佐々木 司

J-GLOBALへ         更新日: 13/07/29 09:31
 
アバター
研究者氏名
佐々木 司
 
ササキ ツカサ
URL
http://www.isl.or.jp/research/researchgroup/fatigueworkinglife/155-fatigur-m/217-t-sasaki.html
所属
公益財団法人 労働科学研究所
部署
慢性疲労研究センター
職名
主任研究員,センター長
学位
理学博士
その他の所属
公益財団法人

研究分野

 
 

経歴

 
1996年
   
 
Institute of Circadian Physiology (U.S.A) Co-Researcher
 
2000年
   
 
Karolinska Institute(Sweden) Guest Researcher
 

学歴

 
 
 - 
1993年
千葉大学 自然科学研究科 生理人類学
 
 
 - 
1990年
九州芸術工科大学(現九州大学) 芸術工学部(現芸術工学院) 機能設計
 

委員歴

 
1996年
   
 
日本産業衛生学会  産業疲労研究会幹事
 

Misc

 
佐々木司, 菊池安行, 新藤悦子
日本人間工学会誌   29(1) 25-32   1993年
夜間高照度光照射が模擬夜勤時の覚醒度に及ぼす効果
労働科学   72(8) 302-312   1996年
繰り返しの睡眠短縮が睡眠中の循環器機能に及ぼす影響-心拍数の変化-
労働科学   73(7) 288-291   1997年
国際線航空機乗務員の生活時間調査-乗務中の眠気の分析を中心に-
労働科学   73(9) 369-377   1997年
乗務・生活時間調査からみた国際線航空機乗務員のフライトと睡眠(共著)
労働科学   73(10) 397-404   1997年

書籍等出版物

 
睡眠脳波の測定法
技報堂,日本生理人類学会計測研究部会編,人間科学 計測ハンドブック   1996年   
夜勤中の仮眠のすすめ
大河原千鶴子,酒井一博編集.ヘルス・ケア・ワークを支える 看護の人間工学,医歯薬出版   2002年   
「作業負荷」,「作業負担」,「仮眠」.
大久保尭夫編集.人間工学の百科事典,丸善.   2005年   
「休憩」
山崎昌廣・坂本和義・関邦博編集.人間の許容限界事典,朝倉書店,東京.   2005年   
疲労の科学:夜勤交代勤務者の疲労対策
日本評論社   2010年   

講演・口頭発表等

 
2夜の睡眠構築から見た7年間にわたる夜勤専従生活の影響
第82回日本産業衛生学会   2009年   
客観的な資料が揃った過労障害事例における睡眠時間の同定
第81回日本産業衛生学会   2008年   
時短勤務中に発症した過労障害事例
第80回日本産業衛生学会   2007年   
10日間の軽度睡眠短縮がその後4日間における回復夜睡眠の睡眠構築に及ぼす影響
第79回日本産業衛生学会   2006年   
Effects of nap opportunities on sleep architecture during the simulated two consecutive night shifts
The 17th International Symposium on Shiftwork and Working Time   2005年   

競争的資金等の研究課題

 
夜勤時にとる仮眠の効果研究
研究期間: 2002年 - 2007年
労働者の慢性疲労研究の研究方法論確立に関する研究
共同研究
研究期間: 2002年 - 2009年
労働者の健康を念頭においた睡眠評価法の開発
研究期間: 2000年 - 2007年
労働過程の生理・心理学的検討
研究期間: 2000年 - 2015年
新しい「生活時間調査」解析法の開発
研究期間: 2002年 - 2015年