和泉 研二

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/05 09:26
 
アバター
研究者氏名
和泉 研二
 
ワイズミ ケンジ
eメール
bec20yamaguchiu.ac.jp
所属
山口大学
部署
教育学部
職名
教授
学位
博士(工学)
科研費研究者番号
70260677

研究分野

 
 

経歴

 
1991年4月
 - 
1993年9月
岡崎国立共同研究機構分子科学研究所錯体科学実験施設 技官
 
1993年10月
 - 
1996年3月
山口大学 教育学部 講師
 
1996年4月
 - 
2007年3月
山口大学 教育学部 助教授
 
2007年4月
 - 
現在
山口大学 教育学部 教授
 
2010年4月
 - 
現在
山口県歯科衛生士学院 非常勤講師
 
2011年4月
 - 
2014年3月
山口大学附属光小学校(兼務) 校長
 
2015年4月
 - 
現在
山口大学教育学部 副学部長、副研究科長
 

学歴

 
1982年4月
 - 
1986年3月
東北大学理学部  (地学第2学科卒業)
 
1986年4月
 - 
1988年3月
東北大学大学院理学研究科地学専攻博士課程前期課程(修了)  
 
1988年4月
 - 
1991年3月
東北大学 理学研究科博士課程後期(単位取得満期退学) 
 
1994年3月
   
 
名古屋工業大学 博士(工学)  
 

