UDA Hideshi

J-GLOBAL         Last updated: Nov 14, 2019 at 02:41
 
Avatar
Name
UDA Hideshi
E-mail
udahnara-edu.ac.jp
URL
http://mailsrv.nara-edu.ac.jp/~udah/udaken/
Affiliation
Nara University of Education
Section
Faculty of Education, Fine Arts Education
Job title
Professor
Degree
Education(Shinshu University), Master of Education(Osaka Kyoiku University)
Research funding number
20283921

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1987
 - 
Mar 1988
part-time teacher of Fine Art, Tennoji Junior High School attached to Osaka Kyoiku University,Osaka
 
Apr 1988
 - 
Mar 1989
full-time teacher of Fine Art, Kumatori Municipal Kumatori Junior High School, Osaka
 
Apr 1989
 - 
Mar 1990
full-time teacher of Fine Art, Kumatori Municipal Kumatori-Minami Junior High School, Osaka
 
Apr 1990
 - 
Mar 1996
full-time teacher of Fine Art, Tennoji Junior High and High School attached to Osaka Kyoiku University,Osaka
 
Apr 1996
 - 
Mar 2004
Associate Professor (Art Education), Nara University of Education
 

Education

 
Apr 1986
 - 
Mar 1988
Art Education, Graduate School, Division of Education, Graduate School, Osaka Kyoiku University
 

Committee Memberships

 
Apr 2017
   
 
日本教育美術連盟  Councillor, Federation of Art Education in Japan
 
Apr 2016
   
 
日本教育美術連盟  Councillor, Federation of Art Education in Japan
 
Apr 2015
   
 
日本教育美術連盟  Councillor, Federation of Art Education in Japan
 
Apr 2014
   
 
日本教育美術連盟  Councillor, Federation of Art Education in Japan
 
Apr 2013
   
 
日本教育美術連盟  Councillor, Federation of Art Education in Japan
 

Published Papers

 
UDA,Hideshi, KAYA, Shojiro
ISSN.0919-3065 Bulletin of Teacher Education Center for the Future Generation   5(通巻41) 217-222   Mar 2019   [Refereed]
本研究の目的は、個人向け3D機器を用いた<図画工作・美術科授業題材>開発のための基礎研究を行ない、その「適性」を見極め、日常の授業で用いる基盤をつくることである。先行研究・実践をふまえて、3D機器及び材料を実験的に使用し、<子供が作成した粘土造形物を3Dスキャンし、キーホールダーに仕上げる>試行的教育実践を行なった。3Dスキャンのための原型となる粘土作品の大きさや色、スキャン成功の要点、3Dコピーの材料についての特徴、3Dコピー打ち出し時間などを整理し、考察した。一連の実践の考察の中で、3...
UDA,Hideshi
ISSN.0919-3065 Bulletin of Teacher Education Center for the Future Generation   4(通巻40) 217-222   Mar 2018   [Refereed]
本報告の授業資料は、2017年6月に奈良教育大学附属中学校2年生クラスに筆者が実施した特別授業に関するものである。翌週の附属中学校美術科教諭による授業とあわせ、教育実習事前指導における例示授業として設定され、学部該当学生7名、大学院修士課程院生2名、附属中美術科教諭1名が参観し、事後に協議会をもった。1時間完結のいわゆる「投げ込み授業」として設定し、仏教美術鑑賞入門の位置づけとした。この授業で用いた「学習指導案」「授業で使用したワークシート」「記録画像」を提示し、教育実習事前指導並びに美術...
Lin-Yu Liou、MIYASHITA Toshiya、UDA,Hideshi、 YOKOYAMA, Makiko
ISSN.0919-3065 Bulletin of Teacher Education Center for the Future Generation   4(通巻40) 259-265   Mar 2018   [Refereed]
本報告は、平成31年度に改訂する奈良教育大学教育課程において新たに設置する「領域及び保育内容の指導法に関する科目」としての「健康」「人間関係」「環境」「言葉」「表現」(いずれも現時点での仮称)の内容構成を提示するものである。その5となる本稿は、平成29年告示の新幼稚園教育要領における「表現」領域のねらい及び内容に即し、音楽表現の原理、幼児の音楽表現、造形遊びに関わる専門的知見を報告し、それらを背景とする新科目のシラバス構成に寄与させることを目的とする。
UDA,Hideshi
The 35th InSEA(International Society for Education through Art) World Congress 2017 in Daegu, Korea Proceedings 606p   536-541   Sep 2017   [Refereed]
We have analysed in detail and affirmed the concept of “play”, including the concept of “playful art activities ” which is closely related to the actual practice of art education. We presented flame work in which have two type art education, inclu...
UDA,Hideshi
The Journal for the Association of Art Education, Japan   38 -77-91,500   Mar 2017   [Refereed]
This work is an attempt to analyse the concept of “play” in art education. The vertical axis for this analysis consists of historical events, including literary work referring to the concept of “play”, the vision and practices of Kazuo Inui who ca...

