伊藤 邦彦

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/07 10:41
 
アバター
研究者氏名
伊藤 邦彦
 
イトウ クニヒコ
URL
http://w3pharm.u-shizuoka-ken.ac.jp/clinphar/
所属
静岡県立大学
部署
薬学部
職名
教授
学位
薬学博士(東北大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2005年
 - 
現在
静岡県立大学薬学部 教授
 
1995年
 - 
2005年
秋田大学医学部 助教授
 
1993年
 - 
1995年
スクリプス研究所 助手
 
1992年
 - 
1995年
東北大学病院薬剤部 助手
 
1990年
 - 
1992年
日本学術振興会特別研究員(PD)
 

学歴

 
1984年4月
 - 
1989年3月
東北大学大学院 薬学研究科 薬学専攻
 
1980年4月
 - 
1984年3月
東北大学 薬学部 薬学科
 

委員歴

 
2011年4月
 - 
現在
東海薬学教育コンソーシアム  運営委員
 
2011年2月
 - 
現在
日本薬学会  代議員
 
2012年2月
 - 
2014年1月
日本薬学会東海支部  幹事
 
2003年2月
 - 
2005年1月
日本薬学会東北支部  幹事
 

受賞

 
1991年12月
日本薬学会東北支部奨励賞
 

論文

 
Ishii H, Hirai K, Sugiyama K, Nakatani E, Kimura M, Itoh K
Therapeutic drug monitoring      2018年8月   [査読有り]
Tsuji D, Suzuki K, Kawasaki Y, Goto K, Matsui R, Seki N, Hashimoto H, Hama T, Yamanaka T, Yamamoto N, Itoh K
Supportive care in cancer : official journal of the Multinational Association of Supportive Care in Cancer      2018年8月   [査読有り]
Hirai K, Shirai T, Suzuki M, Shimomura T, Itoh K
The Journal of allergy and clinical immunology   142(2) 663-665.e3   2018年8月   [査読有り]
Shirai T, Hirai K, Gon Y, Maruoka S, Mizumura K, Hikichi M, Holweg C, Itoh K, Inoue H, Hashimoto S
The journal of allergy and clinical immunology. In practice      2018年7月   [査読有り]
Yokoi M, Tsuji D, Suzuki K, Kawasaki Y, Nakao M, Ayuhara H, Kogure Y, Shibata K, Hayashi T, Hirai K, Inoue K, Hama T, Takeda K, Nishio M, Itoh K
Supportive care in cancer : official journal of the Multinational Association of Supportive Care in Cancer   26(5) 1505-1513   2018年5月   [査読有り]
Egami Y, Narushima Y, Ohshima M, Yoshida A, Yoneta N, Masaki Y, Itoh K
Journal of biochemistry   163(1) 61-68   2018年1月   [査読有り]
Otake A, Tsuji D, Taku K, Kawasaki Y, Yokoi M, Nakamori H, Osada M, Matsumoto M, Inoue K, Hirai K, Itoh K
European journal of clinical pharmacology   73(8) 1033-1039   2017年8月   [査読有り]
Hirai K, Ishii H, Shimoshikiryo T, Shimomura T, Tsuji D, Inoue K, Kadoiri T, Itoh K
Therapeutic drug monitoring   38(6) 706-710   2016年12月   [査読有り]
Tsuji D, Ikeda M, Yamamoto K, Nakamori H, Kim YI, Kawasaki Y, Otake A, Yokoi M, Inoue K, Hirai K, Nakamichi H, Tokou U, Shiokawa M, Itoh K
Medicine   95(44) e5151   2016年11月   [査読有り]
Hirai K, Shimomura T, Moriwaki H, Ishii H, Shimoshikiryo T, Tsuji D, Inoue K, Kadoiri T, Itoh K
European journal of clinical pharmacology   72(10) 1177-1183   2016年10月   [査読有り]
Inoue K, Murofushi T, Nagaoka K, Ando N, Hakamata Y, Suzuki A, Umemura A, Yoshida Y, Hirai K, Tsuji D, Itoh K
Biological & pharmaceutical bulletin   39(9) 1508-1513   2016年9月   [査読有り]
Hirai K, Ihara S, Kinae A, Ikegaya K, Suzuki M, Hirano K, Itoh K