委員歴

 
2004年4月
 - 
2005年3月
日本結晶成長学会  評議員
 
2011年10月
 - 
2013年1月
中央教育審議会  初等中等教育分科会、専門委員
 
2013年5月
 - 
2015年2月
中央教育審議会  初等中等教育分科会、専門委員
 
2015年5月
 - 
2017年2月
中央教育審議会  初等中等教育分科会、専門委員
 
2017年3月
 - 
2019年2月
中央教育審議会  初等中等教育分科会、専門委員
 

論文

 
生きた知識が身に付く小・中学校理科学習モデルの研究〜「気づいて学ぶ活動」を取り入れた授業づくり〜
吉武創・和泉研二・村上清文・深田秀郷・佐藤和生・松下貴雄・森泰一・德永裕・濵田篤司・内藤和典・高村大輔
47 49-59   2019年3月
無機塩類によるスクロースの塩溶・塩析現象 〜三成分系水溶液の溶解度曲線の決定〜
和泉 研二・吉田 凌
山口大学教育学部研究論叢   68 273-277   2019年1月
NaClO3の結晶化におけるキラル対称性の破れ 〜不斉結晶及び結晶核生成機構の理解を促進するための実感を伴った探求実験〜
和泉 研二・久我 大海
山口大学教育学部研究論叢   68 269-272   2019年1月
実践的授業力向上のための初任者研修の実施とニーズ調査
和泉研二、宮﨑洸佑、赤星冴、河村美成、鎌田潤一
山口大学教育学部附属教育実践総合センター研究紀要   46 101-106   2018年9月
和泉 研二, 長田 和磨
山口大学教育学部研究論叢 = Bulletin of the Faculty of Education, Yamaguchi University   67 137-140   2018年1月
実践的授業力向上のための初任者研修の実施とニーズ調査
和泉 研二・佐伯 英人・宮崎 洸佑・赤星 冴・河村 美成・鎌田 潤一
山口大学教育学部 学部・附属教育実践研究紀要   16 81-87   2017年3月
藤上 真弓, 霜川 正幸, 静屋 智, 鷹岡 亮, 中田 充, 長友 義彦, 前原 隆志, 松岡 敬興, 村上 清文, 和泉 研二
教育実践総合センター研究紀要 = Bulletin of the Integrated Center for Educational Research and Training   (44) 11-20   2017年
教科書の内容を補完する教材・教具開発についての研究 ー認知心理学を基にした開発の視点ー
鎌田潤一、和泉研二、河村美成
教育実践総合センター研究紀要      2016年3月
教員のニーズに応じた研修の在り方についての研究(4年次)ー「理科授業づくりの会」の活動を通してー
和泉研二、鎌田潤一、河村美成、宅野雅志、伊藤正統
学部・附属教育実践研究紀要      2016年3月
和泉 研二, 佐伯 英人, 宮﨑 洸佑, 赤星 冴, 河村 美成, 鎌田 潤一
学部・附属教育実践研究紀要   (16) 81-87   2016年
和泉 研二, 鎌田 潤一, 河村 美成, 有冨 純子, 伊藤 正統
学部・附属教育実践研究紀要   (14) 1-10   2015年3月
和泉 研二, 鎌田 潤一, 河村 美成
教育実践総合センター研究紀要 = Bulletin of the Integrated Center for Educational Research and Training   (39) 169-178   2015年
和泉 研二, 野澤 聖也
研究論叢. 第1部・第2部, 人文科学・社会科学・自然科学   65 103-109   2015年
和泉 研二
教育実践総合センター研究紀要   (37) 107-116   2014年4月
鎌田, 潤一,和泉, 研二,河村, 美成
学部・附属教育実践研究紀要   13 1-10   2014年3月
田村, 健三,鬼武, 昭洋,戸﨑, 隆雄,河村, 美成,鎌田, 潤一,千々和, 一豊,和泉, 研二,佐伯, 英人
学部・附属教育実践研究紀要   13 57-60   2014年3月
和泉, 研二,平田, 啓,福島, 信弘
研究論叢. 自然科学   63(2) 269-276   2014年1月
鎌田, 潤一,和泉, 研二,有冨, 純子,河村, 美成
教育実践総合センター研究紀要   35 1-10   2013年3月
鬼武, 昭洋,田村, 健三,戸﨑, 隆雄,河村, 美成,鎌田, 潤一,和泉, 研二,佐伯, 英人
学部・附属教育実践研究紀要   12 13-19   2013年3月
鬼武, 昭洋,田村, 健三,戸﨑, 隆雄,河村, 美成,鎌田, 潤一,和泉, 研二,佐伯, 英人
学部・附属教育実践研究紀要   12 21-32   2013年3月
附属学校と公立学校の連携を探る
河村美成,和泉研二
日本教育大学協会研究年報      2013年3月
和泉研二, 林秀晃, 福島信弘
山口大学教育学部研究論叢 第1部・第2部 人文科学・社会科学・自然科学   62 179-185   2013年1月
河村 美成, 和泉 研二
日本教育大学協会研究年報   31 169-180   2013年
和泉 研二, 林 秀晃, 福島 信弘
研究論叢. 第1部・第2部, 人文科学・社会科学・自然科学   62 179-185   2012年
Two-Step Nucleation Model of Insulin Crystal
和泉 研二
NEPTIS-20、Modeling of Nucleation and Growth on Crystallization Processes   100-107   2011年   [査読有り][招待有り]
佐伯 英人, 和泉 研二, 野村 厚志, 村上 清文
教育実践総合センター研究紀要   (26) 1-13   2009年
和泉研二
宇宙利用シンポジウム   23rd 9-11   2007年3月
Kenji Waizumi, Tatsuo Eguchi
Chemistry Letters   34(12) 1654-1655   2005年   [査読有り]
化学と教育   52巻、7号、475-476    2004年
Colloids and Surfaces B: Biointerfaces   30 73-86   2003年
池田 幸夫, 阿部 弘和, 和泉 研二
学部・附属教育実践研究紀要   (2) 37-41   2002年12月
和泉研二, 増永靖代, 吉武菊代
日本マイクログラビティ応用学会誌   19(1) 19-23   2002年
Waizumi K. & Tanio A. & Eguchi T.
山口大学教育学部研究論叢 自然科学編   52 1-11   2002年
Stability of aquachlorocobalt(III) Complexes by ab initio density functional Calculations with respect to transformation between octuhedral and tetrahedral Configuration in aqueous solutionTrends in Inorganic Chemistry