Misc

 
宇田秀士
美術科教育学会通信(日本学術会議協力学術研究団体 http://www.scj.go.jp/ja/info/link/link_touroku_ha.html)   (102) 1-2   Oct 2019   [Invited]
巻頭言
宇田秀士
美術科教育学会通信(日本学術会議協力学術研究団体 http://www.scj.go.jp/ja/info/link/link_touroku_ha.html)   (101) 15-16   Jun 2019   [Invited]
2019年度 美術科教育学会誌第41号の投稿案内
Hideshi Uda
日本教育大学協会 全国美術部門 会報 No.53   (53) 15-17   Jun 2019   [Invited]
Hideshi Uda
大学美術教育学会 会 報 No.37   (37) 9-11   Jun 2019   [Invited]

Books etc

 
Tomoko FUKUKOKA, Takanori Nino, Hideshi UDA
Hobun-Shorin Publishing Company, Inc.   Aug 2019   ISBN:978-4893472878
平成29年告示小学校学習指導要領、新しい【知識・技能】【思考・判断・表現】【主体的に学習に取り組む態度】の観点を踏まえて構成した図画工作科教育法の最新テキストである。
新しい学習指導要領で加えられた、「何ができるようになるか」「何を学ぶか」「どのように学ぶか」「子供一人一人の発達をどのように支援するか」「何が身に付いたか」「実施するために何が必要か」という6つの考えを踏まえ、図画工作科における学びの本質、内容や、基本的な指導を詳しく、わかりやすく具体的に解説した。また、そのための資料として...
KANEKO,Kazuo (Part:Contributor, 編集協力)
Book Way Publishing Company, Inc.   Mar 2019   ISBN:978-4-8658-4395-8
 本書は、美術科教育学会創立40周年を記念する事業として企画された『美術教育学叢書』の第2弾であり、これまで美術教育史研究を先導し牽引してきた金子一夫氏の責任編集による「美術教育史の歴史」をテーマとする論文集である。本書の編集上のねらいは、学会創立40周年を機に、美術教育学における歴史研究の成果を整理し、その到達地点を確認するとともに、今後の課題を明らかにすることである。それが金子氏執筆の「序章」に記された「『美術教育史の歴史』に範囲を絞り、美術教育史研究のレビューを踏まえた問題提起をする...
Minoru KWITOKU, Hideshi UDA
Nihon-Bunkyo Publishing Company, Inc.   Dec 2018   
Isao OHASHI, Hideshi UDA
Nihon-Bunkyo Publishing Company, Inc.   Oct 2018   ISBN:978-4-536-60103-0
Hideshi UDA
Mineruba Publishing Company, Inc.   Mar 2018   ISBN:978-4-623-08080-9
教職科目「小学校図画工作科」のテキスト。小学校教諭の免許取得希望者や教育現場の図画工作科の指導法の研修希望者に、感性と創造的な表現の成長・発達の理解を踏まえた指導を深めさせる。アクティブラーニング型の学習方法を全面的に取り入れ、新時代のテキストを目指したつくり。学生が、テキストを単に読むだけでなく、教材研究として、自ら考えて、遊び体験をする、絵を描く、工作をつくる、美術文化にふれるなどの授業を展開する際の道しるべとなるテキストとする。