Therapeutic drug monitoring   38(3) 393-397   2016年6月   [査読有り]
Inoue K, Yamamoto Y, Suzuki E, Takahashi T, Umemura A, Takahashi Y, Imai K, Inoue Y, Hirai K, Tsuji D, Itoh K
European journal of clinical pharmacology   72(5) 555-562   2016年5月   [査読有り]
Todoroki K, Nakano T, Eda Y, Ohyama K, Hayashi H, Tsuji D, Min JZ, Inoue K, Iwamoto N, Kawakami A, Ueki Y, Itoh K, Toyo'oka T
Analytica chimica acta   916 112-119   2016年4月   [査読有り]
Inoue K, Takahashi T, Yamamoto Y, Suzuki E, Takahashi Y, Imai K, Inoue Y, Hirai K, Tsuji D, Itoh K
Seizure   33 76-80   2015年12月   [査読有り]
Tazoe Y, Hayashi H, Tsuboi S, Shioura T, Matsuyama T, Yamada H, Hirai K, Tsuji D, Inoue K, Sugiyama T, Itoh K
Drug metabolism and pharmacokinetics   30(3) 227-230   2015年6月   [査読有り]
Hirai K, Yamada Y, Hayashi H, Tanaka M, Izumiya K, Suzuki M, Yoshizawa M, Moriwaki H, Akimoto T, Tsuji D, Inoue K, Itoh K
Thrombosis research   135(5) 861-866   2015年5月   [査読有り]
Ikeda M, Tsuji D, Yamamoto K, Kim YI, Daimon T, Iwabe Y, Hatori M, Makuta R, Hayashi H, Inoue K, Nakamichi H, Shiokawa M, Itoh K
Drug metabolism and pharmacokinetics   30(2) 149-153   2015年4月   [査読有り]
Mishima E, Jinno D, Akiyama Y, Itoh K, Nankumo S, Shima H, Kikuchi K, Takeuchi Y, Elkordy A, Suzuki T, Niizuma K, Ito S, Tomioka Y, Abe T
PloS one   10(11) e0143756   2015年   [査読有り]
Mishima E, Inoue C, Saigusa D, Inoue R, Ito K, Suzuki Y, Jinno D, Tsukui Y, Akamatsu Y, Araki M, Araki K, Shimizu R, Shinke H, Suzuki T, Takeuchi Y, Shima H, Akiyama Y, Toyohara T, Suzuki C, Saiki Y, Tominaga T, Miyagi S, Kawagisihi N, Soga T, Ohkubo T, Yamamura K, Imai Y, Masuda S, Sabbisetti V, Ichimura T, Mount DB, Bonventre JV, Ito S, Tomioka Y, Itoh K, Abe T
Journal of the American Society of Nephrology : JASN   25(10) 2316-2326   2014年10月   [査読有り]
[111th Scientific Meeting of the Japanese Society of Internal Medicine: Symposium: 2. Perspective of treatment in the vascular lesion of various organs; 5) Biological aspect of chronic kidney disease and the new therapy].
Abe T, Mishima E, Itoh K, Hayashi K
Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine   103(9) 2158-2162   2014年9月   [査読有り]
Inoue K, Suzuki E, Takahashi T, Yamamoto Y, Yazawa R, Takahashi Y, Imai K, Miyakawa K, Inoue Y, Tsuji D, Hayashi H, Itoh K
Epilepsy research   108(6) 1046-1051   2014年8月   [査読有り]
Inoue K, Suzuki E, Yazawa R, Yamamoto Y, Takahashi T, Takahashi Y, Imai K, Koyama S, Inoue Y, Tsuji D, Hayashi H, Itoh K
Therapeutic drug monitoring   36(3) 406-409   2014年6月   [査読有り]
Saito M, Kondo M, Ohshima M, Deguchi K, Hayashi H, Inoue K, Tsuji D, Masuko T, Itoh K
Cancer science   105(4) 396-401   2014年4月   [査読有り]
Yokoyama Y, Tomatsuri M, Hayashi H, Hirai K, Ono Y, Yamada Y, Todoroki K, Toyo'oka T, Yamada H, Itoh K
