篠田 粧子

J-GLOBALへ         更新日: 13/01/07 14:36
 
アバター
研究者氏名
篠田 粧子
 
シノダ ショウコ
学位
農学博士(東京大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
首都大学東京 オープンユニバーシティ 身体健康栄養分野 栄養生化学 教授
 

学歴

 
 
 - 
1977年
LONGWOOD COLLEGE 家政学部 FOOD and NUTRITION
 

Misc

 
篠田 粧子, 桑田 五郎, 岩附 聡, 今井 正武, 荒井 綜一
日本栄養・食糧学会誌   48(5) 371-378   1995年
水野 隆志, 川口 きよみ, 篠田 粧子
日本栄養・食糧学会誌   49(2) 119-122   1996年
無菌および通常化ラットにおける小腸粘膜のフィタ-ゼおよびアルカリフォスファタ-ゼ活性について
Microecology and Therapy   20 129   1990年
篠田 粧子, 吉田 勉
日本栄養・食糧学会誌   42(5) 397-402   1989年

書籍等出版物

 
総論 栄養学 第3版(共著)
医歯薬出版株式会社   1997年   
新版公衆栄養学概論
三共出版   2000年   
わかりやすい栄養学
三芸出版   2001年   
新しい生化学、栄養学実験(共著)
三共出版   2002年   
健康と食生活(共著)
学文社   2002年   

Works

 
カルシウム利用性に対するキトサンの影響
1995年
フィチン酸分解中間生成物がミネラル吸収に及ぼす影響について
1991年 - 1992年
ミネラル吸収に対する小麦フスマの影響
1990年
グルコサミンがミネラルの生体利用性に及ぼす影響
2002年 - 2003年

競争的資金等の研究課題

 
飼料中 ミネラルの生体利用性に関する研究
経常研究
小腸粘膜のイノシト-ルフォスファタ-ゼ活性に関する研究
経常研究
食品成分が脳血流動態に及ぼす影響
特別研究
研究期間: 1999年