MATSUSHITA KIYOSHI

J-GLOBAL         Last updated: Jun 14, 2018 at 14:46
 
Avatar
Name
MATSUSHITA KIYOSHI
Degree
Ph.D(Ritsumeikan University)
Other affiliation
Ritsumeikan UniversityRitsumeikan University

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
 
   
 
Professor, Ritsumeikan University College of International Relations, Department of International Relations
 

Education

 
 
 - 
1970
Law, Faculty of Laws, Waseda University
 
 
 - 
1985
Political Science, Graduate School, Division of Political Economics, Meiji University
 

Published Papers

 
「民主的ガヴァナンス構築と「人間の安全保障」─ グローバル・サウスからのアプローチ―」
『立命館大学国際研究』立命館大学国際関係学会   26(1) 129-161   Jun 2013
「市民社会と民主主義を蝕む越境型暴力─岐路に立 つメキシコのガヴァナンス構築の視点から─」
『立命館国際研究』立命館大学国際関係学会   25(3) 15-49   Mar 2013
インド・ケーララにおけるガヴァナンス構築と社会運動(下)──「政治社会-市民社会」関係の視点から──
『アジア・アフリカ研究』アジア・アフリカ研究所   52(01) 56-68   Jan 2012
インド・ケーララにおけるガヴァナンス構築と社会運動(中)──「政治社会-市民社会」関係の視点から──
『アジア・アフリカ研究』アジア・アフリカ研究所   51(04) 27-47   Oct 2011
Beyond the Neoliberal Globalization:Reflections on Democratizing Democracy and the Multilayered Structure of Governance
"RITSUMEIKAN KOKUSAIKENKYU" The Ritsumeikan Journal of International Studies   24(1) 127-146   Jul 2011

Books etc

 
『共鳴するガヴァナンス空間の現実と課題─「人間 の安全保障」から考える─』(共編著)
晃洋書房   Oct 2013   
『新自由主義に揺れるグローバル・サウス』
ミネルヴァ書房   Oct 2012   ISBN:978-4623063956
『グローバル・サウスにおける重層的ガヴァナンス構築─参加・民主主義・社会運動―』
ミネルヴァ書房   Oct 2012   ISBN:978-4623064649
民主主義の民主化と越境する市民社会⁄社会運動
奥田宏司・佐藤誠・原毅彦・文京洙編『エティック国際関係学』東信堂   Mar 2011   
「楽園メヒコ、その未来」『TRANSIT』11号
講談社   Dec 2010   

Conference Activities & Talks

 
「グローバル化時代における途上国の現在と可能性―国家・開発・市民社会―」
立命館大阪オフィス講座   9 Nov 2011   
『アジア・アフリカ研究所創立50周年記念シンポジウム―今、AALAをどうとらえるか―』
「途上国は新自由主義型グローバル化を超えられるか―途上国政治研究の課題」   21 May 2011   
「国際政治とラテンアメリカの新しい流れ」
立命館大阪オフィス講座   18 Nov 2009   
「新自由主義・NAFTAとメキシコ農村の貧困化」
京都大学法経学部   18 Jul 2009   
「ラテンアメリカと新自由主義再考:その起源からポスト新自由主義まで、そしてメキシコの位置」
東アジア地域研究会   14 Jun 2008   

Teaching Experience