Journal of pharmaceutical and biomedical analysis   89 227-232   2014年2月   [査読有り]
Endothelin-1 receptors in rat tissues: characterization by bosentan, ambrisentan and CI-1020.
Yokoyama Y, Osano A, Hayashi H, Itoh K, Okura T, Deguchi Y, Ito Y, Yamada S
Biological & pharmaceutical bulletin   37(3) 461-465   2014年   [査読有り]
Bladder endothelin-1 receptor binding of bosentan and ambrisentan.
Osano A, Yokoyama Y, Hayashi H, Itoh K, Okura T, Deguchi Y, Ito Y, Yamada S
Journal of pharmacological sciences   124(1) 86-91   2014年   [査読有り]
Yamamoto Y, Takahashi Y, Imai K, Mishima N, Yazawa R, Inoue K, Itoh K, Kagawa Y, Inoue Y
Epilepsia   54(6) 983-989   2013年6月   [査読有り]
Polymorphisms of the UDP-glucuronosyl transferase 1A genes are associated with adverse events in cancer patients receiving irinotecan-based chemotherapy.
Inoue K, Sonobe M, Kawamura Y, Etoh T, Takagi M, Matsumura T, Kikuyama M, Kimura M, Minami S, Utsuki H, Yamazaki T, Suzuki T, Tsuji D, Hayashi H, Itoh K
The Tohoku journal of experimental medicine   229(2) 107-114   2013年2月   [査読有り]
Fujii S, Hayashi H, Itoh K, Yamada S, Deguchi Y, Kawazu K
The Journal of pharmacy and pharmacology   65(2) 171-180   2013年2月   [査読有り]
Tsuji D, Kamezato M, Daimon T, Taku K, Hatori M, Ikeda M, Hayashi H, Inoue K, Eto T, Itoh K
Chemotherapy   59(6) 407-413   2013年   [査読有り]
Association of ABCB1 polymorphisms with the antiemetic efficacy of granisetron plus dexamethasone in breast cancer patients.
Tsuji D, Kim YI, Nakamichi H, Daimon T, Suwa K, Iwabe Y, Hayashi H, Inoue K, Yoshida M, Itoh K
Drug metabolism and pharmacokinetics   28(4) 299-304   2013年   [査読有り]
A single nucleotide polymorphism of reduced folate carrier 1 predicts methotrexate efficacy in Japanese patients with rheumatoid arthritis.
Hayashi H, Tazoe Y, Tsuboi S, Horino M, Morishita M, Arai T, Ohshima M, Matsuyama T, Kosuge K, Yamada H, Tsuji D, Inoue K, Itoh K
Drug metabolism and pharmacokinetics   28(2) 164-168   2013年   [査読有り]
Influence of CYP4F2 polymorphisms and plasma vitamin K levels on warfarin sensitivity in Japanese pediatric patients.
Hirai K, Hayashi H, Ono Y, Izumiya K, Tanaka M, Suzuki T, Sakamoto T, Itoh K
Drug metabolism and pharmacokinetics   28(2) 132-137   2013年   [査読有り]
Yamamoto Y, Takahashi Y, Suzuki E, Mishima N, Inoue K, Itoh K, Kagawa Y, Inoue Y
Epilepsy research   101(3) 202-209   2012年9月   [査読有り]
Itoh K
Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan   132(1) 31-34   2012年   [査読有り]
Hayashi H, Tazoe Y, Horino M, Fujimaki-Katoh C, Tsuboi S, Matsuyama T, Kosuge K, Yamada H, Tsuji D, Inoue K, Itoh K
Drug metabolism and pharmacokinetics   27(2) 263-267   2011年12月   [査読有り]