Trends in Inorganic Chemistry   7,167-173    2001年
結晶成長における界面
化学と教育   9 608   1999年   [査読有り]
Chemistry Letters   1998(10) 999   1998年   [査読有り]
Application of ab initio density functional calculations to the problem of formation of double salt crystals
Trends in Mineralogy   2 68   1998年   [査読有り]
Structures of Pyridine Carboxylate Complexes of Cobalt(II) and Copper(II)
Journal of Coordination Chemistry   44(3-4) 269-279   1998年   [査読有り]
Structural and energetic investigations of [ML(H2O)5]+ by density functional calculations (M= Zn2+, Ca2+, and Cd2+; L= His and Glu)
K.Waizumi, M.Kitajima, T.Morita, N.Fukushima
J. Inorg. Biochem.   67 446-446   1997年   [査読有り]
Ab initio density functional studies on the stability of tetrathiocyanato complexes of Zn(II), Cd(II)and Hg(II)
Inorganica Chimica Acta   225 211   1997年   [査読有り]
Journal of Coordination Chemistry   38 199   1996年   [査読有り]
K. Waizumi, H. Masuda, H. Einaga, N. Fukushima
Bulletin of the Chemical Society of Japan   66 3648-3651   1993年1月   [査読有り]
The structures and the formation energies of [MCl4]2-(M = Cr, Mn, Fe, Co, Ni, Zn) have been examined by the density functional method. The optimized structures of [MnCl4]2-, [CoCl4]2-and [ZnCl4]2-are a regular tetrahedron with the M-Cl distances o...
Intrinsic Structures and Dissociation energies of [Zn(NCS)4]2- and [Zn(SCN)4]2- Ions Examined by Density Functional Calculations
N.Fukushima, K.Waizumi
Chem. Express   8 265-268   1993年   [査読有り]
Intrinsic Structures of 〔CuCl42- and 〔CuBr42- anions by ab initio density functional calculaticos
Chemistuy Letters   1993 1145   1993年   [査読有り]
Inorganica Chimica Acta   209 207   1993年   [査読有り]
Density functional calculations on the geometries and dissociation energies of [M(H2O)6]2+ and [MCl2(H2O)4]; M2+ = Cr2+, Mn2+, Fe2+, Co2+, Ni2+, Cu2+, and Zn2+
K.Waizumi, H.Ohtaki, H.Masuda, N.Fukushima, Y.Watanabe
Computer Aided Innovation of New Materials   II 861-864   1992年   [査読有り]
K.Waizumi, H.Masuda, H. Ohtaki, K.A.Burkov, L.Cherykh
Acta Crystallogr.   C48 1374-1376   1992年   [査読有り]
Density functional calculation on the geometries and dissociation energies of 〔M2O)62+ions.M2+=Cr2+,Mn2+,Fe2+,Co2+,Ni2+,Cu2+,and Zn2+
Chemistuy Letters   1992 1489   1992年   [査読有り]
Kenji Waizumi, Yusuke Tamura, Hideki Masuda, Hitoshi Ohtaki
Zeitschrift fur Naturforschung - Section A Journal of Physical Sciences   46 307-312   1991年4月   [査読有り]
X-ray scattering measurements have been done on aqueous MgCl2-KCl and MgCl2 –CsCl solutions saturated with their double salts of MgCl2 • KCl • 6 H20 and MgCl2 • KCl • 6 H20, respectively, at 293 K. The Mg2+ ion was found to be coordinated with six...
K. Waizumi, H. Masuda, H. Ohtaki, M. Y. Scripkin, K. A. Burkov
American Mineralogist   76 1884-1888   1991年1月   [査読有り]
The crystal structure of the double salt complex MgCl2.CsCl.6H2O has been determined by single-crystal X-ray diffraction methods. The phase is triclinic, space group Pl, with unit-cell dimensions a = 6.7507(7), b = 13.495(2), c = 6.750(1) Å, α = 9...
Acta Crystallography   C(47) 251   1991年   [査読有り]

