宇田川 潤

J-GLOBALへ         更新日: 18/07/30 08:25
 
アバター
研究者氏名
宇田川 潤
 
ウダガワ ジュン
所属
滋賀医科大学
部署
医学部 医学科 滋賀医科大学 医学部 医学科
職名
教授
学位
博士(医学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2011年
 - 
現在
  滋賀医科大学教授
 
2008年
 - 
2011年
 島根大学医学部准教授
 
2007年
 - 
2007年
 島根大学医学部助教
 
2005年
 - 
2007年
 島根大学プロジェクト研究推進機構助手
 
2003年
 - 
2005年
 島根大学医学部助手
 

学歴

 
 
 - 
1996年
島根医科大学 医学系研究科 形態系
 
 
 - 
1992年
島根医科大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
 
 - 
現在
日本DOHaD学会  幹事
 
2011年
 - 
現在
日本先天異常学会  評議員、幹事
 
2011年
 - 
現在
日本解剖学会  学術評議員
 

受賞

 
2007年
日本先天異常学会奨励賞
 

論文

 
Matsuda W, Sonomura T, Honma S, Ohno S, Goto T, Hirai S, Itoh M, Honda Y, Fujieda H, Udagawa J, Takano S, Fujiyama F, Ueda S
Anatomical science international   93(4) 464-468   2018年9月   [査読有り]
Matsuda W, Sonomura T, Honma S, Ohno S, Goto T, Hirai S, Itoh M, Honda Y, Fujieda H, Udagawa J, Ueda S
Anatomical science international   93(3) 317-322   2018年6月   [査読有り]
Kimura T, Hino K, Kono T, Takano A, Nitta N, Ushio N, Hino S, Takase R, Kudo M, Daigo Y, Morita W, Nakao M, Nakatsukasa M, Tamagawa T, Rafiq AM, Matsumoto A, Otani H, Udagawa J
General and comparative endocrinology   260 58-66   2018年5月   [査読有り]
Kaneda R, Saeki Y, Getachew D, Matsumoto A, Furuya M, Ogawa N, Motoya T, Rafiq AM, Jahan E, Udagawa J, Hashimoto R, Otani H
Congenital anomalies   58(2) 62-70   2018年3月   [査読有り]
Naito K, Shimizu S, Udagawa J, Otani H
Statistical methods in medical research   962280216687339   2017年1月   [査読有り]
Okano J, Kojima H, Katagi M, Nakagawa T, Nakae Y, Terashima T, Kurakane T, Kubota M, Maegawa H, Udagawa J
PloS one   11(11) e0166215   2016年11月   [査読有り]
Otani H, Udagawa J, Naito K
Journal of biochemistry      2016年3月   [査読有り]
Udagawa J, Hino K
Nihon eiseigaku zasshi. Japanese journal of hygiene   71(3) 188-194   2016年   [査読有り]
Fujiyama F, Nakano T, Matsuda W, Furuta T, Udagawa J, Kaneko T
Brain structure & function      2015年12月   [査読有り]
Motoya T, Ogawa N, Nitta T, Rafiq AM, Jahan E, Furuya M, Matsumoto A, Udagawa J, Otani H
Congenital anomalies      2015年12月   [査読有り]
Okano J, Kojima H, Katagi M, Nakae Y, Terashima T, Nakagawa T, Kurakane T, Okamoto N, Morohashi K, Maegawa H, Udagawa J
Biochemical and biophysical research communications   461(4) 695-701   2015年6月   [査読有り]
Sugiura S, Tazuke M, Ueno S, Sugiura Y, Kato I, Miyahira Y, Yamamoto Y, Sato H, Udagawa J, Uehara M, Sugiura H
Journal of Investigative Dermatology   135 776-785   2015年
Naito K, Notsu A, Udagawa J, Otani H
Statistical methods in medical research      2014年7月   [査読有り]
前交通動脈の臨床解剖学的検討
臨床解剖研究会記録   (14) 14-15   2014年
Jahan E, Matsumoto A, Rafiq AM, Hashimoto R, Inoue T, Udagawa J, Sekine J, Otani H
Archives of Oral Biology   59 1108-1118   2014年
Okano J, Udagawa J, Shiota K
Congenit Anom   54(2) 69-76   2014年
後交通動脈の臨床解剖学的検討
臨床解剖研究会記録   (13)    2013年
特発性頭蓋内圧亢進症の1例
臨床解剖研究会記録   (12) 58-59   2012年
Anat Rec   294(8) 1360-1369   2011年
Possible roles of leptin in the early stage of prenatal development of the mouse cerebellum.
Shimane J Med Sci   27 1-7   2010年
Ose T, Kadowaki Y, Fukuhara H, Kazumori H, Ishihara S, Udagawa J, Otani H, Takasawa S, Okamoto H, Kinoshita Y
Oncogene   26(3) 349-359   2007年
Otani H, Udagawa J, Lundh T, Hatta T, Hashimoto R, Matsumoto A, Satow F
Congenital Anomalies   48 18-28   2007年
Hatta T, Satow F, Hatta J, Hashimoto R, Udagawa J, Matsumoto A, Otani H
Congenit Anom (Kyoto)   47(2) 63-67   2007年
Congenit Anom   47 63-67   2007年
Nimura M, Udagawa J, Hatta T, Hashimoto R, Otani H
