飯田 忠行

J-GLOBALへ         更新日: 15/04/28 17:34
 
アバター
研究者氏名
飯田 忠行
 
イイダ タダユキ
eメール
iidapu-hiroshima.ac.jp
所属
県立広島大学
部署
保健福祉学部
職名
准教授
学位
修士(生活科学)(県立広島女子大学), 博士(医学)(藤田保健衛生大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2014年
 - 
現在
県立広島大学 保健福祉学部 准教授
 
1994年
 - 
1994年
山口大学医学部附属病院放射線部[診療放射線技師助手]
 
1994年
 - 
1995年
山口大学医学部附属病院放射線部[診療放射線技師]
 
1995年
 - 
2002年
広島県立保健福祉短期大学放射線技術科学科助手
 
1995年
 - 
2000年
広島県立保健福祉大学 実践指導センター 診療業務
 

学歴

 
2004年
 - 
現在
藤田保健衛生大学 大学院医学研究科 博士(医学)
 
 
 - 
2002年
県立広島女子大学 生活科学研究科 健康環境専攻
 
 
 - 
1995年
藤田保健衛生大学 衛生学部 診療放射線技術学科
 

委員歴

 
 
   
 
民間保育士 特殊健康調査 実行委員会
 

受賞

 
2003年
第88回北米放射線学会 Certificate of Merit
 

論文

 
Iida Tadayuki, Harada Toshihide Ishizaki Fumiko, Nitta Yumiko, Aoi Satomi, Ikeda Hiromi, Chikamura Chiho, Shiokawa Mitsuhisa, Nitta Kohsaku, イイダ タダユキ, ハラダ トシヒデ, イシザキ フミコ ニッタ ユミコ, アオイ サトミ, チカムラ チホ, シオカワ ミツヒサ, ニッタ コウサク, 飯田 忠行, 原田 俊英, 石崎 文子, 新田 由美子, 青井 聡美, 近村 千穂, 塩川 満久, 新田 耕作
Hiroshima Journal of Medical Sciences   62(3) 49-53   2013年9月   [査読有り]
Comparison of urinary levels of 8-hydroxy-2'-deoxyguanosine between young females with and without depressive symptoms during different menstrual phases.
Iida T, Inoue K, Ito Y, Ishikawa H, Kagiono M, Teradaira R, Chikamura C, Harada T, Ezoe S, Yatsuya H
Acta medica Okayama   69(1) 45-50   2015年   [査読有り]
Neck circumference has possibility as a predictor for metabolic syndrome in postmenopausal women.
Aoi S, Miyake T, Harada T, Ishizaki F, Ikeda H, Nitta Y, Iida T, Chikamura C, Tamura N, Nitta K, Miyaguchi H
Hiroshima journal of medical sciences   63(4) 27-32   2014年12月   [査読有り]
Thermographic study on the preservability of heat effects of footbath with salt.
Harada T, Iwakawa Y, Ikeda H, Ishizaki F, Aoi S, Nitta Y, Yoshida A, Tamura N, Iida T, Shiokawa M, Nitta K
Hiroshima journal of medical sciences   63(1-3) 1-5   2014年9月   [査読有り]
Ikeda Hiromi, Ishizaki Fumiko, Harada Toshihide, Aoi Satomi, Iida Tadayuki, Tamura Noriko, Chikamura Chiho, Nitta Yumiko, Nitta Kohsaku, イケダ ヒロミ, イシザキ フミコ, ハラダ トシヒデ, アオイ サトミ, イイダ タダユキ, タムラ ノリコ, チカムラ チホ, ニッタ ユミコ, ニッタ コウサク, 池田 ひろみ, 石崎 文子, 原田 俊英, 青井 聡美, 飯田 忠行, 田村 典子, 近村 千穂, 新田 由美子, 新田 耕作
Hiroshima Journal of Medical Sciences   62(2) 27-30   2013年6月
Ito Y, Iida T, Yamamura Y, Teramura M, Nakagami Y, Kawai K, Nagamura Y, Teradaira R