Misc

 
教員研修機関と教員養成機関が連携して取り組む子どもの学びの改善 -生きた知識が身に付く小・中学校理科学習モデルの構築- 第3回 プロジェクトの展開とさらなる発展に向けて
和泉 研二
Synapse   65(11) 38-45   2018年11月   [依頼有り]
教員研修機関と教員養成機関が連携して取り組む子どもの学びの改善 -生きた知識が身に付く小・中学校理科学習モデルの構築- 第2回 授業実践とモデルの普及に向けた取組
吉武 創・和泉 研二
SYNAPSE   64(9) 38-43   2018年9月   [依頼有り]
教員研修機関と教員養成機関が連携して取り組む子どもの学びの改善 -生きた知識が身に付く小・中学校理科学習モデルの構築- 第1回 調査研究の背景と内容
吉武 創、和泉 研二
Synapse   63 32-38   2018年7月   [依頼有り]
和泉研二, 松重慶裕
日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM)   97th ROMBUNNO.3A4‐10   2017年3月
和泉 研二
Synapse : 教員を育て磨く専門誌   (54) 34-36   2016年12月
和泉研二, 野澤聖也
日本化学会中国四国支部大会講演要旨集   2015 164   2015年11月
野澤聖也, 和泉研二
日本化学会講演予稿集   95th(2) 517   2015年3月
和泉 研二, 河村 美成, 徳田 修二
Synapse : 教員を育て磨く専門誌   (32) 20-23   2014年4月
和泉 研二
日本結晶成長学会誌   41(1) 24   2014年4月
田村 健三, 鬼武 昭洋, 戸崎 隆雄, 河村 美成, 鎌田 潤一, 千々和 一豊, 和泉 研二, 佐伯 英人
日本理科教育学会中国支部大会研究発表要項   (63)    2014年
鎌田 潤一, 河村 美成, 伊藤 正統, 有富 純子, 和泉 研二
日本理科教育学会中国支部大会研究発表要項   (63)    2014年
和泉研二, 見付啓義, 福島信弘
日本化学会講演予稿集   90th(2) 513   2010年3月
見付啓義, 和泉研二, 福島信弘
結晶成長国内会議予稿集   39th 177   2009年
和泉研二, 江口達雄, 舩橋靖博, 増田秀樹
錯体化学討論会講演要旨集   57th 189   2007年9月
和泉研二, 木村敦
日本化学会講演予稿集   87th(1) 723   2007年3月
塚本勝男, 松浦良樹, 橘勝, 入澤寿美, 森勇介, 奥津哲夫, 和泉研二, 西村良浩, 吉崎泉, 佐崎元, 小沼一雄, 横山悦郎, 小島謙一
宇宙利用シンポジウム   23rd 12-15   2007年3月
和泉研二, 江口達雄, 舩橋靖博, 増田秀樹
結晶成長国内会議予稿集   37th 103   2007年
和泉研二, 名和田周助
日本結晶成長学会誌   33(4) 324   2006年11月
和泉研二, 名和田周介
日本化学会講演予稿集   86th(1) 650   2006年3月
和泉 研二, 名和田 周助
日本結晶成長学会誌   33(4)    2006年
The electrophoretic mobility of micron sized insulin crystals and their non-crystalline aggregates in aqueous solutions have been investigated under the various pH values. The magnitudes of the zeta potential of insulin crystals increased when the...
和泉研二, 小川亮
日本結晶成長学会誌   32(3) 159   2005年8月
和泉研二, 小沼一雄
日本化学会講演予稿集   85th(1) 715   2005年3月
和泉 研二, 小川 亮
日本結晶成長学会誌   32(3)    2005年
Morphological development of alum crystals in the two-dimensional gelatin gel has been observed. Novel morphological changes depending upon the concentrations of alum and gelatin occur.
和泉研二, 江口達雄, 小沼一雄
