富田 文一郎

J-GLOBALへ         更新日: 06/09/06 00:00
 
アバター
研究者氏名
富田 文一郎
 
トミタ ブンイチロウ
所属
旧所属 筑波大学 生命環境科学研究科 生物機能科学専攻
職名
教授
学位
農学博士(東京大学)

経歴

 
1991年
   
 
- 筑波大学 教授 農林工学系
 
1985年
 - 
1991年
 東京大学 助教授 農学部
 
1967年
 - 
1985年
 東京大学 助手 農学部附属演習林
 

学歴

 
 
 - 
1966年
東京大学 農学系研究科 林産学専攻
 
 
 - 
1966年
東京大学 農学部 林産
 

委員歴

 
1984年
 - 
2001年
日本木材学会  理事,副会長,会長
 
1992年
 - 
1999年
(社)日本木材加工技術協会  理事
 

受賞

 
1980年
合成樹脂工業協会第4回IOT賞
 
1982年
第22回日本木材学会賞
 

Misc

 
C-13をエンリッチしたホルムアルデヒドを用いたメラミンとユリアの共縮合反応のC-13 NMRによる解析
木材学会誌   41 490   1995年
水系システムによるリグニン/エポキシ樹脂の合成と物性
Holzforschung   51(2) 183   1997年
OBATAYA E, NORIMOTO M, TOMITA B
J. Appl. Polym. Sci   81(13) 3338-3347   2001年
フェノ-ルとユリアのホルムアルデヒドによる共縮合反応の動力学(]G0003[),メチロ-ルフェノ-ルとユリアの共縮合と自己縮合の共存系について
木材学会誌   41 652   1995年
メラミン-ホルムアルデヒド樹脂に関する研究,メチロ-ルメラミンの分子種分布とメチロ-ル化反応の動力学
J, Polym, Sci., Part A-1   15 2347   1977年

書籍等出版物

 
リグニンからの新しい樹脂の開発
Science and Technology of Polymers and Advanced Materials, P.N. Prasad et. al. Ed. Plenum Press (New York)   1998年   

Works

 
液化木材/エポキシ樹脂の開発
2001年 - 2001年
植物系排棄物の利用に関する研究
1999年 - 1999年

競争的資金等の研究課題

 
木材の接着・接着剤に関する研究
リグニンと木材主要成分の有効作用
木材 ‐セメント複合ボードの接着機構