Yoshida A, Hirooka Y, Sugata Y, Nitta M, Manabe T, Ido S, Murakami K, Saha RK, Suzuki T, Ohshima M, Yoshida A, Itoh K, Shimizu K, Oku N, Furuta T, Asakawa T, Wakimoto T, Kan T
Chemical communications (Cambridge, England)   47(6) 1794-1796   2011年2月   [査読有り]
Ohshima M, Inoue K, Hayashi H, Tsuji D, Mizugaki M, Itoh K
Protein engineering, design & selection : PEDS   23(11) 881-888   2010年11月   [査読有り]
Urushibata Y, Itoh K, Ohshima M, Seto Y
Clinical and vaccine immunology : CVI   17(11) 1708-1717   2010年11月   [査読有り]
Itoh K, Tsuruya R, Shimoyama T, Watanabe H, Miyazaki S, D'Emanuele A, Attwood D
Drug development and industrial pharmacy   36(4) 449-455   2010年4月   [査読有り]
Effect of D-sorbitol on the thermal gelation of methylcellulose formulations for drug delivery.
Itoh K, Hatakeyama T, Kimura T, Shimoyama T, Miyazaki S, D'Emanuele A, Attwood D
Chemical & pharmaceutical bulletin   58(2) 247-249   2010年2月   [査読有り]
Ohshima M, Tadakuma T, Hayashi H, Inoue K, Itoh K
Journal of biochemistry   147(1) 135-141   2010年1月   [査読有り]
Hayashi H, Horino M, Morishita M, Tazoe Y, Tsuboi S, Matsuyama T, Kosuge K, Yamada H, Tsuji D, Inoue K, Itoh K
Drug metabolism and pharmacokinetics   25(5) 516-518   2010年   [査読有り]
Yoshizawa M, Hayashi H, Tashiro Y, Sakawa S, Moriwaki H, Akimoto T, Doi O, Kimura M, Kawarasaki Y, Inoue K, Itoh K
Thrombosis research   124(2) 161-166   2009年6月   [査読有り]
Fujimaki C, Hayashi H, Tsuboi S, Matsuyama T, Kosuge K, Yamada H, Inoue K, Itoh K
Biomarkers : biochemical indicators of exposure, response, and susceptibility to chemicals   14(1) 49-54   2009年2月   [査読有り]
Itoh K, Ohshima M, Sonobe M, Saito M, Yoshida A, Hayashi H, Inoue K, Masuko T
Cancer science   100(1) 126-131   2009年1月   [査読有り]
Hayashi H, Fujimaki C, Tsuboi S, Matsuyama T, Daimon T, Itoh K
The Tohoku journal of experimental medicine   215(1) 95-101   2008年5月   [査読有り]
Yoshida K, Higuchi H, Takahashi H, Kamata M, Sato K, Inoue K, Suzuki T, Itoh K, Ozaki N
Human psychopharmacology   23 121-128   2008年3月   [査読有り]
Itoh K, Inoue K, Hayashi H, Suzuki T, Masuko T
Cancer science   98(11) 1696-1700   2007年11月   [査読有り]
Inoue K, Itoh K, Yoshida K, Higuchi H, Kamata M, Takahashi H, Shimizu T, Suzuki T
Biological & pharmaceutical bulletin   30(10) 1996-1998   2007年10月   [査読有り]
Yoshida K, Higuchi H, Kamata M, Takahashi H, Inoue K, Suzuki T, Itoh K, Ozaki N
Journal of psychopharmacology (Oxford, England)   21 650-656   2007年8月   [査読有り]
Hayashi H, Fujimaki C, Inoue K, Suzuki T, Itoh K
Biological & pharmaceutical bulletin   30(4) 839-841   2007年4月   [査読有り]
Dong L, Masaki Y, Takegami T, Kawanami T, Itoh K, Jin ZX, Huang CR, Tong XP, Fukushima T, Tanaka M, Sawaki T, Sakai T, Sugai S, Okazaki T, Hirose Y, Umehara H