日本結晶成長学会誌   31(3) 259   2004年8月
和泉研二, 江口達雄
化学と教育   52(7) 475-476   2004年7月
和泉 研二, 江口 達雄, 小沼 一雄
日本結晶成長学会誌   31(3)    2004年
The pH dependence of formation of growth unit of insulin crystal has been investigated between pH 2 and 7 by static and dynamic light scattering methods. The formation of the growth unit, insulin hexamer, was promoted with increasing pH under the ...
和泉研二, 江口達雄
溶液化学シンポジウム講演要旨集   26th 162-163   2003年10月
和泉研二, 小川亮, 江口達雄, 小林彰
日本化学会中国四国支部化学教育研究発表会講演要旨集   2003 19-20   2003年8月
江口 達雄, 和泉 研二
日本結晶成長学会誌   30(3) 140   2003年7月
Morphological evolutions of insulin crystals grown at various pH and Zn^<2+> concentrations have been investigated in aqueous solutions. Typical polyhedral and novel dendritic crystals of insulin were formed above and below the isoelectric pH, res...
江口達雄, 和泉研二
日本化学会講演予稿集   83rd(1) 517   2003年3月
渡辺博義, 中村裕彦, 依田真一, 山中亜利, 松村浩由, 甲斐泰, 安宅光雄, 和泉研二, 高妻孝光
日本化学会講演予稿集   79th(2) 904   2001年3月
増永靖代, 和泉研二
日本化学会講演予稿集   79th(1) 615   2001年3月
和泉研二, PLOMP M, ENCKEVORT W
日本化学会講演予稿集   78th(1) 606   2000年3月
和泉研二, PLOMP M, VAN ENCKEVORT W
溶液化学シンポジウム講演要旨集   22nd 147-148   1999年11月
和泉研二
化学と教育   47(9) 608-611   1999年9月
和泉 研二
化学と教育   47(9) 608-611   1999年
溶液から結晶が析出する過程は, 結晶の核が形成される過程と, それ以後の成長過程とに分けられる。核形成過程では, 核となる凝集体や下地となる固体の表面自由エネルギー密度が重要な役割を果す。多面体型の結晶は, 比較的低過飽和度の溶液から, 二次元核による層成長やらせん転位による渦巻成長によって, 結晶表面を原子・分子レベルで平坦に保ちながら成長する。骸晶や樹枝状結晶は, より高過飽和度の溶液から, 荒れた結晶表面によって誘導されて形成される。
和泉研二, 松本貴美, 福島信弘
錯体化学討論会講演要旨集   48th 464   1998年9月
松本 貴美, 福島 信弘, 和泉 研二
日本結晶成長学会誌   25(3) A138   1998年
The concentration changes in the supersaturated solutions during 2Zn-insulin precipitation have been measured and analysed by applying the self-assembly theory of protein, and it was found that the the precrystalline aggregate of insulin is constr...
北島麻衣, 和泉研二, 森田知二, 福島信弘
日本化学会講演予稿集   72nd(1) 465   1997年3月
和泉 研二, 北島 麻衣, 藤嶋 基, 福島 信弘
日本結晶成長学会誌   24(2) 111   1997年