International journal of tryptophan research : IJTR   6(Suppl 1) 75-85   2013年   [査読有り]
新田由美子, 原田俊英, 石崎文子, 飯田忠行, 青井聡美, 池田ひろみ, 塩川満久, 田村典子, 近村千穂, 新田耕作
診療と新薬   50(5) 479-485   2013年5月
原田俊英, 青井聡美, 宮口真梨菜, 石崎宏信, 石崎文子, 池田ひろみ, 壬生実佳子, 阪井晃, 青井由美子, 飯田忠行, 近村千穂, 吉田なよ子
診療と新薬   50(5) 473-478   2013年5月
波川京子, 久津沢りか, 林啓一, 菊地宏久, 飯田忠行
日本渡航医学会誌   6(1) 31-35   2013年5月
Iida Tadayuki, Ikeda Hiromi, Shiokawa Michihisa, Aoi Satomi, Ishizaki Fumiko, Harada Toshihide, Ono Yuichiro, イイダ タダユキ, イケダ ヒロミ, シオカワ ミチヒサ, アオイ サトミ, イシザキ フミコ, ハラダ トシヒデ, オノ ユウイチロウ, 飯田 忠行 池田 ひろみ, 塩川 満久, 青井 聡美, 石崎 文子, 原田 俊英, 小野 雄一郎
Hiroshima Journal of Medical Sciences   61(2) 23-28   2012年6月   [査読有り]
Mase J, Ota A, Inoue K, Iida T, Tsutsumi A, Yatsuya H, Ono Y
Industrial health   50(6) 467-475   2012年   [査読有り]
Beaupre Gary S., Iida Tadayuki, Yatsuya Hiroshi, Ikeda Hiromi, Ishizaki Fumiko, Shiokawa Mitsuhisa, Aoi Satomi, Chikamura Chiho, Tamura Noriko, Harada Toshihide, イイダ タダユキ, ヤツヤ ヒロシ, イケダ ヒロミ, イシザキ フミコ, シオカワ ミツヒサ, アオイ サトミ, チカムラ チホ, タムラ ノリコ, ハラダ トシヒデ, 飯田 忠行, 八谷 寛, 池田 ひろみ, 石崎 文子, 塩川 満久, 青井 聡美, 近村 千穂, 田村 典子, 原田 俊英
Hiroshima Journal of Medical Sciences   61(4) 109-111   2012年12月
Relationships among blood leptin and adiponectin levels, fat mass, and bone mineral density in Japanese pre- and postmenopausal women.
Iida T, Domoto T, Takigawa A, Nakamura S, Kato Y, Togo M, Chikamura C, Harada T, Ishizaki F, Ono Y
Hiroshima journal of medical sciences   60(4) 71-78   2011年12月   [査読有り]
飯田 忠行, 太田 充彦, 井上 顕
総合保健体育科学   35(1) 17-21   2012年
Factors predicting bone mineral density (BMD) changes in young women over a one-year study:changes in body weight and bone metabolic markers during the menstrual cycle and their effects on BMD.
Iida T, Chikamura C, Ishikawa H, Aoi S, Ikeda H, Harada T, Katada K, Ishizaki F, Yatsuya H, Ono Y
Acta medica Okayama   66 307-315   2012年   [査読有り]
Iida T, Chikamura C, Inoue K, Ito Y, Ishikawa H, Teradaira R, Ono Y
The Journal of neuropsychiatry and clinical neurosciences   23(1) E10   2011年   [査読有り]
[Control of bone remodeling by nervous system. Bone metabolic changes in neurological diseases].
Ishizaki F, Koyama T, Sunayashiki T, Murata Y, Iida T, Harada T
Clinical calcium   20(12) 1841-1849   2010年12月   [査読有り]
