IMAI Masanao

J-GLOBAL         Last updated: Apr 2, 2019 at 03:04
 
Avatar
Name
IMAI Masanao
Affiliation
Nihon University
Section
College of Bioresource Sciences, Department of Food Bioscience and Biotechnology
Job title
Professor
Research funding number
80193655

Research Areas

 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2016
   
 
所長, 食品加工実習所, 日本大学 生物資源科学部
 

Education

 
 
 - 
1980
Chemical Engineering, Faculty of Engineering, The University of Tokyo
 
 
 - 
1985
Chemical Engineering, Graduate School, Division of Engineering, The University of Tokyo
 

Awards & Honors

 
2002
-
 

Published Papers

 
Ryuhei Nomoto and Masanao Imai
Journal of Chitin and Chitosan Science   2 197-204   2014   [Refereed]
既往の研究において,キトサン膜の高分子鎖の平均分子量および脱アセチル化度が製膜条件として着目されていたが,本研究では,第三の操作要因としてキトサン流延液の酸―塩基の中和プロセスが膜の純水透過性能ならびに物質透過性能を制御するために重要な要因であることを明らかにした.
Promising ultrasonic irradiation pretreatment for enzymatic hydrolysis of Kenaf
Ryo-ichi Nakayama, Masanao Imai
Journal of Environmental Chemical Engineering   1 1131-1136   2013   [Refereed]
草本系セルロースのケナフを用いて,超音波前処理による酵素加水分解反応の反応活性の向上を図った.起源の異なる2種のセルラーゼを用いた場合でも,超音波照射により反応収率並びに反応速度が向上した.さらに、超音波照射することで試料のセルラーゼ吸着量が増大したことから,超音波照射の前処理による反応加速効果の原因を明らかにした.
Excellent dyes removal and remarkable molecular size rejection of novel biopolymer composite membrane.
Peng Wu, Masanao Imai
Desalination and Water Treatment   51 5237-5247   2013   [Refereed]
海洋性高分子κ-carrageenanとデンブン由来のpullulanを複合化する効果によって鋭敏な分子分画性能がある機械的強度の大きい生体高分子膜を調製することに成功した。複合膜に占めるκ-carrageenanの質量比が高い膜において、高い含水率を保ちながら溶液の透過率が高かった。分子量327Da~1017Daの染料限外濾過における膜透過挙動を検討した。κ-carrageenanの質量比が0.33と0.66の複合膜について、それぞれの分子分画量は327Daと466Daであった。分子量4...
Preparation of protein nanoparticles using AOT reverse micelles
K.Naoe, S.Yoshimoto,N.Naito, M.Imai
Biochemical Engineering Journal   55 140-143   2012   [Refereed]
Biopolymeric nanoparticles made of protein via cross-linking reaction was prepared using sodium bis(2-ethylhexyl) sulfosuccinate (AOT) reverse micelle system as a nanoreactor. The prepared ribonuclease A nanoparticles were stably dispersed in aque...
Regulation on hydrolysis reactivity of immobilized Candida rugosa lipase with the aid of a hydrophobic porous carrier
Masakazu Naya, Masanao Imai
Asia-Pacific Journal of Chemical Engineering   7 157-165   2012   [Refereed]
疎水性多孔質担体を微細化することによって,リパーゼの固定化量の増大と,固定化リパーゼの反応速度・生成物収率の明らかな増大がみられた.本研究のオリジナリティーは,微細化における活性増大への影響を速度論的な解析によって評価し,算術上の有効係数と比較したことである.また,固定化酵素の重要なメリットである反復利用においては、活性の高いレベルでの安定に成功した.

