本間 経康

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/05 03:14
 
アバター
研究者氏名
本間 経康
 
ホンマ ノリヤス
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/9f01ec21dae92c545f090dee18181eda.html
所属
東北大学
部署
大学院医学系研究科 保健学専攻 医用情報技術科学講座 医用画像工学分野
職名
教授,電気通信研究機構 研究者
学位
博士(工学)(東北大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1995年
東北大学 工学研究科 電気及通信工学専攻
 
 
 - 
1990年
東北大学 工学部 電気工学科
 

委員歴

 
2007年
   
 
IEEE Computational Intelligence Society  専門委員
 
2005年
   
 
Intelligent and Fuzzy Systems  副編集長
 
2008年
   
 
International Journal of Engineering Business Management  編集委員
 
2013年
   
 
計測自動制御学会  東北支部顧問
 
2009年
   
 
日本生体医工学会  東北支部幹事
 

受賞

 
2000年
KACC Best Paper Award
 
2010年
7.American Association of Medical Physics, John R. Cameron Young Investigator Competition Finalists
 
2012年
生体医工学シンポジウムベストリサーチアワード
 
2015年
2014年度SICE学術奨励賞
 
2014年
生体医工学シンポジウムベストリサーチアワード
 

Misc

 
MLC Trackingのための呼吸性肺腫瘍移動の予測法
本間経康,髙井良尋,市地慶,張暁勇,成田雄一郎
Rad Fan 株式会社メディカルアイ   12(3) 97-100   2014年
Zhang, Xiaoyong Homma, Noriyasu Ichiji, Kei Takai, Yoshihiro Yoshizawa, Makoto
Med Phys   42(5) 2510-2523   2015年
情報通信技術(ICT)は医療福祉問題の救世主か?
吉澤誠,杉田典大,阿部誠,西條芳文,本間経康,金野敏,山家智之,仁田新一
生体医工学   49(2) 387-389   2011年
Kikuta, Satomi Nakamura, Yukiyo Yamamura, Yukio Tamura, Atsushi Homma, Noriyasu Yanagawa, Yuchio Tamura, Hajime Kasahara, Jiro Osanai, Makoto
Sci Rep   5 12800-12800   2015年
運動制御動作の獲得過程における自発的拘束と機能創発
後藤太邦,本間経康,川島隆太
   2009年

書籍等出版物

 
Static and Dynamic Neural Networks, From Fundamentals to Advanced Theory
IEEE Press & Wiley   2003年   
Applied Research in Uncertainty Modeling and Analysis
Springer   2005年   
Feature Extraction, Foundations and Applications
Springer   2006年   
Pattern Recognition
In-Tech   2009年   
Theory and Applications of CT Images
In-Tech   2011年   

講演・口頭発表等

 
Fuzzy-Neural Computing Systems
IEEE ISIC   2002年   
Neural Computing Systems: Introduction, Theory and Applications
4th ISUMA   2003年   
Entertainment and Virtual Reality - Recent Challenge: Virtual Walking System
Colloquium on Brain Fitness and Smart Aging Session   2010年   
マーカレス動体追尾照射のための汎用型リニアック制御システムの開発に向けて
日本放射線腫瘍学会第26回学術大会   2013年   
安全で正確な追尾照射が拓く次世代放射線治療~医工連携開発の例
アカデミアから始まる医療機器開発   2015年   

Works

 
次世代デジタルマンモグラフィ総合ビューア・レポート支援システムの開発
2013年
残像効果モデルによる対象運動認識の正則化と医療画像計測への応用
2013年 - 2015年
次世代デジタルマンモグラフィ総合ビューアシステムの開発
2012年 - 2013年
生体情報センサ
2012年 - 2013年
低侵襲腫瘍位置計測と変動予測による汎用型超高精度リアルタイム追尾照射技術の開発
2011年 - 2012年

競争的資金等の研究課題

 
医用画像の計算機支援診断システムの開発
研究期間: 2005年   
放射線治療における高精度照射機構の開発
研究期間: 2007年   
高次脳機能の工学的理解に関する研究
科学研究費補助金
研究期間: 1999年   
人工神経回路網による認識機構に関する研究
科学研究費補助金
研究期間: 1997年   
医療画像の知的情報処理による診断支援

特許

 
Signal processing for predicting an input time series signal and application thereof to predict position of an affected area during radiotherapy
US 8,751,200 B2
Signal-processing device and computer-readable recording medium with signal-processing program recorded thereon
US 8,837,863 B2
信号処理装置,信号処理方法,信号処理プログラム及び信号処理プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体並びに放射線治療装置
特許第5604306号