波川 京子, 飯田 忠行, 木村 幹男
日本渡航医学会誌   5(1) 11-15   2011年
長岡 芳, 鍵小野 美和, 藤田 紀乃, 和田 昭彦, 松井 寛, 大橋 儒郁, 飯田 忠行
Official Journal of Japan Society of Ningen Dock   26(3) 539-546   2011年
目的:メタボリックシンドローム(以下,MSとする)の診断基準について,腹部CTにおける内臓脂肪面積を至適基準として腹囲判定および腹囲判定後の診断基準の妥当性を検討した.対象と方法:男性194名を対象とした.検査項目は,年齢(歳),身長(cm),体重(kg),BMI,腹囲(cm),最高血圧(mmHg),最低血圧(mmHg),HDLコレステロール(mg/dL),トリグリセリド(mg/dL),空腹時血糖(mg/dL),内臓脂肪面積(cm2),皮下脂肪面積(cm2)とした.内臓脂肪面積を至適基準と...
長岡 芳, 鍵小野 美和, 藤田 紀乃, 和田 昭彦, 松井 寛, 大橋 儒郁, 飯田 忠行
人間ドック = Ningen dock : official journal of the Japanese Society of Human Dry Dock   25(3) 486-493   2010年9月
目的:腹部CT法による皮下脂肪・内臓脂肪肥満とBMIから日本のメタボリックシンドローム診断基準との関連を調べ,肝機能との関連も検討した.対象と方法:男性174名,女性63名を対象とし,平均年齢は,男性46.6±11.3歳,女性49.2±12.4歳であった.内臓脂肪面積とBMIにより,正常群:内臓脂肪面積100cm2未満・BMI25未満,皮下脂肪型肥満群:内臓脂肪面積100cm2未満・BMI25以上,内臓脂肪蓄積型肥満群:内臓脂肪面積100cm2以上・BMI25未満,内臓脂肪型肥満群:内臓脂...
Iida T, Chikamura C, Aoi S, Ikeda H, Matsuda Y, Oguri Y, Ono Y, Katada K, Ishizaki F
Radiological physics and technology   3 113-119   2010年7月   [査読有り]
Namikawa K, Iida T, Ouchi K, Kimura M
Journal of travel medicine   17 171-175   2010年5月   [査読有り]
堂本 時夫, 瀧川 厚, 石崎 文子, 青井 聡美, 十河 正典, 飯田 忠行, 住廣 香里, 白岩 加代子, 加藤 洋司, 三宅 由希子, 石原 克秀, 池田 ひろみ, 中村 悟, 安武 繁, 小山 矩
人間と科学 : 県立広島大学保健福祉学部誌 = Humanity and science : journal of the Faculty of Health and Welfare   10(1) 67-73   2010年3月
本研究では柑橘類農家中高年女性の生活習慣病に関連する身体的・代謝的特徴を知るため,瀬戸内海島嶼部の健康な女性107名(平均年齢59.9±8.3歳,S・Y町グループ)について骨密度と生活習慣病関連指標を調べ,地方都市居住の女性86名(平均年齢60.2±7.4歳,M市グループ)の結果と比較した。二重X線吸収法(DXA)で測定したS・Y町グループ女性の骨密度はM市グループ女性の測定値よりも高かった。一方,S・Y町グループ女性の生活習慣病関連指標(中性脂肪,HDLコレステロール,LDLコレステロー...
The relationship between stress levels and biological responses in a clinical nursing practicum.
Chikamura C, Iida T, Ishizaki F, Aoi S, Kobayashi T, Kataoka T
Hiroshima journal of medical sciences   57 93-98   2008年12月   [査読有り]
Namikawa K, Kikuchi H, Kato S, Takizawa Y, Konta A, Iida T, Kimura M
Travel medicine and infectious disease   6 137-141   2008年5月   [査読有り]
波川 京子, 木村 幹男, 飯田 忠行
日本渡航医学会誌   2(1) 29-33   2008年
近村 千穂, 小林 敏生, 石崎 文子, 青井 聡美, 飯田 忠行, 山岸 まなほ, 片岡 健, チカムラ チホ, コバヤシ トシオ, イシザキ フミコ, アオイ サトミ, イイダ タダユキ, ヤマギシ マナホ, カタオカ ツヨシ, Chikamura Chiho, Kobayashi Toshio, Ishizaki Fumiko, Aoi Satomi, Iida Tadayuki, Yamagishi Manaho, Kataoka Tsuyoshi
