河田 雅圭

J-GLOBALへ         更新日: 18/06/19 18:12
 
アバター
研究者氏名
河田 雅圭
 
カワタ マサカド
eメール
kawatatohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/dc735a5935e6063f7c157c81ad9679d7.html
所属
東北大学
部署
大学院生命科学研究科 生態システム生命科学専攻 進化生態科学講座 生物多様性進化分野
職名
教授
学位
博士(農学)(北海道大学)
ORCID ID
0000-0001-8716-5438

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1987年6月
北海道大学 農学研究科 農業生物学
 

委員歴

 
2002年7月
 - 
現在
the Centre National de la Recherche Scientifique  Editor, Ecology Letters
 
1998年7月
 - 
2001年6月
The European Society for Evolution  Editor, Journal of Evolutonary Biology
 
2002年1月
 - 
2004年12月
日本生態学会  常任委員(2002-)
 
1999年1月
 - 
2003年12月
日本進化学会  評議員
 
1990年1月
 - 
2004年12月
日本動物行動学会  運営委員
 

論文

 
Naoaki Yamamoto, Jun Yokoyama, and Masakado Kawata
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   104 10524-10529   2007年6月   [査読有り]
Why is adaptation prevented at ecological margins? New insights from individual-based simulations.
Bridle, J. R., J. Polechova, M. Kawata, R. K. Butlin
Ecology Letters   13 485-494   2010年3月   [査読有り]
Makino, T., McLysaght, A.,Kawata
Nature Communications   4 2283   2013年7月   [査読有り]
Evolution of gene regulatory networks by fluctuating selection and intrinsic constraints.
Tsuda, E. M., M. Kawata
PLoS Computational Biology   6(8) e1000873   2010年8月   [査読有り]
Invasion of vacant niches and subsequent sympatric speciation.
KAWATA Masakado
Proceedings of the Royal Socity of London Biolocial Sciences   269 55-63   2002年   [査読有り]

Misc

 
個体の分散が生物多様性の進化に与える効果
河田雅圭
日本生態学会誌   54 255-257   2004年4月
進化論再考-未解決問題の解明に向けて
河田雅圭
イミダス   261-27   2002年1月

書籍等出版物

 
進化論の見方
河田雅圭
紀伊国屋書店   1989年8月   
はじめての進化論
河田雅圭
講談社   1990年10月   
Macroecology: Concept and Consequences
「Butlin,R.」「J. Bridle」「M. Kawata」 (担当:共著, 範囲:Genetics and the boundaries of species distributions, pp. 274-295.)
Blackwell   2003年7月   
シリーズ進化学 行動・生態の進化
河田雅圭 (担当:共編者, 範囲:第1章 13頁~53頁)
岩波書店   2007年7月   
シリーズ群集生態学(2) 進化生物学からせまる
「河田雅圭」「千葉聡」 (担当:共著, 範囲:第3章 生物群集を形作る進化の歴史)
京都大学学術出版会   2009年3月   

講演・口頭発表等

 
A genetically explicit model of speciation by sensory drive within a continuous population
Ayako Shoji, Shoji Kawamura and Ole Seehausen
Japanese-Korean Joint Meeting for Mathematical Biology   2006年9月16日   
CO2噴出地におけるオオバコの進化:遺伝子流動と局所適応
中村伊都・横山潤・彦坂幸毅
第53回生態学会大会   2006年3月   
Speciation by sensory drive through the evolution of visual pigments along an environmental light gradient
Spatial Heterogeneity in Biotic and Abiotic Environment: Effects on Species Ranges, Co-evolution, and Speciation   2006年2月6日   
Adaptive radiation
第7回日本進化学会大会   2005年8月   
シクリッドにおいて同所的種分化は起こりうるのか?
河田雅圭
第52回生態学会大会   2005年3月   

競争的資金等の研究課題

 
生物多様性の進化
経常研究
研究期間: 2000年4月 - 現在
局所的相互作用が生態進化プロセスに与える影響
研究期間: 1994年4月 - 現在

社会貢献活動

 
第1回生命科学研究科フォーラム
【その他】  2004年3月1日
環境変動に対して生物多様性はどう進化するか
出前授業 岩手県立花巻高校
【その他】  2002年9月
多様な生物はどのように地球上に生じてきたか
日本生態学会公開講演会
【その他】  2002年3月30日
講演 生物多様性の進化のしくみをさぐる
スマホで動植物撮影―メールで画像送信 生物調査 誰でも参加
【出演, 寄稿】  河北新報  2015年3月7日
遺伝子の重複多い生物 環境急変に適応
【出演, 寄稿】  日経新聞  2014年4月29日

その他

 
2002年7月
Ecology Letters, Editor
1998年7月
Journal of Evolutionary Biology, Editorial Board
2007年9月
Ecological Research, Editor-in-Chief
2014年4月   生物多様性進化研究
不明
2014年4月   浦戸諸島「里島・里海グリーン復興プロジェクト」
浦戸諸島における里島・里海グリーン復興の推進について