KAMIO Hiroyo

J-GLOBAL         Last updated: Jul 30, 2019 at 13:38
 
Avatar
Name
KAMIO Hiroyo
Affiliation
Tokyo Metropolitan University
Section
Faculty of Health Sciences, Division of Physical Therapy
Job title
Others

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Published Papers

 
神尾 博代, 丸山 仁司
理学療法科学   34(1) 115-118   Feb 2019
[目的]骨盤底筋群を随意収縮させることができる割合、できない割合を調査し、現状を把握すること。[対象と方法]出産経験のない健常若年女性29名とした。超音波診断装置を用いて、骨盤底筋を随意収縮させたときの膀胱底の腹側かつ頭側への動きを計測することで、骨盤底筋群が正確に動いているかを確認し、計測を行った。3秒以上膀胱底を挙上した位置に保持できること、体幹筋群の収縮により膀胱が尾側へ押し下げられないことを収縮可能の条件とした。[結果]骨盤底筋群の収縮が可能な者は11名(38%)、収縮できない者は...
車いすバスケットボール競技における競技用車いすの駆動フォームとクラス分けの関係
信太 奈美, 古川 順光, 来間 弘展, 神尾 博代
体力科学   63(6) 694-694   Dec 2014
KURUMA HIRONOBU, TAKEI HITOSHI, NITTA OSAMU, FURUKAWA YORIMITSU, SHIDA NAMI, KAMIO HIROYO, YANAGISAWA KEN
J Phys Ther Sci   25(2) 169-171 (J-STAGE)   2013   [Refereed]
竹井 仁, 池田 由美, 古川 順光, 神尾 博代, 岩崎 健次, 井上 薫
東京保健科学学会誌   7(2) 73-78   Sep 2004   [Refereed]
上肢を用いた日常生活活動時の酸素摂取量を高齢女性群(66〜78歳の7名)と若年女性群(20〜21歳の7名)で比較検討した.運動課題は「棚に物を載せる」「洗濯物干し」「食事」「洗面」「整髪」「更衣」「洗濯物たたみ」の7つとし,これらを各2分間実施させた.1MET(metabolic equivalent)を3.5[ml・kg-1・min-1]で計算した運動時METsは両群間に有意差を認めなかったが,実測の安静座位時酸素摂取量(高齢群3.32,若年群4.16)を1METとした場合には全課題で高...
Takei Hitoshi, Ikeda Yumi, Horikawa Hiroyo, Iwasaki Kenji, Inoue Kaoru
The journal of Tokyo Academy of Health Science   6(1) 80-84   Jun 2003   [Refereed]
目的】携帯型呼気ガス代謝装置を用いて,高齢者の日常生活活動とエネルギー消費量の関係を検討した。【方法】被験者は高齢な男性8名と女性8名。端坐位にて最大等尺性膝伸展筋力を測定後,トレッドミル3分間歩行((1)8%傾斜下り,(2)水平,(3)8%傾斜上り)と,(4)階段昇降(16cmの高さの階段10段を10往復)の4課題を実施。【結果と考察】左右平均膝伸展筋力は男性1.56±0.34N・m・kg^-1,女性1.25±0.26N・m・kg^-1で男性が女性よりも有意に強かった。1METを実測安静...

Misc

 
Differences of Abdominal Flexion at Changes of Arm Positions.
Journal of The Japanese Physical Therapy Association   22(supplement) 457   1995
Reaction time of Quadriceps Femoris
Journal of The Japanese Physical Therapy Association   24(supplement) 88   1997
Effect of Reaction Time on Vastus Medialis, Vastus Latelalis and Rectus Femoris During Contraction and Relaxation of the Abdominal Muscles
(109) 34   1998
Effect of Reaction Time on Vastus Medialis, Vastus Latelalis and Rectus Femoris During Contraction and Relaxation of the Abdominal Muscles
Journal of Tokyo Physical Therapy Chapter of JPTA   (13) 5-8   1998
Analysis of Standing Up in Stroke patients
6th International Symposium of Adapted Physical Education and Exercise   88   2000
The Questionnaire Investigation about the way of educating a traing clincal student
Journal of The Japanese Physical Therapy Assosiation   Vol28, Supplement No. 2 p. 359    2001
The Questionnaire investigation about the difficulty factor of the clinical training education
Journal of The Japanese Physical Therapy Association   Vol. 29 Supplement No2. p. 331 

Conference Activities & Talks

 
座位姿勢での脊柱可動性と吸気筋力との関係
古川 順光, 信太 奈美, 神尾 博代, 来間 弘展, 中俣 修, 新田 收
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   May 2018   
立位姿勢での脊柱可動性と吸気筋力との関係
古川 順光, 神尾 博代, 信太 奈美, 来間 弘展, 中俣 修, 新田 收
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   May 2017   
A new exercise to activate multifidus
H. Kuruma, , T. Saiki, T. Aoki, N. Shida, H. Kamio, Y. Furukawa, M. Ikeda, K. Yanagisawa
Physiotherapy   Mar 2015   
車いすバスケットボール競技における競技用車いすの駆動フォームとクラス分けの関係
信太 奈美, 古川 順光, 来間 弘展, 神尾 博代
体力科学   Dec 2014   
歩行による身体組成への効果についての検討
神尾 博代, 山口 光国, 信太 奈美, 古川 順光, 来間 弘展, 新田 收, 金子 誠喜
日本保健科学学会誌   Sep 2013   
来間 弘展, 新田 收, 古川 順光, 信太 奈美, 神尾 博代, 宇佐 英幸, 柳澤 健
理学療法学   May 2013   
神尾 博代, 山口 光国, 信太 奈美, 古川 順光, 来間 弘展, 金子 誠喜
理学療法学   Apr 2012   
来間 弘展, 新田 收, 俵 紀行, 信太 奈美, 神尾 博代, 古川 順光, 渡邉 修, 柳澤 健
理学療法学   Apr 2012   
体幹深部筋エクササイズ時の心拍数分析(第2報)
古川 順光, 信太 奈美, 来間 弘展, 中俣 修, 新田 收, 神尾 博代, 山元 佐和子, 池田 誠, 後藤 保正, 山本 恵三, 柳澤 健
体力科学   Dec 2009   
MRI信号強度による骨盤運動時体幹深部筋活動の計測 健常者と腰痛既往者の相違について
来間 弘展, 新田 收, 俵 紀行, 古川 順光, 信太 奈美, 神尾 博代, 渡邉 修, 柳澤 健
理学療法学   Apr 2008   

Research Grants & Projects

 
Analysis of Trunk Movement
-
Project Year: 1998