亀田 貴雄

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/04 15:07
 
アバター
研究者氏名
亀田 貴雄
 
カメダ タカオ
URL
http://snow.civil.kitami-it.ac.jp/
所属
北見工業大学
部署
工学部 地球環境工学科
職名
教授
学位
理学博士(北海道大学), 工学修士(北海道大学)

プロフィール

北見工業大学地球環境工学科にて,雪氷学の研究と教育を担当しています。最近は,斑点ぬれ雪の研究,カーリングのストーンが曲がるメカニズムの研究,雪結晶の研究,吹雪時の視程についての研究,陸別の寒さに関する研究,南極ドームふじでの積雪量の研究などを実施しています。北見工業大学では1年生の物理教育も担当しています。

研究分野

 
 

経歴

 
2011年4月
 - 
現在
北見工業大学 教授
 
2002年4月
 - 
2011年3月
北見工業大学  助教授
 
1998年11月
 - 
2001年3月
北見工業大学 講師
 
1991年4月
 - 
1998年10月
北見工業大学 助手
 

学歴

 
1988年4月
 - 
1991年3月
北海道大学大学院 理学研究科 地球物理学専攻
 
1986年4月
 - 
1988年3月
北海道大学大学院 工学研究科 応用物理学専攻
 
1982年4月
 - 
1986年3月
北海道大学 工学部 応用物理学科
 

委員歴

 
2005年4月
 - 
現在
日本雪氷学会  編集委員
 
2007年1月
 - 
2018年12月
Polar Science 編集委員会  編集委員
 

受賞

 
1997年
日本極地研究振興会 南極賞
 

論文

 
State dependence of climatic instability over the past 720,000 years from Antarctic ice cores and climate modeling.
Dome Fuji Ice Core Project Members:, Kenji Kawamura, A. Abe-Ouchi, H. Motoyama, and others (including T. Kameda)
Science Advances   3    2017年4月   [査読有り]
Winter-spring transition of ground conditions over Alaska deived by airborne 6GHz microwave and ifrared observations
Alimasi, N., H. Enomoto, J. Cherry, L. Hinzman and T. Kameda
Japanese Journal of Snow and Ice   78(6) 365-382   2016年11月   [査読有り]
航空機搭載6GHzマイクロ放射計による冬季アラスカの地表面状態の観察
Alimasi, N., 榎本浩之,J. Cherry, L. Hizman, 亀田貴雄,杉浦幸之助,堀 雅裕
雪氷   78(4)    2016年9月   [査読有り]
Estimation of melt pond fraction over high-concentration Arctic sea ice using AMSR-E passive microwave data
Tanaka, Y., K. Tateyama, T. Kameda and J.K. Hutchings
Journal of Geophysical Research: Oceans   121 7056-7072   2016年8月   [査読有り]
Spatial Characteristics of Rainfall at Sparsely Distributed Station Network over the High-Latitude Mountainous Regions in Eastern Siberia.
Sugiura K, S. Takahashi, T. Kameda, H. Enomoto, Y. Kononov and M. Ananicheva
International Journal of Earth Environmental Sciences   1(1)    2016年1月   [査読有り]
Post bubble-close off fractionation of gases in polar firn and ice cores: effects of accumulation rate on permeation through overloading pressure
Kobashi, T., Ikeda-Fukazawa, T., Suwa, M., Schwander, J., Kameda, T., Lundin, J., Hori, A., Döring, M., and Leuenberger, M.
Atmospheric Chemistry and Physics Discusssion   15 15711-15753   2015年4月   [査読有り]
北極海における氷況把握のための画像解析法の開発 -自動化した表面状態判別とその測定結果-
田中康弘,舘山一孝,高橋修平,亀田貴雄,榎本浩之
雪氷   77(2) 173-190   2015年3月   [査読有り]
樹枝包埋レプリカによる雪結晶のレプリカ作成およびそれを用いた雪結晶表面構造の計測とその精度
柳 敏,久保明彦,亀田貴雄,田牧純一,A.M.M. Sharif Ullah
雪氷   77(1) 75-89   2015年1月   [査読有り]
身近に見られる積雪の造形美の生成条件の解明-北海道新聞読者からの写真を用いた解析-
直井和子,亀田貴雄,橘井潤,樋口敬二
雪氷   76(5) 345-353   2014年9月   [査読有り]
Characteristics of white spots in wet snow
Kameda, T., Y. Harada and S. Takahashi
Journal of Glaciology   60(224) 1075-1083   2014年1月   [査読有り]
A global classification of snow crystals, ice crystals, and solid precipitation based on observations from middle latitudes to polar regions.
Kikuchi, K., T. Kameda, K. Higuchi, A. Yamashita and Working group members for new classification of snow crystals
Atmospheric Research   132-133 460-472   2013年1月   [査読有り]
中緯度と極域での観測に基づいた新しい雪結晶の分類 -グローバル分類-
菊地勝弘,亀田貴雄,樋口敬二,山下晃,雪結晶の新しい分類表を作る会メンバー
雪氷   74(3) 223-241   2012年5月   [査読有り]
Kameda, T., K. Fujita, O. Sugita, N. Hirasawa, and S. Takahashi
Journal of Geophysical Research   114(D18) D18115   2009年7月   [査読有り]
学校教育における雪結晶生成実験 ―北見工業大学の物理学実験での実施例―
亀田貴雄,舘山一孝,百武欣二,高橋修平,遠藤浩司,関 光雄
雪氷   71(4) 263-272   2009年
Kameda, T., H. Motoyama, S. Fujita, S. Takahashi
Journal of Glaciology   54(184) 107-116   2008年
Eisen, O., M. Frezzotti, C. Genthon, E. Isaksson, O. Magand, M. R. van den Broeke, D.A. Dixon, A. Ekaykin, P. Holmlund, T. Kameda, L. Karlöf, S. Kaspari, V. Lipenkov, H. Oerter, S. Takahashi and D. Vaughan
Review of Geophysics   46(2) RG2001   2008年
Xiao Cunde, I. Allison, Hou Shugui, G. Dreyfus, J.-M. Barnola, Ren Jiawen, Bian Lingen, Zhang Shenkai and T. Kameda
Annals of Glaciology   48 82-87   2008年
南極ドームふじにおける1995年から2006年の表面質量収支の特徴
亀田貴雄,本山秀明,藤田秀二,高橋修平
南極資料   52(Special Issue) 151-158   2008年
2003年における南極ドームふじ基地内の温度と湿度
亀田貴雄,谷口健治,高橋 暁,栗崎高士
南極資料   52(Speicial Issue) 193-203   2008年
ドームふじ観測計画(1991-2007)における雪氷・気象観測の概要
高橋修平,亀田貴雄,本山秀明
南極資料   2008(Special Issue) 117-150   2008年

