大鑄 史男

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/10 13:03
 
アバター
研究者氏名
大鑄 史男
 
オオイ フミオ

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
名古屋工業大学
 

受賞

 
2009年4月
日本OR学会フェロー
 

Misc

 
M+1-out-of-N:G System with Correlated Failure and Single Repair Facility
F.Ohi, M.Kodama and T.Nishida
J.Operations Research Society of Japan   21(1) 96-108   1978年3月
Takashi Itoi, Toshio Nishida, Masanori Kodama and Fumio Ohi
Microelectronics and Reliability   17 279-285   1978年4月
多変量NBU分布関数
F.Ohi and T.Nishida
応用統計学   7 3-10   1978年4月
Bivariate Shock Models and Its Application to the System Reliability Analysis
F.Ohi and T.Nishida
Math. Japonica   23(1) 109-122   1978年4月
Several Results on the Dependent 2-Unit System with Single Repair Facility
F.Ohi, M.Kodama and T.Nishida
The Transaction on the IECE of Japan   E61 710-716   1978年9月

書籍等出版物

 
ウインストンのC(翻訳)
株式会社ピアソン・エデュケーション   1995年4月   
フラクタル幾何学の技法(翻訳)
シュプリンガー東京   2002年4月   
工科のための確率・統計,初版
数理工学社   2005年4月   
工科のための確率・統計,初版第2刷
数理工学社   2009年4月   
Stochastic Reliability Modeling, Optimization & Applications
World Scientific(Singapore)   2010年4月   

講演・口頭発表等

 
セルオートマトン法による避難時歩行者流動のシミュレーション
日本OR学会春季研究発表会   2007年   
Spreading Rate of the Elementary Cellular Automaton of Rule 40 in Wolfram Class I
13TH INTERNATIONAL WORKSHOP ON CELLULAR AUTOMATA   2007年   
基本セルオートマトンのリアプノフ指数の計算について
中国・四国OR学会第2回支部定例シンポジウム   2007年   
ルール番号168の基本セルオートマトンの力学的性質について
研究集会「不果実な状況に置ける意思決定の理論と応用」   2007年   
マルチエージェント・セルオートマトン法による避難時歩行者流動のシミュレータ作成について
日本OR学会研究部会「不確実性環境下での意思決定の理論と応用」   2008年   

競争的資金等の研究課題

 
多状態信頼性システムの構造関数の決定方法について研究
科学研究費補助金
研究期間: 2013年 - 2015年
多状態システムの構造関数の決定方法及び信頼性評価方法についての研究
高層建築物における避難流動のシミュレーション-マルティエージェント・セルオートマトン法の応用-
研究期間: 2012年   
高層建物の3次元的な構造を考慮したシミュレーションにより避難流動の特性を明確にする
セルオートマトンのクラス分類
より精緻なセルオートマトンのクラス分類を行い,セルオートマトン間の連関を明確にする
交通流のシミュレーション
高層道路上の交通流について観察されるメタ安定分岐を再現する