歴

 
 
   
 
筑波大学哲学・思想学会  評議員、学会誌編集長
 

Misc

 
Gesichtswinkel und Intention von Hegels Teleologie
Studies in Philosophy   (28) 1-32   2003年
ヘーゲル目的論の視角と意想
哲学・思想論集   (28) . 1-32   2003年
『聖家族』におけるヘーゲル理解の倒錯性
情況   第3巻第10号, 148-165   2002年
ヘーゲル機械論の視角と意味
筑波哲学   (12) 13-39   2002年
ヘーゲル推理論の存在論的視角と構造
哲学・思想論集   (27) 19-52   2002年

書籍等出版物

 
Reading Hiromatsu Wataru
Jokyo Shuppan   1996年   
廣松渉を読む(共著)
情況出版   1996年   
Direction of Hegel's Philosophy-"Concept" as <Structure> and its Development-
Gogatsu Shobo   1995年   
ヘ-ゲル哲学の方位-<構造>としての「概念」とその展相-
五月書房   1995年   
Hegel-Dialectic forrunning a time
Jokyo Shuppan   1994年   

競争的資金等の研究課題

 
現代哲学における構造概念の研究
研究期間: 1990年