書籍等出版物

 
雪氷学
亀田 貴雄,高橋修平 (担当:共著)
古今書院   2017年8月   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
南極ド-ムふじにおける雪氷学の研究
2003年
南極ド-ムふじにおける雪氷学の研究
1995年
ロシア連邦アルタイ共和国ソフィスキー氷河における雪氷学的研究
2001年
ロシア連邦アルタイ共和国ソフィスキー氷河における雪氷学的研究
2000年
ロシア連邦カムチャッカ半島における雪氷学的研究
1998年

競争的資金等の研究課題

 
斑点ぬれ雪の生成メカニズムの解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 亀田 貴雄
南極氷床の表面質量収支と海水準への影響の解明 -氷床の平坦性及び標高分布観測-
日本学術振興会: 科学研究費基盤(C)
研究期間: 2009年4月 - 2013年3月    代表者: 亀田貴雄
日本列島における酸性雪の一斉動態調査研究
日本学術振興会: 科学研究費基盤(B)
研究期間: 2008年4月 - 2012年3月    代表者: 佐藤和秀
北海道東部における雪氷災害のマイクロ波遠隔計測および予測システムの開発
日本学術振興会: 科学研究費基盤(B)
研究期間: 2005年4月 - 2008年3月    代表者: 榎本浩之
国際極年における東シベリアの氷河分布調査および雪氷学的観測
日本学術振興会: 科学研究費基盤(A)
研究期間: 2004年4月 - 2008年3月    代表者: 高橋修平
極域雪氷中の環境変動シグナル抽出と環境情報復元に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費基盤(B)
研究期間: 2003年4月 - 2006年3月    代表者: 本山秀明
極域の雪氷試料から解明する気候・環境変動の基礎的手法に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費基盤(C)
研究期間: 2000年4月 - 2002年3月    代表者: 本山秀明
地球規模環境変動に対する北極雪氷域の影響研究
日本学術振興会: 科学研究費国際学術・基盤A
研究期間: 1998年4月 - 2000年4月    代表者: 渡邉興亜
カムチャッカ半島における氷河をとりまく水循環過程およびその変遷に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費国際学術研究
研究期間: 1996年4月 - 1999年6月    代表者: 小林大二
環北極雪氷圏気候・環境変動研究
日本学術振興会: 科学研究費国際学術研究
研究期間: 1996年4月 - 1998年3月    代表者: 渡邉興亜