藤田 忍

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/06 14:53
 
アバター
研究者氏名
藤田 忍
 
フジタ シノブ
所属
大阪市立大学
部署
大学院生活科学研究科 生活科学専攻
職名
名誉教授、客員教授
学位
工学修士, 学術博士

研究分野

 
 

経歴

 
2002年
 - 
2018年
大阪市立大学大学院 生活科学研究科 教授
 
1996年
 - 
2002年
大阪市立大学 生活科学部居住環境学科 助教授
 
1997年12月
   
 
中国建築設計研究院 JICA短期派遣専門家
 
1990年
 - 
1996年
建設省建築研究所
 
1994年9月
 - 
1994年10月
インドネシア公共事業省人間居住研究所 JICA短期派遣専門家
 
1993年11月
   
 
インドネシア公共事業省人間居住研究所 JICA短期派遣専門家
 
1991年6月
 - 
1991年8月
中国建築技術発展中心 JICA短期派遣専門家
 
1990年11月
 - 
1990年12月
中国建築技術発展中心 JICA短期派遣専門家
 
1986年
 - 
1990年
国立小山高専  建築学科
 

学歴

 
 
 - 
1985年
大阪市立大学 生活科学研究科 生活環境学
 
 
 - 
1979年
京都大学 工学研究科 建築学
 
 
 - 
1977年
京都大学 工学部 建築学
 

委員歴

 
2013年
 - 
現在
精華町(京都府相楽郡)  都市計画審議会委員
 
1997年
 - 
現在
(公社)大阪府建築士会   理事、常任理事、まちづくり委員会委員長、技術顧問
 
2005年
 - 
2018年
岸和田市  景観審議会 会長、歴史的町並み保全基金運営委員会委員長、こころに残る景観資源発掘委員会委員
 
2016年
 - 
2017年
日本建築学会   教育賞選考委員会委員 同委員長
 
2016年
 - 
2016年
奈良女子大学  住環境学科外部評価委員会委員長
 
2006年
 - 
2016年
八尾市都市計画審議会委員  八尾市都市計画審議会委員
 
2013年
 - 
2015年
文部科学省  大学設置・学校法人審議会専門委員
 
1992年
 - 
2013年
(公社)日本建築士会連合会  理事(1994、2008〜)同まちづくり委員会委員長(1994〜99)同委員会委員(1992〜2010)等
 
2000年
 - 
2006年
奈良県  建築士審査会委員 同副委員長
 
1998年
 - 
2002年
国土交通省  国土「まちづくりにおける防災評価・対策技術の開発」第3分科会委員
 

受賞

 
2018年5月
日本建築学会 2018年日本建築学会著作賞 『いきている長屋-大阪市大モデルの構築』
受賞者: 谷直樹,竹原義二,佐藤由美,綱本琴,小伊藤亜希子,小池志保子,桝田洋子,三浦研,藤田忍
 
2018年3月
一般社団法人福祉住環境アソシエーション 第5回福祉住環境サミット、福祉住環境アワード  住まいづくり部門優秀賞 大阪長屋の保全活用とネットワーク形成に関する研究
受賞者: 藤田忍,小伊藤亜希子,三浦研,小池志保子,福田美穂,中田誠,本藤紀子,和田康由
 
2017年10月
(公社)日本建築士会連合会 会長表彰
 
2014年10月
(公社)日本建築士会連合会 第8回まちづくり賞・まちづくり優秀賞 「大阪長屋再生によるまちづくり」
受賞者: <豊崎長屋保全研究会として>
 
2011年11月
公益財団法人日本デザイン振興会 グッドデザイン賞特別賞・サステナブルデザイン賞(経済産業大臣賞) 「豊崎長屋」
受賞者: プロデューサー:谷 直樹、竹原 義二、藤田 忍、小池 志保子
 