Anat Embryol (Berl)   211(2) 109-117   2006年
Leptin affects oligodendroglial development in the mouse embryonic cerebral cortex.
Udagawa J, Nimura M, Otani H
Neuro Endocrinol Lett   27(1-2) 177-182   2006年
Udagawa J, Nimura M, Kagohashi Y, Otani H
Congenit Anom (Kyoto)   46(1) 16-20   2006年
Hatta T, Matsumoto A, Ono A, Udagawa J, Nimura M, Hashimoto R, Otani H
NeuroReport   17(18) 1863-1866   2006年
Udagawa J, Hashimoto R, Hioki K, Otani H
Brain Res   1120(1) 74-82   2006年
Reduction of quinoline with Raney Nickel alloy in acetic acid aqueous solution.
Suzuki H, Ishimoto K, Tashiro T, Tashiro M, Udagawa J, Prakash GKS, Olah GA
Jpn J Deuterium Sci   12(1) 45-47   2006年
Reduction of quinoline with Raney Nickel alloy in acetic acid aqueous solution.
Jpn J Deuterium Sci   12 45-47   2006年
Leptin affects oligodendroglial development in the mouse embryonic cerebral cortex.
Neuroendocrinol Lett   27 177-182   2006年
Udagawa J, Hashimoto R, Suzuki H, Hatta T, Sotomaru Y, Hioki K, Kagohashi Y, Nomura T, Minami Y, Otani H
Endocrinology   147(2) 647-658   2006年
Kagohashi Y, Udagawa J, Moriyama K, Otani H
Congenit Anom (Kyoto)   45(3) 80-84   2005年
Kanda H, Tamori Y, Shinoda H, Yoshikawa M, Sakaue M, Udagawa J, Otani H, Tashiro F, Miyazaki J, Kasuga M
J Clin Invest   115(2) 291-301   2005年
Kagohashi Y, Udagawa J, Abiru N, Kobayashi M, Moriyama K,Otani H
Diabetes   54(7) 2026-2031   2005年
Habib H, Hatta T, Udagawa J, Zhang L, Yoshimura Y, Otani H
J Dent Res   84(5) 474-479   2005年
J Dent Res   84 474-479   2005年
Shinohara H, Udagawa J, Morishita R, Ueda H, Otani H, Semba R, Kato K, Asano T
J Biol Chem   279(39) 41141-41148   2004年
Dhar DK, Udagawa J, Ishihara S, Otani H, Kinoshita Y, Takasawa S, Okamoto H, Kubota H, Fujii T, Tachibana M, Nagasue N
Cancer   100(6) 1130-1136   2003年
Dhar DK, Wang TC, Maruyama R, Udagawa J, Kubota H, Fuji T, Tachibana M, Ono T, Otani H, Nagasue N
Lab Invest   83(9) 1343-1352   2003年
Strategic compartmentalization of Toll-like receptor 4 in the mouse gut.
Ortega-Cava CF, Ishihara S, Rumi MA, Kawashima K, Ishimura N, Kazumori H, Udagawa J, Kadowaki Y, Kinoshita Y
J Immunol   170(8) 3977-3985   2003年
Strategic compartmentalization of Toll-like receptor 4 in the mouse gut.
J Immunol   170 3977-3985   2003年
Does circadian rhythm affect hair cycle?
Jpn J Deuterium Sci   10 11-15   2001年
Production and release of endothelin-1 from the gut and spleen in portal hypertension due to cirrhosis.
Hepatology   31 1107-1114   2000年
A novel role for H-Ras in the regulation of very late antigen-4 integrin and VCAM-1 via c-Myc-dependent and -independent mechanisms.
J Immunol   163 4901-4908   1999年
Fetal adrenocortex-medulla interactions and changes of pituitary in mouse embryos with an ectopic corticotrophic tumor.
Endocr Res   24 947-951   1999年
The Reports of Institute of Advanced Material Study, Kyushu University   11 121-124   1997年
Synthesis of [2H9]- and [2H6]-Lysines.
J Chem Res (S)   412-413   1996年
Effects of deuterium oxide on the hair growth.
J Deuterium Sci   5 15-21   1996年
Effect of retinoic acid on morphogenesis of inner ears in mouse embryos; an in vivo study.
Equilibrium Res Suppl   10 21-23   1994年
機能性腫瘍細胞における重水の蛋白質合成及び細胞内輸送に及ぼす効果の検討.
J Deuterium Sci   4 24-27   1994年
動物の発生現象からみた重水と生命のかかわり.
化学と工業   47 224-226   1994年
重水の腫瘍細胞内小器官に及ぼす影響の形態学的検討.
J. Deuterium Sci   3 65-67   1993年
重水素導入サリチル酸及びアセチルサリチル酸のマウス発生に及ぼす影響.
重水素同位体研究会報   2 7-12   1992年
ニコチン並びに喫煙の心筋解糖系に及ぼす影響-ラット心筋ヘキソキナーゼに対するニコチンの影響.
昭和63年度喫煙科学研究財団年報   275-282   1989年