広島大学保健学ジャーナル   7(1) 15-22   2007年12月
近村 千穂, 石崎 文子, 小山 矩, 青井 聡美, 飯田 忠行, 小林 敏生
人間と科学 : 県立広島大学保健福祉学部誌 = Humanity and science : journal of the Faculty of Health and Welfare   7(1) 187-196   2007年3月
【目的】看護学生の臨床実習におけるストレッサーとストレスの状況や性格との関連について検討した。【対象と方法】対象はK大学看護学科3年生の女性27名。方法は,ストレスの程度を評価するために状態-特性不安を日本版State Trait Anxiety Inventory (STAI)を用いて測定し,臨床実習前と臨床実習中の計2回実施した。また,実習ストレッサー(鈴木ら)に対する調査も同様に行った。性格の評価は,矢田部・ギルフォード検査(YG)を用い,臨床実習に関係のない春期休暇中に実施した。【...
Menstrual changes of serum N-telopeptide of type I collagen and urinary deoxypyridinoline among young women
Tadayuki Iida, Chiho Chikamura Hiroaki Ishikawa, Fumiko Ishizaki, Tadashi Koyama, Yoshie Sugimoto, Kazuhiro Katada, Yuichiro Ono
Journal of Analtycal Bio-Science   30(3) 252-257   2007年
田中 千晶, 飯田 忠行, 俵 紀行, 村田 光範, 高松 潤二, 本間 三和子, 川原 貴
体力科學   55(1) 165-173   2006年2月
Forearm bone mineral content for adult white elite synchronized swimmers is lower than that of normative data (Roby et al. 1988). However, bone mineral density (BMD) in local body regions and the body as a whole are unclear in adolescent synchroni...
Nishihara S, Fujita H, Iida T, Takigawa A, Hara T, Zhou X
Computerized medical imaging and graphics : the official journal of the Computerized Medical Imaging Society   29 259-266   2005年6月   [査読有り]
X線CT装置における椎体部平均CT値の装置内変動と装置間の変動(共著)
医用画像情報学会雑誌   20(1) 40-43   2003年
Effect of Menopause on Bone Metabolism Indices and Bone Mineral Density "jointly worked"
Journal of Creative Approach for Health   2(2) 123-130   2003年
The Effect of Middle and Old Age Women's Lifestyle on Bone Mineral Density(BMD)"jointly worked"
Therapeutic Research   24(2) 289-300   2003年
[Survey of bone mineral density in residents of selected areas of Hiroshima prefecture: effects of age and constitution on bone mineral density].
Iida T, Ishizaki F, Hayashi M, Sawada S, Koyama T, Katada K, Kishida N
Nihon Hoshasen Gijutsu Gakkai zasshi   58 1252-1260   2002年9月   [査読有り]
広島県下地域住民の骨密度調査-骨密度値に及ぼす年齢,体格の影響-(共著)
日本放射線技術学会雑誌   58(9) 1252-1260   2002年
上村 芳枝, 竹田 範子, 飯田 忠行
県立広島女子大学生活科学部紀要   (8) 61-71   2002年
飯田 忠行, 上村 芳枝, 前大道 教子
県立広島女子大学生活科学部紀要   (8) 53-60   2002年
飯田 忠行, 陳 春祥, 肖 業貴
県立広島女子大学生活科学部紀要   (8) 43-51   2002年
大西 英雄, 飯田 忠行, 松尾 悟, 木田 哲生, 吉村 雅寛, 野間 和夫, 増田 一孝
日本放射線技術學會雜誌   57(11) 1365-1371   2001年11月