論文

 
新規入居者による大阪近代長屋の住み方 —オープンナガヤ大阪のネットワークを通じた事例から—
小伊藤亜希子,小池志保子,行田夏希, 峯﨑瞳, 藤田忍
日本建築学会計画系論文集 - 2018年8月 [査読有り]   83(750) 1381-1389   2018年8月   [査読有り]
藤田忍
生活科学研究誌   16 19-29   2018年4月   [招待有り]
大阪長屋の保全活用に関する研究-社会実験「オープンナガヤ」を中心に-
皆川ゆり・上野智博・藤田忍
日本建築学会近畿支部研究報告集   (57)    2017年6月
近年の大阪近代長屋住宅の入居経緯・改修内容・住生活
小池志保子・小伊藤亜希子・藤田 忍
日本建築学会近畿支部研究報告集   (56)    2016年6月
人口減少社会における公的住宅の処分過程に関する研究
山田信博・藤田 忍
日本建築学会近畿支部研究報告集   (56)    2016年6月
大阪の空家長屋の保全・活用条件に関する研究
上野智博・藤田忍・野村充応
日本建築学会近畿支部研究報告集   (56)    2016年6月
まちづくりにおける専門職能の研究―コミュニティデザイナーを中心として―
藤田 忍
日本建築学会近畿支部研究報告集   (55)    2015年6月
まちづくりイベントの運営に関する研究
野村充応・河野耕平・藤田忍・山東萌子
日本建築学会近畿支部研究報告集   (55)    2015年6月   [査読有り]
山田 信博, 藤田 忍
住総研研究論文集   41(0) 133-143   2015年
本研究は,公営住宅の「住戸」を使用した地域支援活動拠点を対象としている。実態把握により住戸使用の基礎的知見を得て,利用者・団地住民・地域住民の評価から,問題点や有効性を明らかにした。障害者の居住支援,高齢者の生活・見守り支援,地域住民支援など,地域福祉の推進により,今後地域内に求められる支援活動の場として,公営住宅の住戸使用は可能であり,活動に支障はみられない。また,住民コミュニティの活性化など団地再生の効果もみられた。他にも,新設に比べ拠点の設置費や運営費が低く,NPOや社会福祉法人等の...
河村 智之, 藤田 忍
日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系   (54) 485-488   2014年5月

Misc

 
巻頭言 まちづくりの進め方・・・きっちりか、ゆるやかか
藤田 忍
住宅会議   (104)    2018年10月   [依頼有り]
まちづくりの鍵を不動産所有者が握っている―背中を押す創造的不動産情報
藤田 忍
月刊不動産流通      2017年2月
宮本憲一先生の『戦後日本公害史論』
藤田 忍
財政学散歩   (21)    2016年9月
大阪長屋を活かすまちづくり〜大阪市大豊崎モデルを中心に〜
藤田 忍
UIIまちづくりレター集〜まちを元気にする18話:(公財)都市活力研究所      2016年6月   [依頼有り]
藤田 忍, 古川 理瑛, 植 高司
季刊まちづくり   (39) 122-127   2013年7月
建築、住宅、都市そして市民を育てるオープン・ハウス・ロンドン2011見てある記
藤田 忍、中嶋節子、小池志保子
季刊まちづくり:学芸出版社   (33)    2012年1月   [依頼有り]
大阪長屋の再生 スポット単位の不動産モデルの構築と展開
藤田 忍
季刊まちづくり:学芸出版社   (31)    2011年7月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
『包摂都市のレジリエンス 理念モデルと実践モデルの構築』
大阪市立大学都市研究プラザ/阿部昌樹他編 (担当:共著, 範囲:「大阪の長屋保全まちづくり-この10年の振り返り」)
水曜社   2017年3月   
大阪長屋の保全活用とネットワーク形成に関する研究(その2)
藤田 忍 編著 (担当:編者)
(公財)アーバンハウジング   2017年3月   
大阪市大・学術機関リポジトリ公開(2018.3.5)
大阪長屋の保全活用とネットワーク形成に関する研究
藤田 忍 編著 (担当:編者)
(公財)アーバンハウジング   2016年3月   
大阪市大・学術機関リポジトリ公開(2018.3.5)
景観まちづくり講座テキスト
藤田 忍 (担当:共著, 範囲:景観まちづくりの歩み)
(一社)住まい・まちづくり担い手支援機構   2013年3月   
『いきている長屋 大阪市大モデルの構築』
谷直樹、竹原義二編著 (担当:共著, 範囲:「まちづくりからみた大阪長屋再生戦略」)
大阪公立大学出版会大阪公立大学出版会   2013年3月   