Misc

 
宇田川潤, 日野広大
月刊メディカル・サイエンス・ダイジェスト   43(12) 597‐600-600   2017年11月
リン脂質は細胞膜を構成する主成分であり、膜融合、細胞の分化やシグナル伝達に関わっている。リン脂質の中でも、プラズマローゲンは脳のグリア細胞や神経細胞に多く、脳内でのプラズマローゲン組成の変化は神経発達や脳機能障害に関連していると考えられる。精神運動発達遅延を伴う近節短縮型点状軟骨異形成症ではプラズマローゲン合成が障害されており、近年ではアルツハイマー型認知症でもプラズマローゲンレベルの減少が指摘されている。一方で、妊娠中の食事に含まれる脂質量や成分を変化させることにより、仔の行動異常が生じ...
新生児医療最新トピックNEXT(no.9) 妊娠期のストレスと、子の精神疾患・発達異常
宇田川 潤, 日野 広大
Neonatal Care   30(12) 1169-1169   2017年12月
胎児プログラミングと脳の形成
宇田川 潤
最新医学   70(5) 875-882   2015年5月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
ImageJによる定量的および立体的な組織画像解析.組織細胞化学 2014
宇田川潤
日本組織細胞化学会   2014年   
Volume:/Number:/StartingPage:53/EndingPage:63
Embryo manipulation after mid-gestation stages in mice. In: Surgical Technology International III.
Universal Medical Press   1994年   

講演・口頭発表等

 
ヒト体部位間の調和的発生の解析
第114回日本解剖学会総会   2009年   
Application of the cross-ratio and the multivariate analysis in human development.
International Symposium: Mathematical Analyses of Human Development   2008年   
出産後尿失禁の慢性化予防を目的とする骨盤底筋訓練の効果の形態学的評価
日本解剖学会第63回中国・四国支部学術集会   2008年   
Harmonized development of human body parts analyzed by cross-ratio and multidimensional scaling methods.
International symposium: Mathematical Analyses of Developmental Phenomena   2008年   
Multidimensional standard curve for the developing process of human fetuses.
8th German Open Conference on Probability and Statistics   2008年   

競争的資金等の研究課題

 
ヒトおよびマウスの形態発生の解析