We evaluated the optimal number of iterations on maximum likelihood-expectation maximization (MLEM) reconstruction algorithm in SPECT images using four methods: full width at half maximum (FWHM), statistical noise, edge recovery of image (recovery...
女子大学生の夜型化生活と自覚症状及び生活・食生活との関連についての一考察(共著)
県立広島女子大学生活科学部紀要   7,17-30    2001年
飯田 忠行, 石崎 文子, 早志 真澄, 石川 浩章, 小山 矩, 澤田 昭三, 岸田 典子
Japanese Journal of Clinical Chemistry   30(2) 91-99   2001年
Change in bone metabolism is one of the factors related to bone volume decrease, with bone volume decrease becoming remarkable for a period of ten years after menopause. Using female subjects with known dates of menopause but without past historie...
飯田 忠行, 藤井 茂久, 砂屋敷 忠, 瀧川 厚, 小山 矩, 古賀 佑彦
広島県立保健福祉短期大学紀要   5(1) 43-48   2000年3月
骨密度測定から受ける患者の被曝線量を人体ファントムを使った方法で測定を行った。今回は腰椎骨密度測定で行われる2種類の方法(DEXA法, 腰椎一般撮影)で熱ルミネセンス線量計(TLD)を用いて, 臓器の吸収線量を測定し, 以前の研究から導かれた近似式と比較検討した。腰椎骨密度測定の照射野内において, 臓器の線量は実測値と計算値との差が10%未満の誤差であった。これは, 個々のTLDのばらつき±20%以内から考えて大きな誤差ではないと考えられる。骨密度測定方法および装置から受ける臓器の被曝線量...
飯田 忠行, 松田 優子, 砂屋敷 忠, 前田 忠紀, 奥植 淳子, 古賀 佑彦, 瀧川 厚, 小山 矩
広島県立保健福祉短期大学紀要   4(2) 7-13   1999年5月
腰椎の背面からの距離は, 体格によって大きく異なる。Hologic社製の骨密度測定装置QDR-4500では, ファンビーム・スキャニング方式が採用されており, そのため腰椎の位置によって投影像の拡大率が異なる。そこでQDR-4500を用いて, 腰椎の位置が骨密度測定値に及ぼす影響を検討した。海綿骨等価(密度 : 1.17g/cm^3)および皮質骨等価(密度 : 1.45g/cm^3)のファントムを加工して骨粗鬆症ファントムを作成した。これらのファントムを9cmのタフウォーターファントムで挟...
近藤 敏, 森下 孝夫, 田端 幸枝, 吉川 ひろみ, 宮口 英樹, 小山 矩, 砂屋敷 忠, 飯田 忠行
広島県立保健福祉短期大学紀要   4(2) 29-36   1999年5月
本研究の目的は, 中高年の保健行動の予測因子とされている身体自己効力(PSE)とHealth Locus of Control(HLC)について調査し, 我が国の基礎データを提供することにある。三原市在住の女性361名(平均年齢57.4±12.0歳)を対象に, Ryckmanらの身体自己効力尺度と渡辺のHealth Locus of Control尺度を用いて行った.その結果, (1)PSEおよびHLCスコアは年齢と相関しなかったが, 40・50歳代に高かった, (2)30歳代のPSEおよ...
飯田 忠行, 砂屋敷 忠, 森原 ゆう子, 前田 忠紀, 奥植 淳子, 小山 矩, 石崎 文子, 川崎 裕美, 古賀 佑彦, 花田 竜太郎
広島県立保健福祉短期大学紀要   4(1) 47-53   1999年3月
Hologic社製の骨密度測定装置(QDR-1000,QDR-2000,QDR-4500)では, 検査の高速化にともない被曝線量が増加している。そこで, 被曝線量の増加に対し, 骨密度測定精度がどのような影響をおよぼしているか検討した。組織当量ファントム(固体)を用いて, 性能評価ファントムを作成した。通常の臨床で行う腰椎骨密度測定のモードでスキャンを行なった。骨密度測定は, 骨密度の経時的な変化をとらえることが重要であり, さらに, 骨検診では多人数の測定を行なわなければならない。また,...
飯田 忠行, 砂屋敷 忠, 滝川 厚, 澤田 昭三, 小山 矩, 田村 典子, 藤井 茂久, 古賀 佑彦
RADIOISOTOPES   48(9) 577-583   1999年
広島県因島地区住民の加齢による骨密度変化(共著)
広島医学   51(5) 675-679   1998年