Conference Activities & Talks

 
Uda,Hideshi 
58th National Annual Convention of University Art Education Society in Japan 21st-22ed September 2019   21 Sep 2019   University Art Education Society of Japan
 <アート概念の拡がり>を見ていくならば,包括的な学習の中で美術教育を捉えていく立場も当然,考慮しなければならなくなる。日々の生活を送る人々の思考に任せていけば,いわゆる「総合的な学習」の中での美術的な学びが視野に入ってくることになるといえる。  さらに,ESD(Education for Sustainable Development: 持続可能な開発のための教育),STEAM(Science, Technology, Engineering, Arts, and Mathematics...
Uda,Hideshi 
41st National Annual Convention of the Association of Art Education in Japan 26-27th March 2019   27 Mar 2019   The Association of Art Education in Japan
 本発表では,「(1)<アート概念の拡張>の視点から」、「(2)包括的な学習の中でのひろがり」の2つの視点を中心に考察するが,それは結果的に,文科省学習指導要領の「幅広い表現活動」「社会の中の美術や美術文化と結ぶ」といった鍵語にも繋がっていくと考えられる。「遊び」概念における「アート概念の拡がりがもたらす柔軟な思考への誘い」は,どのような教師の意識に支えられてきたのか,そして,今後、どのような展開をすべきか,考えてみたい。
Uda,Hideshi Kaya,Shojiro
40th National Annual Convention of the Association of Art Education in Japan 29th March 2018   30 Mar 2018   The Association of Art Education in Japan
本研究の目的は、個人向け3D機器を用いた<図画工作・美術科授業題材>開発のための基礎研究を行ない、その「適性」を見極め、日常の授業で用いる基盤をつくることである。先行研究・実践をふまえて、3D機器及び材料を実験的に使用し、<子供が作成した粘土造形物を3Dスキャンし、キーホールダーに仕上げる>試行的教育実践を行なった。3Dスキャンのための原型となる粘土作品の大きさや色、スキャン成功の要点、3Dコピーの材料についての特徴、3Dコピー打ち出し時間などを整理し、考察した。一連の実践の考察の中で、3...
Hideshi Uda
The 35th InSEA(International Society for Education through Art) World Congress 2017 in Daegu, Korea   8 Aug 2017   InSEA(International Society for Education through Art)
We have analysed in detail and affirmed the concept of “play”, including the concept of “playful art activities ” which is closely related to the actual practice of art education. We presented flame work in which have two type art education, inclu...
UDA Hideshi
39th National Annual Convention of the Association of Art Education in Japan 29th March 2017   29 Mar 2017   美術科教育学会
This work is an attempt to analyse the concept of “play” in art education. The vertical axis for this analysis consists of historical events, including literary work referring to the concept of “play”, the vision and practices of Kazuo Inui who ca...

Works

 
Hideshi UDA   Artistic Activity   Sep 2006 - Sep 2006
物体-X2、油彩画、F50号、第39回長野県展 洋画部門
Hideshi UDA   Artistic Activity   Aug 1986 - Nov 1986

Research Grants & Projects

 
The Japan Society for the Promotion of Science: fund
Project Year: Apr 2017 - Mar 2020    Investigator(s): Hideshi Uda
https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-17K04780/
The concept of “play” occupies a very important position in present-day art education in Japan. However, every word is essentially polysemous and the concept of “play” is no exception as i...
「教科領域横断的な学び」プロジェクト
Project Year: Apr 2017 - Mar 2019    Investigator(s): 宇田秀士
学内共同研究
The Japan Society for the Promotion of Science: fund
Project Year: Apr 2014 - Mar 2017    Investigator(s): Hideshi Uda
https://kaken.nii.ac.jp/en/grant/KAKENHI-PROJECT-26381201/          
The concept of “play” occupies a very important position in present-day art education in Japan. However, every word is essentially polysemous and the concept of “play” is no exce...
Research for the development of Artistic Expression topics and Appreciation materials which enable the utilization of experiences from Playing with materials, places and information, etc. and the design of its teaching course
The Japan Society for the Promotion of Science: subsidy
Project Year: Apr 2010 - Mar 2013    Investigator(s): Hideshi Uda
The ”experiences from Playing with materials, places and information, etc.”as used in the research title represents symbolically children’s primal experiences , trial and error and interdisciplinary thinking, etc. in artistic activities. Firstly, ...
Linking "Playful Activities" in Elementary Schools to "Basic Skills Acquisition" in Lower Secondary Art Education and application to Teacher Education
Project Year: Apr 2006 - Mar 2009
https://kaken.nii.ac.jp/ja/file/KAKENHI-PROJECT-18530705/18530705seika.pdf