The most stable structures and formation energies of octahedral [ML(H_2O)_5]^+(M = Zn^<2+>,Ca^<2+>,and Cd^<2+>; L= His and Glu)have been calculated by ab initio densitv functional methods with reference to the affinities and coordination structure...
和泉研二, 福島信弘
中部化学関係学協会支部連合秋季大会講演予稿集   27th 58   1996年10月
和泉研二, 福島信弘
錯体化学討論会講演要旨集   46th 433   1996年9月
和泉研二, 福島信弘
日本化学会講演予稿集   70th(1) 582   1996年3月
和泉研二, 谷尾昌弘, 大滝仁志, 福島信弘
電気化学秋季大会講演要旨集   1995 265   1995年9月
福島信弘, 飯坂剛一, 和泉研二
日本化学会中国四国・同九州支部合同大会講演要旨集   1995 415-416   1995年9月
和泉研二, 宅野真人, 福島信弘
錯体化学討論会講演要旨集   45th 364   1995年9月
佐藤一茂, 飯坂剛一, 福島信弘, 和泉研二
電気化学秋季大会講演要旨集   1995 266   1995年9月
和泉研二, 福島信弘
日本化学会講演予稿集   69th(1) 550   1995年3月
佐藤 一茂, 飯坂 剛一, 福島 信弘, 和泉 研二
日本結晶成長学会誌   22(3) 270   1995年
和泉 研二, 福島 信弘
日本結晶成長学会誌   22(3) 201   1995年
飯坂 剛一, 福島 信弘, 和泉 研二
日本結晶成長学会誌   21(3)    1994年
福島 信弘, 飯坂 剛一, 和泉 研二
日本結晶成長学会誌   21(3)    1994年
福島信弘, 飯坂剛一, 和泉研二
日本結晶成長学会誌   21(3) 272   1994年
飯坂剛一, 福島信弘, 和泉研二
日本結晶成長学会誌   21(3) 287   1994年
和泉研二, 増田秀樹, 福島信弘
日本化学会講演予稿集   65th(1) 523   1993年3月
和泉 研二, 増田 秀樹, 福島 信弘
日本結晶成長学会誌   20(2)    1993年
福島 信弘, 渡辺 庸一, 増田 秀樹, 和泉 研二
日本結晶成長学会誌   20(2)    1993年
和泉研二, 増田秀樹, 福島信弘
日本結晶成長学会誌   20(2) 212   1993年
福島信弘, 渡辺庸一, 増田秀樹, 和泉研二
日本結晶成長学会誌   20(2) 211   1993年
大瀧仁志, RADNAI T, 和泉研二
溶液化学シンポジウム講演要旨集   15th 198-199   1992年11月
和泉研二, 大瀧仁志, 増田秀樹, 福島信弘
錯体化学討論会講演要旨集   42nd 301   1992年9月
谷尾昌弘, 和泉研二, 大瀧仁志
錯体化学討論会講演要旨集   42nd 199   1992年9月
和泉研二, 大瀧仁志, 増田秀樹, 福島信弘, 渡辺庸一
日本化学会講演予稿集   63rd(1) 1037   1992年3月
和泉 研二, 田村 祐介, 増田 秀樹, 大瀧 仁志
日本結晶成長学会誌   18(1)    1991年
和泉研二, 田村祐介, 増田秀樹, 大瀧仁志
日本結晶成長学会誌   18(1) 108   1991年
和泉研二, 増田秀樹, 大瀧仁志, BURKOV K A
電気化学協会大会講演要旨集   57th 195   1990年3月
和泉 研二, 塚本 勝男, 砂川 一郎, 増田 秀樹, 大瀧 仁志
日本結晶成長学会誌   17(1)    1990年
和泉研二, 塚本勝男, 砂川一郎, 増田秀樹, 大瀧仁志
日本結晶成長学会誌   17(1) 37   1990年
和泉研二, 塚本勝男, 砂川一郎
日本結晶成長学会誌   15(1) 124   1988年7月
和泉 研二, 塚本 勝男, 砂川 一郎
日本結晶成長学会誌   15(1)    1988年
東司, 和泉研二, 塚本勝男, 砂川一郎
日本結晶成長学会誌   14(1) 66   1987年7月
和泉研二, 塚本勝男, 砂川一郎
日本結晶成長学会誌   14(1) 67   1987年7月
和泉 研二, 塚本 勝男, 砂川 一郎
日本結晶成長学会誌   14(1)    1987年
東 司, 和泉 研二, 塚本 勝男, 砂川 一郎
日本結晶成長学会誌   14(1)    1987年
和泉研二, 塚本勝男, 砂川一郎
日本結晶成長学会誌   13(1) 94   1986年7月