講演・口頭発表等

 
広がる長屋活用ネットワークとオープンナガヤ大阪
藤田 忍
いきている長屋・建築学会著作賞受賞記念講演会   2018年9月29日   
招待講演「景観まちづくり〜その歩みとこれから〜」 [招待有り]
藤田 忍
札幌市立大学景観研究会   2018年8月30日   
招待講演「大阪長屋保全の創造的まちづくり」 [招待有り]
藤田 忍
大阪市立大学 文化交流センター夏期講座   2018年8月3日   
受賞記念講演「大阪長屋の保全活用とネットワーク形成に関する研究」 [招待有り]
藤田 忍
第5回福祉住環境サミット、福祉住環境アワード住まいづくり部門   2018年3月17日   
招待講演「町家・長屋の保全、活用から 創造的まちづくりへ」 [招待有り]
藤田 忍
岸和田市講演会   2018年1月20日   
招待講演「大阪長屋の保全活用とネットワーク形成に関する研究(その2)」 [招待有り]
藤田 忍
住生活月間協賛・公益財団法人アーバンハウジング研究報告会   2017年10月   
「大阪長屋の保全活用~ネットワーク形成」
藤田 忍
オープンナガヤシンポジウム 「大阪長屋の保全活用とネットワーク形成」   2017年9月6日   
皆川ゆり, 上野智博, 藤田忍
日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM)   2017年7月20日   
藤田忍, 上野智博, 皆川ゆり
日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM)   2017年7月20日   
招待講演「創造的まちづくりをいかに進めるか〜大阪長屋からエリアリノベーションへ〜」 [招待有り]
藤田 忍
(一社)山口県建築住宅センター主催「住まいまちづくりセミナー」   2017年3月17日   

競争的資金等の研究課題

 
創造的不動産情報提供システムの研究ーメディアミックスとオープンナガヤ大阪 
日本学術振興会: 科学研究費助成事業基盤研究(C)(一般)
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 藤田 忍
大阪長屋保全ネットワーク構築の社会実験
大阪市立大学: 戦略的研究・重点研究(B)
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 藤田 忍
大阪長屋の総合的な情報提供システムの構築〜豊崎プラザの情報化と発信〜
大阪市立大学: 戦略的研究・都市問題研究
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 藤田 忍
大阪型近代長屋スポットの保全・活性化に関する研究
大阪市立大学: 都市問題研究
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 藤田 忍
「活き活きとした人生」を創出する高齢者のための居場所づくり-イタリアの「社会センター」と日本の「まちの縁側」の比較研究-
住宅研究総合財団: 研究助成
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 乾 亨

社会貢献活動

 
オープンナガヤ大阪
【助言・指導, 企画, 運営参加・支援】  オープンナガヤ大阪実行委員会  (大阪市内中心)  2011年 - 現在
大阪長屋の住人、所有者らと共に、大阪市立住まい情報センター(住宅政策課所管)と協力しながら、年1回、大阪中の長屋を「暮らし開き」というテーマで公開している。長屋所有者や建築・不動産関係者だけでなく、入居希望者や一般の方々に対して現代の大阪長屋の活用事例と長屋暮らしの魅力を伝えることで、大阪・長屋の文化への理解や愛着を深めてもらい、大阪長屋の活用につなげる取り組み。
【企画, 運営参加・支援】  けいはんな市民雑学大学運営委員会   (けいはんな学研都市)  2008年3月 - 現在
2008年より、おおよそ毎月1回、市民教授を依頼し講座を開催してきた。2018年11月現在で、119回に達している。聴講する市民学生は、平均して約40名。当初から運営委員として参加してきたが、2018年8月より運営委員会代表に就任した。
大阪府建築士会 まちづくり委員会
【助言・指導, 情報提供, 企画, 運営参加・支援, 調査担当】  (大阪府)  1997年 - 現在
1997年から現在まで、同委員会の委員、委員長として、9回のまちづくり建築士研究会、10回の「まちづくりへの気配り」賞、MAP2件、報告書2件、シンポジウム3件、4回のまち歩き、景観専門家養成講座1件・・・を、企画、開催、運営した。
大阪長屋保全のまちづくり〜オープンナガヤ大阪
【インタビュイー】  毎日新聞  2018年11月26日
【インタビュイー, 取材協力】  全国賃貸住宅新聞  2018年11月26日