講演・口頭発表等

 
飯田忠行, 井上顕, 太田充彦, 間瀬純治, 八谷寛
日本産業衛生学会講演集(CD-ROM)   2013年5月14日   
間瀬純治, 太田充彦, 井上顕, 飯田忠行, 堤明純, 八谷寛, 小野雄一郎
日本産業衛生学会講演集(CD-ROM)   2013年5月14日   
巽あさみ, 小林章雄, 住吉健一, 飯田忠行
日本産業衛生学会講演集(CD-ROM)   2013年5月14日   
飯田忠行, 石崎文子, 池田ひろみ, 青井聡美, 近村千穂, 塩川満久, 原田俊英
日本老年医学会雑誌   2013年5月7日   
塩川満久, 原田俊英, 青井聡美, 石崎文子, 飯田忠行, 近村千穂, 池田ひろみ, 田村典子
日本老年医学会雑誌   2013年5月7日   

Works

 
若年成人女性の身体的・精神的ストレスと骨密度・骨関連生理機能の縦断的比較検討
2000年
年代間の生活習慣骨密度,骨代謝マーカーの縦断的比較検討-食事療法,運動療法の効果-
2001年
講義規模に対応した遠隔講義システムの機器構成とその活用に関する研究
2000年
若年成人女性の生活習慣と骨密度・骨代謝マーカー・女性ホルモンの縦断的比較検討
2003年
Linux版障害者向けソフトキーボードの開発
2003年

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 飯田 忠行
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 飯田 忠行
メンタルヘルスの中でうつ病が最も多く、ついで、不安障害が多い。これらの男女比は1:2とも示されており、女性におけるうつ病が多いともいえる。また、我が国では20年程前から若年のうつ病が少しずつ増加しており、最近ではその話題が取り上げられることもある。若年者のうつ病の増加は、特に現代社会の協調意識の低下と競争社会が要因とも考えられている。したがって、若年女性においてうつ病の前段階である抑うつ症状を早期発見することが大切である。そこで、抑うつ症状の早期発見を目的として、若年女性を対象に抑うつ症状...
中高年女性の身体・精神的健康が骨密度・骨代謝変化と動脈硬化に及ぼす影響に関する縦断的研究
愛知健康増進財団 : 研究助成
研究期間: 2010年 - 2010年    代表者: 飯田 忠行
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 飯田 忠行
看護学生の臨床実習におけるストレスと生体反応の関連について検討した。対象はA大学看護学科3年生の女性28名。方法は、ストレスの程度を評価するために状態‐特性不安を日本版State Trait Anxiety Inventory (STAI)を用いた。生体反応を測定する項目には、血中エストロゲン、唾液中コルチゾール、唾液中IgAを用いた。これらの測定を臨床実習前と臨床実習中の計2回実施した。測定の結果,臨床実習前と実習中では、STAIの状態不安が高くなり、看護学生が臨床実習でストレスを感じて...
両手間のインピーダンス計測から骨量を推定する方法の検討
豊田中央研究所: 研究助成金
研究期間: 2007年 - 2007年    代表者: 飯田 忠行