書籍等出版物

 
概説 教職課程コアカリキュラム
和泉 研二 (担当:共著)
2018年5月   
Crystallization of Elctrolytes from the Viewpoint of Coordination Chemistry
Crystallization Processes, WILEY   1998年   
結晶成長ハンドブック(第VIII編)
和泉 研二 (担当:分担執筆, 範囲:第VIII編第1章「光学的手法」,1.3「ラマン法(クラスタリング)」)
1995年   
結晶成長ハンドブック(第II編)
和泉 研二 (担当:分担執筆, 範囲:第3章「成長環境と反応」、3「溶液相の構造」)
共立出版   1995年   

講演・口頭発表等

 
Magnetic orientation of Insulin Crystals grown in Aqueous Solutions
Masunaga, Y. & Waizumi, K.
ICCC-13/ICVGE-11 Abstracts   2001年8月   
Dynamic Light Scattering and Electron Microscopic Investigations of Insulin Aggregation
Yoshitake, K. & Waizumi, K.
ICCG-13/ICVGE-11 Abstracts   2001年8月   
磁場配向と動的光散乱によるバルク溶液中でのインスリンの成長ダイナミクス
和泉研二
平成13年度北海道大学低温科学研究所共同研究研究集会予稿集   2002年3月   
Effects of Insulin Aggregates on the Crystal Growth
Waizumi, K. & Masunaga, Y. & Yoshitake, K.
Japan-Netherlands+ Seminar on Crystal Growth: Theory and In-Situ Measurements   2002年1月   
高速動的光散乱法による水溶液中におけるインスリン凝集体サイズの精密測定
和泉研二
宇宙環境利用に関する公募地上研究、平成12年度研究成果報告書   2001年7月   
インスリン結晶の形態変化と成長機構
和泉研二 & 江口達雄
日本化学会第83春期年会、講演予稿集I   2002年3月   
インスリン結晶のモルフォドラム
江口達雄、和泉研二
日本結晶成長学会誌   2003年7月   
インスリン水溶液における液々相分離と結晶成長
和泉研二、江口達雄
第26回溶液化学シンポジウム、講演要旨集   2003年10月   
結晶のでき方を考えるための理科クラブに適した観察・実験
和泉研二、小川亮、小林彰、江口達雄
平成15年度 日本化学会中国四国支部 化学教育研究発表会 講演要旨集   2003年8月   
インスリンの結晶成長単元形成のpH依存性
和泉研二、小沼一雄
日本結晶成長学会誌   2004年8月   
静的および動的光散乱法によるインスリン会合体形成のpH依存性
和泉研二、小沼一雄
日本化学会第85会春季年会   2005年3月   
2次元状ゲルから成長するミョウバンの結晶形態
和泉研二、小川亮
日本結晶成長学会誌   2005年8月   
インスリン結晶および非晶質凝集体の電気泳動
和泉研二、名和田周介
日本化学会第86会春季年会   2006年3月   
インスリン微粒子のゼータ電位
和泉研二、木村敦
日本化学会第87回春季年会講演要旨集   2007年3月   
インスリン微粒子のゼータ電位 -結晶形態変化との関連-
和泉研二、名和田周介
日本結晶成長学会誌   2006年11月   
臭化ニッケル水和物の結晶構造と相転移その場観察
和泉研二 & 江口達雄 & 船橋靖博 & 増田秀樹
第57回錯体化学討論会講演要旨集   2007年9月   
臭化ニッケル水和物の結晶成長
和泉研二 & 江口達雄 & 船橋靖博 & 増田秀樹
第37回結晶成長国内会議予稿集   2007年11月   
Effects of pH and Particle Size on Zeta Potential of Insulin Crystals in their Growth Solutions
Waizumi K. & Nawata S. & Kimura A.
Third International Symposium on Physical Sciences in Space   2007年10月   
Effects of Zeta Potential on the Morphological Change of Insulin Crystals
Waizumi K. & Nawata S.    & Kimura A.
Japan-Netherlands Symposium on Crystal Growth - Theory and In-situ Measurements -   2008年9月   
タンパク質分子や会合体は無対流環境下で位置相関を増すか
和泉研二
日本宇宙フォーラム、「タンパク質結晶の成長素過程と不完全性」研究班WG   2005年1月   
インスリン結晶のゼータ電位のpH依存性
和泉研二
日本宇宙フォーラム、「タンパク質結晶の成長素過程と不完全性」研究班WG   2006年2月   
インスリンを用いた結晶成長研究
和泉研二
SPring8研究会・東北大学塚本勝男研究班WG「成長メカニズムに依存するタンパク結晶の完全性」研究会(主催JAXA)   2007年3月   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
インスリンの核形成と結晶成長
その他   
Nucleation and crystal growth of Insulin
その他   
高速動的光散乱法による水溶液中におけるインスリン凝集体サイズの精密測定
その他   
Fast dynamic light scattering study of insulin aggregates growing in aqueous solution.
その他   
微小重力下におけるタンパク質分子間相互作用の顕在化
その他