論文

査読有り
2017年9月

美術初心者は抽象絵画をどう鑑賞するのか?発話に基づくタイムコースと解説文の効果の検討

日本認知科学会第35回大会論文集
  • 田中 吉史

開始ページ
544
終了ページ
552
記述言語
日本語
掲載種別
研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
出版者・発行元
日本認知科学会

美術初心者は、絵画鑑賞時に描かれた対象物の特定に固執する傾向(写実性制約)があることが知られている。本研究では、抽象絵画の鑑賞において、写実性制約がどのように作用しているかを検討した。美術初心者である一般大学生が2人一組で、2点の抽象画を5分ずつ観賞しながら行った自由会話を分析した。その結果、抽象絵画においても具体的な対象物を同定しようとする傾向が強く見られ、また絵画のスタイルや題名によって反応が変化した。

エクスポート
BibTeX RIS