Books etc

 
Recent Advances on Soybean Isoflavone Extraction and Enzymatic Modification of Soybean Oil
Masakazu Naya, Masanao Imai (Part:Joint Work, 429-452)
InTech Publication   Feb 2013   ISBN:978-953-51-0977-8
超臨界二酸化炭素による大豆イソフラボンの抽出と酵素による大豆油の改質について論述した.エントレーナー効果による大豆イソフラボン抽出量の増加と固定化酵素による大豆油の加水分解・エステル化を中心に論じた.
Novel biopolymer composite membrane involved with selective mass transfer and excellent water permeability.
Peng Wu, Masanao Imai (Part:Joint Work, 57 - 81)
InTech Publication   Jul 2012   ISBN:978-953-51-0704-0
海洋性藻類に由来する生体高分子の可能性に注目し、自立した高分子膜としての製膜方法の確立に成功するとともに、分子量が1000以下の比較的低分子領域で、優れた分子サイズ認識能を示すことを明らかにするとともに、多糖高分子とハイブリッド構造を形成させることによって、高分子ネットワーク構造を制御できることを初めて見出した。海洋性ポリマーによる生体由来成分による高分子膜調製の成功は、食品利用の分野に留まっていたマリンポリマーの可能性を飛躍的に拡張し、持続可能な環境負荷の小さい高分子による膜科学の進展を...
Advance of Membrane Material from Marine Biological Polymer and Sensitive Molecular Size Recognition for Promising Separation Technology
Keita Kashima, Masanao Imai (Part:Joint Work, 3-44)
InTech Publication   Jul 2012   ISBN:978-953-51-0704-0
アルギン酸を代表として、海洋性生体ポリマーが鋭敏な分子分画性能を有し、脱塩を目的とした膜分離プロセスへの展開を論じた。特に、アルギン酸膜は既往の生体高分子膜では見られない鋭敏な分子分画性能と実用に供しうる強度を有し、膜分離プロセスへの実用化が期待できる。
Food Enzymes: Application of the New Technologies
Kazuhito Nagayama, Keiju Yamazaki (Part:Joint Work)
Transworld Research Network   Jun 2008   ISBN:978-81-7895-358-8
Enzyme Applications for lipid modifications in W/O microemulsion system
Reaction characterization of phospholipaseA2 on hydrolysis of phospholipid in W/O microemulsion
"Advanced Researches of Plant Lipids"Kluwar Academic Publishers (Amsterdam)   2003   

Conference Activities & Talks

 
Attractive composite layered chitosan-calcium alginate membrane involved with utilized mechanical strength and mass transfer character
Naohiro Kodama, Masanao Imai
10th Asia-Pacific Chitin & Chitosan Symposium (10th APCCS)   7 Oct 2013   Asia-Pacific Chitin & Chitosan Symposium
Yonago, Japan
A novel approach to form water-stable chitosan membrane focused on acid-base neutralization process of membrane casting solution for application to sensitive molecular size recognition and water permeability
Ryuhei Nomoto, Masanao Imai
10th Asia-Pacific Chitin & Chitosan Symposium (10th APCCS)   6 Oct 2013   Asia-Pacific Chitin & Chitosan Symposium
既往の研究において,キトサン膜の高分子鎖の平均分子量および脱アセチル化度が製膜条件として着目されていたが,本研究では,第三の操作要因としてキトサン流延液の酸―塩基の中和プロセスが膜の純水透過性能ならびに物質透過性能を制御するために重要な要因であることを明らかにした.
Advantageous of supercritical carbon dioxide for lipid modification by immobilized lipase
Masakazu Naya, Masanao Imai
Engineering Conferences International (Enzyme Engineering XXII: Emerging Topics in Enzyme Engineering)   24 Sep 2013   Engineering Conferences International
高圧にも耐えうる固体担体としてAccurelにリパーゼを吸着・固定化し,固定化リパーゼを調製した.固定化リパーゼを用いた脂質の改質反応に,溶媒として超臨界二酸化炭素を導入した.超臨界二酸化炭素中でも,固定化酵素反応の活性は,高度に維持され,安定した反応収率の発現に成功した.
High performance and repeated use of immobilized lipase for lipid hydrolysis involved with hydrophobicity of reaction media
Masakazu Naya, Masanao Imai
6th International Congress on Biocatalysis (biocat 2012)   4 Sep 2013   International Congress on Biocatalysis
本研究は,Accurelを用い固定化リパーゼを調製し,脂質の加水分解反応を行った.酵素反応における疎水性反応において高活性を維持する溶媒の選択・決定した.また,繰り返し利用においても,高活性の持続に成功した.
Regulation of Surface Roughness of Chitosan Membrane By Silica Micro-particles and Improvement of Mass Transfer Flux
Peng Wu, Masanao Imai
9th World Congress of Chemical Engineering   20 Aug 2013   World Congress of Chemical Engineering
食品由来の構造多糖類としてカニやエビの殻の主成分であるキチンに注目し、これを脱アセチル化処理して得られるキトサンの糖鎖ネットワーク制御によって、リガンドとするCibacron Blue F3GAを導入し、タンパク質に対する吸着機能を最大限に発見させることである。 特に本研究の特徴としてシリカマイクロ粒子(22~37μm)を用いて膜表面改質することにより、水透過流速を大幅に増加させた。アフィニティーキトサン膜によって、タンパク質に対する高流束の高度な分離・回収を行い、食品並びに生体由来の未利...

Others

 
1995
Symposium on "Humanics and Science"