International immunology   19(3) 331-336   2007年3月   [査読有り]
Itoh K
Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan   127(1) 43-53   2007年1月   [査読有り]
Masaki Y, Itoh K, Sawaki T, Karasawa H, Kawanami T, Fukushima T, Kawabata H, Wano Y, Hirose Y, Suzuki T, Sugai S, Umehara H
Clinica chimica acta; international journal of clinical chemistry   371 148-151   2006年9月   [査読有り]
Seki Y, Hayashi K, Itoh K, Mizugaki M, Saitou M, Matsui Y
Developmental biology   278(2) 440-458   2005年2月   [査読有り]
Yoshida K, Takahashi H, Higuchi H, Kamata M, Ito K, Sato K, Naito S, Shimizu T, Itoh K, Inoue K, Suzuki T, Nemeroff CB
The American journal of psychiatry   161 1575-1580   2004年9月   [査読有り]
Inoue K, Itoh K, Nakao H, Takeda T, Suzuki T
The Tohoku journal of experimental medicine   203(4) 295-303   2004年8月   [査読有り]
Inoue K, Itoh K, Yoshida K, Shimizu T, Suzuki T
Neuropsychobiology   50 301-304   2004年   [査読有り]
Tsuruta LR, Tomioka Y, Hishinuma T, Kato Y, Itoh K, Suzuki T, Oguri H, Hirama M, Goto J, Mizugaki M
Prostaglandins, leukotrienes, and essential fatty acids   68(4) 273-284   2003年4月   [査読有り]
Itoh K, Inoue K, Tezuka T, Tada H, Hashimoto Y, Masuko T, Suzuki T
Journal of biochemistry   133(2) 239-245   2003年2月   [査読有り]
Yoshida K, Naito S, Takahashi H, Sato K, Ito K, Kamata M, Higuchi H, Shimizu T, Itoh K, Inoue K, Suzuki T, Ohkubo T
Neuropsychobiology   48(1) 10-13   2003年   [査読有り]
Yoshida K, Naito S, Takahashi H, Sato K, Ito K, Kamata M, Higuchi H, Shimizu T, Itoh K, Inoue K, Tezuka T, Suzuki T, Ohkubo T, Sugawara K, Otani K
Progress in neuro-psychopharmacology & biological psychiatry   26(7-8) 1279-1283   2002年12月   [査読有り]
Design, production, and characterization of recombinant neocarzinostatin apoprotein in Escherichia coli.
Nozaki S, Tomioka Y, Hishinuma T, Inoue M, Nagumo Y, Tsuruta LR, Hayashi K, Matsumoto T, Kato Y, Ishiwata S, Itoh K, Suzuki T, Hirama M, Mizugaki M
Journal of biochemistry   131(5) 729-738   2002年5月   [査読有り]
Yoshida K, Ito K, Sato K, Takahashi H, Kamata M, Higuchi H, Shimizu T, Itoh K, Inoue K, Tezuka T, Suzuki T, Ohkubo T, Sugawara K, Otani K
Progress in neuro-psychopharmacology & biological psychiatry   26(2) 383-386   2002年2月   [査読有り]
Tada H, Nakashima A, Awaya A, Fujisaki A, Inoue K, Kawamura K, Itoh K, Masuda H, Suzuki T
Life sciences   70(10) 1213-1223   2002年1月   [査読有り]
Sato K, Yoshida K, Takahashi H, Ito K, Kamata M, Higuchi H, Shimizu T, Itoh K, Inoue K, Tezuka T, Suzuki T, Ohkubo T, Sugawara K, Otani K
Neuropsychobiology   46(3) 136-140   2002年   [査読有り]
Antibody-guided selection using capture-sandwich ELISA.
Itoh K, Suzuki T
Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   178 195-199   2002年   [査読有り]

書籍等出版物

 
南山堂   2017年9月   ISBN:4525720727
栄田敏之, 猪爪信夫
広川書店   2016年3月   ISBN:4567484916
栄田敏之, 猪爪信夫
広川書店   2016年3月   ISBN:4567484908
医薬ジャーナル社   1997年11月   ISBN:4753216675

競争的資金等の研究課題

 
細胞外マトリックスCSPG4を分子標的としたがん治療戦略の構築
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究C)
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 伊藤邦彦
米国におけるリウマチコホートの調査による診断・予後予測システムの開発
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究B)
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 阿部高明
遺伝子多型と薬物体内動態を指標とした関節リウマチにおける戦略的薬物療法の構築
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究C)
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 林 秀樹
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 伊藤邦彦
MALTリンパ腫患者より単離したAHSArFabのエピトープ解析を行い、得られた結果に基づきペプチドワクチンを作製した。ワクチンをマウスに免疫して得られたrFabクローンの反応性はAHSArFabとほぼ同様であったが、より高い親和性を示した。抗体医薬等の認識するエピトープあるいはミモトープに基づくペプチドワクチンは高親和性で高特異性の抗腫瘍抗体群の誘導に有効であることを明らかにした。現在臨床応用について検討中である。
生活習慣病の予防や薬物治療に有用な遺伝子マーカーおよびバイオマーカーに関する研究
財団法人静岡総合研究機構: 学術教育研究推進事業費補助金
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 伊藤邦彦
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 伊藤邦彦
HBJ127は、CD98のH鎖を認識するモノクローナル抗体であり細胞増殖抑制作用を示す。CD98は、正常増殖細胞に比べて、癌細胞、特に扁平上皮癌での発現量が亢進していることから、HBJ127の認識するCD98エピトープ配列を明らかにできれば、本ペプチドを用いた能動免疫により、生体内にCD98を分子標的とした抗腫瘍免疫を誘導できる可能性がある。本研究では、HBJ127の認識する抗原エピトープについて、ファージディスプレイペプチドライブラリーを用いて解析した。その結果、単離したペプチド配列中に...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2002年 - 2003年    代表者: 伊藤邦彦
癌関連抗原CD98に対するヒト型リコンビナントFab (rFab)の単離とその臨床応用を目的として本研究を行った。MOLTリンパ腫患者骨髄細胞からヒトIgG1,κ抗体遺伝子ライブラリー(1.3x10^7cfu)を構築した。本ライブラリーに対してHeLaS_3細胞抽出液をCD98抗原ソースとした5ラウンドのパニングを行ったが、ファージタイターの上昇は13倍に止まり、CD98陽性rFabクローンは全く得られなかった。そこで、CD98陽性浮遊系HeLa生細胞(sHeLa)を用いたパニングについて...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2001年 - 2002年    代表者: 鈴木敏夫
新規ステロイド薬である各種hemisuccinyl methyl glycolateを、プレドニゾロンおよびデキサメサゾンより、アンテドラッグの概念を基に合成したそれぞれのmethylglycolatesより合成した。それぞれの化合物のCroton耳浮腫抑制作用およびPaper disk肉芽形成抑制作用について検討した。その結果、2つの(20S)-Succinyl dexamethasone誘導体に、それぞれの親ステロイドであるプレドニゾロンおよびデキサメサゾンより強力な局所抗炎症効果を確...
ファージディスプレイ法によるエピトープペプチドの選択と抗腫瘍免疫の誘導
公益信託原口記念癌研究助成基金
研究期間: 1999年 - 1999年    代表者: 伊藤邦彦
抗体分子の機能及び構造解析に基づく新規薬物送達系の開発
薬学研究奨励財団研究助成金
研究期間: 1999年 - 1999年    代表者: 伊藤邦彦
文部科学省: 科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間: 1997年 - 1997年    代表者: 伊藤邦彦
本研究は、マウスモノクロ-ナル抗体のがんの診断、治療への応用をさらに発展させるための新しいアプロ-チとして、抗体分子の可変部に存在し抗原結合に重要な役割を果たすことが知られているComplementarity Determining Region(CDR)部分のアミノ酸配列に基づき、抗体分子と同等の抗原結合活性を保持しながら低抗原性、高クリアランスな機能性ペプチド分子の作製を行い、その有用性について検討することを目的とする。モデル抗体として、これまで我々が、がんの尿診断における有用性を報告...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1996年 - 1997年    代表者: 伊藤邦彦
ファ-ジディスプレイ法によるヒト型抗体作製法の確立およびその臨床応用を目的として、小児下痢症の原因ウイルスであるロタウイルスに対するヒト型モノクロ-ナル抗体の作製を行い、得られたクロ-ンについて詳細な解析を行ったので以下に報告する。ロタウイルスに対して高い抗体価を有する健常人(ON、AO)より採取した末梢血リンパ球RNAより、RT-PCR法を用いて抗体遺伝子を増幅後、ファ-ジディスプレイベクタ-pComb3に挿入し、IgG_1、κライブラリ-を構築した。ライブラリ-サイズは、ON;2.5x...
癌のイメージング、ターゲティングを目的とした機能性ペプチド分子の作製
原口記念癌研究助成基金
研究期間: 1996年 - 1996年    代表者: 伊藤邦彦
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1993年 - 1993年    代表者: 伊藤邦彦
癌患者尿中に増加する修飾ヌクレオシドの腫瘍マ-カ-への応用に関する報告は数多くあり、我々もこれまで、尿中1-メチルアデノシン及びシュ-ドウリジンの有用性を検討してきた。しかし、尿試料の場合クレアチニン補正が必要があるという欠点があった。これに比して、血清中の修飾ヌクレオシドはより正確に生体の状態を反映すると考えられるため、その有用性を検討すべく以下の検討を行った。1.健常人の血清中量の検討:健常人の血清中1-メチルアデノシン、シュ-ドウリジン量を男性16人(年齢20-65才;平均32.2才...